【投資初心者】サラリーマンでも超簡単な積立投資で資産形成

サラリーマンでも超簡単に積立投資で資産形成

「投資信託って損するんでしょ?なんか怖い…」

「投資信託を購入するのってどうなのかな?」

リスク性の商品なので投資信託で大損する

下記は主要銀行9行と地方銀行20行の顧客の運用差益を金融庁がまとめたグラフです。

このグラフを見て分かる通り、主要銀行と地方銀行の顧客のうち46%が利益が出ていないということです

投資信託で損を出している人の割合

引用:2018年6月【投資信託の販売会社における 比較可能な共通KPIを用いた分析 <対象:主要行等9行、地域銀行20行>】

投資信託は損する可能性がありますが、積立投資で時間分散をしたり、リスク対策を講じることによって、損を限りなく減らしてメリットある投資をすることも可能です。

今回は、サラリーマンにオススメの超簡単な積立投資の方法を解説しました。

スポンサーリンク

積立投資は時期の時間分散になる

積立投資は定額で定期的に金融商品に投資をする方法を言います。一般的には、ドルコスト平均法と呼ばれる方法です。

積立投資は一度に大量の資金を投資するのとは違い、期間を分けて投資をします。そのため、相場の変動に対して、購入価格を平均化することが可能です。

購入価格が平均化する積立投資の場合、リーマンショックや世界同時株安などの大幅下落の場合のどうしようもない相場の場合には損する可能性もありますが、相場の変動に対して突然の下落に対処する、非常に有効な手段だと言われています。

特にサラリーマンの場合、46時中相場に張り付くことができませんので、急な相場の変動によるリスクを減らして投資していきたいところ。

経験的に、自分が知らないところでいきなり下落していたりすると、相当テンションが下がります。

そういった点からもサラリーマンには積立投資が非常にオススメです。

積立投資については「20代の投資割合は3%?20代におすすめの積立投信をはじめる方法」でも解説しています。興味がある方はどうぞ。

サラリーマンが積立投資で資産形成をする方法

サラリーマンでも簡単にできる。積立投資で資産形成する方法をご紹介します。

出来ることなら積立投資で極力損を回避する方法なんかも合わせて紹介できればと思います。

証券口座は銀行ではなくネット証券がおすすめ

証券口座をどこにするのかは意外に重要です。損をしている投資信託のデータがありますが、大体損を出しているのは銀行窓口で買った投資信託なんです。

なぜなら、手数料の分だけ損が発生するから。

下記は日経新聞が金融庁の資料をキッカケに掲載した新聞記事より抜粋しています。

独立系投信やネット証券や主要証券会社の設定から5年以上の投信の含み益と含み損についてまとめたグラフです。

調査した時期もバラバラで見方に注意が必要ではありますが、下位の含み損が出ている投信はほとんどが銀行系列での販売になっています。これは銀行系に株を主体とした投信が少ないことや、毎月分配型の投資信託を行っているため利益が出にくい構造になっていることも関係していると思います。

しかし、一番影響を与えているのは手数料でしょう。手数料が毎回購入時に2%がかかる投信の場合、2%以上の運用益がでなければ赤字になってしまうからです。その分投資信託の含み損が出やすいのが銀行などの窓口販売の投資信託なのです。

投資信託の手数料や銀行ビジネスとの相性が最悪な理由は「【投資信託で損】手数料・長期保有・銀行ビジネスの相性が最悪な理由を元銀行員が解説」で解説しています。興味がある方はどうぞ。

おすすめはネット証券。なぜなら手数料が圧倒的に少ないからです。

下記に簡単に書いておくとこれだけネット証券と銀行では手数料が異なってきます。

  • ネット証券:手数料無料・信託報酬(運用管理費)年0.2%
  • 地銀:手数料2.16%・信託報酬(運用管理費)年1.566%
  • ネット証券は初年度で0.2%運用益が出ればプラスになるが、地銀だと初年度で3.726%の運用益が出ればプラスになる

出来ることならネット証券などの手数料が安い証券会社を使いたいですね

アクティブファンドよりインデックスファンドを選びましょう

アクティブファンドよりインデックスファンドを選びましょう。

下記は2018年の10年間でアクティブファンドとインデックス指数の比較をした結果です。

およそ50%〜90%以上のアクティブファンドがインデックス指数に負けていると言う結果になっています。

  • 日本の大型化株のアクティブファンド10年:55.9%のファンドが敗北
  • 米国S&P500のアクティブファンド10年:95.1%のファンドが敗北
  • 日本のアクティブファンド10年:61.1%のファンドが敗北
  • 新興国アクティブファンド10年:95.4%のファンドが敗北

詳しくは「アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない!初心者はインデックスでOK」で解説しています。

また、ここらへんのお話はウォール街のランダム・ウォーカーでも詳しく述べられています。個人的にはこれから投資をする人の必読書と言っても過言ではないでしょう。

毎月の投資額は無理のない範囲で設定しましょう

積立投資をする際に悩むのは毎月の投資額ですよね。

投資額を決める場合にはどの程度積立投資でリターンを得たいのかで決めましょう。

投資信託を積立で行った場合は長期的に見ると年率4%~5%程度で推移します。年率を踏まえて20年後にいくらの金額を得たいのかを考えて投資額を決めるのがオススメです。

積立計算(複利毎課税)などのシミュレーションできるツールを使って計算してみて、自分に無理のない範囲での積立金額を決めると良いでしょう。

▼年率5%の毎月積立を20年行った場合

  • 毎月5万円=約1800万円(元金は1200万円)
  • 毎月4万円=約1400万円(元金は960万円)

無理のある投資積立金額だと生活が厳しくなってしまいますから、無理のない範囲で投資額を設定しましょう。大体毎月1万円や2万円くらいコツコツと設定できればよいのではないでしょうか。

副業などに興味がある人は副業で得た収入を投資する方法です。生活はサラリーマンで保証させながら、副業をして収入を上げて、余裕がある分は投資に回す。これだけでもかなり生産性の高いお金の稼ぎ方が出来ると思います。

サラリーマン積立投資は長期保有を大前提に!

サラリーマンが積立投資をする方法を説明しましたが、いちばん大切なことは投資信託は長期保有を大前提に考えるということです。

1年や2年ほどで短期売買した人は赤字になる可能性が多いですが、長期的に保有すると投資信託は利益を出す可能性が統計的に見ても高いと言われています。

投資で損が出たら塩漬けは悪だから損を確定させたほうが良いということを聞くかもしれませんが、そんなことはないです。

リーマンショック後に赤字になった投資信託を損を確定させずに今持っているとすれば、日経平均株価がリーマンショック以来の水準にまで回復しているので、プラスに転じているのです。

  • リーマンショック(2008年9月15日)
  • リーマンショック直後の日経平均株価(2008年9月16日):11,609円
  • リーマンショック移行の日経平均株価最安値(2009年3月6日):7,173円
  • 2013年3月の日経平均株価:約12,000円台
  • 現在の日経平均株価(2018年10月19日):22,532円

赤字を抱えたまま4年以上メンタル的に損を確定させずに耐えきった人はリーマン・ショック後でも利益を出すことが出来ています。

時には、損を確定させる場面も必要かもしれません。しかし投資をしたことを忘れるくらい持ち続けることで、利益を出すことも可能なのです。

パニックにならずに長期保有すると良いでしょう。

積立投資で分散しながら資産形成をする

積立投資で分散しながら資産形成をするという考え自体は株でも債権でも同じでしょう。

サラリーマンで投資を考えている方は、長期保有を前提とした積立投資が非常におすすめです。

税制優遇もあり、NISAやiDeCoを活用できれば、さらにお得に投資することも可能です。詳しくは「つみたてNISAとiDeCoの併用や違いと私が楽天証券を選ぶ理由を解説」でも解説していますので、興味がある方はどうぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!