20代・30代の老後資金「1億円」の貯め方?投資なしでは無理ゲーな理由

20代・30代の老後資金「1億円」の貯め方?投資なしでは無理ゲーな理由

「老後資金1億円ってどうやって貯めるの?」

「老後資金1億円を用意するのに簡単な方法って何だろう?」

老後に必要な資金は大体1億円と言われています。

これは生活費+介護費などを含めた数字であり、厚生労働省が出している定年後の平均的な生活費26万円を参考にした数字です。

老後に必要な資金が1億円であるにも関わらず、老後資金を貯める方法についてはいまだに確立されていません。

結論から言えば、老後資金の1億円を用意を投資なしで行うのは無理ゲーです。

今回は老後資金1億円の貯め方について解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 老後資金1億円を用意するのにサラリーマンで必要な年収が学べる
  • 老後資金1億円は投資を使わないと無理ゲーだと学べる
  • 老後資金1億円を目指すのに最適な方法が学べる
スポンサーリンク

老後資金1億円は投資をしないと無理ゲー

30年で1億円の貯金には月25万円の貯金、手取り55万円必要

サラリーマンだけで1億円を稼ぐ場合、30歳から60歳までの30年間で1億円を余分に貯金しようと思うと、毎月約25万円を貯金する必要があります。

毎月25万円を貯金していくと下記の通りに貯まっていきます。

10年3,000万円
20年6,000万円
30年9,000万円
33年9,900万円

30代の平均の生活費は約30万円ですから、30万円+25万円で55万円の手取り月収が必要になります。

つまり、手取りで毎月55万円の収入が必要なのです。

サラリーマンでは年収900万円?学歴と資格と実績が必須

サラリーマンで手取り55万円を稼ごうとすると、手取り年収は660万円です。

税引き前の額面年収で換算した場合、約900万円程度になります。

平均年収よりも倍額に近い年収900万。

30歳から900万円の年収を得ようと思った場合には、下記の要領で目指していく必要があるでしょう。

  • 高学歴で良い会社に新卒で入社
  • 実績・資格を取得し転職で年収アップ
  • 残業を増やす

いずれにせよ、サラリーマン単体で年収900万円を目指すのはかなり厳しい道だと言わざるを得ないのです。

副業をして稼ぐには圧倒的努力が必要

「20代で、学歴取得とかもう手遅れ」資格取得も嫌、勉強したくない」そう思う人には、自分が得意な分野で副業として起業するのも検討しましょう。

ただし、副業で収入を得られるまでには圧倒的な努力が必要不可欠です。

現状ブログ単体では月に1万円程度の収益を得ていますが、才能がない私の場合

  • 毎日ブログを更新
  • 1万円到達まで4か月ほど経過

つまり、4ヶ月間は無収入でブログを毎日書き続けることになります。

副業ブログで月1万円稼げるまでの実態とは?【ネタ切れと戦おう】
副業にブログを選ぼうか迷っていませんか?副業ブログで月1万円稼ぐ意味は、精神的余裕・別の収入源・スキマ時間の有効活用というメリットもありますが、基本的に絶望と向き合うのが副業ブログです。副業ブログの実態をまとめました。

ブログ以外でも、ライターであったり、自分の特技を活かしたコンサルだったりすれば楽になるかもしれません。

断言しますが、圧倒的な努力をするつもりがない副業は本当に無意味です。

一般人がすぐに稼ごうとすることは不可能であり、圧倒的な努力をしなければ無理だろうというのが私が感じていることです。

副業と本業で楽して年収1000万円が目指せる訳ではなく、やはり相当の努力が必要でしょう。

コツコツ投資をすれば1億円の実現可能性が高い

「サラリーマンでも無理、副業でも無理」そう考えた場合に投資の場合ならどうでしょうか?

