富裕層の年収は?富裕層が目指せる最低限の年収は700万円

「富裕層の年収はいくらからなんだろう?」

「富裕層になるために必要な最低限の年収はいくらなんだろう」

結論から言えば、「年収がいくら以上だから富裕層」とされるような決まりはありません。

年収が2000万円でも富裕層ではない人はいますし、年収が低くても富裕層の人はいます。

富裕層に年収は関係がありません。しかし、富裕層の資産は1億円が必要です。

資産1億円を積み上げるには目指せる最低限の年収はあります。

富裕層が目指せる最低限の年収は世帯年収約700万円程度です。

世帯年収700万円あれば、倹約して生きれば、富裕層になれる可能性が高いのです。

今回は富裕層と年収の関係について解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 富裕層と年収が関係ないことが学べる
  • 富裕層が目指せる最低限の年収がいくらなのか学べる
  • 年収がそこまで高くない人が富裕層になるのに必要な生活が学べる
スポンサーリンク

年収いくらから富裕層?「関係なし」

「富裕層は年収いくらから?」と気になっている人も多いでしょう。

年収が高いほうが富裕層になりやすいのが事実ですが、厳密に言えば、富裕層と年収は関係はないのです。

私も気になって、富裕層が年収いくらからなのか調べてみました。

富裕層の年収は最低1000万円?

富裕層を調査対照としているデータを色々と調べてみても、「富裕層の年収はこれ」と明確に決まっているものではありませんでした。

ある調査では年収2000万円を富裕層としていたり、また年収1000万円から富裕層とされています。

なかには年収5000万円以上を富裕層としている調査もあるようで、富裕層の年収には決まりがないです。

ただ、多くの調査結果を見ていきましたが、最低でも年収1000万円以上を富裕層としているものが多く、年収1000万円以下を富裕層としている調査報告を見つけることができませんでした。

富裕層を年収2000万円としている場合は、年収1000万円は準富裕層と定義していました。

富裕層の定義や規定には年収はない

富裕層の定義を調べてみると、資産については決まりがありまして、金融資産1億円以上ある人を富裕層としています。

アメリカでは富裕層のことをHNWI(high net worth individual)と言いまして、資産100万ドル以上ある人のことを言っていました。

1億円以上持つ富裕層は日本に2.3%!日本では1億円の資産を築けるのか?
日本には1億円以上を持つ富裕層が2.3%の割合で存在します。人数的に考えればアメリカに次ぐ第二位の富裕層が多い国です。日本では誰でも富裕層になれるのでしょうか?検証してみました。

一方で富裕層の年収については、いくら調べても、一定のルールや決まりを見つけることができませんでした。

さらに、言ってしまえば、富裕層になるのに年収はあまり重要ではありません。

年収が高くても富裕層になれない人もいます。逆に風郵送の中には年収が低くい人もいます。

つまり、富裕層には年収が関係ないのです。

富裕層は年収いくらから目指せる?

富裕層に年収は関係ないと解説しました。

しかし、現実問題として年収が低すぎたら富裕層になることは難しいでしょう。

年収2000万円と、年収200万の人を比べたら、年収2000万円の人が資産を築きやすいのは明白です。

それでは、具体的に最低いくらの年収があれば富裕層を目指せるのでしょうか?

