20代の転職は不安で一杯?不安を解消は「情報収集」から始めよう

「20代の転職で良いところに行けるのかな?」

「20代で転職なんてしないほうが良いかな…」

20代の転職は不安だらけであり、不安を放置したままだと、損する転職しかできません。

20代の転職が不安なのは、勤務年数が短く、実績もスキルもない、希望する転職ができるのかがわからないですし、転職後の人間関係が上手くいくのかがわからないからです。

このような不安を放置すれば、転職が上手くいく確率はぐっと減ってしまうでしょう。

なぜなら、20代が転職に感じる不安には、「解消すれば良い転職ができる可能性が高い理由」が多いからです。

勤務年数が短くても、人材として評価される方法はあります。

実績やスキル、資格も正しく努力をして身につければ、転職して年収を上げる事もできるのです。

では、20代が転職の不安を解消する方法とは何でしょうか?

今回は、20代が転職で感じる不安と、不安を解消する方法について解説します。

この記事で学べることは?

  • 20代が感じる、転職の不安が学べる
  • 20代転職の不安を解消する方法が学べる
  • 20代で転職の不安を感じた人が、なにから始めるべきかが学べる
スポンサーリンク

20代転職は不安が多い「実際に私が感じた不安」

20代転職は不安が多いです。

私も20代で転職を経験しましたが、転職をする際に、下記のような不安がありました。

  • 勤続年数が短いのに大丈夫かな?
  • アピールする資格・実績がないけど…
  • 自分が希望する職業に就けるかな…
  • 新しい職場で人間関係が上手くいくかな…

20代は転職に不安を感じやすいです。私が感じた不安について、それぞれ解説していきます。

勤続年数が短いのに大丈夫かな?

20代の転職は勤務年数が比較的短いのに転職することになります。

そのため、「そんなに働いたことがないのに転職できるのかな?」と不安を感じるのです。

勤務年数が低いことによる最大のデメリットは、評価される実績がないことです。

勤務年数が短ければ、大した実績を上げられるわけがありません。

大した実績がないので、良い評価を受けられるか不安になるため、転職できるか不安になるわけです。

自分が希望する職業に就けるのか不安

20代の転職の場合、初めて転職するケースも多いでしょう。

初めて転職する場合、新卒で入社した会社以外のことを知らないことも多く、他の会社の情報も、まるでわからないでしょう。

そのため、「次の転職では、自分が希望する働き方ができるかな?」という不安を感じやすいです。

私が20代で転職をした時も、新卒で入社した会社だけしか分からず、他の会社のことなんて知りませんでした。

そのため、自分が希望する働き方に近い会社がどのような業界なのかも分からず、雰囲気で職場を決めてしまったものです。(今では自分にとって好きな働き方ができています。運が良かったです。)

仕事の雰囲気等は、社会人経験が多くなればなるほど、少しずつわかってきます。30代くらいになればある程度はわかってくるでしょう。

しかし、20代での転職だと、積極的に情報収集しないと他の仕事について知る機会がそもそもないのです。

20代転職では、自分の理想とする働き方ができる仕事がなにか、わからない人が多いでしょう。

「次の転職では、自分が希望する働き方ができるかな?」と不安になるのです。

仕事内容をみて不安になる

20代転職では新卒で入社した会社から転職するケースが多く、求人情報を見ていると「この仕事って私ができるのかな…?」と不安になることも多いです。

実際に私の場合は、新卒で入った会社で研修やOJTが中心でして、大きな仕事を任された経験もまだなかったです。

そのため求人情報に書いてある立派な仕事内容を見て「こんな仕事無理…」って思うこともありました。

20代の転職で不安を感じている人は、仕事内容だけをみて、諦めている人もたくさんいます。

そのくらい、仕事内容に不安に感じる人は多いのです。

新しい職場で人間関係が上手くいくか不安

20代転職でよくある悩みとして「新しい職場になったら人間関係が上手くいくかな?」と不安に思う人もいます。

  • 入社したばかりで足を引っ張ってしまうのではないか?
  • いじめられやしないだろうか?
  • 職場の雰囲気が自分と合うのだろうか?

などなど、新しい人間関係の中に飛び込むことは不安が多いでしょう。

20代が転職する時には、人間関係にも不安を感じやすくなるのです。

20代転職の不安を解消する方法

20代で転職しようとする人は、多くの不安を感じることでしょう。

しかし、20代が転職で感じる不安は、適切に対処すれば解消することも可能です。

私自身の経験的にも、転職前は不安に思っていたことが、「実はそこまで心配する必要がなかった」と感じたことも多く、適切な対処法の重要性を実感しました。

それでは、20代転職の不安解消法とはどのようにすればよいのでしょうか?

情報収集から徹底的に始めてみよう

20代の転職で不安を感じる最大の原因は情報不足です。

冒頭で解説した不安のほとんどは情報収集をすれば解決可能になります。

  • 勤続年数が短い→20代の転職が有利だという情報を集める
  • アピールする資格・実績がない→20代でも転職に有利な資格の情報を集める
  • 自分が希望する職業に就けるのな→希望する職業の20代の求人数を知る

情報収集によって解決できないのは、人間関係のことくらいです。(もちろん、対処法は後述します)

20代の転職は適切な情報収集を行えば、ほとんどの不安を解消できるのです。

では、20代の転職において適切な情報収集とは一体どのように行えばよいのでしょうか?

  • 求人情報を調べる
  • 転職エージェントに話を聞く
  • 会社の口コミを調べる

といったところになります。大手の転職サイトに数社登録しておけば、上記の情報にアクセスができます。登録をしたら、その後は、自分が希望する職種などをくまなく検索してみると良いでしょう。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

20代で転職した人の話を聞こう

転職の情報が少ないというのも不安を感じる原因の1つです。

しかし、もう一つ転職に不安を感じる原因があります。

それは、「転職をしたら本当に良いことが起こるんだろうか?」という転職後に関する不安です。

転職後に関する不安を解消するのにおすすめな方法は、転職経験がある人に話を聞くことでしょう。

私自身、転職をした時には、まわりで転職をしている人がいなかったため、不安に感じながら転職をしました。

しかし、転職した直後に、転職経験がある人と話をする機会があり、「転職をしてよかった」と実感できるような話をたくさん聞くことができました。

このときに、「転職活動をする前から転職した人と話ができたらどれだけ楽だったか…」と感じたことがあります。

職場によりますが、20代で新卒から同じ会社にいる場合、残念ながら、転職経験をした人と出会う可能性は低いです。

特に、日本は年功序列の文化が根強く残っているため、転職した経験がある人が少ないということもあります。

そのため、自ら転職をした経験のある人と出会い、話ができれば、20代の転職における転職後の不安に関して解消できるのです。

人材市場価値を上げる資格・スキル・実績を積もう

20代の転職活動では実績もないし、勤続年数も少ないから、転職に不利なのではないか…と不安に感じる人もいるでしょう。

その場合にできることは、人材としての市場価値を高めることです。

つまり、資格やスキル、実績を積むことで自らの人材市場における価値を引き上げるのです。

例えば、求人情報をくまなく見れば分かりますが、TOEIC800点以上のスコアを取れば、求人情報に大手企業の名前が多くなってくることが分かります。

このように、人材市場における価値を資格で上げることができれば、むしろ転職を有利に進めることが可能なのです。

「会社では大きな仕事が任されないし…」と不安に思っている人は、副業やボランティアを初めて実績を作ってみても良いでしょう。

ボランティアで大きなプロジェクトに関わった経験や、副業で自らメディアを作ったり、プログラミングをした実績があれば、人材市場での価値を上げることも出来るからです。

給料が上がらない人の特徴と対策は?人材市場価値から努力を考えよう
「給料が上がらない…」 「給料を上げるのに必要なことって何だろう?」 給料が上がらない人は努力不足の可能性が...

人間関係の不安は期待しすぎなければOK

情報収集をしても、転職経験者に話を聞いても、自分の市場価値を上げても、解消されないのが「人間関係の不安」です。

仕事において人間関係を重要視する人もいるでしょう。しかし、人間関係を重要視すればするほど、人間関係の不安を解消することができません。

人間関係の不安を解消するには、「人間に期待しない」というのが一番です。

転職する際には、職場の人間関係について期待するのをやめてみるのです。会社は仕事をする場所であって、人間関係が良好であれば、むしろ超ラッキーだと考えるようにしておきましょう。

人間関係が悪そうだなと感じた際に、「どのように関わらないか」という回避策を予め決めておくとラッキーです。

特に、職場によっては、あなたを搾取する人や、マウンティングする人、攻撃する人もいますので、自己防衛ができるように準備しておいたほうが良いでしょう。

搾取する人から搾取されない方法【自分の身は自分で守る】
世の中には一定数の搾取する人が存在します。搾取する人から搾取されない方法を知らなければ一生搾取され続けることになるでしょう。搾取する人の見分け方や自分の身を守る方法を解説しました。
攻撃的な人からを身を守る方法は?「逃げる・ルール・ユーモア」
「攻撃的な人が職場にいてストレスが溜まる…」 「攻撃的な人って話せばわかるよね…」 残念ながら、攻撃的な人と...

20代転職が不安なら情報収集から始めよう

20代が転職で不安を感じるなら情報収集からはじめましょう。

情報収集をすれば、自分が不安に思っていることの、ほとんどの解決策が見つかります。

情報収集をするには、転職サイトに登録をしたり、転職した人と会話すると良いでしょう。

転職サイトは大手の転職サイト数社に登録しておけば、求人情報を網羅することができるでしょう。転職エージェントにも話を聞くことができるので、転職を考えているなら、数社程度登録をしておいたほうが良いです。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

20代の転職は不安に感じることも多いですが、年収が高い業界に入りやすかったり、ポテンシャルで採用されやすいなどのメリットが多いのも事実です。

20代の転職の不安を解消して、転職活動を効率的に進めたいですね。

以上、20代の転職は不安で一杯?不安を解消は「情報収集」から始めようを解説しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました