ポジショントークに注意して自律思考で決めよう!成功の方法は人それぞれだから

ポジショントークに注意して自律思考で決めよう!成功の方法は人それぞれだから

「成功する方法って何だろうな」

「あの人が言うからやった方が良いのかな?」

成功する方法を探したり、参考にするのは良いでしょうが、思考停止的になり、人の意見に左右される人間が成功することはまずありません。

人の発言の大半は、自分の利益の方向に人を誘導しようと考えるポジショントークです。

ポジショントークに惑わされて、自分の頭で考えずに行動して結果を出す人なんて、ほとんどいません。

成功する人は自律思考で行動します。自律思考とは、自分の頭で考えて決断して行動する人のことを言うのです。

私自身、事業で成果を出す人、成果を出さない人を観察してきましたが、成果を出す人、出さない人の違いはポジショントークに惑わされず、自分の思考で淡々と行動しているか否かです。

今回は、ポジショントークに惑わされず、自律志向で決めることの重要性を解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 成功の方法は人それぞれであることが学べる
  • ポジショントークに惑わされることの弊害が学べる
  • 自律思考の重要性が学べる
スポンサーリンク

結論「副業でも投資でも成功の方法なんて人それぞれ」

副業で稼ごうと色々なことに挑戦している人をたくさんみてきました。

結論から言えば、成功する方法なんて人それぞれです。

人の成功例を聞くのは良いですが、取り入れるかどうかを真剣に考えなければ意味がないでしょう。

マネても失敗する人の方が多い

学ぶはマネることが語源であるとも言われており、マネることで成功すれば良いと言いますが、あれは半分正しくて半分間違っています。

結局、マネている人でも成功する人もいれば失敗する人もいます。

というかマネれば成功すると言いますが、事業で成功する人がほとんどいない現状を見ればわかる通り、マネても失敗する人の方が多いのが実情でしょう。

決定的な違いは何かわかりますか?

マネている人は、真剣に考えてマネている

答えは、真似ている人も考えて真似ているということです。

成功する人で、マネて成功している人は、真似る際に下記のことを考えています。

  • なぜその方法で成功したのか?
  • 同じ方法をマネた時に発生する違いはなんなのか?

マネることを前提として、「成功する過程」がイメージできない人は成功できません。表層的なところばかりマネるため、本質的な理解ができないので、途中で諦めるからです。

マーケティングで考えてみましょう。なぜその手法だとうまくいくのかというのが具体的にイメージできないと、途中で諦めてやめてしまう可能性が高いです。

実際にブログでも100記事書いてからがスタートという言葉もありますが、100記事書く過程で、どのようにアクセスアップして、どのようにマーケティングができるのかがわからなければ、無力感で辞めていくことも多いです。

同様に、同じ方法をマネたときに発生する属人的な違いについても考えておくべきです。

SNSのフォロワー数が違ったり、人に対する影響力が異なってくるので、必ずしも同じ効果が出るとは限らないからです。

違いを前提として考えておかなかければ、マネする対象は成功したにも関わらず、マネした自分は成功しないと言うこともよくおきます。

  • マネることによって、結果が出るまでの過程
  • マネる前の属性の違いは?その違いをどう穴埋めするのか?

この2点を考えることは非常に大切であると言えるでしょう。

発言はポジショントーク!発言に惑わされず自分で決めろ!

マネをする前に気をつけたいのは、ポジショントークに惑わされるなと言うことです。

ポジショントークとは「自分の利益になるように誘導するための言動」です。自分の利益になることしか考えていないポジショントークに惑わされる必要はないのです。

そもそも多くの発言がポジショントークである理由

結論から言えば多くの発言は「ポジショントーク」であり、自分の利益になる発言がほとんどです。

  • 発信する人は自分のことを正当化したい
  • 自分が儲かるから発言しているケースが多い

誰かの発言を聞いたら事実に注目するのがオススメです。

意見は自分の利益に誘導するために脚色をつけているケースが多いですが、事実は脚色がつけられませんので、注視しておくと良いでしょう。

フリーランスが良いとポジショントークする人は多い

よく言われるサラリーマンVSフリーランス論争ですが、ここはポジショントークの応酬であり、ろくな意見がありません。

フリーランスはサラリーマンを否定しますが、どのようなポジショントークをしているのかと言うと…。

  • サラリーマンで上手くいかなくてフリーランスになっているケースによる自己正当化
  • 脱サラしてフリーランスになる人が増えれば、自分の教材やスクールなどの情報商材を購入する人が増えて利益を得ようとする

