【初心者必見】経済を勉強会で学ぶ8つのメリットとは?

経済を勉強会で学ぶ

経済について勉強しようとおもって、難しすぎて挫折しますよね。

  • 難しすぎて途中でやめる
  • わかった感じがあるけど…本当に大丈夫なのか不安
  • 何から手をつけていいのか分からない

こんな経験したことは多いと思います。

個人的には、経済のことについては、勉強会に参加して学んだ方が良いと思います。

もちろん、大学のゼミでも良いですし、詳しい友人がいればそれに越したことはないです。

とにかく、経済については誰かと一緒に学んだ方が良いでしょう。

経済の勉強会に参加したり誰かと一緒に学ぶことで得られる8つのメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

経済の勉強は難しいので自分で勉強するのは難しい

経済の内容など、難しい内容は自分で勉強するのはとても難しいです。

例えば、本を読んで学ぼうと思っても、難しい本であれば途中でやめてしまうでしょう。

新聞を読もうと思っても、その新聞の意味がわからなければ、なんとなくわかったような感覚になり、実際に何もわかっていないということになりかねません。

勉強会に参加すれば途中で辞めることがなく、ずっと話を聞くことになるので、わからなくてもなんとなくわかってきます。

勉強会に参加すれば誰かに教えてもらえる

難しい内容については、自分で勉強しようと思うと限界があります。しかしながら勉強会に参加することにより、自分が難しいというものでも、周りに理解している人がいれば、教えてもらうことができます。

しかも自分で勉強するとなると、本や雑誌やインターネットなどで勉強することになります。それだと、誰かに質問しながら勉強するといったことができません。

経済系の勉強会であれば、自分が分からないと思えば質問すれば良いので、わかるまで質問することができれば理解が深まります。

この質問しながら勉強できるという点も、勉強会に参加するメリットになります。

興味を抱くのは一方的な情報より双方向的な会話

経済の勉強をするときに大切なことは関連づける力です。具体的な様々な事例をみることにより、あるひとつの法則を導き出し、それが正しいかどうかを確認するというのが、経済の勉強の流れだと思います。

その中で必要なことが、まず具体的な様々な事例に興味を持つことです。

具体的な様々な事例に興味を持つためには、本や雑誌やインターネットで勉強するよりも、自分が体験したり、感じたりすることの方が刺激になりやすく、興味を持ちやすくなります。

たくさん旅行に行けたり、色々な大学の授業を受けられたりすればよいですか、お金が足りなかったり、時間がなかったりするとそういったことも出来ません。

勉強会であれば、経済的なことについて会話をすることが出来ます。その結果、色々な刺激を受けたり、「こういうこと調べると面白いかもな?」と興味を抱いたり、アイデアが生まれたりするのです。

会話とは、人がアイデアを出すときにもっとも大切なものです。あのGoogleでさえ、オンラインで仕事はできるものの、オフィスで仕事をすることを奨励しているのも、会話が生み出すアイデアの創出を期待しているからだと言います。

経済に関連する知識を教えてもらえる

Amazonでモノを買うときに、おすすめで紹介されていたからという理由で、モノを買ったりしたことありませんか?関連するモノというのは、自分の興味のあるものを知ることが出来るし、刺激になる可能性が高いです。

勉強会に参加することで、自分が最近興味を持ていることを話したりすると、ほかの参加者から、「こういうのも面白いかもね」と、関連する知識を教えてもらうこともよくあります。

勉強会に参加することで、周辺知識に対して深い理解が得られるということも、メリットの1つになるのでしょう。

経済系のニュースの情報感度が高くなる

勉強会に参加することにより情報感度がより高くなると言われています。これは、色々な知識を持つと、自分の頭の中の概念が広がる為、見える世界が広がっていくということです。

例えば、英語。小学生のときには英語について意味を覚えていませんでした。英単語についても意味がわかりませんでしたので、英語を覚えているという記憶がないと思います。

しかし、中学生くらいから英語を覚え始めると、世の中にあるものに対して「これは英語でなんていうんだろうな?」と思ったり、横文字の名前を見ると、「この英単語ってこういう意味だよね?」と色々と繋がっていく経験をした人は多いと思います。

勉強会でも全く同様のことが言えます。つまり、色々な知識をどんどん得ていくことにより、色々と繋がっていく為、情報感度が高くなるのです。

難しい概念や言葉を簡単に教えてもらえる

経済の言葉というのは難しい言葉が多いです。例えば、リーマンショックという言葉がありますが、どういう意味なのかわかっている人は意外に少ないと思います。

勉強会だと、双方向で会話をする形式になるので、難しい言葉だけを並べてしまうと、「はっきりいって分からないという」状況に陥ってしまい、空気が寒くなり「どうしよう…。」ということになりかねません。

その為、難しい言葉を簡単に説明する能力が求められます。

わかっている人は、わかりやすく概念や言葉を説明する力も身につきます。それ以上にメリットがあるのが、分からない人にとってです。

難しい言葉や概念をわかりやすい言葉で説明してくれることにより、難しい言葉でも簡単に教えられるのです。

知識を知った上でどういうふうな行動してるかがわかる

経済の勉強を進んでしたがらない理由として、経済の知識を得てもそれを実生活にどのように落とし込むのかが分からないからということが言えます。

将来に対する影響が分からなければ、勉強することの意義を見出すことができなくなり、勉強しなくなるでしょう。

経済の知識を知るとどうなるのか?勉強会に参加するとその意味を知ることが出来るかもしれません。

習慣化しやすい

冒頭でも書きましたが、経済の勉強は基本的に難しいので、自分だけで行おうと思っても、途中でやめてしまうパターンが多いです。そうなると、面白さも感じないままやめていってしまうでしょう。

勉強会に参加することで、参加し続けることができれば、その時間帯はいやでも経済のことを学びます。ですので、参加し続けている限り、習慣化して勉強することが出来るでしょう。

これも勉強会のメリットの1つかもしれません。

>>【取り残されるかもよ?】

働き方が変化している時代に変化を受け入れなければ気づいたら周りから取り残されているかもしれません…。

じつは、会社で隣の人も水面下では、なにかしら働き方を変えようと動いているのかも…。

働き方が変化していることを解説した記事を下記にまとめました!経済の流れを知りたい方はオススメです!

働き方を変えるべき理由と今できる対策まとめ【働き方改革】
「働き方改革が始まるなぁ…」 「これから働き方を変えないとなぁ…」 働き方を変化させようと思っても、どの様に...