【食洗機は必須】サラリーマンにとって食洗機はコスパが高い投資です

「家事をもっと時短できないかな…」

「食洗機の購入ってどうなんだろうな…」

ずっと悩んで購入できなかった食洗機を、ひょんなキッカケから購入して使い始めました。

食洗機、めちゃくちゃ良いですね。迷っているサラリーマン世代は全員購入すべきかと…。

しかも、今ならたった35000円程度で購入できてしまいます。1年で見ても10倍くらいの費用対効果はあるかなと思いますよ。

食洗機を購入してみましたが、30分掛かっていた食器洗いを5分で時短させることに成功しました。浮いた時間を圧倒的に読書・ブログ・英語の勉強に当てて、よりコスパの高い人生にします。ちなみに、時給2000円の人が25分働くなかったら833円ものコストカットになり、1年で換算すると30万円になります。

今回は、サラリーマンにとって食洗機はコスパが高い投資である理由を解説します。

この記事で学べることは?

  • サラリーマンにとって食洗機購入がコスパが高いことが学べる
  • 実際に食洗機を購入して実感したことが学べる
  • 食洗機購入により注意した方が良い点が学べる
スポンサーリンク

食洗機「食器洗い乾燥機Jaime」を購入してみた

今回購入したのはこの食器洗い乾燥機です。

楽天市場で購入したことで、大体7000Pくらいのキャッシュバックがありました。実質的に32000円程度で購入できたことになります。

たまにキャンペーンでポイントUPをしている可能性もありますので、チェックしてみたらもっと安いかもしれませんよ。

食洗機を購入したい理由は沢山あった

私が食洗機を購入した理由は下記のとおりです。

  1. 毎日の食器洗いがめんどくさい
  2. 手が荒れるのが嫌だ
  3. 食器洗いの時間を別のことに使いたい
  4. 今は奥さんが家事をしてくれるが、忙しくなったら今後はわからない…
  5. そもそも仕事で疲れているのに食器洗いしたくない…(笑)

「始めは食洗機なんて不要だろ…」って思っていました。

忙しくてもめんどくさくても洗えば良いですからね…。

しかし、サラリーマンをやりながら、読書したり副業したり投資を考えたりすると、本当に時間が無くなります。

また、食器洗いをサボってしまうと、すぐシンクが一杯になってしまいます。シンクが一杯になってしまったら再び洗うのが面倒くさいです。

そのため、食洗機を購入して、こういった悩みを解決したいと思ったのが、食洗機購入を検討したキッカケでした。

実際に食洗機を購入して実感した点とは?

食洗機マジで良いです。買ってよかったです。いまも食洗機を回しながらブログが書けています。

購入して実感したポイントをまとめてみました

  • 設置作業がわずか30分程度で終了
  • 時間のゆとりがある
  • 稼働音は洗濯機を回している音と同じくらい
  • 工事も不要のため、賃貸でもすぐに使える
  • 多分2.5人分しか食器は入らない。しかし数回に分ければ良いので問題なし
  • アースが無いなら絶縁テープを用意する(ビニールテープ必須)
  • 食器洗い乾燥機用の洗剤も必須
  • 置く場所が意外にない位デカイ…キッチンにおいたら調理スペースなくなる

食洗機を「食器洗い乾燥機Jaime」にした理由とは?

食器洗い乾燥機ではPanasonicなどの有名なブランドがありますが、なぜ食器洗い乾燥機Jaimeにしたのかを解説します。

食器洗い乾燥機Jaimeは工事不要で使える

食洗機は購入してから設置工事も必要です。これがまた意外にお金がかかります。

設置工事代の料金の目安は下記になります。

  • 工事費:4,000円〜8,000円
  • 分岐水栓代:10,000円
  • 置台が必要な場合:9,000円

設置工事には下見も必要ですし、もちろん立ち会わなければいけません。普段から忙しい人にとって、導入コストが高くて非常にめんどくさいんですよね。

しかし、工事が不要な食洗機って無いかな?って思ってダメ元で調べてみたら、今回の食洗機と出会えました。

給水の装置はありませんから、人力で水を汲む必要があります。それでも、普通に洗うよりも楽勝です。

購入できる食洗機の中で食器洗い乾燥機Jaimeは評判が良くて一番安い

始めての食洗機購入で、選び方もわからない中、頼りになるのはAmazonや楽天での評判です。

食器洗い乾燥機Jaimeは、Amazonや楽天でも高評価を獲得しています。

2019年3月現在のAmazonのランキングでは1位を獲得しています。

2019年3月現在の楽天のランキングでは2位を獲得しています。

しかし、同じ商品が2019年3月現在の楽天では5位にもランクインしています。実質的に1位みたいなものでしょう。

食洗機を実際に購入してみた…もっと早く購入すればと後悔

食洗機を購入してみて数日が立ちました。

毎日毎日、もっと早く購入しておけばよかったなと後悔が付きません。迷っているのであれば、食洗機購入をおすすめします。

時間にゆとりができる!費用対効果は年約30万円程度

食洗機を購入して最も良かったなと思うのが、時間が手に入ったことです。

いままでは、食器洗いに毎日30分程度かけていました…1日3食分の食器って考えると、そのくらいは貯まるでしょう。

しかし、食洗機を購入してからは、

  • 食器をセットする
  • タンクに水を入れる

これだけで良いため、長く見積もっても5分程度で終了します。

つまり25分程度は浮いているというわけです。

時給2000円で働いているサラリーマンで考えたら、833円分が浮いたことになります。

833円を365日浮いたと考えたら、1年で約30万円ほどのコストカットになります。

3万2000円で、年間30万円のコストカットが期待できるのであれば、かなりコスパが高いですよね。

食洗機でも汚れはしっかり落ちる

意外かもしれませんが、食洗機は手洗いよりも汚れが落ちやすいです。

  • 温水で洗うことで油汚れが落ちやすい
  • 食洗機用の洗剤は手荒れを気にしなくて良いので強い成分となる

そのため、食洗機を使用する場合は、普通の洗剤を使ってはいけません。普通の洗剤を使うと泡まみれになり、壊れる原因になります。

タブレットタイプの洗剤を使用しています。置くだけでOKなので、非常に楽です。

また、油汚れがひどい時は、食洗機用のタブレットを2つ使っています。

あまり汚れが落ちていない時もあるかもしれません。汚れが落ちていない原因は、軽く手洗いするしか無いでしょう。

ただ、汚れが落ちていない大体の原因は、洗剤の量が少ないことか、置き方に問題がある場合ですので、気をつけましょう。

水に触れなくて良いので手が荒れません

食器洗いをして嫌になるのが手荒れです。手荒れが嫌すぎて食器洗いをしたくないという人もいるくらいです。

水仕事をすると手が荒れる人も多く、予防するためにビニールの手袋を購入する人もいるでしょう。

しかし、ビニールの手袋を購入しても気休め程度にしかならず、やはり手が荒れてしまう人がいるのも事実です。

食洗機を導入すれば手洗いをすることが当然ないため手荒れから解放されます。食器洗いをしたくないと思うこともなくなるので、非常に良いですよ。

食洗機を購入する上での注意点

実際に食洗機を購入してみて、ここは最初から考えておいた方が良かったな…という点を解説したいと思います。

食洗機は意外にサイズが大きめ!しっかりと測ってから購入を!

食器洗い乾燥機Jaimeが届いた時の最初の感想は「デカイ…」。

ちなみに、食器洗い乾燥機Jaimeのサイズは下記の通りになります。

  • 幅:41.2cm
  • 奥行き:37.8cm
  • 高さ:42.2cm

台湾・中国・韓国でも同じ製品が販売されており、youtubeに動画がありましたので、大きさを見る際の参考にどうぞ!

置く場所用意しておかないと、調理台に置くことになり、調理スペースが無くなります。困ったら、メタルラックを購入して置き場所を確保しましょう。

排水ホースは下に向けないと逆流する

食洗機を置こうとする場所が、排水場所より低かったり、排水ホースを上向きになるような配置をしておくと、食洗機の故障の原因になります。

基本的にはシンクよりも高い場所に置くのが理想的です。ただし、「シンクの近くには置けない」となる人も多いでしょう。

シンクの近くに置けない場合の対策としては、

  • バケツを用意して排水する
  • お風呂に排水する

ということでも対応は可能だそうです。ただ、私の場合はとりあえず調理台の上に置いています。

食洗機を購入する費用対効果は大きい

食洗機を購入すれば時間にゆとりが生まれます。

時給2000円の人が25分働かなくて良くなったら、833円のコストが浮きます。1年に換算すれば30万円程度になるのです。

この25分を読書、副業、自己啓発、家族との団らんに使えたら、生活にゆとりが生まれますよね。

特に、食器洗い乾燥機Jaimeの場合は、

  • 工事不要ですぐに使える
  • Amazonや楽天でも評価が高い
  • 食洗機とは何か?を知りたい人にはおすすめ

このため、食洗機がはじめての方でもおすすめできる製品となります。

食洗機を購入するか迷っている方は検討してみて下さい。

以上、【食洗機は必須】サラリーマンにとって食洗機はコスパが高い投資な理由を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>【節約しないと大損してるよ?】

ちょっと節約の知識を知るだけで、毎月の生活を最低でも1万円以上節約が可能?

1年で12万円。10年で120万円になる節約の知識を解説中!

20代から知っておきたい節約術の記事一覧は下記になります!

コメント