2017-05

スポンサーリンク
自伝

書評「Zero to One」全ての人は投資家にならなければいけない?

Youtubeの創業者・Linkedinの創業者・Tesla・Yelpの創業者に共通点があります。それは、元Paypal...
2018.07.26
自伝

書評「夜と霧」最悪な状況で見出した人生の価値とは?

人は極限の状態に追い込まれた時に、その状況からどう抜ければ良いのでしょうか? 様々な本で「夜と霧」は取り上げられて...
2018.07.26
マインド

書評「GRIT」要約:GRITとは?やり抜く力の意味と伸ばし方?

GRITとは「諦めないでやり抜く力」です。これまでやり抜く力は生まれつきの能力だと思われていましたが、研究により生まれた後でも伸ばせることがわかりました。GRITを伸ばすには究極の関心と目標設定が重要?GRITを書評要約しました。
2018.09.27
自伝

書評「魂の退社」元朝日新聞幹部が語るお金に執着しない生き方とは?

大企業に勤めている価値観というのは、昔は絶対的なものでありましたが、その価値観が変化した人の話を聞いたことはある人はどの...
2018.07.26
文章術

書評「言葉にできるは武器になる」要約:文章の書き手に準備の大切さを啓蒙する本

「文章が思いつかない…」 「考えがまとまらない…」 文章を書いていると、どう表現してよいのかわからず、筆が止...
2018.09.27
小説

書評「プラチナデータ」技術の精度が更に高まるとどうなる?

技術の精度が更に高まるとどういう未来になるのでしょうか? 今回紹介するプラチナデータは、そう行った技術の精度が更に高ま...
2018.07.26
歴史

書評「浮上せよと活字は言う」活字を知り思考を研ぎ澄ますとは?

人は活字によって思考をする。 活字を知り、活字に触れるということは、自分の思考の幅を広げ、思考を研ぎ澄ますことに役...
2018.07.27
マインド

書評「今日は、自分を甘やかす」Twitter13万人フォロワーが語る毎日を愛するコツ?

Twitterフォロワー13万人?そんな方が語る毎日を愛する方法とは一体? 今回紹介するのは、夏生さえりさん著の今日は...
2018.07.26
小説

書評「砂漠」ユニークなキャラが青春を生み出す大学小説

大学生活はたったの4年間しかなかったですが、あの時の充実感といえば格別のものだったのではないでしょうか? 今回は伊...
2018.07.27
教育

書評「ファスト&スロー」要約まとめ:早い思考と遅い思考の違い?

ファスト&スローは2002年にノーベル経済学賞を受賞した著者のダニエル・カーネマンが一般向けに描き下ろした本です。いかにして人は認知的な錯覚に陥るのか?どのようにすれば合理的な判断ができるのか?を解説しています。
2018.09.11
教育

書評「思考停止という病」思考停止から逃れる方法とは?

情報がたくさんある時代に置いて、現代人が陥っている病気に思考停止という病があります。 では、実際に思考停止という病とは...
2018.07.26
読書法

ブレない軸を作る読書術「バカになるほど、本を読め!」要約まとめ

本を読めば賢くなるとよく言われますが、バカになるために本を読むということを考えたことはありますか? ここでいうバカ...
2018.08.01
マーケティング

「Hooked ハマるしかけ」要約:3分で理解する習慣化の方法

ハマるしかけを作る方法はキッカケ・行動・報酬・投資の4つの方法で作れます。ハマるしかけが作れれば相手の行動が習慣化でき、売上が安定すること間違いありません。ハマるしかけのマーケティングを紹介する「Hookedハマるしかけ」を要約しました。
2018.09.12
人生論

「キレる女懲りない男―男と女の脳科学」要約?男性脳と女性脳の違いとは?

キレる女懲りない男は男性脳と女性脳の違いを一発で理解できるおすすめ本!男性は論理だけで考え、女性が論理と感情を一緒に考えるのは脳の違い?男女の脳の違いを理解すればコミュニケーションが円滑に進み、トラブル発生を防げますよ!
2019.02.03
経済・トレンド

書評「超予測力:不確実な時代の先を読む10ヶ条」:予測力がある人の習慣とは?

不確実な時代を生き抜く為に必要なことは何でしょうか?それは予測力です。 ただ、今回紹介する本はただの予測力ではあり...
2018.09.05
コミュニケーション

書評「超一流の雑談力「超・実践編」」:初対面の人から信頼を勝ちとる方法とは?

雑談力はどうしたら伸びるのか…。 そういった悩みを解決する本としてベストセラー1位を受賞したことがあるのが、「超一...
2018.09.09
人生論

入社1年目の教科書感想:入社1年目とか関係なしに読むべき本

入社1年目の人向けに読んだ方が良い本といえば、ご存知の通り、入社1年目の教科書です。 内容は今の時代にそぐわないと...
2018.09.21
時間管理

書評「レバレッジ時間術」:雪だるま式に時間を増やす方法とは?

レバレッジシリーズで有名な本田直之さんが書いたレバレッジ時間術を紹介します。 時間が足らないなーと思っている人は、...
2018.08.29
コミュニケーション

説明がわかりやすい人は「3」で説明する?「いまの説明、わかりやすいね! と言われるコツ」まとめ

説明がわかりやすい人は「3」で説明しています。全てを説明するとわかりにくくなるので、伝えるべきポイントを絞って「3」で説明するのです。「伝えたいことが3つあります」から始まると分かりやすい説明ができる。その方法をご紹介。
2018.09.09
スポンサーリンク