海外で働くのに英語を喋らない方法を考えてみた!

英語不要の働き方?

海外で働きたいと思っても「自分は英語ができないから無理なのでないか?」と言って、諦めたことはありませんか?

実際に海外で働く為に英語があった方が有利だと思うことは否定できません。

しかしながら、海外で働く為に英語が必須条件ではないケースも多いのです。

今回は、海外で働くのに英語を喋らない方法を考えてみました。

スポンサーリンク

実力があれば英語力は関係ない

実力がある人に限られますが、英語力がなくても海外で働けることがあります。

もしあなたが英語喋れないとしてもあなたに実力があれば英語が話せる秘書がつく可能性があるからです。

例えば、外資系の社員ですごく実力のある人や、自分が社長で海外に展開する場合に、あなたの実力を評価されていれば、英語が話せる人と与することができる可能性があると言うことです。

こう言ったことを考えると、何かに秀でることが英語よりも大切なのかもしません。

また自分に実力があることによって、現地の住人とのパートナーシップを組みながら、事業を行うといったケースも考えられます。

アジア圏であれば語学力不要の求人もある

こう言った案件は、恐らく日本語対応の現地企業に関する職業なのかもしれません。いずれにせよ語学力不問の求人もあると言うことです。こういった案件は少し探すことでWEB上にごろごろ転がっています。

ただ、気をつけたいことが、こう言う案件の場合、給料が現地通貨建てなので、もしかしたら日本で働くよりも給料が下がってしまう可能性があります。

福利厚生が整備されておらず、日本の企業と扱いが異なる可能性もあります。

また、コールセンターの業務などの求人も多くあり、日本ではアルバイトレベルの職歴としかみなされないケースも否定できません。一概に海外だから働く!と思うと、大損する可能性もあるのです。

英語が話せるようになるために海外に行くという選択肢

英語が話せないから海外に行かないというのではなく、英語話せるようになるために海外と行くと考えると選択肢がグッと広がります。

  • ワーキングホリデーで現地に行き語学力を身に付けた上で転職をする
  • 英語が必要のない職業にツキながら現地で生活することで語学力を身につける
  • 英語が母国語の彼氏彼女を作り語学力を身につけるために行く(これなら日本でも出来そう)

事実、私の知り合いの中に日本に住んでいる外国人がいます。その人は海外に住みながら日本人の彼氏彼女を作り日本語を学んで今は日本で働いているのです。

また、私の知り合いの中にワーキングホリデーに行って英語を学び日本に戻って英語を使う仕事をしている人もいます。

このように英語が喋れないからといって海外で働くことを諦める必要はありません。

余談:ワーキングホリデーって英語力が伸びるのか?

ワーキングホリデーに行って英語力が伸びるのか伸びないのかというのは個人の向上心によるところが強いそうです。ただ、向上心だけ大切かと言うと、必ずしもそうではないようです。

私の知り合いで、ワーキングホリデーで英語を学んだ人に、「なぜワーキングホリデーで英語力が伸びたのか?」を聞いたところ。下記のように言っていました。

現地でお金が尽き、英語を使って働かないと死ぬ。だから語学学校だけでなく、すぐにアルバイトも始めざるをえなくなり、その結果英語力が伸びた。

このように、向上心だけでなく、生きるか死ぬかに追い詰められた時にも、能力以上のものが開花するそうです(笑)

海外で働くハードルは高くない

これまで海外で働く為の方法を考えてみて思ったことは、海外で働くハードルは昔に比べて高くないということです。昔は、スマートフォンやWi-Fi環境も発達しなかったので、語学力ができないとどこに行くこともできず、情報を集めることもできませんでした。

しかしながら現在は、少しだけ好奇心を持って調べるだけでも多くの情報を見つけることができます。

英語を喋ることが出来なくても、Google翻訳を使えば、ある程度のコミュニケーションをとることができますし、ウェブサイトを見ても、何となく意味を理解することができます。

海外で働くハードルは確実に低くなっていると言えます。

しかしながら、安易に海外で働くこと選んでしまうと、給料ががくっとさがったり、福利厚生が整備されてなかったり、海外での勤務が日本では職歴とみなされず転職活動が不利になるといったことも中にはあります。

そういったリスクを鑑みながら、働くことを一つの選択肢とすることは悪くないのかもしれません。