20代後半の転職は慎重に…。失敗を防ぐコツ「人生設計・情報収集」

「20代後半の転職は、20代前半のときと何が違うの?」

「20代後半の転職で失敗しない方法は?」

20代後半の転職で失敗してしまうと、取り返しがつきません。

業界・業種を変えるラストチャンスでもある20代後半の転職。うまく行けば年収を上げることも可能ですし、やりがいに溢れた人生にすることも可能です。

しかし、人生設計を疎かにし、どの業界で生きていくのかも決めず、情報収集も適当に行ってしまった結果、20代後半の転職というラストチャンスをムダにする可能性もあるのです。

20代後半の転職は20代前半の転職と意味合いが違います。20代前半は「やりがい」だけで転職をして失敗しても問題はありませんでした。

しかし、20代後半の転職は、「やりがい」だけではなく「将来設計」まで考える必要があります。

  • やりがいだけ求めて、年収が低くなり、子供に十分な教育が与えられない
  • 年収だけ求めて、残業時間が多くなり、家族との時間がなくなる
  • 家族との時間だけを求めて、仕事にやりがいがなくなり、人生がつまらなくなる

このような可能性があるのが、20代後半の転職なのです。20代後半の転職は慎重になって損はありません。

今回は、20代転職で慎重になるべき理由と、20代転職で失敗しない方法について解説します。

この記事で学べることは?

  • 20代後半の転職は20代前半の転職と意味が違う理由が学べる
  • 20代後半の転職で失敗しない方法を学べる
  • 20代後半の転職を効率的に行うための転職エージェントの使い方が学べる
スポンサーリンク

