NISAでETF投資をしよう!投資初心者でも損しないETFの始め方とは?

NISAでETF投資をしよう!投資初心者でも損しないETFの始め方とは?

「NISAでETF投資ってどうやるんだろう?」

「NISAでオトクにETF投資する方法は?」

NISAを使ってETF投資を始めるとおトクなことがたくさんあります。

例えば、購入手数料が無料でETF投資が出来たり、配当金の税金が軽減(国内分は無料)されたりと、投資のパフォーマンスを下げる保有コストを劇的に下げられるのです。

しかしながら、ETFでのNISA投資はつみたてNISAの口座では出来なかったり、配当金の受け取り方法を間違ってしまうと非課税メリットが受けられなくなったりと、気をつけるべき点が盛り沢山です。

そのため、今回は、NISAでETF投資をオトクにはじめたい方に知っておいてほしいことを解説してみました。

この記事で学べることは?

  • NISAでETF投資を始めるなら一般NISAが必要だと学べる
  • NISAでETF投資を始めるさいの手数料無料の証券口座が学べる
  • NISAでETF投資を始める際の銘柄の選び方が学べる
スポンサーリンク

ETFの投資は一般NISAの口座開設をしよう

「とりあえずNISAを開設すれば税金とか優遇されるんでしょ?」と考えているあなた、実は、NISAには2つの種類があることをご存知でしたでしょうか。

NISAには2種類あり!つみたてNISAだとETFは購入できない

  • NISA(一般NISA)
  • つみたてNISA

両者の違いは下記のとおりです。

一般NISAつみたてNISA
年間非課税枠120万円40万円
期間5年20年
累計非課税枠600万円800万円
投資商品株・ETF・投資信託など多種多様にOK長期投資に適した投資信託(政府基準指定)
投資可能期間2014年~2023年2018年~2037年

一見すると累計非課税枠がつみたてNISAの方が多いので投資信託をつみたてていくならNISAが良いかなと思いますよね。

わたしの場合は、最初はつみたてNISAで投資信託を購入していこうと思ったのですが、運用管理手数料などを考えたらETFの良さに気づきました。

つみたてNISAから一般NISAに変更するのは超手間です

私はつみたてNISAから一般NISAへの変更を経験しましたが、つみたてNISAから一般NISAに変更するのはかなり手間だなと感じました。

一番手間だと感じたのは、年度内で一度でもNISAを使ったら、その年の移管が不可能だと言うことです。

1月に取引をしてしまった場合、来年の1月まで変更が出来ません…

NISA口座の移管の流れ自体は非常にスムーズです。

  1. 現在取引のあるNISA口座に解約通知(窓口まで行く必要がある場合も…)
  2. 他社口座開設依頼
  3. 税務署への申請手続き待ちで完了

NISA口座を開設する時は、よく考えて開設しましょう。

NISAでのETF投資は「手数料が無料」の証券口座を選ぼう

「一般NISAを開設しないとETFが投資できないなら一般NISAを適当に開設しよう」と思っているあなた、ちょっとまってください。

一般NISAの口座開設もどこでも良い訳ではありません。

一般NISAでの取引は手数料を優遇している証券口座もあるので、チェックしてからが良いでしょう。

ETFの購入時手数料はパフォーマンスを左右する

「なぜETFの手数料を考える必要があるの?」と思った方もいるでしょう。

インデックス投資において平均利回りはコストに左右される部分が大きいです。つまり、手数料が高いものを購入してしまうと、その分だけ平均利回りが下がってしまいます。

平均利回り5%で運用したとしても、購入時に2%も手数料が取られてしまったら、利回りは3%程度にしかなりません。

平均利回りが2%の場合だと、購入時手数料で利回りが0%になってしまうこともあるのです。

そのため、手数料については極力かからない方が良しとされています。コストが無料のものが一番良いというわけですね。

ETFの保有コストについては下記の記事で解説しています。

ETFの手数料と税金は?ETFの理想的な投資法は保有コストから考えよう
保有コストに気をつけろ!!インデックス投資をETFで行う場合、保有コストが利回りを下げる。ETFで考えるべき保有コストを知り、最適な投資法を考えよう。

SBI証券の場合

SBI証券では国内外の株や海外ETFの購入時手数料は無料になっています。

SBI証券はネット証券業界ではNO.1の実績を誇っています。詳しくは、SBI証券のHPで確認しましょう。

楽天証券の場合

楽天証券の場合は海外ETFの購入時手数料はキャッシュバックという制度をとっています。無料ではないですが、後ほどお金が返ってくるので実質無料になるということでしょう。

楽天証券はSBI証券に次ぐNO.2の実績を誇っている証券会社です。楽天経済圏で生きていく人は楽天証券で口座開設をして取引をしていれば、条件を満たすとポイント倍率が上がります。

詳しくは、楽天証券のHPにて確認してみましょう。

手数料が投資信託のパフォーマンスに影響を与えているというのは下記の記事で解説しています。興味がある人は確認しておくと良いでしょう。

【インデックス投資と手数料】1000万円損することも?手数料の怖さを学ぼう
「やっぱり投資信託と言えば、銘柄選択でしょう」 「指数より上回る運用を目指すアクティブ運用の方がハイパフォーマンス...

NISAでのETF投資は高利回りETFと高配当ETFの比率が重要

一般NISAで手数料が安いところでも開設できたら、次に考えるべきなのはどのようなETFを購入対象とするかです。

日本国内のETFで日本の指数に投資をするものや、米国に上場していて米国の指数に投資をするものなど、色々なETFがあります。

NISAで購入する際には下記の高利回りETFと高配当ETFの比率を考えると良いでしょう。

高利回りなETFとは、VTIやVOOやVTなどのETFでアメリカや世界に幅広く投資をしているものです。

高配当なETFとは、VYMやPFFやHDVなどのETFでアメリカの特に高配当な株式に分散投資をしているETFになります。

参考までにSBI証券のNISAで購入されてる米国ETFの2019年2月のランキングは下記のとおりです。

  1. VYM バンガード 米国高配当株式ETF
  2. VOO バンガード S&P 500 ETF
  3. VTI:バンガード トータルストックマーケットETF

また、2019年2月時点で楽天証券で購入されているのは下記の通りでした。

  1. VOO バンガード・S&P 500 ETF
  2. VYM バンガード・米国高配当株式ETF
  3. VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

以前分析記事を書いていますので、ETFの銘柄について詳しくない人は下記の記事を見てみてください。

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFで米国全土にまとめて投資!
アメリカの全上場株式に投資をするなら、4000銘柄に投資をしている【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFがおすすめです。アメリカの成長の恩恵が得られ、幅広く分散が可能であり、コストも最安水準です。
【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFで配当金でいくら儲かるの?徹底分析!
VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)は配当金を目的としたETFには最適です。しかし、いくらもらえるのか超わかりにくい…。簡単に計算する方法と、VYMを投資するか迷った時に徹底的に分析した内容を解説しました。
【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株ETFで実際にいくら入る?配当利回りトップクラスを分析
米国株で高配当で運用したい方にオススメなのがHDVです。世界最大のETF運用会社であるBlackRockが運用し配当利回りはトップクラス。秘密の鍵はスマートベータにあり?HDVの特徴と実際にいくら儲かるのかを解説。
【PFF】iシェアーズ米国優先株式ETFとは?驚異の配当利回り5.5%の秘密を解説
「分散投資よりも安定性よりも高い配当のあるETFってなに?」 「値上がりやファンドの成長など考えず配当利回りが高い...

NISAでETFの配当を受け取る場合は受け取り方に注意

NISAは非課税のメリットがあるからやっているという人もいると思いますが、非課税のメリットを十分に受けようと思ったら、配当金の受け取り方に注意が必要です。

というのも、配当金の受け取り方によっては非課税メリットが受けられなくなるからです。

配当金の受け取り方法には下記の3種類が選べます。

  • 株式数比例配分方式(証券口座での受け取り)
  • 郵便局への入金
  • 銀行口座への入金

この内、非課税メリットが得られるのは、株式数比例配分方式である証券口座での受け取りです。

そのため、NISAでETFを運用する際には必ず「株式数比例配分方式である証券口座」を選択するようにしましょう。

一般NISAのデメリットと対策については下記の記事で書いてあります。興味がある方はどうぞ。

一般NISAのデメリット対策!圧倒的な非課税メリットを引き出す投資方法とは?
NISAの非課税メリットは圧倒的!しかし、悪用を防ぐため複雑なルールが決められ、NISAのデメリットと呼ばれてしまっている。デメリットを学び対策を知れば、圧倒的にリターンがある投資が可能!一般NISAのデメリットと対策とは?

NISAでETFをオトクに投資する方法

NISAでETFを投資する時のオトクな購入方法についてまとめると…

  1. NISA口座は一般口座で解説しよう
  2. 手数料がお得になる証券口座を作ろう【楽天証券SBI証券がおすすめ】
  3. 高利回りETFと高配当ETFのバランスを考えよう
  4. 配当金は株式数比例配分方式(証券口座での受け取り)を選ぼう

NISAでETFをオトクに投資して、一人でも多くの人が資産形成を始めると嬉しいなと思います。

以上、NISAでETF投資をしよう!投資初心者でも損しないETFの始め方を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

投資利益の9割は資産運用の割合で決まる!資産配分の決め方とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...