【複数の収入源の必要性】作り方と注意点を実体験から解説してみた

「複数の収入源を構築するってどういうこと?」

「複数の収入源を構築する必要ってあるの?」

今の時代に生きる人は複数の収入源を構築しなければ豊かには暮らせません。

昔は、多くの年金がでましたし、人間の価値観もある程度決まったものでした。

しかし、今の時代、年金だけでは豊かには生きれないことは明白です、

幸せについての考え方も、多様化していきます。

豊かに生きたいのであれば将来を安定させるのはもちろんのこと、選択肢を広げることも必要なのです。

しかし、複数の収入源を構築しようと思っても、実際に何に取り組めばよいのかはわかりませんよね。

ましてや、複数の収入源を構築するのは難しく、注意点をあらかじめ知っておかなければ収入源を構築することムリでしょう。

今回は、今の時代に生きる人が複数の収入源が必要な理由と構築するなら知っておきたいことを解説します。

この記事で学べることは?

  • 複数の収入源が必要な理由が学べる
  • 複数の収入源を構築する方法が学べる
  • 複数の収入源を構築する際の注意点が学べる
スポンサーリンク

複数の収入源が必要な時代になった

現在、複数の収入源を構築していますが、結論としては「誰もが複数の収入源を構築するべき」だと思います。

  • 将来の年金の不安
  • 選択肢を増やすこと
  • 年収が上がり豊かになること

それぞれ解説したいと思います。

将来の年金・保険に備えて

年金だけで生活するには2000万円が不足するというレポートが金融庁から提出されたことがあります。

このため、個人が生活していく上では年金だけで生活することが難しく、毎年ある程度の収入は年金以外で作っておく必要があります。

複数の収入源を確保しておけば、複数の収入源をあらかじめ確保できるでしょう。

つまり、複数の収入源が構築できていれば年金がないことに悩むことはなく、将来の年金・保険と同じよう備えが可能だというわけです。

定年後の老後資金は2000万円不足?自助努力が必要「金融庁発表」
「定年後の老後資金が2000万円不足する?」 「自助努力って何をやればよいの?」 これまで老後資金が不足する...

選択肢を増やすために

バブルが崩壊するまでの日本は、「良い学校を出て、良い会社に入れば、良い人生が待っている」と言われていました。

しかし、現代は良い学校→良い会社→良い人生は崩壊しています。

良い学校に入っても、年収は思うようにはあがっていきません。

価値観の多様化もあり良い人生は人によって異なるような時代になってきました。

ある人は、結婚して家族を作るほうが幸せに感じるかもしれません。

一方で、結婚をセずに家族を作らない方が幸せだと主張する人もいる時代なのです。

そんな理想的な生活が人によって違う時代において、収入源を複数構築できれば、人生の選択肢が増やせます。

会社以外の収入源があれば、会社に雇われなくても良いでしょう。

また、年収を高めて資産を構築して早めの早期退職を考えることもできます。

価値観が多様化し、昔のような生き方ができない時代だからこそ、収入源を複数持ち選択肢を増やすことも大切なのでしょう。

【バブル崩壊の理由】バブル崩壊のきっかけと影響まとめ
日本のバブル崩壊の動きをまとめました。バブルは期待で上がり、期待がなくなると崩壊します。日本のバブルのキッカケはアメリカの円高ドル安政策の停止と日本銀行の金利引き下げです。学歴社会の崩壊につながったバブル崩壊の影響もまとめています。

年収を上げるためにも複数の収入源があると良い

残念ながらサラリーマンをやっていても収入は増えていきません。

実際にサラリーマンの平均年収は横ばいであり、増えていくことがないでしょう。

年収だけでなく、福利厚生も大幅にカットされていることもあり、サラリーマンの収入だけでは昔のように豊かに生きることが難しい時代です。

複数の収入源が構築できれば、もちろん年収を上げることも可能です。

年収が上がればその分だけ豊かに生きることもですし、資産形成もできるのです。

私の場合は複数の収入源を構築して、あまった金額はほとんどを高配当ETFへの投資に回しています。

高配当ETFへ投資することで、さらなる複数収入源の構築を頑張っています。

複数の収入源を構築する手段とは

現代の人には複数の収入源が必要だと解説しましたが、複数の収入源を構築する手段についても簡単に解説したいと思います。

投資をする「お金でお金を生み出す」

もしも、あなたがお金に余裕がある人であれば、お金でお金を生み出す投資に取り組むと良いでしょう。

複数の収入源を構築するための投資方法は主に2つです。

  • キャピタルゲイン(売買益)をインカムゲイン(配当利回り)に変える
  • 初めからインカムゲインを狙い再投資をする

もちろん、どちらを選んでいただいても構いません。自分の好きな方法で複数の収入源を構築すれば良いと思います。

私はキャピタルゲイン狙いの投資はリスクの観点からあまり好きではないので、専業投資家になるまでは、幅広く分散された高配当ETFを活用して、インカムゲインを狙っています。

具体的に言えば、VYMという高配当ETFに投資して、配当金が出たら再投資をする戦略です。

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFで配当金でいくら儲かるの?徹底分析!
VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)は配当金を目的としたETFには最適です。しかし、いくらもらえるのか超わかりにくい…。簡単に計算する方法と、VYMを投資するか迷った時に徹底的に分析した内容を解説しました。

