メガバンクを転職して後悔する理由?銀行を転職しても後悔しない方法

「銀行を退職して後悔する人っているのかな?」

「メガバンクを退職するとどのような後悔があるの?」

結論から言えば、メガバンクを退職して後悔する理由は「待遇」の違いです。

銀行は給料も高く、福利厚生も充実しています。しかし、一社目がメガバンクだと、銀行がどの程度充実しているのか知る機会がありません。

はっきり言ってメガバンクの3年目まではつまらない仕事が多いでしょう。

そのため、若者はやりがいを求め。銀行を転職していくのです。

銀行の待遇が当たり前だと思っていると転職先で思わぬ待遇の違いを感じるのは大体社会人3年目からです。

給料が低い、福利厚生が充実していない、サービス残業があるなどの問題で家庭との両立に苦しむこともあるからです。

では、どうすればメガバンクを退職しても後悔しないのでしょうか?

今回は、金融系で働いている私自身が、金融系の知り合いに聞いた話を総合して解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • メガバンク(銀行)から転職して後悔する人がいるという事実が学べる
  • メガバンク(銀行)から転職して後悔する理由が学べる
  • メガバンク(銀行)から転職する際に後悔しない転職先が学べる
スポンサーリンク

メガバンク(銀行)からの転職して後悔する人もいる

私自身、長い間、金融業界で働いており、金融に勤めている友人も数人います。

そのため、「メガバンクから転職する人」について聞く機会も多いです。

メガバンクから転職したい(逃げ出したい)と考えている人の理由は下記の通りです。

  • テクノロジーについていけてない
  • 体質が古臭い
  • 人員削減などを見て将来性が不安に感じる
  • 銀行でしか通用しないスキルしか身につかない
  • やりがいがない
  • 意図しない地方転勤を言い渡される可能性もある

いくら安定した給料があり、なかなかリストラがされないと言っても、働いている人には嫌なことがあります。

最近では、銀行の早期退職が騒がれているので、「銀行で働いている人とか終わっているよね」と感じている人もいるでしょう。

しかし、そんな悪いことが書かれていたり、働いくのも嫌だなぁと感じて、転職していった人たちの中では、メガバンク(銀行)を転職して後悔している人がいるのも事実です。

一体どのような後悔があるのでしょうか?

メガバンク(銀行)から転職して後悔した理由とは?

メガバンク(銀行)から転職して後悔している人たちの多くの理由は「待遇」によるものです。

メガバンクを退職する人は、そもそも5年目以内の若手が多いでしょう。

残業規制が厳しくなった昨今では、残業をして給料を上げる事もできず、早く帰っても手持ち無沙汰な独身達の人々が銀行を転職して行くのです。

銀行は年収ランキングでは常にTOP10に入る高収入の業界であり、残業代未払いもなく、有給休暇もとりやすいです。

この条件は、30代に差し掛かり給料も上がり、家族を養い始めた人には、非常に好条件な環境になります。

つまり、後悔し始めるのは30代になり、メガバンクと転職先の「待遇差」に不満を感じ始めたときなのです。

やりがいを重視して年収が低くなった

若い人たちがメガバンクを転職する最大の理由は「やりがいがない」からでしょう。

大手銀行なんて3年目までは雑用しかできません。5年目の社員であっても支店で下っ端なら雑用をするのが当たり前です。

しかし、大学時代の友人たちというと、ベンチャーであれば役員になっていたり、色々なことに挑戦して一線で活躍しているケースがあります。

そういった状況を目の当たりにすると「自分は何をやっているんだろう?」と虚しい気持ちになることもあるのが、銀行員の悲しいサガなのです。

虚しい気持ちになった銀行員は、やりがいを重視した転職をはじめます。

しかし、やりがいを重視して仕事を選ぶと必ずぶつかるが、給料が低くなるという問題です。

事実、メガバンクの平均年収は高いです。

業界の平均年収ランキングなどを見ても、金融はTOP10に入るほどの高年収であり、他の業界に比べても給料が高いのです。

業界的な平均年収が高い銀行員が、やりがいを求めて他の業界に転職するとなれば、年収が下がるのは確定的です。

そのため、銀行員がやりがいを求めて転職すると、年収が低くなるのです。

リストラのない安定した仕事ではなくなった

メガバンクは良くも悪くもリストラが少ないです。

最近は銀行の人員削減というのがメディアでも話題になっていますが、銀行の人員削減の大体は自然減で達成すると言われています。

つまり、リストラではなく、採用コントロールと早期退職で実現していくのです。

早期退職も、早くても45歳で早期退職が募集されるのであり、普通の早期退職であれば50歳程度になるでしょう。つまり、メガバンクで働くということは、20代から50代まで働けることが決まるのです。

しかし、メガバンクから転職する人の中には、下記のような業界に転職してしまう人もいます。

  • リストラのある業界
  • 業績が不安定な業界

そういった業界に転職してしまった人は後悔する可能性が高いというのも事実なのです。

大手銀行3.2万人の人員削減?メガバンクのリストラの原因は固定費
「メガバンクが合計で3.2万人も削減する理由ってなんなの?」 「支店削減や経費削減も取り組むらしいけど一体どうして...

福利厚生が充実していない

銀行とは働く上では最強に守られた環境だと思います。

  • 年休取得率や育休取得率にこだわっている
  • サービス残業はほとんど存在しない

このため、メガバンクから違う業界に転職すると、もしかしたら福利厚生が充実していないかもしれません。

若いときは福利厚生のありがたみを感じないかもしれませんが、30代を超えて家族ができてくると福利厚生のありがたみを感じる様になってきます。

有給休暇が取りやすかったり、サービス残業がないのも、メガバンクという守られた環境で働いているからなのです。

メガバンクから転職して後悔しないために

メガバンクを転職して後悔する理由は、

  • やりがいを重視して給料が下がった
  • リストラのない安定した仕事ではなくなった
  • 福利厚生が充実していない

といったことが挙げられるでしょう。

それでは、メガバンクから転職しても後悔しないためには、一体どのようにすればよいのでしょうか?

福利厚生が手厚い会社に行こう

もしも30代を超えて家族を養うことを考えるのであれば、できる限り福利厚生が手厚い会社に転職したほうが良いでしょう。

20代から、将来的な家族を養うことについて考える人は少ないと思います。

実際に、私自身も20代のときは将来的に家族を養うことは考えていませんでしたが、30代になってからは、家族を養うことが現実味を帯びてきて、「今のままの給料や福利厚生で大丈夫かな?」と不安になったものです。

そのため、メガバンク並みの水準にはいかなくても、ある程度の福利厚生を検討しておいたほうが、メガバンクから転職して後悔することも少なくなるでしょう。

福井厚生が手厚い企業とはワーク・ライフ・バランスが取れる企業のことですので、

  • 休暇が取りやすい
  • サービス残業がない
  • 残業が少ない

と点から考えて見ると良いでしょう。

個人的にワーク・ライフ・バランスがとりやすい企業は下記のような企業です

  • 一部上場企業
  • 利益率が高い企業

やりがいだけを追い求めてしまうと、福利厚生まで考えない結果、思わぬ後悔を感じてしまうかもしれません。

そのため、ある程度の企業規模なども後悔しないためには必要になってくるのです。

転職したことない人は年収が低め?転職活動しない=5000万円の損
「転職活動したことがない人は年収は低いの?」 「転職活動しないと損する理由ってなに?」 転職活動したことがな...

やりがいよりもある程度の給料を

やりがいだけを追い求めた結果、給料に関して何も考えないまま転職した人も後悔している人は多いです。

メガバンクで働いている人たちは、やりがいのない仕事や成長しない仕事に対して不満が溜まっています。

そのため、早くやりがいのある会社に転職したいと感じてしまい、メガバンクの時よりも待遇が悪い会社に転職してい舞うのです。

私の知り合いでも、メガバンクが嫌すぎて別の業界に転職した人も何人かいます。

20代前半の頃は、そのように転職する人たちは羨ましがられていました。

しかし、30代になり、その人達の様子を聞いてみると、転職した事自体を後悔しているとは言いませんが、年収も低くなり、家族も養う余裕すらなくなっています。

自分が本当にやりたいことができているなら問題はありません。

しかし、もしもメガバンクを転職したことで自分のやりたいこととズレた生活しかできなくなっているなら本末転倒です。

本当にやりたいことがある人以外は、やりがいだけで仕事を決めるのではなく、ある程度の給料が高いところに転職することを検討してみても良いでしょう。

20代の転職は高年収な異業種を狙おう「軌道修正のラストチャンス」
「20代から転職するのってどうなんだろう?」 「転職はいつ頃かしたほうが良いの?」 石の上に三年が大切だから...

収入源を複数持つこと

メガバンクで転職して後悔する理由の中に、リストラのない安定した仕事ではなくなったということがあります。

メガバンク以上に安定した仕事に転職できれば良いですが、そうではない場合、自分自身で安定を作り出す必要があります。

自分自身で安定を作り出すなら、複数の収入源を構築するしかありません。

例えば、サラリーマンで副業をすることで、収入源を2つにすることも可能です。

さらに、副業で浮いたお金を配当金を生み出す投資に回すことにより、収入源を3つにすることもできます。

このように、メガバンクを退職したことで安定がなくなり後悔をするのであれば、メガバンクを退職する前から、複数の収入源を作る方法を検討しておいたほうが良いのです。

【複数の収入源の必要性】作り方と注意点を実体験から解説してみた
「複数の収入源を構築するってどういうこと?」 「複数の収入源を構築する必要ってあるの?」 今の時代に生きる人...

メガバンク(銀行)を退職して後悔しないようにしよう

メガバンクを退職して後悔する理由は、

  • やりがいを重視して給料が下がった
  • リストラのない安定した仕事ではなくなった
  • 福利厚生が充実していない

といったことが挙げられます。

銀行を退職しても後悔しないために、下記のような方法があるでしょう。

  • 福利厚生の手厚い会社に転職
  • やりがいとある程度の給料を両立させる
  • 複数の収入源を構築する

メガバンクを退職して後悔しないためにも、メガバンクを退職する前から準備しておくことが大切ですね。

福利厚生や給料がある程度高い企業に行くには転職するのが良いでしょう。

転職は情報収集から始めるのが一番であり、情報収集には転職サイトを活用し、エージェントとお話をするのが一番不安が晴れるでしょう。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資問わず全て揃っている。言わずとしたら転職サイトの老舗です。
  • JAC Recruitment:外資系や語学を使う求人に強い!年収を上げたいスーパーサラリーマンにおすすめの求人サイト
  • 転職会議:企業のリアルな口コミを企業で働いていた人が書いているサイトです

また、収入源を複数構築するには副業について知っておくと良いでしょう。

サラリーマンが副業を始める方法は下記の記事で解説しています。興味がある人はどうぞ。

【サラリーマンの副業始め方】基礎から学ぶ失敗しない始め方
サラリーマンの副業のはじめ方を間違ってしまうと失敗する可能性が高いです。失敗しない副業のはじめ方をサラリーマン向けにまとめてみました。

以上、メガバンクして転職で後悔する理由?銀行を退職して後悔しない方法を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました