[休日寝過ぎて後悔中の方へ]東京の休日の過ごし方は朝活がオススメな訳

休日 朝活 東京

「休日寝すぎて寝れない…休日の過ごし方を見なしたい…」

特に東京には会社も多く残業続きの方も多いんで、休日に寝過ぎて後悔するという方が多いかも知れません

そんな方にオススメなのが「休日に朝活の予定を入れておく」こと。

朝活の予定を入れておけば、朝は嫌でも起きるので 寝すぎて後悔することもありません。

「え?朝活?ダルい…」というような声が聞こえて来そうですが、東京での朝活は参加前はダルいと思いますが、参加するとおもしろく、メリットも豊富にあります。

今回は東京の休日での朝活のメリットをご紹介致します

スポンサーリンク

休日の朝活参加は「寝すぎて後悔」を防ぐ

休日に朝活に参加出来れば、寝すぎて「一日無駄にした…」という思いを抱かなくて済みます。

私は毎週土日の朝に読書会を開催しておりますが、ここ数年で休日に寝すぎたということはほとんど記憶に無いです。休日は疲れるくらい充実しております。

「え?疲れるの?会社に響くから嫌!」という声もあると思いますが、私の経験上、寝すぎてしまって、夜眠れずに寝不足のまま出社する方が確実に会社に響きます

朝活に参加した日は朝から起きており、むしろ「早く寝たい…」と思えるのでベッドに入ったらすぐに眠れます。ぐっすり寝てから会社に行けるので、むしろ気持ちよく出社できるのです。

全国民のバーゲンセール?東京の朝活は様々な方と出会える

朝活で色々な方との交流があるものを選べば当たり前ですが色々な人と出会えます。

「人と交流するの選んでるんだから出会えるの当たり前じゃん」って思われるかもしれませんが、会える人の種類が東京はおもしろいのです。

私は朝活を主催しているので、毎週朝活に参加していますが、これまで数多くの方と出会ってきました。

私がこれまであった方々の一部

  • 様々な大学の学生
  • 各都道府県出身の方
  • 会社員・フリーランス・美容師・会計士・弁護士など色々な職業の方
  • 会社経営されている方

他にも各都道府県出身の方とも出会ってきました。ご当地ネタにも少しだけ詳しくなったりしました。

実際に、東京にどれほどの他県出身者がいるのか調べることができます。

2016年第8回人口移動調査票によると東京で生まれて東京に今も住んでいる人の割合は65.1%とあります。

およそ35%は他の県から引っ越してきた人ということです。下の図をご覧ください。

人口移動概要

また、東京は今も人口が伸び続け、2025年までは人口は伸びると言われています。

東京で朝活に参加することは、安い値段で色々な人の多種多様な価値観に触れる機会なのです。

東京には色々な朝活が休日に開催されている

東京には色々な朝活があります。

特に休日になると朝活が活発化しているなという印象があります。

一人で勉強を行うのも朝活だと言えますし、趣味の活動を朝にやることも朝活と言います。

交流があるような集まって行う朝活では、ヨガ・資格の勉強・英会話・カフェで集まって話す会など数多くの会が存在します。

東京で休日に行われている朝活は沢山ありますので、あなたにあった朝活を見つると良いですね!

個人的にオススメなのが朝活の読書会です。

私は朝活として読書会を主催していますが、読書をする習慣が身についたこと・他の参加者が持参頂ける新しい本・他の参加者の方と会話の中で知れる新しい知識や自分の知らなかった経験・多種多様な価値観に触れられたこと等、多くの刺激を得られて本当に良かったなと思ってます。

参考朝活で読書会参加前に知りたい!朝活には読書会を選ぶべき5つの理由

休日の朝活で朝から時間を有効活用できる

平日の朝から晩まで働いていると、疲れが溜まっていて休日は寝すぎてしまう方も多いと思います。

寝すぎてしまうことも体力的にキツかったり、しんどかったりした場合には良いことですが、いつも寝すぎてしまって「あぁ…折角の休日を寝すぎてしまった…」って思うのももったいないですよね?

朝に朝活の予定を入れておけば、その後の予定を入れることが出来れば朝から時間を有効活用することができます。

例えば、朝にヨガに行くという朝活を入れることが出来れば、朝にヨガに行く➔資格の勉強をする➔友達とランチ➔友達とカフェという予定を立てれれば休日の時間をかなり有効活用出来ていると思います。

朝活を入れなかった場合、自分の意志が弱いと、朝の時間を寝て過ごし、友達とランチに行くために昼前に起きるという事になりかねません。

「休日の朝から時間を有効活用したい」方は、休日に朝活の予定を入れてみると良いかも知れませんね。

休日の東京の都心は人が少なくて捗る

私の個人的な意見ですが、休日の都心は人が少ないです。

都心の方がキレイ目なカフェが多く、こもって読書・勉強・作業をすることに向いています。

逆に都心ではないカフェなどだと、休日は人が多くて大変です。

私の家の近くのカフェだと、中高生が受験勉強をしたりしているため、席がなかなか空いていなかったりします。

私の場合は、朝活で毎回都心に出てくることになり、その後キレイ目なカフェに行き集中することができるので、読書・勉強・作業がめちゃくちゃ捗ってます

休日に行われる朝活は参加者の方が参加しやすいようにと配慮して都心で開催しているケースが多いです。

休日の朝活の後で、都心のカフェで読書・勉強・作業をすると、より充実した休日になります。

休日の朝活参加で生活リズムを保てる

「休日はダラダラしていたい」「ゆっくり寝ていたい」と思い、一日中寝る日があっても良いと思いますが、毎週休日は寝て過ごすという習慣を送っていると、仕事始めの週明けにしんどい思いをしてしまいます。

休日に朝活に参加することを習慣とすることで、平日と同じような生活リズムを保つことができるようになります。

「それでも、ゆっくり寝たい」という声が聞こえてきそうですが、その場合は早めに帰宅をして、十分に寝る時間を確保すると良いと思います。

私も休日に朝活を行った日で早めに帰宅できれば、ゆっくりしながら早めに寝るようにしています。

ゆっくりと体を休めることができるので、仕事始めの週明けはいつもより早く起きれたりする場合もあり、いつもより準備に時間を使ったりできるのです。

休日に朝活を開始することにより平日の生活リズムを保つことができます。

その結果、上手く休むことが出来て、より活力のある毎日を過ごすことができるのです。

寝過ぎて悩む前に休日朝活という選択肢を!

寝過ぎて頭痛がしたり、ダラダラ過ごしてしまったと悩むよりは休日に朝活に参加することも悪くない選択肢かもしれません。

是非、興味があれば朝活に参加してみると良いかもしれません…オススメです!

私達も20代・30代を中心とした朝活読書会を開催しております。詳細は下記をご覧ください。

参考読書会for東京ミレニアルズの詳細と意外と面白い理由とは?