しかし、初めからインカムゲインを狙い再投資する方法で収入源を構築しようと思ったら、大きなお金が必要になります。

おそらく月30万円程度が投資できる状態ではないと、収入源目的での再投資戦略は時間がかかりすぎるかなとも思います。

投資に回せるほどお金に余裕がないという人は、リスクを背負ってキャピタルゲインを構築する投資を行うと良さそうです。

ただし、リスクはリスクなので、元本割れする可能性も多いですから注意しながら投資をしましょう。

ETFで配当金生活を目指す!高配当ETFを使った超現実的な方法とは?
ETFで配当金生活は可能?平均以上の入金が必要ですが、努力次第でなんとかなる領域です。ETFで配当金生活をする超現実的な方法とは?

副業する「時給ではなく自分のビジネスを持つ」

投資に回せるほどの余裕資金がない人が複数の収入源を構築する方法として、副業もおすすめです。

副業とは本業以外に別の仕事をすることですが、誤解してほしくないのは「雇用が発生する時給制の仕事」を副業で取り組んでしまったら、それは複数の収入源を構築していることにはなりません。

複数の収入源とは選択肢を増やすための仕事なので、雇用されなくても収入源が入ってくる仕組みや自分の名前だけで仕事がとれるブランド力が必要になるからです。

そのため、複数の収入源を構築するには事業所得になる副業がおすすめです。

例えば、メディア運営による広告収入、コンサルティング業務、セミナー講師、プログラミングを受注する、マーケティングの受注などがあります。

副業は稼ぎ方やスタンスによって天国と地獄がわかれます。

副業を選ぶ際に気をつけるポイントは下記の記事で解説しています。

副業の種類は収入の稼ぎ方とスタンス?天国と地獄を分ける副業の種類とは?
 「副業の種類によっては幸せにもなるし不幸にもなる?」 「副業をやって不幸になった人の共通点は?」 かれこれ...

複数の収入源を構築する際の注意点は?

複数の収入源はサクッと作れるものではありません。

コツコツと行動していく方にしか複数の収入源は作れません。

しかも、コツコツと努力をする必要もあるので、長時間無収入に耐えながらビジネス活動を継続するのは非常にツライものがありますね。

時間がかかるので「楽しむ」

複数の収入源を構築するのは時間がかかります。

収入が安定するのに大体4年〜5年くらいはかかりますし、途中で気を抜いたら収入が下がることもよく起きます。

コツは努力をしていると感じないように取り組むことです。

遊んでいるときって時間を忘れて集中しますよね?

時間を忘れて集中するくらい楽しめるものであれば、努力をしている感覚もほとんどないので、継続して取り組めるのです。

私の場合は複数の収入源を構築するのはゲームだと思っています。

仕事だと思っていないので、長続きしますし、色々と工夫していくのもの楽しんでいるのです。

ただ、継続だけすれば稼げるというものでもありません。

稼ぐまでの戦略という稼ぐまでのストーリーを考えてから継続していくように心がけましょう。

副業は継続だけではムリ!稼ぐまでのストーリーが大切【作り方アリ】
「副業は継続したら稼げるって言うけど本当かな?」 「副業を継続以外にするべきことって何かな?」 継続だけして...

安定した収入源は最初から儲かるものでもない

安定した収入源になるものは構築するまでが大変です。

そのため、「1年〜2年で安定した収入源を構築しよう」と考えた人は、ほとんどのケースで脱落していきます。

安定した収入源のものは最初から儲かるものでもありません。

収入源を安定させるには時間がかかりますし、最初はなかなか収入にならないものが多いからです。

副業をして、私が収入源として安定したなぁと考えられるようになったのは、大体5年位経過してからです。

収入源として安定させるなら5年位は淡々と行動する必要があるなとも思っています。

例えば、配当金の収入もある程度のお金が無ければ収入源にはなりえません。すぐに儲かると言われたものは、大手が参入してきたら稼げなくなってしまったりもします。

安定した収入源を構築したいのに、最初から儲かりたいと考えるのはセンスがないです。

安定した収入源を構築するなら最初は儲からないことを前提にコツコツと積み重ねていくしかないのです。

複数の収入源を構築しよう

複数の収入源を構築することは、今の時代には必要な時代です。

しかし、複数の収入源を構築するのは大変ですし、すぐに構築できるものでもありません。

そのため、複数の収入源を構築したいと考える人は、腰を据えて継続的に努力する必要があります。

ゲームのように楽しめて、仕事をしている感じがしないものがおすすめです。

複数の収入源を構築するまでは非常にツラかったです。しかし、今振り返ってみると、複数の収入源があることにより、人生の可能性は広げられたかなとも思っています。

もう少し配当金の収入を積み重ね、副業の収入源を増やし、収入自体を上げることができれば、また新たなステージに行くことができます。

努力は怠らずにコツコツと継続していく必要を実感しています。

サラリーマンでも複数の収入源を構築すれば可能性をドンドン広げることができるのです。

以上、複数の収入源を構築したら人生が楽しくなった話を解説しました。

最後まで読んでいだきありがとうございました。

コメント