富裕層になるには毎年200万円30年の投資でOK

富裕層が目指せる年収の前に、富裕層になるのに必要な毎月投資額についてを考えてみましょう。

富裕層になるには毎年200万円くらいの投資が必要になります。

堅実な投資をする場合、インデックファンドで運用すると仮定します。

年利3%〜4%の利回りの場合は、毎月16万円投資をすれば、30年後に1億円の資産が形成できます。

投資元本が6000万円程度なのに、利益が4000万円もあるのは複利の力が働くからです。

複利の力が働くことを考えると長期的な投資をしたほうが資産形成に有利です。詳しくは下記の記事をどうぞ。

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

また、毎月16万円を投資した際に、年利7%で推移した場合、22年間で資産1億円の達成が可能でした。

とはいえ、あなたのリスク選考度が高ければ、仮想通貨に毎月投資をして、一気に値上がりするのも待つのも良いでしょう。

リスクが高い投資ができるのであれば、さらに少ない投資額で富裕層になれる可能性もあるのです。

堅実な資産運用の場合富裕層は最低年収700万円から目指せる

堅実なな資産運用をしていく場合、年利3%〜4%の年間利回りを目指すのであれば、毎月16万円の投資が必要です。

それでは、毎月16万円投資できる人とは一体どういう人なのでしょうか。

公益財団法人である生活保険文化センターの調査によると、夫婦二人世帯以上での生活費ですが、約31.3万円だと言われています。

しかし、この数字は節約や倹約をしていない人たちも含まれています。

富裕層を目指す場合、節約をして生活する人も多いでしょうから、毎月30万円程度での生活も可能でしょう。

例えば、交通・通信が5万円になっていますが、基本的な生活は会社の定期券内で行い、通信費を格安SIMにすれば、交通・通信は3万円程度に抑えることが可能でしょう。

【スマホの通信費節約】携帯・WiFi代を5000円以上下げる方法
スマホや携帯、WiFi代って高くないですか?格安SIMやWimaxを使って超簡単に手軽でサクッと初められる通信費の節約方法と実際に使っている体験談をまとめてみました。

さらに、食費も大型スーパーでのまとめ買いや外食を控えるなどすれば、より節約することも可能です。

年約78万円節約?家庭の食費節約術とは?【2人・3人・4人もOK】
「家庭の食費が高い…」 「家庭の食費をどのように節約すれば良いのかな?」 家庭の中で意外とかかっているのが食...

15万円ほどを投資に回すことを考えると、手取り収入で必要なのは約45万円程度。

手取りで毎月45万円の収入を得るには、手取り年収が550万円必要で、額面年収は約700万円程度が必要なのです。

つまり、富裕層になるには世帯年収が最低でも700万円あれば目指せるといえるでしょう。

年収が高くない人が富裕層になるための生活とは

以前、億万長者(富裕層)になる方法で解説しましたが、基本的に倹約して投資に回すのみです。

  • 倹約に生き、収入の50%で生活する
  • 世帯年収約700万円以上を目標にして年収を上げる
  • 浮いた分のお金は貯蓄や投資に回す
  • 資産運用にかける時間を毎月8時間確保する

まずは、倹約に生きることをベースにしましょう。

我慢して倹約すると続きませんので無駄な出費を抑えるように工夫します。

先に毎月の投資額を決めてから自分の生活費を決めておくと良いでしょう。

毎月の投資額からシミュレーションをして不足分が生じるようであれば、転職や副業をして年収700万を目指します。

やはり700万円くらいないと、毎月の投資をしても余裕がないので、富裕層になるには700万円は死守しておきたいところです。

浮いた分を投資に回しておかないと資産が増えていきません。

事実、億万長者の金融資産を調べても、リスク性の資産が75%以上を占めていますので、投資をする必要があるのです。

億万長者(富裕層)が持つ金融資産の内訳は?「約75%は資産運用」
「億万長者って具体的にどの種類の金融資産を持っているの?」 「億万長者の現金と金融資産の内訳ってどの程度なのかな?...

投資をすることになれば、自然と資産形成に使う時間が増えてきます。

富裕層と一般的な人の違いを比べると、資産運用の計画にかける時間が2倍程度も違うというデータがあります。

富裕層は1ヶ月に8時間を資産運用に使っているので、1日あたり16分は資産運用について考えているのです。

投資を始めれば1日16分くらいは資産運用に使うようになりますので、投資を始めればこの条件は簡単にクリアできます。

富裕層になるには世帯年収700万を目指そう

富裕層になるための資産額は1億円程度必要です。

しかし、一方で年収について決まりはないため、富裕層になるには年収は関係ないのでしょう。

とはいえ、資産1億円の富裕層になるには、ある程度の投資額が必要です。

また堅実な資産運用をすることを考えると、最低限の年収としては700万円程度必要だと言えるでしょう。

もしも富裕層を目指すのに、世帯年収が不足しているなら、転職や副業をするなどをして補う必要があるでしょう。

高年収を狙うなら異業種へ転職しよう【年収が高い業界・低い業界】
「働いている業界の年収が低いなぁ…」 「異業種への転職って実際にできるものなのかなぁ…」 20代・30代であ...
【サラリーマンの副業始め方】基礎から学ぶ失敗しない始め方
サラリーマンの副業のはじめ方を間違ってしまうと失敗する可能性が高いです。失敗しない副業のはじめ方をサラリーマン向けにまとめてみました。

富裕層には、自分の努力でなれるのです。

以上、富裕層の年収は?富裕層が目指せる最低限の年収は700万円です。を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました