【40代の資産形成】老後費用2000万円と収益源の確保が重要

「40代からの資産形成は何から始めれば良いのか?」

「40代の資産形成はなんのために始めるの?」

40代から資産形成を始めれば、老後の安泰は比較的楽に手に入るでしょう。

しかし、40代以降に資産形成を始めない場合、老後費用や収入源の構築に手遅れになる可能性が高いです。

40代で資産形成する目的は、老後資金の不足分を補うことと、老後の収入源を作るためです。

しかし、40代がリスクを負った投資をして、大損してしまった場合、損失を取り返すのも非常に難しくなります。

個別株やFXに手を出し、半分以上の資産を失ったまま、老後に突入してしまったら、損失を確定させながら生きていくため、とんでもなく大損してしまうでしょう。

今回は40代の資産形成の考え方と始め方について解説します。

この記事で学べることは?

  • 40代の資産形成の目的が学べる
  • 40代からの資産形成で老後に備える戦略
  • 40代からのオススメの投資法が学べる
スポンサーリンク

40代の資産形成は老後のために行おう。

40代の資産形成は20代や30代とは異なります。

  • 20代や30代の主な目的:脱サラに向けた資産形成(FIRE)
  • 40代:老後の安泰のための資産形成が主目的になるからです。

FIREとは、経済的自由になって早期退職をした状態のことを指します。詳しくは下記の記事をどうぞ。

FIREムーブメントが話題!経済的自立をして早期退職する方法【アメリカで話題】
アメリカで「FIRE」という概念が話題です。FIREとは、Financial Independence, Retire Earlyの略で、つまり、「経済的に自立して早期退職」という意味。労働に依存しない収入の確保と節約がFIREの鍵?

もちろん40代から脱サラを目指すことを否定するつもりもありません。

しかし、今後、45歳や50代での早期退職が普通になってきます。40代で早く脱サラしたとしても誤差が5年程度しかないので、早く脱サラした意味がありません。

老後資金がないまま、早く脱サラした場合、年金だけでは足りないからと、アルバイトをする必要性がでてくる可能性もあります。

40代で早めに脱サラするのを目標にするのではなく、完全にリタイアするために必要な老後資産を十分に積み立ててから、脱サラした方が良いでしょう。

老後費用に必要なお金をご存知ですか?

老後に必要なお金はいくらかご存知でしょうか?

以前、金融庁が老後資金は約2000万円程不足するということをレポートにまとめて、話題になりました。

しかし、40代の人が年金をもらい始める時には、これよりもっと悪い状況になっているでしょう。

なぜなら、将来的な年金は所得代替率50%にしか過ぎず、約2割の支給額が減ると言われているからです。

つまり、老後費用は2000万円程度の不足ではなく、3000万ほど不足すると可能性もあるということなのです。

定年後の老後資金は2000万円不足?自助努力が必要「金融庁発表」
「定年後の老後資金が2000万円不足する?」 「自助努力って何をやればよいの?」 これまで老後資金が不足する...

あなたに必要な老後費用を計算してみよう

あなたに必要な老後費用を計算してみましょう。

下記は老後費用を計算するツールになります。

興味がある人は使ってみてください

【定年後不足金額シミュレーター】老後の足りないお金を計算するツール
定年後に不足する金額がわかる計算機です。老後費用の平均・結婚の有無によって、年金の種類別の老後費用が簡単に計算できます。定年後のお金が気になる方は一度試してみて下さい。

40代の資産形成で老後に備える方法

40代の資産形成は脱サラと言うよりは、むしろ、老後の安泰を得るために投資をすることが目的でした。

それでは、老後の安泰を確保するためになる、老後に備えた資産形成の方法とは一体どのようなものがあるでしょうか?

40代から資産形成を始める人が投資する条件は?

資産形成の方法で最も重要なのは、何に投資をするかです。

40代から資産形成を始める人は何に投資をすれば良いのでしょうか?

40代から投資を始める場合は、ハイリスクすぎるものは避けた方が良いでしょう。

20代、30代とは違い、損が出た分だけ投資をするという方法が使える期間も短いからです。

個人的にオススメな投資対象の条件は下記の通りです

  • 債券と株式の組み合わせ
  • 分散投資ができている

債券と株式は値動きは反対に動きます。そのため、リスク分散の効果もあり、損失が出しにくくなります。

分散投資は個別株に比べるとリスクが低いとされています。

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

そのため40代からの投資では、損失が出しにくくなるように、分散投資を行った方が良いのです。

上記のような結論で考えると、40代が資産形成を始めるなら、インデックスファンドへの投資が一番効率的ということになるのです。

インデックス投資はおすすめの投資法!初心者・投資嫌いはインデックス投資から始めよう
インデックス投資は、投資初心者、投資が嫌いな人、損を出したくない人などにおすすめな投資法です。インデックス投資がなぜおすすめなのか、実際のアメリカの確定拠出年金などを例に取り説明します。

老後の資産を確保する投資術とは?

老後資金が3000万円程の老後資金を確保しておけば、老後も安泰です。

なかには、老後資金を普通に貯金していき3000万円になる人もいるでしょう。

しかし、普通に貯金をして3000万円にならない人は、資産形成しないといけません。

老後の資金を確保する投資術としては下記のものがあります。

例えば、バランスファンドやターゲットイヤーファンドなどの債券と株式に分散されている投資信託があります。

分散投資をした場合、市場価格の変動により債券と株式の資産比率が変わってしまいます。

そのため、年に1回程度はリバランスをしないといけませんが、リバランスが面倒くさいという人もいるでしょう。

バランスファンドやターゲットイヤーファンドの投資信託に投資をしておけば、自分で債券や株式の比率を調整することもなく、一定比率で分散してくれるので、簡単に運用ができるのです。

資産割合の比率を変えるリバランスについては下記の記事で解説しています。興味がある人はどうぞ。

大暴落でも利益を出すリバランス?-35%損失を+17%にするリバランスの真髄とは?
大暴落でもリバランスをすれば-35%の損を+17%の利益が生み出せる。一方で、感情的になり当初決めた計画とは違う資産比率にすると損は拡大していく。長期投資にはかかせないリバランスとは?リバランスの具体的な方法とは?

老後の収入源増やす投資術

老後の資金を増やすだけでなく、老後に向けて収入源を増やしておくのも老後の備えになります。

資産形成で収入源を増やす方法は

  • 株式の配当金
  • 債券による利回り
  • 投資信託による分配金

があるでしょう。

例えば、下記のような投資方法があります。

  • 高配当金株式
  • 高配当ETF
  • 社債・国債による利子

投資が大好きな人は、高配当株式と債券を自分で組み合わせて、自分なりのポートフォリオを作ってみると良いでしょう。

逆に、分散投資の効果を手っ取り早く得たいという人は、高配当ETFに投資をしましょう。

高配当ETFであれば、分散投資をしながら分配金が得られるので一石二鳥です。

ETFで配当金生活を目指す!高配当ETFを使った超現実的な方法とは?
ETFで配当金生活は可能?平均以上の入金が必要ですが、努力次第でなんとかなる領域です。ETFで配当金生活をする超現実的な方法とは?

私は高配当ETFである、VYMに継続して投資をしています。

分散投資によるリスク分散を得ながら四半期ごとに分配金が得られるので、私の中では非常に有意義な資産形成となっています。

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFで配当金でいくら儲かるの?徹底分析!
VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)は配当金を目的としたETFには最適です。しかし、いくらもらえるのか超わかりにくい…。簡単に計算する方法と、VYMを投資するか迷った時に徹底的に分析した内容を解説しました。

40代の資産形成で老後も安泰

老後資金は2000万円が不足すると言われています。

しかし、40代からの資産形成をすれば老後の安泰に近づくでしょう。

40代から資産形成することによって

  • 老後資金の不足を補う
  • 収入源を確保することができる

などの、メリットを得ることが可能です。

40代からの資産形成をして老後安泰に向けて動き始めましょう。

以上、【40代の資産形成】老後費用2000万円と収益源の確保が重要を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...

コメント