スタディサプリでリスニングは伸びる!時間がない人に推奨!移動時間を超活用するスタサプの使い方

スタディサプリでリスニングは伸びる!時間がない人に推奨!移動時間を超活用するスタサプの使い方

「ビジネス英語のリスニングを集中して鍛えたい」

「TOEICのリスニングパートの対策をしたい」

TOEICはビジネス系の英語を学ぶ上では初めの一歩としては最良です。

TOEICで点数を取れれば、ビジネス英語ができると見なされますし、転職の際有利にもなります。

会話ができるかと言われれば、高い点数をとっても難しいと言われますが、日本にいるビジネスマンにとってTOEICの点数を上げておくのは非常にコスパの高い資格の一つでしょう。

しかし、日本人はリスニングが大の苦手です。日本語は英語に比べて音の種類が少ないため、同じような発音ができないために、英語を聞き取ることも難しいのです。

リスニングが苦手な日本人でも点数をあげるには、TOEICの英語をひたすら聴き続けてシャドーイングすることでしょう。

私も英語のリスニングが苦手だが、まとまった時間が取れないと悩んでいました。そんな中で、スタディサプリを使用して移動時間でも効率的にリスニングを鍛える方法を編み出しました。

今回は、私が実践している、移動時間を有効活用するスタディサプリでリスニングを鍛える方法を解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • スタディサプリでリスニングが伸ばせることが学べる
  • スタディサプリでリスニングを伸ばす流れが学べる
  • スタディサプリでリスニングを伸ばすための移動時間で活用方法が学べる
スポンサーリンク

結論:スタディサプリでリスニングは鍛えられる!

経験的な話で恐縮ですが、スタディサプリでリスニングは十分に鍛えられると思います。

なぜなら、スタディサプリをうまく使えば、日本人がリスニングが苦手な原因と対策ができるからです。

日本人がリスニングが苦手な原因は日本語にあり?

そもそも日本人がリスニングが苦手な原因とは、どのようなものでしょうか?

  • 英語を聞く時間が圧倒的に足りない
  • 英語で話される音が日本語よりも多く、脳の中で雑音として扱ってしまう
  • 日本語に訳しながら聞いているため、時間が足りない

といったことでしょう。

日本語で覚える癖が付いている日本人は、言語であるにも関わらず、音と内容を一致させずに覚えてしまっています。その結果、リスニングが苦手になってしまうのです。

リスニングが苦手な原因でわかるリスニングを伸ばす最大のコツとは?

そのため、リスニングを伸ばす最大のコツとは

  • 内容を理解した英文を聞くこと
  • 聞こえてきた音を聞こえた通りに発音すること

ということになります。

日本語を学んできた過程でもわかると思います。

私たちは、なんかカッコ良い言葉が出てくると、それをたくさん使うことによって、音と内容をリンクづけて覚えてきました。

  • 漫画のキャラが話した言葉
  • 話題になった言葉
  • 学校で流行った言葉

これらの言葉を、たくさん発音することによって、言語を習得していったのです。

母国語の場合は、あらかじめ音をたくさん聞いているため、意識しなくても

内容理解と聞こえてきた音を聞こえた通りに発音するのに、効率的な方法は、ディクテーションとシャドーイングです。

自分自身、ほぼ毎日30分から40分程度のシャドーイングを行なっていますが、TOEICで出題される問題の正答率は上がってきています。

スタディサプリでリスニングが上達する流れとは?

本来的には言語は子供の頃から耳が作られなければいけません。

しかし、大人になってからリスニングを鍛えようと思った際には、言語に対応する耳を作る必要があります。

スタディサプリを使って英語耳を無理やり作る流れは下記になります。

「内容理解」集中してディクテーションを行う

リスニングは適当に聞き流しても伸びるものではなく、それなりに真剣に聞かないと効果は薄いです。

私の経験でいうと、洋楽が好きで結構聞いていましたが、雰囲気だけを追って聞き流していた時は全く英語力を伸ばすことができませんでした。

リスニングの効果を実感し始めたのは、内容を理解した英文を聴きまくってからでした。

内容を理解した英文を聴きまくるには、まず英文を理解する必要があります。そこで、オススメなのがディクテーションです。

ディクテーションの場合は、一言一句逃さずに聞くような意識するようになるため、単語と文中での発音がリンクするようになります。

スタディサプリにはリスニング問題には復讐としてディクテーションをするセッションがあるので、必ずディクテーションすることになります。

その結果、スタディサプリでTOEIC対策を行えば意識せずにリスニングを伸ばすことができるのです。

ディクテーションについては下記の記事でも紹介しています。

TOEICのリスニング対策はディクテーションが重要?効果とやり方を徹底解説!
TOEICのリスニングはテクニックでは無理…。リスニング力が必須です。リスニング力の底上げにはディクテーションがオススメ!私が実感したディクテーションの効果とめんどくさいディクテーションを簡単にやる方法を解説。

「同じ音を発音する」シャドーイングを何度も繰り返す

ディクテーションで、単語と文中の発音がリンクできたとしても、それだけではリスニングには不十分です。

リスニングで完璧に聞き取るにはシャドーイングを反復して行い、同じように発音できるようになることが必要です。

聞こえた音と同じように発音ができるようにならなければ、リスニングが聞き取れるようになりません。

スタディサプリにはシャドーイングという機能があり、一文ずつ音声を再生することができます。

シャドーイングのコツは全く同じ発音ができるようになるまで、発声し続けることです。

私もシャドーイングだけで40秒くらいの英文を40分位かけてやっています。文を見なくてもシャドーイングできるように、何回も繰り返しています。

【英語シャドーイングのやり方】絶対に外せない2つの基本!メリット10倍にするおすすめのやり方とは?
シャドーイングの効果はバカにできません。英語が聞き取れない人は圧倒的に聞く量が不足しているのでシャドーイングをやるべきです。私が効果を実感したシャドーイングのおすすめのやり方を解説しました。

スタディサプリでリスニングを学ぶ効率的な活用法は?

英語のリスニングをマスターするには1000時間必要とも言われています。

四六時中英語に囲まれている場合は、1000時間英語を聴き続けるなんて余裕だと思いますが、日本に住んでいる場合は、英語に囲まれて生きることは不可能なので、極力英語に触れる時間を増やしたいですよね。

社会人だと、会社に行っていて時間がなかなか取れなかったらしますよね。

特に私の場合は、副業をやっており、ほとんど英語に使える時間がない状態です。

そんな私でも工スタディサプリを使って工夫することで、移動時間を使ってリスニングを鍛える方法を編み出しました。

ここでは、スタディサプリでリスニングを効率的に伸ばすために私が行なっている方法を解説します。

電車に乗っている時は問題演習とディクテーション

電車に乗っている時は、自分が歩き回ることがないので集中してディクテーションに取り組めます。

移動中にシャドーイングを行う場合、電車での移動中はシャドーイングを行うためのストックを作る良いタイミングです。

電車での移動中にストックを作っておかなければ、シャドーイングをする題材がなくなり、移動時間を無駄にしてしまいます。

時間を有効活用するためにも電車移動中のディクテーションは超重要なのです。

ディクテーションをする場合、普通は分厚い本を用意してディクテーションする必要があります。しかし、スタディサプリの場合はスマホだけで完結できるため、荷物にもならずにサクッとディクテーションができるのでオススメです。

歩いている時はテキスト見ずにシャドーイング

都心の場合は徒歩と電車で移動することが基本になるため、徒歩の時間を有効活用することが英語リスニングを鍛える上での鍵になります。

毎日20分以上歩いている場合には、1ヶ月で600分にもなり、10時間分になります。

1年間では120時間であり、10年も続ければ、1200時間にもなります。これだけで英語のリスニングをマスターすることが可能なのです。

徒歩の時間を有効活用するために行えることは、歩きながら声を出さない口パクシャドーイングでしょう。

シャドーイングは声を出した方が効果が高いかもしれませんが、個人的な感覚として声を出さずにシャドーイングをしても、効果は十分にありました。

ただ、歩きながらシャドーイングをする場合は、歩きスマホに注意が必要です。周りの方に迷惑をかけないようにしましょう。

スタディサプリで最初にディクテーションを行なっている場合は、頭の中に英文が入っている状態であり、信号待ちをしている時に少し見るだけでも特に不便はないです。

徒歩しながらシャドーイングをするだけで、日々の通勤時間を有効活用できます。座学の時間がなかなか取れない社会人には、毎日の移動時間を有効活用する歩きながら口パクシャドーイングがおススメです。

車を運転するなど手が使えない時は、テキスト見ずに本文確認でシャドーイング

スタディサプリのリスニングの中には、本文確認というセクションがあります。

音声とともに本文の内容を確認することができるのですが、自動繰り返し機能を使うことで、リスニングを最初から繰り返すことが可能です。

本文確認+繰り返し再生機能を使えば、連続でシャドーイングすることも可能です。

ただし、バックグラウンド再生には対応していないため、本文のページを開きっぱなしにする必要があります。たまにポケットの中で何かに当たると連続再生が途切れることがあります。

それを解決するためには、本文タブではなく、単語などが書いてある解説タブに切り替えておきましょう。

解説タブであれば、どこを触っても文章が途切れることがないので、スムーズにシャドーイングできます。

スタディサプリでリスニングを鍛えよう

スタディサプリでリスニングを鍛える方法をまとめると

  • 集中してディクテーションを行い内容を理解する
  • 同じ発音ができるまで反復してシャドーイングする
  • 電車で移動中はディクテーションを行う
  • 徒歩で移動中は歩きながら口パクシャドーイングをする
  • 手が使えない時は本文確認を使った繰り返し再生を行う

リスニングを鍛えるには、徹底した反復練習が必要であり、もはやスポーツと同じといっても過言ではありません。

スタディサプリを使ってリスニングを鍛えましょう。

スタディサプリTOEIC対策を確認

以上、スタディサプリでリスニングは伸びる!時間がない人に推奨!移動時間を超活用するスタサプの使い方を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「TOEICの点数を上げたい…」

TOEICの点数を上げる初心者向けの知っておきたい勉強のヒント講座を更新中!

年収を上げる最も簡単な方法は転職。TOEICの点数が上げれば、転職できる職種も広がり、転職に有利!

 第0回英語勉強講座ガイダンス:英語は最強にコスパの良い勉強?

結論:英語を勉強すれば年収は上がる【世界130万人88カ国の調査報告】
「英語を勉強する意味なんてあるのかな?」 「英語を勉強するメリットって何かな?」 実際に、英語を勉強したとこ...

第1回英語勉強講座

【英語は単語から】受験やTOEIC対策に超効率的な英単語勉強法?
英語は単語から勉強すれば楽しくなる?英単語は接点回数がすべてであり、文章・音声・語源で覚えれば記憶に定着しやすい?時間がない人にオススメな超効率的な英語勉強法を解説します。

第2回英語勉強講座

【リスニングが上達しない】苦手なリスニングを克服する英語の聞き方とは?
リスニングが苦手な人は英語を聞き取れないでしょう。しかし、英語が苦手でも効率的に勉強すればリスニングを苦手を克服し、上達させることができます。リスニングには単語と文法も大切です。何よりも発音できるようになればより効率的にリスニングできます。

第3回英語勉強講座

【TOEIC文法の勉強法】英文法の点数が取れない方におすすめの文法対策
英文法は量でなく理解が大切。実はTOEIC対策や受験対策には文法ができること、リスニングやリーディングの点数をアップすることができます。会話には英文法が不要な理由も解説。英文法の効率的な勉強法とは?

第4回英語勉強講座

【英語リーディング苦手な人向け】TOEIC対策にも効果的なオススメの勉強法?
英語のリーディングが苦手な人でも克服する方法は?TOEIC対策にも効果的で無駄なく効果を上げる英語リーディングのオススメ勉強法を解説しました。

おすすめの教材

【スタディサプリのTOEIC対策料金】1日82円で最強のTOEIC対策
スタディサプリのTOEIC対策の料金についてまとめました。1日82円で講義動画・テキストもあり、完璧にTOEIC対策ができるスタディサプリ。それだけでなく、複数月パック購入者には神返金制度もある。スタディサプリTOEIC対策の料金は?