億万長者(富裕層)になりにくい職業となりやすい職業「節約が大事」

「億万長者になりやすい職業って何かな?」

「億万長者と職業って関係があるのかな?」

億万長者に確実になれる職業は存在しません。

しかし、億万長者になりやすい職業の条件は存在します。

億万長者と職業の関係を調べて見ると、一定の条件を満たした職業であれば、だれでも億万長者になれる可能性があることがわかりました。

高年収であっても億万長者になれない人も確かに存在します。

出費が多くなる傾向のある職業の人は、高年収であっても億万長者になることが不可能なのです。

今回は、億万長者と職業の関係について解説します。

この記事で学べることは?

  • 億万長者になりにくい職業について学ぶことができる
  • 億万長者と職業が関係がない理由が学べる
  • 億万長者になる可能性のある職業の条件が学べる
スポンサーリンク

億万長者(富裕層)になりにくい職業は出費が多い仕事

実は、億万長者と職業には、そこまで相関関係がありません。

年収が高いのに億万長者になれない人は存在します。

逆に年収が低いのに億万長者になれる人も存在するからです。

年収が高いのは有利だが…

一般的に年収が高い仕事は億万長者(富裕層)になりやすいと言われています。

  • 弁護士
  • 医者
  • 会計士
  • コンサル

年収の高さは億万長者になるのに有利でしょう。

昔の高額納税者ランキングを見れば、医者や弁護士は常時ランクインしています。

しかし、医者や弁護士のように年収が高い職業でも資産1億円の富裕層に到達しない人がいます。

それは一体なぜなのでしょうか?

年収が高くても出費が多いと億万長者にはなれません

彼らが億万長者になれない理由は、年収が高い分、出費が多く倹約できていないからです。

年収が高ければ、年収が高いなりのライフスタイルを送ろうとするでしょう。

  • 良い家に住む
  • 旅行などに行く
  • 良い家具を揃える

また、仕事上高価なスーツ・靴・時計を購入する必要もでてきます。

そうなると、倹約して生きれなくなるため、億万長者(富裕層)になることができません。

つまり、年収が高いけど出費も多くなる仕事は億万長者になりにくいのです。

伸びる業界にいても億万長者になれなかった人の話

「となりの億万長者」という億万長者を調査した本に、経済的に伸びる業界にいても億万長者になれなかった人の話が沢山掲載されていました。

その中でも特に興味深かったのは、IT業界で部長であり年収2000万円程度もらっているのに、億万長者になれなかった人の話です。

IT業界に投資をした人はだれもが億万長者になれる可能性があった時代です。

しかし、当時のIT業界についてよく知らない人も多く、投資機会を逃した人もたくさんいたでしょう。

IT業界の部長で年収2000万円の人はIT業界に精通しているはずです。

しかし、IT業界の株式に投資をするのに十分なお金が無いとして、投資はしていなかったと言います。

もしも年収の20%を毎年定期的に投資をしてたら、確実に億万長者になっていたでしょう。

業界にいたとしても、億万長者になる機会を逃してしまう人はいるのです。

億万長者(富裕層)に職業は関係はない

では、億万長者(富裕層)に必ずなれる仕事とは一体何なのでしょうか。

残念ながら、億万長者(富裕層)に必ずなれる仕事は存在しません。

名著「となりの億万長者」によると、億万長者の職業による関連性は見つけられず、億万長者になる決まった業界はないそうでして。

年収が高い職業もあれば、年収が低い職業でも億万長者になれることが書かれています。

私自身も億万長者になるためのシミュレーションをしましたが、はっきり言って必ず億万長者になれる仕事は存在しないようです

つまり、「ある程度の年収と倹約な生き方ができれば、仕事の種類は関係がない」ということなのです

億万長者(富裕層)になりやすい職業の条件を一応解説

必ず億万長者になれる仕事はないと言いましたが、では億万長者になれる仕事の条件はあるのでしょうか?

仕事を選ぶ時に参考になる億万長者になれる条件とは一体何なのでしょうか?

世帯年収は700万円を目指す

まず、世帯年収は700万円を目指しましょう。私が思う億万長者になる確実になれる世帯年収は700万円です。

というのも、毎月12万円〜毎月17万円を投資できれば、年利3%でも30年で資産1億円の富裕層になれるからです。

年利3%というのは控えめに見積もった時の長期投資の平均利回りです。

(現在の米国株のインデックスであるS&P500の平均利回りは6%〜7%)

毎月12万円〜17万円を年間にすると、204万円となります。

つまり、世帯年収700万円の30%の金額となります。

30%の金額の投資は節約をして生きれば無理がなく投資できる金額でしょう。

世帯年収700万円は目指してほしいなと思います。

億万長者(富裕層)になる方法?誰でもなれる4ステップ【実践中】
「億万長者になれる方法って何かな?」 「億万長者って誰でもなれるのかな?」 結論から言えば、億万長者は誰でも...

現状の仕事では世帯年収700万円が難しい場合は、転職・副業に取り組む必要があるでしょう。

「転職するか悩んでいる…」高年収を目指す転職すべき人
「転職するか悩んでいる…」 「高年収になりたいけど転職すべきでしょうか…」 転職すべきか否かは、その人が現在...
【サラリーマンの副業始め方】基礎から学ぶ失敗しない始め方
サラリーマンの副業のはじめ方を間違ってしまうと失敗する可能性が高いです。失敗しない副業のはじめ方をサラリーマン向けにまとめてみました。

年収が上がっても倹約に生きれる職業「自己管理が必要です」

もしもあなたの意思が弱く、流されやすい性格ならば、出費が増えるような仕事は辞めておいたほうが良いでしょう。

出費が増えてしまえば、その分だけ貯蓄や投資に回せなくなります。

資産形成できなくなれば、億万長者になる可能性がかなり少なくなるからです。

コンサルや弁護士などの士業の場合、場合によっては、良いスーツや良い時計を購入する必要があるかもしれません。

しかし、あなたがしっかりと強い意志を持って自己管理できて、資産形成できるのであれば、年収が高い仕事は億万長者(富裕層)になるのに有利に働きます。

自己管理ができない人は出費が高くなりそうな豪華な暮らしを求められる仕事は極力避けた方が良いでしょう。

お金持ちこそ節約好き?サラリーマンがお金持ちになる節約術を暴露!
実は、お金持ちほど、お金の大切さがわかっているので節約好きです。お金を節約すれば経済的に余裕が生まれ、生活の質が上がります。サラリーマンも実践できる節約術を解説しました

億万長者(富裕層)と職業の関係性から学べること

億万長者(富裕層)になりにくい職業や、億万長者になりやすい職業の条件について解説してきました。

  • 億万長者になりにくい仕事は倹約に生きれない仕事
  • 確実に億万長者になれる仕事はない
  • 世帯年収700万は目指したいところ
  • 自己管理ができれば倹約に生きれない仕事はむしろ有利

億万長者(富裕層)になるのに、職業はほとんど関係がありません。

億万長者に関係があるのは、

  • 世帯年収700万円程度があるか
  • 倹約に生きれるか否か
  • 余った資金を投資できるか

ということになってきます。職業ではなく、性質の問題だということなのです。

以上、億万長者(富裕層)になりにくい職業となりやすい職業「節約が大事」ついて解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>【節約しないと大損してるよ?】

ちょっと節約の知識を知るだけで、毎月の生活を最低でも1万円以上節約が可能?

1年で12万円。10年で120万円になる節約の知識を解説中!

20代から知っておきたい節約術の記事一覧は下記になります!

コメント