【転職の時期を決めて損した体験】転職時期は決めずに柔軟な方が得する

転職の時期

「転職の時期はいつが良いのかな?」

「おすすめの転職の時期ってあるのかな?」

転職を考えている時に気になるのが、転職の時期です。

いつ転職したほうが良いのかな?年収が高くなる時期はあるのかな?ということが気になっているのかもしれませんが、転職の時期はそこまで年収アップに関係はないでしょう。

求人数が増える年度末などの時期のほうが転職しやすいということも言われていますが、転職時期はいつでもオープンにして柔軟に対応しておいた方が良いというのが私の持論です。

今回は、転職時期を意図的に決めないで柔軟に対応したほうが良いとする理由を解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 転職の時期を意図的に決めると失敗する理由が学べる
  • 逆に常に転職の時期だと考えておく必要性が学べる
  • 偶然の転生がおすすめである理由が学べる
スポンサーリンク

転職の時期を意図的に決めると失敗する

「この時期に転職をしよう」と転職の時期を意図的に決めている場合、キャリアを狭めてしまう可能性があります。

なぜなら、転職の時期を決めてしまうと、決めた時期以外で転職を考えなくなってしまうからです。

経験上、転職を考えることがない時は年収が上がりにくい場合があります。

転職を考えずに働いてきた期間は数ヶ月ありましたが、20代の時期に年収が上がる転職の選択肢を失わせてきたことがあとで判明して相当後悔しました。

自分で転職の時期を決めてしまうと視野が狭くなります。極力、転職については柔軟に考えておきましょう。いつでも転職できるというスタンスを持っておくようにするよと良いでしょう。

つねに転職の時期だと考えていればOK

「転職の時期を決めないと言うと、その間は転職をしないことなのですか?」と聞かれる時もありますが、そんなことはないです。

むしろ、いつでも転職市場に自分の身を置いておきましょう。

転職市場に自分の身を置くというのは、

  • 定期的に転職エージェントと会ってキャリア相談をする
  • 求人サイトを定期的にチェックする

ことを言います。それぞれのメリットについて解説しました。

転職エージェントと話す機会を持とう

自分のお抱えのエージェントを持ち、エージェントと年一回、自分の価値について話すようにすると良いでしょう。

また、転職サイトには常に登録しておき、良い求人がないかを探し続けるのもおススメです。

スカウトメールが来るのを待っておくのも良いでしょう。

求人を常に見続ければ自分の業務の市場価値がわかる

求人を常に見続けることのメリットは、

  • 転職市場における自分の値段が分かる
  • 将来の年収レンジが分かる

ということです。

転職について考えていない人は求人すら見ないことが多いでしょう。その結果、自分が今行っている仕事の市場価値を分かっていない人が多いです。

逆に求人情報を常に見ている人というのは、常に自分の市場価値を把握しています。そのため、適切に自分の労働に対する年収を提案することが可能なのです。

実際に私も求人サイトを見るようにしてから、自分の労働に対する市場価値はこの程度なのかと驚いたことがあります。

頂いている年収と自分の業務に差がある時もあるでしょう。そんな時は、積極的に転職活動を行い、年収とのギャップを適正にするしかありません。

同じ仕事でも意外に年収が高くなることもあるのです。自分の適切な市場価値がわからなければ、同じ仕事でも年収が高い方に移動することが難しくなるのです。

さらに、求人サイトを見れば将来の年収レンジが分かります。

私が求人サイトを積極的に見るようになって学べたのは、求人サイトを見れば見るほど、自分の業務の年収レンジがよく学べるということです。

自分の将来の年収の最高到達地点がこの程度なんだろうなと予測を立てることが可能です。予測が立てられれば、その業界にいるべきか否かを判断することができます。

実際に私自身年収レンジを把握してから、40代で700万程度の年収レンジから30代で1200万円程度の年収レンジに切り替えることができました。

自分の業界を変えたり、無理のない範囲でキャリアを転換することにより、将来的には年収を引き上げることも可能なのです。

さらに出世次第や、今後の転職次第では、これより上の数字も狙えるでしょう。

最も、年収800万円を超えるくらいの職階になったら、逆に忙しくなるということも言われていますので、ライフワークバランスは大切だから、ゆるく仕事することが続きそうですけどね…。

転職の時期は偶然に委ねよう

転職の時期を意図的に決めずに、常に転職市場に居続けることになれば、自分の直感で転職すれば良いということになります。

何になりたいという長期的な目標は持っておくのは良いことでしょう。しかし、目先のことで何をやりたいのかは決めない方が良いでしょう。

転職活動で、目先のキャリアを確定させてしまった場合、これもキャリアの幅を狭めることになります。

そもそも、キャリアの幅を狭めるほど、仕事について知っている人はいないので、自分から「これだ」と思うものに出会う前は、なんでもトライしてみることが重要でしょう。

とはいえ、どうしても転職をしたいと考えた時に、転職を積極的に検討した方が良い時期は下記の通りでしょう。

  • 現状の年収より高い年収を提示してくれる
  • 今の働き方を変えたい

実際に転職をするのであれば、働き方と年収のバランスであり、今の仕事よりもプラスであればドンドン転職するほうが良いと思います。

転職を無駄にしないほうが良いと言われていたのは過去の話であり、今は転職を積極的に行って少しでも年収が上がったほうが、最終的に働き方を考えた転職をする際に、年収のベースは高いまま楽な仕事に就ける可能性もあるのです。

転職の時期はオープンで柔軟にしておこう

転職の時期はあまり決め過ぎることなく、オープンにしておくのが良いでしょう。

  • 転職の時期を決めすぎるとキャリアを狭めてしまう
  • 常に転職の時期だと考えて、転職市場にいること
  • 転職の時期は偶然に委ねる

自分の中で「これだ!」と思ったものがなくても、少しでも年収が上がる仕事や、働き方が改善される仕事に就くなら、積極的にそのような仕事に取り組んで見るべきです。

とにかく、転職の時期は決めず、常に転職の時期だと考えて、求人情報などを見つめるようにしておきましょう。

以上、転職の時期を決めるな!偶然の転職がオススメである理由を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント