読書会を東京で?初心者歓迎の20・30代限定の読書会を開催中!

読書会

読書会は老若男女問わず、全世代的に流行っています。

どうして読書会は流行しているのでしょうか?

え!?東京開催の読書会は理想的な教育の場?

有名な経営コンサルタントでもある、神田昌典さんは、著書「2022~これから10年活躍できる人の条件」の中でも、このように述べています。

「読書会は、現在、私たちが仕事で直面している、スキルアップ上の課題を解決する理想的な教育になる。」

いきなり、理想的な教育の場になると言われても「え?どういうこと?」ってなりますよね…。私は読書会を主催しておりますが、読書会は社会人だったら行っておきたい本当に有意義な場なのです!

え?本当に有意義なの?って思われるかと思いますので、まずは、今まで参加された方がどうして読書会に参加したのかを見てみましょう。

東京で「あえて」読書会に参加する意味とは?

「東京には楽しいイベントが沢山あるのに、なぜ、東京で開催されている読書会に参加しないと行けないの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、確かに読書会は暗いし・オタクっぽい集まりのように思えるかも知れません。

一回も参加したことがない人からすると、そんなネガティブなイメージが多いと思います。

私は5年以上読書会を主催してますが、東京で読書会に参加する方は下記のような理由で参加されています。

  • 本を読むのが嫌いだけど、本を読む習慣を身に付けたい方
  • 手っ取り早く色々な本の要約を知りたい方
  • 会社のコミュニティだけでなく、他業種、違う世代の方と繋がりたい方
  • 上手く喋れるようになりたい方
  • 新しい知識・情報に触れたい方
  • 朝から有意義に時間を使いたい方
  • 面白い本を知りたい方
  • アウトプットすることで本の理解を深めたい方

つまり、読書会は勉強になり・朝の時間を有効活用でき・社外コミュニティも形成することが出来る

そういった、非常に前向きな意識で読書会に参加されております。

読書会for東京ミレニアルズってどんな感じ?

読書会と聞いて、どのような印象をお持ちでしょうか?

  • 「オタクの集まり」
  • 「変な人の集まり」
  • 「黙々と本を読むだけの集まり」
  • 「暗い、怪しい」

 

私も主催する前はそのように考えていました。しかしながら、参加された方で、このようなことを言っている人はいません

読書会for東京ミレニアルズに参加された方は下記のようなことを仰っております。

  • 「自分の知らない知識や情報が多かった!」
  • 「自分の知らない業界を知ることが出来た!」
  • 「自分の考えを語り合えて新鮮だった!」
  • 「意識の高い人と出会って刺激になった!
  • 「黙々と本を読むなんて、トンでもない。むしろ話しすぎて、笑い疲れた!」

 

他の読書会はわかりませんが、読書会for東京ミレニアルに参加された方は当初の印象と変わる方が圧倒的に多いのです。

 

東京は読書会団体数が多い?20代の社会人を中心に大人気?

日本経済新聞によると、若年層・社会人の間で読書会が密かに大ブーム

現在100個以上の団体があると言います。

この現象は、江戸時代末期の私塾ブームと同様だと思います。適塾、松下村塾など数え切れないほど多くの私塾がやっていたことは有名な古文や論語を勉強することです。

それは正に現代で言うところの読書会なのです。

※参考 神田昌典著書「2022 これから10年活躍出来る人の条件」

 

また、2013年時点での、日経新聞では、下記の特集も組まれておりました。

初対面の人と読んだ本の感想を語り合ったり、おすすめの本を紹介してもらったり――。カフェや図書館を舞台に、本好きが集い、交流する催しが盛んに開かれるようになった。参加者同士が本を媒介に打ち解け、友人関係に発展する場合も多い。読書がつなぐ縁を追った。

特に、東京は人口が多いので、読書会の団体数が増えてきました。それだけ人気があり、多くの方が読書会に注目しているのでしょう!

東京で開催されている読書会に参加するメリットは?

本を読むスパイダーマン

自分が初めて読書会に参加した時の実体験をお話しします。

私も読書会に参加する前は、冒頭に記載した通りに、あまり良いイメージがありませんでした。

当時の自分はあまり本を読む方ではなかったので、本を読む人=暗い人というイメージがありました。

しかし、知人が読書会を主催したということで、参加してみました。

初対面の人と会話することも不安ですし、こんな紹介で大丈夫なのかな?と不安がいっぱいだったのもありした。

ですが、はじめて参加した時は、衝撃的でした。

 

本の内容を、深くまで読み取り、様々なことを関連して説明して下さり、それらを、実生活で実行している方もいました。

また、自分がうまく紹介できなくても、適宜質問をしてくださったり、会話を広げてくださったりと、安心して参加することが出来ました。

 

それから読書会に2度、3度と参加していくと、自分も本の読み方、考え方が変わってきました。

本の紹介を通して、分かりやすく説明するコツが掴めてきました。漫然と本を読むのではなく、紹介する時のことを考えながら読むことで、4倍~5倍も内容を理解することが出来ます。

 

読書会に何度も参加していると、新たな気付きが少ないと思われる方いるかもしれません。

そして、読書会なんて1度参加すれば良いと思う方もいるかもしれません。

もしかしたら、あなたも何となくそうだと思っているかもしれません。

 

しかし、習慣は中々変えられません

読書会も主催者によっ雰囲気が「ガラ」と変わります。

何度も参加して行く中で、読書会で重要なことが分かって来ました。

 

読書会の本当のメリットは、1度だけでなく2~3度参加し習慣化されることによって、初めて生まれてきます。

そして、読書会の感動を忘れないように短期間に通う方が良いと思います。

 

そのヒントはこのHPの中でも書いてます。

また、この読書会に参加していただければ、読書会の深い魅力を皆様に解説します。そして、主催者として、雰囲気などでも伝えられればと思います。

 

東京で開催されている読書会の価値とは?

本を読むダースベイダー

それでは、実際に読書会のメリットってなんなのでしょうか?

これらは参加された方の感想から一部紹介しております。

  • 会社以外の人と出会え自分の刺激になる
  • 豊かなコミュニケーション力を身に付ける
  • 世界観が広がる
  • 人と人との協調性を身に付けることが出来る
  • 人の話を傾聴することが出来る
  • 会ったことがないような経歴・学歴の人に出会える
  • 価値観が広がる
  • 意見を作る力が伸びる

繰り返し言いますが、これは読書会の価値の一部です。本だけでは学べないことが沢山ありますよね。

 

ここまで読んでみて読書会に参加し、体験したいと思いませんか?

人は他人に会うことで自分らしさに気付くと言います。自分らしさに気付いてみませんか?

朝活・読書会に参加して、一緒に学び、悩みを共有できる仲間を見つけてみませんか?

 

あなたが、そう思って頂けたなら、とても嬉しいです。

 

東京に近いし読書会良いな…と思われたのならば

本を読む子どものスーパーマン

 

はじめて読書会・朝活に参加される方や、読書会に何度も参加された方まで、お互いに「学び学ぶ場」としてご活用下さい。

 

この読書会は20代の参加者が多数です。初めての方でも、怖がらずに萎縮せずに話すことが出来るかと思います。

 

私も、初めての方や慣れない方でも分かりやすく、楽しめるようにリードします。

 

読書会for東京ミレニアルの所要時間は、大体約1時間30分程度です。

累計参加者数が4000名以上の東京の読書会です

参加者の方からの満足度も90.23%とかなり高い読書会になっております。

 

「まずは、読書会ってなんだろうな?読書会for東京ミレニアルってなんだろうな?」

 

そう思われた方は、下記をクリックして少しだけでも見ていただきましたら幸いです。

毎週土日開催の読書会for東京ミレニアルズって?

読書会for東京ミレニアルズでは20代・30代向けのゆるい読書会を毎週土日のいずれかに定期的に開催しております。

読書会に参加されたことない人でも安心して参加出来るように工夫しております。

・6年以上の開催経験
・参加者数は延べ4000名以上
・少人数開催の読書会
・ビジネス本が中心の読書会

詳細でも書いている通り、人見知りの私が主催しておりますので、初参加の方にとって居心地のよい読書会を目指しています。

もしもよろしければ、詳細は下記の画像をクリックして下さい

読書会
スポンサーリンク
#フォローする
読書会を東京で?20代・30代限定の朝活読書会を開催中