転職に有利な資格?TOEICがコスパ最強な理由「1時間3万円」

「転職が有利な資格とは何なのか?」

「一番コスパが良い転職に向けた資格取得って何だろうか?」

転職を考えている時に気になるのが転職に有利な資格は何なのかということ。

世の中には数多くの資格があります。

転職において、どの資格から取れば一番コスパが良いのか不明確ですよね。

私自身や周りの転職の状況、資格と転職の関係を調べて行き着いた結論は、TOEICこそコスパの高い転職に有利な資格だという結論に行き着きました。

多くの資格は、キャリアを狭めて専門性を高める資格が多いです。

しかし、TOEICの場合は、キャリアをむしろ広げてくれる性質もあり、選べる求人も増え、年収が上がる可能性が高まります。

TOEIC800点をとったら転職に有利であり、転職をして年収が100万円あがったとしましょう。

年収100万円上がれば、30年勤めれば3000万円円の利益になります。

TOEIC800点を取るまでに合計1000時間かかったとしても、1時間3万円の時給を得たのと同じなのです。

今回は、転職の資格においてTOEICがコスパ最強である理由を解説します。

この記事で学べることは?

  • TOEICがコスパが最強の理由が学べる
  • なぜTOEICで年収が上がるのかぎ学べる
  • 転職に有利なTOEICのスコアがどのくらいかが学べる
スポンサーリンク

TOEICはコスパ最強の転職に有利な資格?

TOEICは、誰でも狙える、キャリアの幅が広がる、値段が安い、年収の伸び幅が大きいという観点からみてもコスパ最強の資格であることが分かります。

誰でも狙える資格の中では一番コスパが良いTOEIC

もちろん、医者、弁護士、公認会計士、MBAなどは保有すれば年収を上げられる可能性が高いですが、誰でも狙える資格ではないですよね。

授業料や予備校代が払えない場合、狙うことが不可能であり、ある程度の金額と時間が必要な資格だからです。

転職を繰り返していくうちに、あらゆる資格を見たり、資格保有者の年収なんかを比べてみましたが、やはりTOEICが一番コスパが良いかなと思っています。

知人の話ですが、ある程度の学歴があれば、TOEICで800点以上があれば大手外資系に転職しており年収を大幅に上げている人もいました。

実際にTOEIC800点以上を基準としている企業の中には大企業が多いのも事実です。

やはりある程度英語が話せるだけで、大きく年収を上げることは実際にできるのだなと驚きました。

TOEIC800点は転職に有利でコスパも高い「やらないと損」
「TOEIC800点って転職に有利なの?」 「TOEIC800点を目指すのは転職的にどうなの?」 TOEIC...

TOEICが一番キャリアの幅が広がる

中小企業診断士だったり、FPだったり、宅建士だったりと転職に有利だと言われている資格は無数にありますよね。

しかし、個人的にはTOEIC以上にキャリアの幅が広がるものはないと断言できます。

なぜなら、英語ができなければ、自分が入れる求人数の絶対数を引き上げることができないからです。

英語ができるようになれば、それだけで働ける会社の数は増えるので、選択肢が広がります。

英語の会話ができれば良いかなと考えがちですが、海外企業での勤務経験がない場合、英語で仕事ができるとみなされないケースも有り、数字として示せるTOEICを保有することで、自分の英語力をある程度証明することに繋がります。

資格試験代金も約5000円〜6000円程度なので、一番コスパが良いと言えるのです。

まずはTOEICで高得点を取得してから、色々な資格に挑戦するのが、もっともコスパの良い順番かなとも思ったりします。

  • TOEICで高得点を取る
  • 転職して年収を上げる
  • 上がった年収で予備校などに通って資格を取得する
  • さらに転職して年収を上げる

この流れが、一番スムーズに年収を上げられる方法でしょう。

TOEIC800点以上を達成した勉強法?「隙間時間で十分です」
「TOEIC800点ってどう取れば良いかな?」 「TOEICを勉強する時間がないな…」 TOEICを勉強する...

TOECI高得点者が年収が上がる理由

TOEICで高得点を取っている人は年収が高い傾向にあります。

英語が必要ないから勉強しない人も数多く見受けられますが、英語を勉強するだけで年収が簡単に上げられるなら、すこしだけ頑張って見ても良いのではないでしょうか。

TOEIC高得点者がなぜ年収が上がるのかを考えてみました。

働ける求人数が増加する

TOEICの点数が高くても英語が喋れないとは言われますが、TOEICが高得点であれば、話す練習をしたり、頭の中で英作文をするようにすれば、英語が喋れるようになりやすいのも事実です。

英語が喋れるようになれば、英語を使う日系企業や外資系でも働くことが可能です。

少なくともTOEICで高得点であれば、意思疎通が問題ないだろうと就職面接官に思わせられます。その結果転職に有利に働くことは間違いないでしょう。

転職に有利に働くということは、採用される企業数も増えるので、自分に適した求人数が増加します。

働ける求人数が増えれば、働く企業の選択肢も増えていきます。年収が高いものを選べる可能性が高くなるのです。

英語は転職に超有利?英語ができれば早期退職候補からも外れる可能性
「英語って転職に意味あるのかな?」 「英語ができると早期退職候補から外れるのかな?」 英語は転職に意味があり...

外資系自体が年収高い

日本的な企業であれば、福利厚生の分だけ年収が低いケースもありますが、外資系の場合は、福利厚生がほとんどない分だけ、年収が高いケースが多いです。

また、日本企業は無駄に多くの人を雇っているケースもあるため、やはり年収が低くなりがちです。

外資系の場合は効率的に仕事が進むようになっていたり、少人数で仕事を回していくことになるので、必然的に年収が高くなります。

英語ができれば、外資系の風土のある会社で仕事ができるため、年収が高くなりやすいのでしょう。

英語が苦手だけど外資系に転職したい!最低限必要な英語力と戦略とは?
「英語が苦手だけど年収を上げたいな」 「英語が苦手だけど外資系で働くならどうすれば良いのかな?」 結論から言...

給料が上がれば転職しても同じ水準の給料になる可能性が高い

100%とは言えないまでも、一旦給料を上げることができれば、同じ給料水準で働きやすくなります。

転職するときには前職の年収が考慮されますが、外資系等で働いてからの転職の場合は、前職の年収がかなり高い可能性もあるため、転職しても年収を高く維持したまま転職することが可能です。

一旦外資系で働いて年収を上げておけば、それだけで人生がイージーモードに変わります。はっきり言って「こんなに年収が違うのかよ…」と驚くくらい年収が変わってくるんです。

TOEICを1年集中し800点以上を取れば転職に有利な資格になる

転職で有利なTOEICスコアは最低600以上からと言われていますが、色々な求人を見てみると、大体の最低ラインは800点だとわかります。

実際にTOEIC公式のデータでも730点以上あれば、適切なコミュニケーションができる素地を備えているとみなされるそうです。

実際に、私の知り合いの中でも、社歴はそこまで良くない人でもポテンシャルで採用される最低ラインがTOEIC800点くらいでした。

ただ、英語ができなくても、社歴もしっかりしていて、ちゃんとした実績を出している場合は、TOEICが600程度でも特に問題なく、外資系等の企業で働いている人もいます。

読み書きができれば問題ないとする部署もあるため、そういった部署がうまく見つけられれば、TOEICのスコアは低くても問題ないかもしれません。

しかし、TOEICのスコアは最低でも800点以上は欲しいところです。

個人差はあると思いますが、大学を卒業していて、英語をある程度勉強してきた人であれば、TOEICの800点は1年間みっちり勉強すれば、狙える点数です。

TOEIC800点を取っておくのは、今後転職を考えている人であれば、取っておいて損がない非常にコスパが良い資格となるでしょう。

転職を資格で有利にするTOEICをやろう

転職を資格で有利にしたかったら、TOEICをやるのが良いでしょう。

  • キャリアの選択肢が広がる
  • 年収アップの可能性が高い
  • 1年間集中すればある程度の結果が見込める

結論としてTOEICで高得点を取得するのはコスパが良いでしょう。

以上、転職が有利な資格?資格なし者こそやれ!TOEICがコスパ最強である理由を解説しました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました