仕事がおもしろくない人は「チャレンジ」してないから?何かに挑戦しろ

「仕事がおもしろくないな…」

「おもしろい仕事ないかな」

大体の仕事がおもしろくない原因は沢山あると思います。パワハラだとか、上司とソリが合わないとか、サビ残が酷すぎるとか、色々な理由があるでしょう。

ある調査によると、アメリカの成人の30%から90%が日常生活のある時点で退屈を経験しています。若者の91%から98%も退屈していると言います。

日常生活のある時点と言うことですから、ある程度は仕事においても言えるでしょう。

パワハラもない、サビ残もない、上司は優しいという職場にいる場合でも仕事が面白くないと感じることがあるでしょう。

それは、自分で仕事をチャレンジしてないのが問題です。

今回は、仕事が面白くないと感じている理由は「チャレンジ」をしていないからということについて解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 仕事をチャレンジするとおもしろくなる理由が学べる
  • 仕事でチャレンジする際にバカを見ない注意点が学べる
  • 仕事が嫌いすぎる人ができるチャレンジについても学べる
スポンサーリンク

仕事がおもしろくないのはチャレンジしてないから

個人で仕事をしてから、再びサラリーマンとのダブルワークに戻った私ですが、個人で仕事をしていた経験があるからこそ、サラリーマンの仕事もそれなりに楽しく出来ています。

経験的に説明できるのは、仕事がおもしろくないのは、他人のせいでもなく、あなたがチャレンジしてないことが原因です。

自分の頭で考えずに、言われた仕事だけを、言われた通りにこなしていませんか?

チャレンジしない仕事は言いなりの仕事

もしも、あなたがなんらかの仕事でチャレンジしていない場合、あなたは誰かの言いなりで仕事をしている可能性が高いです。

誰かの言いなりで行う仕事は確かに楽ですが、楽なだけであって、かなりの確率で仕事がつまらなくなります。

私自身、個人事業で働いていた時は、チャレンジしないと死ぬため、新しい施策をどんどん導入していきました。

時には「これ必要なのかな?」と思うような動画をFinal Cut Proで編集したり、メルマガでのマーケティングなどを導入したりと、思いつくことをとにかく実践したのです。

自分で決められなければモチベーションが湧かない

ダニエルピンクが書いた、「モチベーション3.0」という本に、モチベーションの移り変わりについて説明がありました。

昔は、生存本能やアメと鞭などによってモチベーションを維持していました。

しかし、アイデアや創造性が求められる現代の時代では、昔のモチベーションの湧き方では機能しません。

現代で求められるモチベーションには下記の3つの要素が必要だといいます。

  • 自律性(Autonomy):自分で選択すること
  • 熟達(Mastery):自分が熟練したいことを極められること
  • 目的(Purpose):自分の人生の目的に合致していること

仕事においてチャレンジするというのは、上記の全てを満たす行為でしょう。何をチャレンジするかを自分で選択し、その際に人生の目的に合致するものを継続すればよいのです。

つまり、チャレンジすれば、仕事が面白くなる可能性が高いでしょう。

20代・30代におすすめ!読むべき本まとめ【読書しないと損な本】
20代・30代におすすめ読むべき本まとめ。3000冊以上の本を見聞きし、実際に読んでおすすめな本を20冊以内に厳選してまとめました。読むべき本に迷っている方、このおすすめ本を見ないと時間を損する可能性が高いですよ?

本当はサラリーマンこそチャレンジできるはず…

ちなみに、個人的にはサラリーマンこそチャレンジしやすい環境にいるのに気づいていない人が結構多いです。

挑戦しないなんてモッタイナイなぁ…と残念に思いながら見ています。だって、サラリーマンって失敗しても死なないですからね。

サラリーマンはチャレンジしても収入が途絶えない

個人で仕事をしている場合、チャレンジしないと収入が稼げないので、死にます。

また、ある程度稼げるようになると、今度はチャレンジした結果マイナスになることがあり、死にます。

そのため、個人事業主である程度稼げるようになると守りに入ってしまうケースが多いです。

ただ、マイナスになれば取り返せば良く、チャレンジしないことが逆に衰退するケースが多いのが実情です。

つまり、個人で仕事をしている場合はチャレンジするべきでしょう。

ただ、サラリーマンの方がチャレンジがしやすいのも事実です。

なぜなら、サラリーマンはチャレンジして失敗しても収入が途絶えないからです。

人事的に評価がマイナスになってしまったら、別の会社に転職すれば良いだけです。

あなたがチャレンジしたこと、行った成果はなくなりませんので、チャンレンジしていればそれだけ転職に有利に働くでしょう。

チャレンジしても収入が途絶えないサラリーマンは、楽しく仕事をしたい場合は、チャレンジすればよいのです。

ただチャレンジしたら細かい失敗を指摘する人が出てくる

サラリーマンにとって、もっとも嫌な部分は失敗をすると指摘する人が出てくることでしょう。

特に、組織的な行動が求められるサラリーマンにとって、少し失敗するだけでミスを指摘され、チャレンジしている人のやる気を削ぐ人は意外に多いです。

自分のことを棚に上げて、相手に対して文句ばかり言う、サイコパス的な人もかなりの割合でいます。

ちなみに、人のミスを指摘する、やる気を削ぐタイプの人はあくまで外野の人間です。

文句を言われると嫌な気分になりますが、あなたの人生において、なんら影響を及ぼさないので、無視してOKです。

むしろ、外野が野次を飛ばすことで、「自分はこうはなりたくないなぁ」と考えることができれば、それが、モチベーションとなり頑張れます。不満はモチベーションにして行動しましょう。

搾取されないサラリーマンになる秘策を大公開!会社の搾取を防ぎ年収も上げよう【知らないと損】
サラリーマンは会社に搾取されていると言われます。しかし搾取されないサラリーマンもいます。平均年収以上を取り、定時退社で、社内評価も高く、転職も可能。今回は搾取されないサラリーマンになる秘策とは?

チャレンジしても収入が変わらないのに忙しくなるからチャレンジしない

あと、サラリーマンでチャレンジしないケースというのは、チャレンジしなくても生きられるからでしょう。

よくあるのが、無駄にチャレンジした結果、仕事がおもしろくなったけど、収入が変わらずに仕事が忙しくなるというケースです。

チャレンジしない方が楽に生きれたのに…って考えると、チャレンジするだけ無駄になります。

仕事をおもしろくして且つ、無駄な業務が増えないチャレンジの方法もあります。

周りを巻き込むことなく、個人でチャレンジできることをチャレンジするのがオススメです。

例えば、下記のこともやってみると良いでしょう。

  • 仕事のやり方をバレない範囲で変えて無駄を省く
  • マクロやプログラミングを組んで自分の仕事を省く
  • 仕事中に仕事に関係のある分野を勉強して将来的な業務を省く

ただ、ぼーっと仕事するよりも「どうすれば無駄を省けるか」にチャレンジすれば、仕事も楽しくなり、自分の業務の無駄も減ります。

小さいチャレンジなんていくらでも探せばできますからね。

チャレンジしない仕事は死んでいるのと一緒

もっと強めの言葉を言ってしまえば、お金をもらうだけに仕事をしているなら良いですが、人生の大半を占める仕事において、チャレンジしていない時間は死んでいるのと同じです。

チャレンジしなければ、積極的にスキルを伸ばすことができませんし、自分の頭で考える力も退化してしまうからです。

チャレンジしない人は言いなりになっている

チャレンジしない人というのは、他人に言われるがままに行動している人でしょう。

他人に言われるがままに行動するのは楽です。

しかし、ある時にふと会社に不満を持って、「脱サラしたい」「転職したい」と思った時に楽に生きてきた分のしっぺ返しを受けてしまうのです。

他人に言われるがままに行動している人は、自分の頭で思考する力や、自己肯定感もないでしょう。

「結局私は何をやってもできない」という思考回路に陥ります。

そして、チャレンジをしてきた実績がないから、転職時や脱サラした時に語れるものがありません。個人ブランディングの時代において、何も語れないというのは、自分を売れないことと等しいのです。

つまり、チャレンジせずに自分で考える力を退化させた人間は、自分の力で進路を変える力がないため、後で手痛いしっぺ返しを食らう可能性が高いのです。

仕事でチャレンジできないならプライベートでチャレンジしよう

それでも、今の仕事が嫌いすぎて絶望的な人もいるでしょう。その場合は、仕事でチャレンジするのを辞めて、仕事が終わったあとの時間で、今の会社を脱出するために様々なチャレンジをしましょう。

  • 転職活動にチャレンジする
  • 趣味の世界で有名になるようにチャレンジする
  • 副業をして他の収入源を持つことにチャレンジする

できることは沢山あります。もちろん、サラリーマン+なにかにチャレンジとなると、時間が足らなくなるでしょう。そのため、時間の使い方を学ぶ必要性がでてきます。

そこで学んだ時間の使い方は非常に有意義なスキルとして一生涯使用することができるでしょう。私も、サラリーマン+副業をして、毎日業後23時くらいまで動き回っていた時のスキルや経験が今も生きています。

【時間管理マトリクス】年収を上げたい20代が知るべき時間のこと
時間管理マトリクスを学ぶことで、行動によって、重要度と緊急度が違うことがわかります。投資となる行動や断るべき行動、率先して予定を入れるべき行動など、行動によって重要度と緊急度が違いを判断する時間管理マトリクスをまとめました。

仕事が面白くないなら何かに「チャレンジ」しよう

新しいことにチャレンジすれば仕事が面白くなります。

おすすめなチャレンジの仕方は下記のとおりです。

  • 自分の業務の無駄が省けるチャレンジをする
  • 将来的な無駄が省けるチャレンジをする
  • 仕事が嫌いならプライベートでチャレンジする

以上、仕事がおもしろくない人は「チャレンジ」してないからですを解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>【取り残されるかもよ?】

働き方が変化している時代に変化を受け入れなければ気づいたら周りから取り残されているかもしれません…。

じつは、会社で隣の人も水面下では、なにかしら働き方を変えようと動いているのかも…。

働き方が変化していることを解説した記事を下記にまとめました!経済の流れを知りたい方はオススメです!

働き方を変えるべき理由と今できる対策まとめ【働き方改革】
「働き方改革が始まるなぁ…」 「これから働き方を変えないとなぁ…」 働き方を変化させようと思っても、どの様に...

 

コメント