1億円以上持つ富裕層は日本に2.3%!日本では1億円の資産を築けるのか?

1億円以上持つ富裕層は日本に2.3%!日本では1億円の資産を築けるのか?

「お金持ちになりたい」

「富裕層になりたい」

お金持ちになりたいとか富裕層になりたいとかは人間誰しも持っている欲求です。

1億円以上の金融資産を持つ人は富裕層と呼ばれ、日本には100人に2人程度の2.3%しかいないと言われています。

大部分は企業オーナーなので、私には無理かもって思うかもしれません。

しかし、資産割合や富裕層について調べれば調べるほど、「こうすれば富裕層になれるのではないか?」と言ったものが見えてきます。

実際に日本は富裕層の数ではアメリカに次ぐ第二位にランクインしています。これは他の国に比べると富裕層になりやすい条件を満たしやすいということを意味しているのです。

今回は、日本では富裕層になれるのか?と言った点について検証したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 富裕層の実情が学べる
  • 富裕層に共通する特徴が学べる
  • 富裕層になる戦略が学べる
スポンサーリンク

日本では1億円以上持つ富裕層の実情は?

日本の富裕層の割合は2.3%【100人に2人程度】

富裕層とは1億円以上持つ人のことを言いますが、1億円以上の資産を持つ富裕層の割合は2.3%程度です。

この富裕層を測る尺度ですが、下記の資産は除きます

  • 投資用不動産
  • 日常的な消耗品
  • 普段使う耐久消費財

つまり、投資可能な資産を1億円持っているかどうかが富裕層かどうかの分かれ目なのです。

例えば、下記のものが1億円に含まれます

  • 投資用不動産
  • 株式
  • 債権
  • 現金

ちなみに、米国では富裕層のことを「High Net Worth Individual」と呼びます。略してHNWIです。

HNWIは、100万ドル(1million)の人を指す言葉として使われています。

だいたい日本と米国では富裕層とする層は1億円と同じくらいなんですね。

1億円持っている富裕層だからと言ってもリッチじゃない

1億円持っていたら富裕層だし、王様のような暮らしをしているんだろうって思う方もいるかもしれませんが。そんなことはありません。

なぜなら、1億円の投資可能な資産を持っていても、うまく扱えなければ、資産を切り崩して生きることになるからです。

なかには、1億円の資産を担保に借金でレバレッジをかけて不動産を複数購入する人もいるでしょう。

しかし、多くの日本人は1億円持っていても貯金するのがほとんどです。

うまい使い方ができる人であれば、富裕層としてリッチな暮らしができているかもしれません。

しかし、一般人の資産1億円の人は別にそこまでリッチな生活はできません。外車なんて買ったり、家なんて購入したら、それで終了です。

実際に資産1億円の人と接したことがありますが、意外に質素ですよ。

しかし資産1億円の富裕層は人生に余裕がある

1億円を持っていたとしても物質的にはリッチではありません。しかし資産1億円の富裕層と呼ばれる人は人生に余裕があります。つまり精神的にリッチなのです。

本当にお金の悩みから解放されている人って、「良いなぁ」って思えるような精神的に豊かな人はたくさんいますよ。

1億円あれば老後の不安などもないですからね…。

超富裕層は5億円以上から。ウルトラ富裕層は3000万ドル以上から

ちなみに野村総合研究所の研究によると超富裕層は5億円以上からだそうです。

また、あるレポートによるとウルトラ富裕層は3000万ドル以上(30億円以上)だそうです。

ここら辺のレベルになってくると、とんでもなくリッチな人でしょう。

5億円もあったら、年利5%の配当収入だけでも年収2500万円くらいになりますからね。

1億円以上の富裕層の人数は実は増加中。あなたも富裕層になれるかも?

1億円以上の富裕層は、現在増加中です。

World Wealth Reportによると、富裕層の富は10%も増え、人数は160万人増えたと言います。そのうちアジアからの富裕層が70%以上だとも言われています。

もちろん、アジアには日本も含まれています。日本人の方もチャンスがあるかもしれませんね。うまくチャンスを使えればですが。

富裕層にはなれるのか?頑張れば1億円はいける

富裕層の順位から日本はなりやすい位置にいることがわかる

2015年のレポートによると富裕層の人数の順位は下記の通りです。

  1. アメリカ
  2. 日本
  3. ドイツ
  4. 中国

これを見てわかる通り、日本は意外に富裕層になりやすい位置にいるのです。

ただ、富裕層の割合を見ると、上場企業のオーナーなどのアベノミクスの恩恵によるものや相続に夜ものなどが多数を占めているので、やはり努力をして資産を作らなければ富裕層にはなれないでしょう。

日本は現金での富裕層が多い

日本人の富裕層の資産割合を見ると、25%が株式で、46%が現金を持っています。不

動産の資産は8%にすぎません。

日本人は本当に富裕層でも現金を持っていたり預金をしている人が多いですね。ここが、アメリカ人の富裕層との圧倒的な違いでしょう。

アメリカの富裕層の資産は株式が多い

一方でアメリカの富裕層の資産を見てみると、株式が一番多く、債権も多いです。

アメリカは投資大国とも言われており、投資においてポジティブな文化があるのでしょう。

現金は20%です。日本の富裕層の半分しか持っていませんでした。

どの資産が一番影響?「株」

富裕層に「富裕層になるのにどの資産が一番影響したのか?」という質問をしたところ、最も重要だとするのが株式であり、その数53%の人が重要だと言っています。

それと同時に大切なのが、債権・不動産・オルタナ投資・副業という形になっております。

株式投資をしながら、他の収入源を確保することが最も富裕層に近くのでしょう。

日本は富裕層になれるが戦略が必要

日本は富裕層になれる位置にはいますが、富裕層になるにはそれなりの努力が必要です。

起業して独立する

一番は上場してオーナー企業を興すことでしょう。

富裕層の割合で最も多いのが企業オーナーです。その数、全体の33%になります。

またフリーランスとして年収数千万円を稼ぐのも良いでしょう。

ただし、自分の腕に自身がない場合は起業して独立するのは逆にリスキーになりますので、注意が必要でしょう。

本業で年収を上げる

次に簡単なのが本業で年収を上げるということです。

幸運にも日本はサラリーマンの平均年収が割と高い方にいます。欧州諸国には叶いませんが、日本の中でもトップクラスの平均年収の高さです。

さらに、学歴がある程度あったり、資格を取得して年収数千万円を目指せるような職種に転職したり出世をすれば、それだけ給料が増えます。その結果、貯金が溜まっていくことになるでしょう。

事実、現在の富裕層の割合は、

  • 1位:企業経営者が33%
  • 2位:医者で9.5%
  • 3位:地主・不動産オーナーが7.1%

医者が10%程度なのに加えて、経営者・不動産以外でも50%程度の職業があるのです。

フリーランスや会社員でも年収をあげられれば十分に富裕層になれるでしょう。

ただし、学歴がある程度ない場合や、資格取得が苦手な場合は、本業で年収を上げることも難しいでしょう…。

資格で一発逆転もあり得ると思いますけどね。

投資をして資産形成する

投資をすることも良いでしょう。

実際にアメリカの富裕層は株に投資をする割合も多いので、株式に投資をして持ち続ければ、株という資産が成長して、富裕層の仲間入りができるかもしれません。

ただし、投資をする資金がなければ投資をしても意味がありません。

投資をするのにお金がなければ、本業での年収をあげたり、副業を始めたり、節約をしたりして、投資のお金を捻出しないと難しいでしょう。

このように、富裕層になるには何かしらの問題点が出てくるでしょう。

しかし、富裕層になる戦略を構築できれば、20年・30年スパンで見れば長期的に見れば富裕層になるのは難しくないと考えます。

以上、日本では1億円を築けるのかという点について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

資産配分効果が投資利益の9割を決める!投資の理想的な資産配分比率とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...