【外国人派遣労働者も原因?】非正規雇用の増加理由と影響を解説してみた

「正社員になれない…」

「非正規雇用が増えている…」

正社員が増えないで非正規雇用が増えています。

「非正規雇用が増えているからなにか問題でも?」と思われるかもしれませんが、非正規雇用が増える影響は非正規今日のだけではなく、正社員の方にも影響があります。

今回は、非正規雇用が増えていく理由と、非正規雇用が増えていくと起こりうる影響についてご紹介します。

スポンサーリンク

非正規雇用とは?

非正規雇用の増加理由1

非正規雇用とはなにか?

非正規雇用とは、契約社員や派遣社員やアルバイトの形で雇用されることです。

非正規雇用は、現在の雇用主の問題点をカバーした存在であり、今後増えることが予想されます。

まず、非正規雇用には雇用主が負担すべき保険料がありません。

また、雇用期間が決まってる退職を命じることができるため、流動性が保てます。

また、非正規雇用者には給与のベースアップもないため、給料をあげなくて良いのです。

契約社員の賃金と保険について正社員と比べてみた

正社員非正規雇用
賃金年功序列で上がる年功序列で上がらない
保険等企業が負担する企業が負担しなくても良い条件がある
中途解雇原則不可有期契約により可能

非正規雇用は企業に求められている

現在はパートやバイトの時給が過去最高を記録しています。

そして、契約社員の時給も上がっています。

つまり、非正規雇用の平均賃金は上がっているのです。

ただ、正社員の平均賃金も上がっているのに、全世代的な賃金で見ると下がっていることがわかります。

これは、低すぎた非正規雇用の給与は上がっているのもありますが、正社員の人数が減少したことが大きいです。

では、減少した正社員の人々はどうなったのでしょうか?その人達が非正規雇用で雇われているのです。

非正規雇用の需要が伸びる一方で正社員の需要は落ちる

非正規雇用の需要が伸びる一方で、正社員の需要は年々落ちていると言われています。ある記事にはこのように書かれていました。

非正社員は、1994年には981.4万人であったが2003年には1636.8万人と着実に増加しており、比率でいっても 22.8%から 34.6%に増大している。そして、労働力調査によれば男女ともにすべての年齢階級において 1995 年以降に非正規雇用者の割合が高まっている。
引用:非正規労働者の増加に伴う課題と政策

非正規雇用が増加の理由は?

人口の減少は非正規雇用を増加させる

非正規雇用が企業に求められ、正社員の需要が落ち込んでいるのはわかりました。

それでは、今後正社員の需要はのびていくのでしょうか?

日本の人口が減少していくので、国の内需も落ち込んでくることが予想されます。内需が減るということは、国内の需要が減るということです。

メーカーが財・サービスを産出しても買う人がいなくなります。売り上げが上がらないのです。

日本の人口

人口が減少していくと売上は上がりません。売上が上がらないならば、コストを削減しなければいけません。
人件費は最もコストが高いと言われています。

しかし、正社員だと終身雇用という無期雇用が前提となります。正社員を雇ってしまうと不景気の際に解雇したくてもできません。

人口の減少や少子高齢化について詳しくは「【少子高齢化で人生詰んでます】長寿化少子化の10の影響まとめ」で解説しています。興味がある方はどうぞ。

【少子高齢化で人生詰んでます】長寿化少子化の10の影響まとめ
少子高齢化の影響で人生が詰んでいる20代…20代が知っておきたい少子高齢化の影響をまとめました。

外国人労働者の増加

非正規雇用が増えている原因として、安い外国人労働者の存在があると思います。

下記は「外国人雇用状況」の届出状況まとめから引用した外国人労働者の人数の推移です。
外国人労働者
平成20年から比べると9年間で3倍の120万人に増えていることがわかります。

この9年間で80万人の雇用が外国人労働者に変わっているのです。

人工知能によるRPA

さらに人工知能やRPA(Robotic Process Automation)により、単純な労働はロボットに置き換える動きも加速しています。

住友林業グループもRPAで月180時間の作業を削減したそうです。

エクセル上のデータ加工等の仕事をRPAで置き換えることにより、残業などを減らすことが出来たそうです。

このように、正社員の必要数はどんどん減っていくことが予想されます。

さらに、RPAや人工知能の補助があれば非正規雇用でも、十分に働けるようになります。

テクノロジーの変化により企業の寿命が短命化しているとも言われています。

またテクノロジー以外の要因については下記の記事に書いています。

【少子高齢化で人生詰んでます】長寿化少子化の10の影響まとめ
少子高齢化の影響で人生が詰んでいる20代…20代が知っておきたい少子高齢化の影響をまとめました。

非正規雇用は今後続くと考えられる

企業が利益を上げなければ、雇用は増えません。しかし、企業が利益を上げるためにはコストを削減しないといけません。

一番コストが掛かるのが人件費だと言いました。

非正規雇用は契約期間が決まっているので終身雇用制に比べると簡単に契約を切ることができます。

なぜなら、非正規雇用を解雇するには、契約更新しなくて良いだけなので…。

そうすると、不景気時に利益を確保しやすくなるのです。

そのあとに、また景気が良くなったら、正社員を増やせばいいのかもしれませんが、一度削減出来た雇用は二度と増やすことは無いでしょう。

つまり、人口減少→内需の落ち込み→企業の売上の減少傾向→社員に給料を払えず→採用を減らすorリストラ or 外国人労働者登用→人工知能・RPAにより業務効率化→正社員不要→非正規雇用で十分といったことが簡単にイメージできます

これから非正規雇用はますます増えていくでしょう。

非正規雇用が増えることで起こりうる影響は?

非正規雇用が増える事でどのような影響が起きるでしょうか?

格差社会になる

まず、格差社会になっていくことは間違いないです。

簡単にできる労働は非正規雇用の社員やロボットが行うことになり、正社員の人数はますます不要になるでしょう。

その分浮いた人件費は、ロボットを開発する方やクリエティブな方に使われることになります。このため、格差は広がっていくことが予想されます。

中小企業の倒産

それに伴って、中小企業の倒産も増えていくことが予想されます。

企業は利益が出せなければ倒産します。

人件費が下がった分だけ利益が上がればよいですが、中小企業は売上があがらなければ一瞬で傾いていしまうことも多いです。

非正規雇用が増え、正社員の人数が減ればその分だけ市場に回るお金が少なくなります。

市場にお金が回らないということは不景気になりその分だけ中小企業から倒産していくでしょう。

契約・派遣社員の増加傾向に対して個人ができる対策

契約社員や派遣社員などの非正規雇用が増加すれば、必然的に正社員での雇用が減ります。

正社員が減れば、大きな経済で考えれば消費が減少しますから、景気が悪くなるでしょう。

その結果、中小企業の倒産も増えていくことが予想されるので、ますます正社員は減少していくでしょう。

不景気のサイクルが循環する可能性のある時代において個人ができる対策とはなんなのでしょうか?

それは、自分から不景気のサイクルを脱却して年収を上げる行動をすることです。

年収を上げるためにできる行動は?

  • 転職をする
  • 資格を取る
  • 副業をする
  • 投資をする

また、投資をする資本金がそもそもないという方は、年収を上げる努力をするのと同時に、節約をして投資に使えるお金を増やす必要があります。

企業が人件費を減らしている今の時代です。

資格取得や副業を行い、自己のブランドを確立できれば、時給を上げることもできるし、高値で雇われる人材になることもできます。

最悪、パソコン一台で、ネットを使って稼げるようになってしまえば、物価の安い海外で暮らしながら、日本の市場で収益を上げることもできるわけです。

上記の年収を上げる方法については下記でまとめています。現在、派遣社員や契約社員であろうが、フリーターであろうが、関係なく参考になる内容だと思います。

お金に余裕を持ちたいサラリーマンの基本戦略【月40万の余裕アリ】
経済的な余裕がなければ精神的に辛くなり、人生が辛い方向にいきます。サラリーマンでも経済的に余裕が持てる方法はたくさんあります。実体験をもとに経済的余裕を持てる方法をまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>【取り残されるかもよ?】

働き方が変化している時代に変化を受け入れなければ気づいたら周りから取り残されているかもしれません…。

じつは、会社で隣の人も水面下では、なにかしら働き方を変えようと動いているのかも…。

働き方が変化していることを解説した記事を下記にまとめました!経済の流れを知りたい方はオススメです!

働き方を変えるべき理由と今できる対策まとめ【働き方改革】
「働き方改革が始まるなぁ…」 「これから働き方を変えないとなぁ…」 働き方を変化させようと思っても、どの様に...

 

コメント