ギャンブル的要素が多い投資ではなく、年利3%〜6%で堅調に市場が推移した場合を考えてみましょう。

30年後に1億円の達成を目指す場合に必要な、毎月の積立額は下記の通りです。

年利毎月積立額
年利6%99,551円
年利5%120,155円
年利4%144,082円
年利3%171,604円

年利6%の場合は毎月10万円程度で十分ですが、年利3%の場合は17万円ほど必要になります。

毎月10万円の場合と毎月17万円の積立投資の場合のそれぞれに必要な手取りと額面年収は下記の通りです。

毎月積立額手取り年収額面年収
10万円約480万円約650万円
17万円約564万円約750万円
参考:貯金25万円約660万円約900万円

このように、貯金だけに頼るよりも最大で250万円も額面年収が少なくても目指すことができます。

老後資金1億円を貯めるのに年金の減少・退職金なしを想定する

老後資金を1億円貯めようと考えた場合、年金減少と退職金無しを想定しておく必要があります。

年金がなくなるというポジショントークをとる人もいますが、年金の給付額は減少することはあれど、なくなることはありません。

そのため、年金は約20%減で考えておくと良いでしょう。

また、退職金は就業規則によって有無が異なります。退職金がない契約の社員も多くなっていますので、退職金制度がないことは前提に考えた方が良いでしょう。

そのため、サラリーマンの場合は、年金でカバーできる分は大体4,000万円前後です。貯蓄や投資によって、6,000万円前後がカバーできれば、合計して1億円を用意することができるでしょう。

一方で、自営業の場合は、年金でカバーできる分は大体2000万円前後でしょう。自営業の場合は定年退職がない代わりに長期的に働くことによって、年金分をカバーすることが大切なのです。

定年後のお金は1億円?20代〜40代は老後を真剣に考えないと危険です
「定年後のお金っていくら必要なの」 「定年後のお金ってどの様に用意したら良いの?」 老後費用1億円と聞きます...

老後資金1億円を貯めるには本業+副業+投資で考える

老後資金1億円を貯めるには、本業+副業+投資で考えておくと良いでしょう。

サラリーマンであれば、本業であるサラリーマン給与の年収を高めながら、空いた時間を使った副業を行い年収をさらに上げることを目指しましょう。

さらに長期的に使わないお金は投資をすることで、効率よく資産を増やすことができます。

自営業であれば、長期的に働けるような自営業を行いながら、老後資金については早めの準備をしておくことが重要でしょう。

【404万円以上の節税も?】知らなきゃ大損!フリーランス・個人事業主の社会保険・共済制度まとめ!
会社員の社会保険は国や会社が用意します。しかしフリーランスや個人事業主の社会保険は、自分で選ばなければいけません。フリーランスや個人事業主になったら迷いますが、最強の節税ができる究極の社会保険の使い方を解説しました。

老後資金1億円の早めの準備を!焦る気持ちが大切

とにかく、老後資金1億円を用意しようと思った場合には早めの準備を心がけると良いでしょう。

早めに準備をすることにより多くのメリットがあります。

  • 副業をするための体力が有り余っている
  • 若い方が転職に有利なので、年収が高まる可能性が高い
  • 投資をしたさいの複利効果が得られる

焦ることはないと言われることが多いですが、早め早めの老後資金1億円の準備に焦った方が、老後資金1億円の準備が早くなる可能性が高いでしょう。

とはいえ、あまり焦りすぎて、心身ともに体調を崩してしまったら元も子もないので、気をつけてくださいね。

健康維持は利益率が高すぎる?100年時代に備える健康への投資術
2007年に日本で生まれた子供は107歳まで生きると言われています。 長寿化の背景と影響については100年...

老後資金1億円を貯めるのに投資をすれば有利である

本業で年収を上げることが難しかったり、副業をするのも厳しいという人がいれば、最低でも投資だけをしておくと良いでしょう。

サラリーマンの場合、年金が4200万円程度準備できる場合であれば、毎月6万円程度積み立てれば、年利6%で30年で6000万円程度を用意することも可能です。

もちろん、投資は元本保証ではないので、損する可能性もあります。それでもiDeCoを活用することで、所得控除などを有効活用できれば、その分だけ資産を増やすことも可能です。

とはいえ、投資で思った以上に利益が得られなかった場合も考えて、本業や副業での年収アップを考えてセーフティネットを張っておくべきでしょう

結論、もしも老後資金1億円を貯金だけで行う場合は無理ゲーです。

iDeCoなどを活用することで、十分な老後資金を確保したいところですね。

つみたてNISAとiDeCoの併用や違いと私が楽天証券を選ぶ理由を解説
iDeCoとつみたてNISAの併用って分かりづらいですよね。しかもどこの証券会社を選ぶのかも迷う…私が楽天証券でつみたてNISAやiDeCoをやろうと思った理由を解説します

以上、20代・30代の老後資金「1億円」の貯め方?投資しないと無理ゲーな理由を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>【定年後の生活って実際どうなの?】

定年後の生活について不安なあなたにおすすめの記事

タイトルとURLをコピーしました