読書しても理解できない!本の内容の理解度を向上させる5つのコツ?

一日にどれくらい本を読みますか? 読書

あなたは、月にどのくらいの本を読むのが理想ですか?

gooニュースによると、大体5冊以上と答えた人が51.4%と多数派でした。

読書をしても内容がなかなか入ってこない!って思ったり、以前読んだ本を読み返すと「あれ?こんなこと書いてあったっけ?」って思うことありませんか?

読書は、その背景やタイミングによって理解できる内容が左右されます。私も読んでいるタイミングによって、本の内容の入ってくるものが違うと実感しましたし、中学時代に読んだ本を、社会人になって読んだだけでも印象が違うという体験もしました。

今回は本の内容を理解する為に私がやっている5つのコツを合わせて紹介したいと思います。

本を読む目的を明確にする

その本を読む目的は何ですか?具体的なアクションプランから逆算しての読書ですか?

目的が明確であればあるほど、読書の理解が早くなります。

読む本を選ぶことそれが重要です。ただ周りが「お勧め!」というだけで選ぶのだけでなく・・・

  • 「将来投資をしたいからこの本」
  • 「ダイエットをしたいからこの本」
  • 「営業成績を上げたいからこの本」

と言うように、 「○○をしたいからこの本」という選び方で本を選択すると良いと思います。

生産性という本や自分の時間を取り戻そうという本の中にも記載がありましたが、インプットをする前にアウトプットをした方が理解力が高まります。

つまり、本を読む前に何の為に本を読むのかを決めた方が理解力が上がるのです。

優しい内容から学ぶと理解力が上がる

優しい内容よりも難しい内容の方が一気に学べることが多いはずだと思っている人は、大変もったいないです。何故なら、難しい内容を理解することは時間がかかってしまうので、はっきり言って時間の無駄だからです。

何故、難しい本の理解に時間がかかるかというと、自分の中に概念がないからです。概念がないということはイメージが出来ず、理解ができないのです。

勉強したことが無い分野であれば、最初は優しい本から学んだ方が良いでしょう。特にマンガでわかるシリーズや図解シリーズなんかはイメージがそのまま書いてあるので、イメージがしやすく、非常にわかりやすいと思います。

難し過ぎたり、その本の状況が自分と合っていなければ、本を読むことが苦痛に感じ、読み進めることが出来なくなります。私も、難しい本を選び過ぎて、何度となく挫折を味いました…。

無理をせず、自分の状況に合った本を選ぶことをお勧めします。

自分の経験と本の内容を結びつける

本を読んでいて、「あ!この登場人物、この人に似てる」って思ったことありませんか?

自分が今まで会った人をイメージしながら本を読むことで、本の文面だけでなく、行間に書いてある情景やその時のニュアンスをイメージすることも出来ます。

個人的に思うことは、本を読むときには経験が多ければ多いほどその本に書いてある内容を実際に起きた出来事などに紐付けすることができるので、読書に対する理解力を深めることが出来ます

知識を身につければ読むスピードも早くなる

知識って言われても、なんで必要なんだよ!って思いますよね。

本を読んでいて「あれ?こういうの見たことある。」っていう経験ありませんか?

読書をする醍醐味は知識が繋がる瞬間です。

  • 「あ、この本でも同じこと書いてあるから、正しいのかな・・・」
  • 「前の本と違うけど、どういう観点から書いてあるんだろう・・・」
  • 「この本でこう書いてあるってことは、前の本と繋がるな・・・」

など、知識を繋げることによって、その本からの発見が多くなります。

本を読む環境を集中できるところにする

本を読んでいる環境によっても理解度に差が出ます。

その理由は読書に対する集中力です。

例えば、

静かな場所での読書の方が、文面を深くまで捉えながら読むことが出来ます。

付箋やマーカーで線を引ける方が、本を読み返す際に、重要なポイントだけを拾い読みすることが出来ますよね?

環境に配慮することも必要なことだと思います。

最後に・・・効率的に本を読むなら。(私のケース)

私の読み方は多読+拾い読みです。

  • 多読をすることにより、知識を積み上げることが出来ます。
  • 拾い読みをすることにより、飽きずに本を読むことが出来ます。

もちろん精読もしますが、精読をするのは、拾い読みをして興味を持った部分を徹底的に理解するまで読み上げます。

その際にも

  • 「この本はこういう観点から書いてあるから、こうだ」
  • 「この本のアイデアとあの本のアイデアを組み合わせるとこうなる」

そうすることで、自分の考え方を整理することが出来、大変有意義に本を読むことが出来ると思います。

また、本を読む動機付けとして、読書会への参加も良いと思います

本の紹介を受けることが出来るので、良い本にめぐり合う可能性が大いに高まります。

是非皆さんも試して頂ければと思います!

参考;http://news.goo.ne.jp/article/internetcom/business/internetcom-20110926003.html

20代・30代中心の読書会って?

読書会forミレニアルでは20代・30代が中心となる読書会を開催しております!

・参加者数は4000名を突破
・5年以上の継続開催・老舗の読書会
・ビジネス本が中心の読書会

初めての読書会には最適の読書会となります。まずは下記の詳細だけでもご覧ください。

読書
スポンサーリンク
東京の勉強会をフォローする
読書会for東京ミレニアル – 東京近辺の20代向けの読書会

コメント