20代後半の転職は20代前半の転職と意味が違う「やりがいではなく人生」

20代後半の転職は20代前半の転職と意味が違います。

個人的に20代前半の転職と20代後半の転職を比べてみても、下記のような違いがあると思っています。

  • 20代前半の転職:やりがいだけでOK。失敗してもリカバリーしやすい。
  • 20代後半の転職:人生がかかっている。失敗したらリカバリーが厳しくなる。

20代前半の転職は若いし、結婚も考えていないので、やりがいだけ考えていれば問題ないです。転職に失敗しても若いので、いくらでも転職先もあります。

しかし、20代後半の転職では、あと数年で結婚というケースもあるでしょう。そのため、やりがいだけではなく「子育て」について考えないといけません。

また、転職に失敗しても、どんどん年をとっていくので、徐々に不利になっていきます。

そのため、20代後半の転職は極力失敗しないほうが良いのです。

では、20代後半の転職が失敗しないほうが良い理由をさらに詳しく見ていきましょう。

業界・業種を変えるラストチャンス「年を取れば不利」

20代前半は比較的異業種・異業界への転職も成立させやすいです。

理由は若さです。若いので、

  • ポテンシャルもある
  • 年収が安く雇える
  • 職場を若くしたい

ということもあり、異業種・異業界でも若ければ採用されやすいのです。

しかし、若さが評価されるのは20代後半までです。

30代を超えてくると、今までのキャリアを踏まえた仕事でなければ、転職しにくくなります。

転職エージェントも紹介してくれませんし、全く新しい業界で働こうと思ったら、自営業で始めるしかないとも言えるのです。

もちろん、未経験OKであれば、年収をかなり下げることで異業種、異業界に転職することも可能です。

知り合いのケースですが、SEの経験がなくても数ヶ月の研修を受けて、外注先に派遣されているSEもいます。数ヶ月間の間はかなり給料が下がったとも言っていました。

このように、30代を超えてから異業種、異業界にチャレンジするのは基本的に難しいのです。

そのため、20代後半は異業種、異業界にチャレンジするラストチャンスとも言えるのです。

やりがいか年収かの分岐点となる

20代後半と20代前半の最大の違いは、将来的に家族を作るか否かを真剣に考える必要があることです。

20代前半であれば、結婚をしていない人も多いでしょう。結婚なんて考えずに、自分のやりたい仕事を探すのが転職でした。

しかし、20代後半の転職は、結婚を意識している人も多く、子供育てることを考える必要も出てくるでしょう。

そのため、やりがいだけではなく、年収から仕事を考える必要が出てきます。

下記は20代と30代の転職時に優先的に考えていることです。

20代が優先的に考えているものは、

  1. 仕事内容
  2. 人間関係
  3. 結婚

30代で転職する大きな理由は、

  1. 賃金
  2. 労働条件
  3. 人間関係

つまり、20代は仕事のことだけを考えているのであり、30代は人生・家族のことをベースに仕事を探していることがわかります。

20代と30代の転職理由について詳しくは下記の記事をどうぞ

20代の転職理由は間違ってる?30代の転職理由と比較してわかる夢と現実
「仕事がおもしろくないから、転職しようかな…」 「人間関係がつまらないから、転職しようかな…」 20代で考え...

私自身、フリーランスとして働いていましたが、結婚をして、子育てを意識してからは、サラリーマン+副業という形に切り替えました。

もしも切り替えていなかったら、子供に十分な教育を与えられず、自分中心の生活になっていただろうと考えるとゾッとします。

このように、20代後半の転職というのは、自分のやりたいことだけではなく、将来設計から逆算して、転職を考えなければいけない時期でもあるのです。

20代後半の転職を失敗しないためにできること

20代後半の転職を失敗してしまうと、人生の後半まで影響が出てきます。

年収を重視すべき時に、自分のやりがいだけ求めた結果、子供に十分な教育を与えることができなくなるでしょう。

そして、自分中心な生活をし続けた結果、結婚したい時に年収が低くて見向きもされなくなるなどの、悪影響が出てくるのです。

それでは20代後半が転職活動で失敗しないためにはどうすれば良いでしょうか?

転職前に人生設計を明確にしておく

20代後半の転職活動で失敗する原因は、やりがいを取るべきと年収を取るべきときを間違えてしまうことでしょう。

なぜ、やりがいを取るべき時と年収を取るべき時を間違えてしまうのでしょうか。

それは、20代後半の転職前に人生設計が明確ではないからです。

20代後半になっても人生設計を明確にしていない人は、20代前半と同じような振る舞いをするでしょう。

20代後半なのに、転職にやりがいだけを求めてしまい、人生設計のことをまったく考えずに転職する可能性もあるのです。

しかし、一度人生設計を考えてみると、将来についてリアルに考え始めます。

  • 結婚はいつ頃するのか?
  • 子供はいつ頃なのか?
  • 子育て費用はどの程度かかるのか?
  • 将来の年金はどうなるのか?
  • 親の介護がどうなるのか?

人生設計を考えると、上記のことをリアルに考え始めます。

20代後半の転職前に考えておけば、「将来起こりうる問題を解決する」という側面から転職を選ぶことができるのです。

実際に、私がサラリーマン+副業という働き方に切り替えようと思った時に一番重視したのが子育てにかかる費用です。

子供の教育費は私立に行かせたり、習い事を増やせば、その分だけお金がかかります。良い教育をしようと思ったら、支出が増えるのが当たり前なのです。

その状況の中で、収入が不安定なフリーランスのまま生活するのはどうなのかと自問自答した時に、あまりにも無責任だなと実感しました。

収入が増えており、収入源が多角化していれば良いですが、そういうわけでもなかったので、不安定な生活になることが目に見えているからです。

このように20代後半で将来について考えるようになれば、転職で失敗する可能性はすくなると言えるでしょう。

どの業界で生きていくのかを決める

20代後半までには、「どの業界で生きていくのか」を決める必要があります。

なぜなら、業界を変えるのは30代を超えてからだと難しいからです。

業界には比較的年収の高い業界、年収の低い業界が存在します。

もしも、あなたが仕事でやりたいことがそこまでないのであれば、比較的年収の高い業界に身をおいておいた方が、年収が高くなりやすく、生活に余裕が生まれやすいです。

年収が高い業界にいたいのであれば、若い時期から業界を変更する必要があるでしょう。

業界を変更するにも20代後半がラストチャンス。

20代では「どの業界で生きていくのか」を決めたほうが良いのです。

高年収を狙うなら異業種へ転職しよう【年収が高い業界・低い業界】
「働いている業界の年収が低いなぁ…」 「異業種への転職って実際にできるものなのかなぁ…」 20代・30代であ...

情報収集を徹底する

20代後半は人生設計を立てることが大切であり、どの業界で生きていくのも決めたほうが良いと解説しました。

そのためにも、20代後半で特に大切なのは情報収集なのです。

人生設計やどの業界の年収が高いのかという情報は、普通に生きていたら触れる機会はありません。

しかし、少し意識して、インターネット上で検索したり、本を読んだりすると、簡単にアクセスすることが出来るでしょう。

このため、20代後半で転職活動で失敗したくないなら、情報収集をしようと志すだけで、失敗する可能性を減らすことができます。

20代・30代のこれからの生き方や働き方の変化を学ぶのにおすすめな本は下記になります。興味がある方はどうぞ。

これからの働き方は激変する?20代・30代が働き方の変化を学ぶ本
働き方を変化させる際に参考になる本をまとめです。特に20代・30代は今後40年以上は働くことになります。働き方を変化させる際に必要なことや、働き方の現状についての本をまとめました。働き方についてピンと来ない方に是非とも読んで頂きたいです。

20代後半の転職の転職エージェントの活用法

20代後半の転職では新卒採用の時とは違い、仕事の合間を縫って転職活動することになるでしょう。

そのため、20代後半の転職活動では転職エージェントを活用したほうが効率的に転職活動ができます。

ですが、転職エージェントも使い方が分からなければ、転職先を紹介してくれるただの人です。

20代後半から転職をしようと考える人は、効果的な転職エージェントの使い方を知っておくと良いでしょう。

他の業界について幅広く聞く

そもそも、転職エージェントを活用するのは、転職先を紹介してもらうためではなく、他の業界や他の会社の実情を知るためにあります。

多くの転職者と面談している転職エージェントは、企業に対する幅広い知識を持っています。

そのため、色々な会社の給料体系や働き方の実際のところを熟知している人が多いのです。

他業界の実情を知りたい時に、友人を辿って聞いても良いでしょう。

しかし、丁度良い知り合いがいない場合、エージェントを活用したほうが効率的というわけです。

もちろん、転職口コミサイトで情報収集もできますので、口コミサイトで広く情報収集をしたあとで、気になった企業は転職エージェントに突っ込んだ話を聞いてみると良いでしょう。

キャリア転換の可能性を探るために聞く

転職エージェントに相談すると、自分でも意図していなかったキャリア転換の可能性に気づくこともあります。

金融業界にいたからフィンテック業界を紹介されることもあれば、全然関係ない業界を紹介してくれるときもあるのです。

そのため、転職エージェントを使う場合と使わない場合では、転職先になり得る企業の幅が広がります。

つまり、自分の可能性を広げるためにも転職エージェントを活用するのはおすすめなのです。

オススメの転職エージェントは下記の通りになります。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

20代後半の転職は慎重になろう

20代後半の転職は、20代前半の時の転職と意味合いが変わってきます。

20代前半は仕事のやりがいのために仕事を決めておけばOKです。

しかし、20代後半は、

  • 業種・業界を変えるラストチャンス
  • やりがい・年収の分岐点でもある

ということもあるので、人生設計をしてから転職活動を始めないと後悔する可能性があるのです。

20代後半の転職活動で失敗しないためにも、

  • 人生設計をする
  • どの業界で生きていくのか決める
  • 情報収集をする

ということを行うと良いでしょう。

20代の転職活動は慎重に行い、転職で失敗しないように気をつけましょう。

以上、20代後半の転職は慎重に…。失敗を防ぐコツ「人生設計・情報収集」を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました