【スタディサプリTOEIC使い方】英語の勉強を簡単に継続する方法

スタディサプリTOEIC使い方

「スタディサプリTOEICの使い方って?」

「英語の勉強を簡単に継続する方法ってないの?」

スタディサプリは非常に効率的に英語を勉強できるアプリです。スマホからだけではなくパソコンからもアクセスできますので、スキマ時間の勉強だけでなく、ガッツリ勉強したいときにも使える便利な勉強アプリでしょう。

しかし、スタディサプリの使い方を間違ってしまったら、せっかくスタディサプリが便利に勉強できる仕組みになっていたとしても、無意味になる可能性があります。

スタディサプリの使い方って意外に大切なのです。

ただ、結論から言ってしまうと、スタディサプリを使って短時間で劇的に成績を上げる裏技的なことを期待しているなら無理でしょう。

英語は学習量がものを言います。いくら、スタディサプリが便利な勉強アプリだからと言っても、裏技的に成績を上げることは不可能です。

スタディサプリTOEICを使っている人はそれだけで短時間で劇的に成績を上げる工夫がされているので、スタディサプリの使い方で劇的に成績を上げる裏技的な方法を探す必要はありません。

スタディサプリTOEICの使い方で大切なのは、簡単に継続できる使い方を学ぶことです。せっかく便利に勉強できるアプリになっていても、継続して使えなければ意味がないからです。

今回はスタディサプリTOEICを簡単に継続できる使い方を紹介します。

スタディサプリのTOEIC対策を確認

スポンサーリンク

学習開始は英単語から準備運動をしよう

スタディサプリTOEICに限らず、新しい分野を学習する際に大切なことは「言葉を覚える」ことです。

特に英語の場合は、単語がわからなければ、文章を読み解くこともできなければ、リスニングで聞き取ることもできません

単語の勉強はスポーツでの準備運動?勉強する気持ちを作るウォーミングアップ

単語から勉強を開始するのは準備運動をする意味合いと似ています。

リスニング、文法、リーディングは達成感があり、勉強をしていると「今日はもう良いかな」ってなりがちです。

単語の勉強は準備運動のような位置付けにできることもあり、「これから英語を勉強するぞ」という勉強の意識を高めるウォーミングアップになります。

ちなみに私は受験期の時は毎朝予備校の自習室に行って、単語400語をテストしてから勉強を開始していました。

単語400語を毎日やるのに2時間〜3時間位かけてましたが、その後にも「飽きてきたからちょっと日本史をやろうかな」とか思えます。

そのくらい単語の勉強というのは軽くできるし、軽くやって良いものだと思います。暗記しようと思って行う単語の勉強ほど大変でつまらないです。

ウォーミングアップに、ちょうどよいのが単語100語を簡単にテストすることです。

暗記して覚えようとするのではなく、ざっと眺めるのが良いでしょう。スタディサプリの中でも単語は接触回数が大切と言われているように、毎回100語と接触するようにすると効果的です。

スタディサプリTOEIC対策の場合にはTEPPAN英単語という単語帳がついてきます。

TEPPAN英単語

アプリでも使えるTEPPAN英単語の単語帳は、単語の意味を4択の中から選択して答える単語帳で、クイズ形式にサクサク進められる楽しい単語帳です。TEPPAN英単語は下記のような感じです。

このように選択をしていけば、○・☓がついて判定されるので、ゲーム感覚で楽しみながら取り組むことができます。

単語の勉強は暗記ではなく「1週間に7回単語を見ること」

スタディサプリTOEIC対策でも解説されていますが、英単語は毎月300語覚えるようにしましょう。

スケジュール的にいうと下記のような感じです。

  • 1週目:100単語(毎日100単語必ず眺める)
  • 2週目:次の100単語(毎日100単語必ず眺める)
  • 3週目:その次の100単語(毎日100単語必ず眺める)
  • 4週目:覚えた300単語の復習(300単語の復習)

このように接触回数を増やせば単語を暗記することは簡単です。

ただ、英語力に自信がある人で、「ほとんどの単語が分かる」という人は、「毎日100単語以上の単語を眺め、できなかったところを毎回復習」というやり方でも良いでしょう。

私の場合は現在毎日200単語を行い、200単語で間違えたところを、毎回の英単語を始める前に復習しています。

スタディサプリTOEIC対策の場合では、間違った単語を復習しやすいように、復習機能がついています。この機能を使えば、楽に復習することが可能です。

TEPPAN英単語復習

右下の復習ボタンを押すと下記のような画像になり、復習トレーニングを行えます。
TEPPAN英単語復習

単語の次は問題集や講義を受ける

問題を解く→解説を見るという流れで問題集や講義を受けます。

スタディサプリのTOEIC対策の場合は、パーフェクト講義を受講すると良いでしょう。

ただし、スタディサプリの中でも書いてあったように、TOEIC600点を境に取り組むものが違います。

パーフェクト講座の種類

  • TOEIC600点以下の人は、文法問題から開始しましょう。
    ※文法が完ぺきな人は飛ばしてOK
  • TOEIC600点以上はパーフェクト講義からスタート

文法の基礎がないとTOEICの回答率が下がり勉強がつまらなくなる

実際に文法の基礎がなければ英語を読解しても穴埋めが正解しませんし、リスニングの答えを予想することができません。

文法の基礎をしっかりと抑えてから、TOEICの実践的な講義であるパーフェクト講義を受けていくと良いでしょう。

リスニング対策のパーフェクト講義ではめんどうくさいかもしれませんが、かならずディクテーションを受けるようにしましょう。ディクテーションは、リスニング力を根底から鍛えるのに非常に役に立ちます。

ディクテーションのやり方については「TOEICのリスニング対策はディクテーションが重要?効果とやり方を徹底解説!」で解説しています。興味がある方はどうぞ。

移動中やご飯を食べているスキマ時間でもパーフェクト講義が可能

電車での移動中やご飯を食べている時に参考書を開いて勉強することってなかなか難しいですよね?ましてやリスニングの教材を用意して、スマホを動かして…ってやるのは非常に苦労すると思います。

スタディサプリTOEICでは、設問1つ1つが分かれているため、1つの設問や講義動画でも5分を超えるものがほとんどありません。スキマ時間での勉強が十分に可能なのです。

私も移動中、トイレ、ご飯を食べている時にスキマ時間を有効活用するために、スタディサプリTOEICで勉強しています。スキマ時間に使ってコツコツと勉強時間を積み重ねていけば、スタディサプリTOEICをより有効活用することができるでしょう。

パーフェクト講義がすべて修了したら実践問題集を行う

パーフェクト講義は全150講義ありますが、それがすべて終了したら実践問題集を行いましょう。

実践問題集

実践問題集は通常版とNEXT版がありますが、通常→NEXTという順番で行うと良いでしょう。

中身をみたら、通常版はTOEICの問題10回分。NEXT版は現在5回収録されていました。

両方共合わせるとTOEIC15回分ってことですよね…すごいですね…。

スタディサプリのTOEIC対策を確認

問題集が飽きたら再び単語を行う

問題集も何回もやっていると飽きてきます。そんな時には再び単語に戻って、気分転換しましょう。

単語の勉強はクイズ感覚でサクサク行っていけばOKです。私も、問題集に飽きたら単語を行い、再び問題をやろうという気持ちになったら、問題集に戻るということを行っています。

スタディサプリTOEIC対策の場合で言えば、パーフェクト講義に疲れてきたら、TEPPAN英単語という流れになります。

スタディサプリTOEIC対策の場合だと、すべてがアプリ内で完結しているので、多くの本を持ち歩く必要がなく、ボタン一つで切り替えることができるので非常に楽です。

「勉強=遊び」だと簡単に継続できる!特にスタディサプリTOEICはやりやすい。

ちょっとマインドセット的な話になってしまいますが、勉強を継続できるには、勉強=遊びになっていないといけません。

私の場合、単語の勉強は、勉強ではなく気分転換や息抜きと同じ位置付けになっています。いわゆる、単語を勉強するのはスマホで課金ゲームをやっているのと同じレベルです。

そのため、単語をやることに特段抵抗もなく、「間違えても良いからとりあえず100単語やろー」という軽い気持ちで取り組んでいます。

これが、スタディサプリTOEICを継続するための簡単なマインドセットです。

ちなみに、私はリスニングが嫌いなのでリスニングは極力したくないです。それでもリスニングを行うときには、自分をレベルアップするのと同じような考えで行っています。ディクテーションを行うのは、経験値が高い、コスパの良いモンスターを相手しているようなものです。

そのため、ディクテーションを行えば、レベルをかなり上げられると考えているので、苦痛を感じながらも取り組めています。

このように、勉強=遊びと捉えてしまえば、勉強が簡単に継続できます。

スタディサプリTOEICであれば、正解の時に音もでますし、達成したらおめでとうのバッチももらえますから、それだけでも自分のレベルが上がったような感覚になれます。

スタディサプリTOEICには、継続できる要素がいろいろなところに工夫されているのです。

スタディサプリTOEIC使い方!簡単に継続する方法まとめ

スタディサプリTOEICの使い方は下記のとおりです。

  • TEPPAN単語から準備運動を始める
    • まずは1週間100単語で1カ月300単語を目指そう
  • パーフェクト講義を始める
    • TOEIC600点以下はパーフェクト講義英文法編から
    • TOEIC600点以上はパーフェクト講義本編から
  • パーフェクト講義すべて修了後に実践問題集をスタート
  • 飽きたら英単語を勉強する

このように使っていけば、飽きることなく1日1時間以上勉強することも簡単にできるでしょう。

スタディサプリEnglishは1日82円というコーヒー1杯分の料金で単語帳・文法・リスニング・リーディングの全ての対策が可能です。料金については「【スタディサプリのTOEIC対策料金】1日82円で最強のTOEIC対策」で解説しています。

さらに、スタディサプリEnglishを行うと、TOEIC対策だけではなく月額980円ほどの日常英会話のコースも無料で受けることが出来ます。リスニング対策にオススメな日常英会話コースについては「【リスニング伸ばす】スタディサプリEnglish日常英会話コースで手間ゼロで伸ばせる?」でまとめています。

スタディサプリのTOEIC対策を確認

最後まで読んでいただきありがとうございました!