「転職するか悩んでいる…」高年収を目指す転職すべき人

「転職するか悩んでいる…」

「高年収になりたいけど転職すべきでしょうか…」

転職すべきか否かは、その人が現在働いている職場と将来的に目指すものによって異なります。

学生生活のように決まった時期に環境を変えなければいけないのと違い、転職は自発的に決めなければ環境を変えることができません。

会社をやめたいと考えるまでは緊急性のない問題であり、転職したいと思っても数週すると「やっぱり転職しなくて良いかな」と心変わりをしてしまうので、転職の悩みは放置されやすいです。

しかし、比較的年収を高めたければ、年収が低い業界、年収が上がらない企業に勤務している人は、若い方が異業種転職しやすいのも事実です。

転職の悩みをほったらかしにした結果、年収アップの機会を見逃してしまうことも…

今回は、転職に悩んでいる人向けに、高年収を目指すなら転職したほうが良い人を解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 高年収を目指すなら転職したほうが良い人が学べる
  • 大企業にいる人がさらに年収を上げる方法が学べる
  • 若い内に転職した方が良い理由が学べる
スポンサーリンク

転職して悩んでいる人で転職したほうが良い人は?

結論から言えば、「転職すると年収が上がる人」は悩んでいるなら転職したほうが良いでしょう。

とりあえず年収を上げておけば、最悪、会社が合わなかったとしてもスライドして給料が高いままの可能性があるからです。

比較的年収が低い業界にいる人

比較的年収が低い業界にいる人は転職を積極的に検討しましょう。

年収が高くなれば、生涯賃金が上げり、生活が楽になります。

また、最悪会社が合わなかったとしても年収が高いままスライド出来る可能性があるからです。

例えば、接客系の業界は年収が低い傾向にあります。

できることなら、年収が高めのコンサル・メディカル・金融などの異業種への転職を検討すると良いでしょう。

若さは力です。若いうちは異業種への転職も比較的簡単にできます。

もしも、若い時期から転職するか悩んでいる場合は、比較的年収の高い業界への転職を検討しても良いでしょう。

高年収を狙うなら異業種へ転職しよう【年収が高い業界・低い業界】
「働いている業界の年収が低いなぁ…」 「異業種への転職って実際にできるものなのかなぁ…」 20代・30代であ...

中小企業で悩んでいる人

「平成28年経済センサス-活動調査」によると、全国の中小企業の数は357.8万社・大企業の数は1万1157社だと言われています。

つまり、日本の99.7%は中小企業なので、中小企業に勤めている人が圧倒的多数です。

中小企業には色々なタイプがあります。

一概に大企業の方が良いとは言えませんが、やはり福利厚生や働き方という面では大企業のほうが手厚いでしょう。

ただ、下記の条件を満たしている中小企業は優良企業に当たるため、転職するかは慎重に考えて下さい。

  • 資本金が潤沢にある
  • 安定した商材(インフラより)
  • 政府系の資金が入っている

倒産確率が低く、残業も少ないなら、中小企業であっても優良企業でしょう。

年収が低いので悩むのであれば、自分のスキルを磨いて、より年収が高い企業へ転職しましょう。

自分の価値を上げないで転職する場合、倒産確率が高く、残業が多いのに年収が上がらない企業に転職する羽目になる可能性もあります。

安定している中小企業にいる場合、下手に転職すると転職後に後悔する可能性があるので、慎重になりましょう。

年収が上がらないベンチャー企業

ベンチャー企業に就職している、転職を目指している場合は、企業を見極める目が必要になります。

ベンチャー企業は成長すれば年収を上げてくれる企業もあれば、年収を一向に上げていくれない企業もあります。ぶっちゃけ経営者次第です。

知り合いのエンジニアは新卒でベンチャーに入社した企業から転職しただけで、年収150万円〜200万円ほど上がったという人もいます。

ベンチャー新卒の場合、労働市場における自分の価値を十分にわかっていないため、買い叩かれる傾向にあるのです。

ベンチャー企業から転職するか悩んでいるなら下記の2点は考えておきたいですね。

  • 成長業界において上位を狙えるベンチャー企業かどうか(上場する可能性を見極める)
  • 企業の売上と連動して給料が上がっていくのか(先輩の給料事情を聞く)

成長業界において上位を狙えるポジションにあるベンチャーは、上場する可能性も高く、ストック・オプションという上場前の株式を給料の代わりに付与される制度があるでしょう。

ストック・オプションは上場前にやめると権利を行使できなくなるので、退職する前に上場するか否かを考えておきたいですね。

同様に企業の売上に応じて給料が上がるのかどうかを、先輩社員の給料などを上手く聞き出しましょう。もしも自分の給料とあまり変わらない場合は、転職を検証しても良いかなと思います。

「ベンチャー企業から大手企業に転職できるのか?」という質問もよく聞きますが、実績があれば可能です。

大手企業ならではの文化やルールがめんどくさく感じる部分があるかもしれませんが、そこら編は仕方がないということでしょうか…。

今大企業に在籍しているが転職するか悩む…どうすれば良い?

「大企業にいますが、給料が上がっていきません。転職したほうが良いでしょうか?」と悩む人もいます。

個人的には、大企業には大企業のメリットがあるので、大企業を辞めたほうが良いと断言できません。

しかし、大企業でも転職すべき人はいます。

どういう人が転職すべきなのでしょうか?

安定しているけど年収が欲しいなら転職しよう

「安定した大企業にいるけど年収を高めたい」という気持ちがあるなら転職して年収を上げましょう。

ただし、安定した大企業にいて自分が満足できるほどの年収が得られるのであれば、転職ではなく副業という選択肢もありです。

個人的に、転職して年収を上げていっても課税所得が900万円を超えると33%も所得税で取られます。

住民税と合わせると43%になり、課税所得900万円以上に所得を上げていっても、課税所得300万円の時に比べてると手取り額の伸び率が下がってしまうでしょう。

課税所得が900万円以上ある場合は、転職などのキャリアアップを目指すよりも副業をして、収入源を増やすこといチャレンジしても良いでしょう。

副業をすれば収入源が増えるだけでなく、自分が会社を退職した後も収入として継続することになります。ある意味、セーフティネットを作ることに近いのです。

年収を高めたいなら、転職しても良いですが、副業して収入源を増やすのも視野に入れてはいかがでしょうか。

副業は税金を学べば超トクに!副業サラリーマンがリアルに税金をおトクにした話
本業+副業で税金がおトク?税金の知識がなければ、損し続けるだけ。サラリーマンが知っておきたい副業と税金の関係とは?

大企業→外資・ベンチャーでも年収が上がる

年収にこだわる人であれば、大企業から外資系やベンチャー企業に行くことで年収を上げることも可能です。

外資系やベンチャー企業は年功序列や終身雇用制度がありません。

そのため、年齢により給料が下げられることがないのです。

逆に、年功序列ではないということは、結果を出さなければリストラ対象です。

日本の法律的に「即クビ」はないものの、外資系は基本的に単年契約になります。

契約更改時に年俸を下げられたりして、追いやられるケースもあるのです。プロ野球と同じですね。

外資系やベンチャー企業に在籍すれば、結果を求められる環境に身をおくことになります。

必然的に自分の価値が磨かれますので、将来的には転職を繰り返すジョブホッパー(プロサラリーマン)としての道が開かれます。

大企業から外資系に行くと、年収が大幅に上がります。

福利厚生などがほとんどなく、全て給料に割り振られているため終身雇用制度を導入している会社に比べると給料が高いのでしょう。

大企業の場合は30代からの転職でもOK

20代での転職は異業種への転職もやりやすいため、年収が高くしやすい傾向にあります。

そのため、このメディアでも、20代から異業種へ転職するのは割とオススメだと解説しています。

しかし、大手企業に勤めている場合には20代にこだわる必要もありません。

というのも、大手企業のネームバリューや大手企業ならではの経験は、転職活動で有利に働くこともあるからです。

「大手はベンチャーでは使い物にならない」という話を聞いたことがありますが、実際はそうでもありません。

下記の2点でベンチャー企業も大手の人材を欲するでしょう。

  • 大手企業で完璧にマニュアル化された知識が得られる
  • ベンチャー企業のネームバリューが上がる

大手企業では完全にマニュアル化されているものも多く、マニュアル化にされた行動が還元されるので、ベンチャーに在籍する人材の全体的なパフォーマンスが向上することもあります。

また、ベンチャー企業に「大手企業の人が在籍している」というのは採用戦略的にも使えます。

名の通った大企業に在籍している人は、後にベンチャー企業などに転職も可能です。

ただし、大手企業の名前だけでは採用してくれるところも少ないと思いますので、スキルを磨くのだけは怠っては行けないでしょう。

転職活動は準備が9割?年収を確実に高める転職準備とは?「経験談」
「転職活動をする前にどのような準備をすればよいのかな?」 「転職活動で年収を上げるのに必要な準備は何かな?」 ...

転職に悩んでいるなら早めに対処しよう

転職の悩みって緊急性がないので放置しがちです。

転職の悩みを放置した結果、年収を上げるチャンスをみすみす逃してしまっているかもしれません。

私の知り合いでも比較的年収が低い業界にいるにもかかわらず、20代で行動せずに30代から焦って行動している人もいました。

その人曰く、やはり若い時期に転職活動しておけばよかったとのことでした。

年を取るほど異業種への転職がしづらくなるので、転職の悩みは早めに解決しましょう。

  • 年収を上げる異業種への転職は若い内がプラスに働く
  • 企業によっては転職すべきでない人もいる
  • 大手企業にいる場合は30歳からの転職でもOK

転職について主体的に考えておいたほうが良いキャリアが築けるということですね。

早めの情報収集をするなら、転職サイトへの登録も忘れてはいけません。

転職する気がなくても複数の転職サイトに登録して情報収集に努めておいたほうが良いでしょう。

オススメの転職サイトは下記になります。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資問わず全て揃っている。言わずとしたら転職サイトの老舗です。
  • JAC Recruitment:外資系や語学を使う求人に強い!年収を上げたいスーパーサラリーマンにおすすめの求人サイト
  • 転職会議:企業のリアルな口コミを企業で働いていた人が書いているサイトです

以上、「転職するか悩んでいる…」高年収を目指す転職すべき人について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント