ブログを10ヶ月ほぼ毎日更新した場合アクセス推移【弱小ブログ】

「ブログって毎日更新して意味あるの?」

「弱小ブログはどうやって生き残れば良いのかな?」

ブログを毎日更新するとアクセスはアップします。ただ、弱小ブログの場合はアクセスアップしてもメインの収入になることはありません。

それでは、弱小ブログはどのような戦略で生存していけば良いのでしょうか?それは、実益を兼ね備えた趣味化することです。

私も実益を兼ね備えた趣味としてブログを頑張ってきました。

私にとって、ブログを更新することはゲームを攻略するのと同じことです。

アクセスアップを目標として淡々とブログを更新し、SNSと連携し流入を増やすなど、アクセスアップという目標が達成できたらおもしろいなと思っているだけです。

そしてゲームが攻略できれば少しばかりの収入が手に入ります。これはこれでお小遣い的に良いですよね。

しかし、趣味と実益を兼ね備えたものにしようとしても、アクセスアップがどのようにされるのかが分からなければ将来の展望を持つことができません。

私も「毎日更新で本当にアクセスが上がるのか?」「記事数はどの程度書けばアクセスが上がるのか?」不安に思い何度も検索しました。

「この方向で正しいのかな?」と心配になる気持ちは非常によく分かります。

そこで、今回は、ブログをほぼ毎日更新した場合のアクセス推移について解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • ブログを10ヶ月ほぼ毎日更新した場合のアクセス推移が学べる
  • ブログで稼ぐのが修羅の道だということが学べる
  • 弱小ブログの生存戦略が学べる
スポンサーリンク

ブログを毎日更新した結果

いまから10ヶ月ほどまえの、2018年7月から毎日更新を心がけた結果、下記のようにアクセスが推移していきました。

控えめに言ってアクセス数はかなり増えたと言えるでしょう。

ただし、ブログの毎日更新は絶望に次ぐ絶望の連続でした。

ブログで稼ぐのは本当に大変なことですね…。ブログで飯を食べている人はスゴイなと本当に思います。

ブログを始めて最初の3ヶ月は絶望でした

2018年7月からブログの毎日更新を心がけ、ほぼ毎日更新し続けてみました。

上のグラフの通りのアクセス数の推移でして、最初の3ヶ月のアクセスの上がらなさに絶望しました。

毎日更新も2000文字以上(現在は最低でも3000文字以上)と決めて取り組みました。

はじめは文章を書くことのが遅く、ブログを1記事書くのに4時間から5時間もかかり、ブログを書いて1日が終わるというのを何度も経験しました。

それなのに、アクセスは全く上がりません。誰にも見られないのに書き続けるなんて、正直言って「なにやってんだろう」と途方にくれることも多かったです。

最初の3ヶ月でブログを辞める人が多い理由もよくわかりました。ブログ最初の3ヶ月はかなり辛いですよね。

4ヶ月目から7ヶ月目まで徐々にアクセスが増えてきたが絶望

ブログのほぼ毎日行進は本当に絶望します。それでもほぼ毎日休まずにブログを更新し続けました。

4ヶ月目から徐々に「お!」と思うようなアクセスを記録してきました。

それでもたまに少しアクセスが増えるくらいで、基本的にはアクセスが目に見えて増えることなかったです。

やはり労力の割にアクセスはありません。絶望の日々は続きます。途方に暮れて辛い日々です。

この経験から4ヶ月目の時点で「稼ぐためのブログをやめよう」と決意しました。

というのも、稼ぐためのブログをやると、稼げない自分の無能さに嫌気がさすからです。

稼ぐことを主目的にすると、安定しない収益と収入が上がらないもどかしさにイライラが募ります。

ブログは時給換算して激安だと気付いてしまい書く気が起きなくなります。

ここらへんから、「いかにしてアクセスアップをするか?」という目的にシフトします。そして、広告収入が入ったらラッキーだなと考えてブログ運営するようになりました。

8ヶ月目から10ヶ月現在までアクセスは停滞なので絶望

8ヶ月目(2019年3月)から10ヶ月目現在(2019年5月)のアクセスの伸びも停滞期に入っています。

ブログ記事をほぼ毎日更新していますが、ブログのアクセスは思ったよりも伸びません。

8ヶ月位続けていくと、自分がブログに向いていないことが分かります。継続はできますが、記事のセンス・文章の書き方、すべてにおいて劣っていることがわかるのです。

やはり、最初の目的が「お金を稼ぐため」と思ってブログを更新するのは厳しいなと実感しました。ブログは思ったよりも稼げません。適当にブログ書くならバイトしたほうがマシです。

ただ、それと同時に「お金稼ぎ=ゲーム攻略」になっている人はブログは向いているでしょう。

ブログもゲームもかなり似ています。両方共攻略ですので、寝る間も惜しんでゲームした経験がある人や、一生ゲームできる人はブログ向いているかもしれません。

というかお金稼ぎがゲームの攻略という感覚の人は、ブログと言わずに副業や起業でもなんでも上手くいく気がします。

ブログを10ヶ月間ほぼ毎日更新を継続してわかったこと

まだまだ、ほぼ毎日更新を10ヶ月程度しか継続していませんが、毎日更新を継続してわかったことを解説していきたいと思います。

毎日更新でアクセスは伸びます。間違いないです。

ブログは毎日更新で伸びます。これは間違いありません。それには多くの要因があります。

  • ブログが表示される検索キーワード自体が増える
  • 活発に更新されているブログはGoogleから生きているブログと認識される傾向がある気がする。
  • 記事公開時してから検索上位に掲載される確率も高い気がする

しかし、こういったアクセスアップもいずれは頭打ちがあるでしょう。

というのも、検索上位に掲載され続けるには、読者が役に立ち、何回も訪問するサイトではないと難しいからです。

さらに、ブログの毎日更新は記事の内容が薄くなるというデメリットもあります。

普通の人はそこまでブログに書くネタなんかないです。

ブログの毎日更新はアクセス数は伸びますが、ブログのアクセスが一生続くかと言うと、それは別の話です。

アクセスアップするタイミングは3ヶ月に1度くらい

アクセスアップするタイミングは個々人のブログの内容により異なると思いますが、私の場合、検索エンジンからのアクセスの流入は約3ヶ月に1回くらいのペースで増加していきました。

私のブログの場合、下記のタイミングで検索表示数がかなり増加しました。

  • 2018年10月
  • 2019年1月
  • 2019年4月

ブログのアクセスアップは本当に遅れてやってくるんですね。

今書いているブログが3ヶ月後のアクセスを支えていると考えてワクワクしながらブログを更新すると良いかも知れませんね。

ワクワクするためにも将来の展望について知っておくのは重要でしょう。

ブログで稼ぐのを選ぶのは絶望の道

私のブログのアクセスを検証していて、ブログをメインの収入にするのは絶望と向き合うことだなと感じました。

私の場合はブログをお小遣い稼ぎ+ゲーム攻略でやっているのですが、それでも稼げなすぎて絶望を感じることは多々あります。

例えば、1日3時間ブログに費やし、約30日更新したとしたら90時間です。

90時間って時給1000円のアルバイトしたら9万円は稼げますからね。しかし初期のブログの収入って月200円とかそんなもんですからね。そう考えるとブログは稼げないですよね。

お小遣い稼ぎでブログをやっていると絶望します。だったらライターやったほうが儲かります。

もしもブログで稼ぐことを目的にするなら、ブログが大きくスケールしていくイメージを持ってブログをやらないと意味がありません。

ストックで積み上げて行くブログにするなら、しっかりと文字数を書き込んで、ある程度ボリューミーな記事を書き続ける必要があるでしょう。

副業ブログで月1万円稼げるまでの実態とは?【絶望と向き合おう】
副業にブログを選ぼうか迷っていませんか?副業ブログで月1万円稼ぐ意味は、精神的余裕・別の収入源・スキマ時間の有効活用というメリットもありますが、基本的に絶望と向き合うのが副業ブログです。副業ブログの実態をまとめました。

ブログのアクセスアップでわかる弱小ブログの生存戦略とは?

ブログのアクセスアップを見て分かる通り、個人が作り始めた弱小ブログの場合、アクセス数がそこまで増えていきません。労働力から考えたら明らかに割に合わないでしょう。

弱小ブログが生存していくには、ブログを「実益を兼ね備えた趣味」にすること。

私の場合は、アクセスアップ=ゲームの攻略と考えて取り組んでいます。そのため、現在も継続して更新できるんですね。

趣味的に楽しんでいるので、継続は楽勝です。

さらに、ゲームの攻略とは違いうまく行けば少しばかりの実益を兼ね備えられますからね。

この記事がブログを始めたばかりの人の目に止まって、ブログを継続する力になれば幸いです。

以上、ブログを10ヶ月ほぼ毎日更新した場合アクセス推移【弱小ブログ】を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント