健康維持は利益率が高すぎる?100年時代に備える健康への投資術

健康に投資する方法まとめ

2007年に日本で生まれた子供は107歳まで生きると言われています。

長寿化の背景と影響については100年時代の到来-長寿化の背景と影響とは?にて説明しております。

寿命100年時代に、ダントツで最高の投資とはなんでしょうか?

それは、健康についての投資です。

Life Shiftの本の中でも下記のように述べられております。

活力資産、肉体的・精神的健康と心理的幸福感は、重要な無形の資産だ。

今回は、活力資産のうちの一つである、体の健康が最高の投資となる3つの理由をご紹介します。

スポンサーリンク

健康維持の利益率は1000%?健康維持すべき理由

健康を損ねた結果、働ける期間が短くなると、その分だけ収入が減ってしまいます。

健康維持に毎月3万円の投資=3600万円のリターンも?

例えば、毎年36万円を健康のために投資をし、年収が360万円だとすれば、健康に投資したおかげで体が丈夫になります。

働ける期間が長くなるので、投資収益率は10倍ですので、1000%となるのです。

株や不動産を考えて、なんとか有形資産的な資産形成を考えることも良いかもしれません。

しかし、結局のところ働けなくなってしまえば、収入はもらえないですし、医療の支払いなどで支出は増えますから、一番損をすると言うことになるのです。

100年時代で増える寝たきり期間を減らせる

冒頭でも述べたように、これからは寿命が伸びます。しかしながら、寿命には2種類あります。

平均寿命=死因にかかわらず生まれてから死ぬまでの時間

健康寿命=健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間

寿命100年ライフは平均寿命のことを述べておりますので、健康寿命も一緒に伸びるとは限りません。

2013年までは、ニッセイ基礎研究所のデータによると、平均寿命と共に健康寿命も伸びているとされていますが、その差はずっと変わっていないとされています。

これからも健康寿命が伸びるかは明らかではないですが、仮に寿命が100年になっても健康寿命も同様に伸びていかなければ、寝たきりの期間が増えるだけでしょう。

寝たきりになっても、当然食事を取らなければいけなかったりしますので、生活費はかかります。ある意味、長寿化がリスクになるのです。

健康維持で家族は幸福になる?

先述した通り、平均寿命が伸びても健康寿命が伸びずに、お金もなく老人ホームなどのサービスも利用できないとなると、残される家族に負担がかかります。

27歳孫が独居祖父を介護。したり、孫が2世代の老を世話する「老老孫介護」等の話題は探せばいくらでも出てきます。

自分が寝たきりになることで、息子、孫に影響を与えてしまうことも考えると、健康への投資は重要なのです。

健康維持は最高の投資

健康への投資をすることにより、長期間働けるようになり、寝たきりである支出も下げることが出来、寝たきりになった時の家族への影響も緩和することができます。

長寿化時代に必要とされるのは、個人が自立して生きていくことだと思います。

人は何も意識しないと他の人に迷惑をかけて生きていく生き物です。個人がある程度自立していないと、長生きした人々がどんどん人に依存した生活になってしまいます。

それは長生きする本人にとってもアンハッピーですし、依存される相手にとってもアンハッピーになるでしょう。

だからこそ、長寿になる時代では健康的に長生きすることが必要になるのです。

「健康維持」に必要な健康への投資とは?

誰もが当たり前に長生きできるわけではないということを知る

長寿化と言われておりますが、誰でも長生きできるということではないです。

これは、Lifeshiftの本の中でもこのように紹介されておりました。

長寿化時代といっても、誰もが当たり前に長生きできるわけではない。

寿命を延ばす要因としては、栄養状況の改善、医療テクノロジーの進歩、医療にお金を回すための経済力の向上なども挙げられるが、健康に関する知識の普及とライフスタイルの改善が果たす役割も大きい。

今の世の中は、当たり前のように飽食の時代になり、当たり前のように栄養状況は改善しているため、ある程度長生きはできるでしょう。

しかしながら、それだけでは寿命が伸びるだけで、健康的で過ごすことはできないのかもしれません。

長寿化の時代になれば、健康的に生きなければ多くのリスクを被ります

健康に関する知識を学ぶ「時間を投資する」

まずは、健康に投資する前に、健康に関する知識を学ぶことです。何故なら、健康に関する知識がなければ、間違った情報を鵜呑みにし、無駄な時間を過ごしてしまう可能性があるからです。

人は、投資話であれば「騙されてないかな」と確認してから行うのにも関わらず、健康の話になると、「良さそうだから取り入れてみよう」と基準も曖昧に選択してしまいます。

そして、ネット社会において世の中の情報は多種多様なものがあり、良い情報も悪い情報も一緒に存在しております。

そういった、聞こえの良い情報だけに踊らされるのではなく、本当に良い情報と出会うにはある程度の自分の知識が必要になるでしょう。

生活習慣を見直しヘルシーなライフスタイル「食材に投資する」

健康の知識を学ぶだけでは、健康にはなりません。

知識を学び、実践し、それを生活習慣に落とし込むことによって、健康的な生活のベースを作ることができます。

ライフシフトの中にも下記のように記載がありました。

模範的とされるヘルシーなライフスタイルを実践することは、長寿化の恩恵最大限するための礎石だ。

また、行動と習慣は健康的な脳を維持することにも役に立つのだそうです

幸福な人生に関しておそらく最も重要な科学的発見は、明晰で健康な脳を保つ必要があるという点だろう。ここでも、各自の行動と習慣が大きな意味をもつ。さまざまな研究によると、加齢により脳の機能が低下するペースは、約3分のIが遺伝的要因で決まるが、残りは生活習慣で決まる。

ストレスのないコミュニティとの関わり方を確立する「人間関係に投資する」

現代社会では、常にストレスに晒され続けます。その結果、体だけでなく、心にも影響を及ぼします。

具体的には、日々の行動、コミュニティとの関わり方、人間関係の強さ、肉体的健康、食事などが関係してくる

こういったストレスとどのように関わるかということは特に重要です。

現代社会のストレスの原因は何かといえば、SNSやインターネットなどで、常に何かしらのコミュニティとの関わりがあることから発生していることもあります。

ここでは、仕事場、家庭、友人関係についてストレスを感じないようにする方法をご紹介します。

仕事場でストレスを感じないようにする

仕事場でストレスを感じないようにするには、仕事において結果を出すことが大切です。

また、嫌な上司や嫌な部下との関係があるのであれば、淡々と仕事に打ち込み、私的な付き合いを避けた方が良いでしょう。

相手から陰口を言われようが、何をされようが関係がありません。それは相手が考える心の領域であって、こちらの領域ではありませんから。

ただし、陰口も極力叩かれないようにした方が、会社組織においては無難です。その為には、愛想をよく振舞うことが良いでしょう

家庭を円満にする

Lifeshiftの中にも家庭の円満については記載があります。

職場と家庭を完全に切り離すことはできない、ということだ。ほとんどの人は、両者の間で「感情の伝播」を経験していた。それがストレスの度合いと活力のレベルに好影響を及ぼす場合もあれば、悪影響を及ぼす場合もある

仕事についてどのような選択と決断をし、家庭内の役割をパートナーとどのように分担し、自分の時間をどのように配分するかにかかっている。

家庭を円満にするには、仕事だけでなくパートナーや家族との時間を長く持つこと、コミュニケーションをとることなど、工夫すべき部分は多くあります。

ここでは、説明しきれないので、いつか他の場所で説明できれば良いなと考えています。

親しい友人との繋がりを保つ

Lifeshiftの中では、下記のように記載がありました。

精神の健康と幸福感を維持し、活力資産の形成に役立つのは、前向きな親しい友人たちのネットワークだ

親しい友人との繋がりを保つことも、一概に簡単とは言えません。何故なら、友達同士の付き合いというのは、投資と同じく継続させようと思わなければ切れてしまうからです。

年に一回でもいいから、みんなで集まる機会を設けるなどすると、大変良いと思います。

健康維持はすぐに取り組もう「だれでも実践可能です」

普段であれば、健康に気を使うとか、健康を維持するという、文章になると思いますが、健康に「投資」するという言葉を使うというのは、今までの健康に関する考え方とは異なってきます。

投資というのは、利益を得る為に行うもの。その為には、たくさん分析をして、長期的な展望と短期売買を行いながら戦略を持って行うものです。

健康にもその位の気持ちを持って取り組んだ方が良いということを、Lifeshiftは示しているのかもしれません。