ちなみに、真っ当なフリーランスはフリーランスになることを勧めようとは思いません。

  • 時間の自由になる=その分収入が安定しない
  • 雇用されていないから自由=リスクが高い

なのがフリーランスです。稼げてから脱サラするのはわかりますが、稼げるまでは脱サラしないで副業レベルでコツコツやっておいた方が良いでしょう。

フリーランスには向き不向きがあります。

フリーランスだけで食べている家族はかなり不安定です

成功するまでは、子育てなどロクにできないでしょう。子供の学費にお金をかけすぎるのが怖いからですね。

サラリーマンが良いとポジショントークする人は少ない

「サラリーマンの方がフリーランスより有利」と言う人はほとんどいません。なぜなら、「サラリーマンが良い」というポジショントークをして儲かることがないからですね。

ごく稀に「サラリーマンが良い」とポジショントークをかましている人もいますが、その人たちはなんのためにポジショントークをしているかと言うと、

  • フリーランスでうまくいかなかったから自己正当化
  • 成功して欲しくないから邪魔するため
  • 単純に良い人だから

と言ったケースがあるでしょう。

私もこういったポジショントークによく惑わされていました。

フリーランスかサラリーマンかは、その人の特性による

しかし、サラリーマンもフリーランスも両方経験して分かることは、サラリーマンが良いか、フリーランスが良いかなんて、人それぞれなんで、自分で考えるべきです。

人それぞれと言ったのは、付帯状況に応じて向き不向きが異なるからなんですよね。

  • 学歴高い:サラリーマン向いてる
  • 人と一緒に仕事したくない:フリーランス向いてる
  • 一生独身:フリーランスが良いんじゃない?
  • 将来的に家族を作ることが幸せ:サラリーマンが良い

このように、人がそれまで歩んできた状況によって、フリーランスの向き不向きは異なるでしょう。

個人的には、サラリーマン+副業(フリーランス)が最強だと考えていますけどね。

会社を辞められる年収があるのに、会社を辞めてフリーランスになることを推奨する人は、人として終わっているでしょう。会社を辞めてない癖に何がわかるんだとも思いますからね。

大企業とフリーランスについて深掘りした記事は下記の記事になります。

大企業を辞めて後悔しない?大企業のメリットと後悔しない方法とは?
若い人が大企業を辞めてしまう姿を見てきました。後悔する人もたくさんいます。しかし会社員は悪と煽るポジショントークは多いです。大企業を辞めて後悔するポイントや後悔しない方法とはなんでしょうか?

ポジショントークは公然の秘密!人に相談して決めるな!

ポジショントークとは公然の秘密です。

この法則を知っている人は「ポジショントークなんて当たり前」だと考えて行動しているので、人に振り回されて決めることがありません。

例えば、ポジショントーク的に「フリーランスが良い」といっている人に対して結婚を相談したら「おまえはそっち側にいくのか?」というネガティブなことを言われることが多いです。

結婚した時はフリーランスだった私は、この現象を実際に経験しました。それまでサポートしていた人の大多数から切られると言う事態になったのは笑えました(笑)今はその分だけ自分の作業に集中できているので、逆にありがたいですね。

逆に、ポジショントーク的に「サラリーマンが良い」と言っている人に対して「フリーランスになろうと思う」と報告したら、「おまえ正気か!」って言われるのがオチです。

経験的に「正気か!」って言われるのは心配して言ってくれるんですよね。ありがたいことです。

ただ、フリーランスに毒されすぎていると「心配しているんじゃなくて邪魔してる」って感覚になる人も多いと思いますが…。

結論、自分で考えて自分で答えを出すべきなんですよね。世の中はポジショントークの魑魅魍魎なんですから。個人的にはサラリーマン+副業が良いと思いますよ。

ちなみに、自分で考える力がなければ、ポジショントークをする人々に一生養分にされます。知識を得て、自分で考える思考法を身につけて自衛しないと意味がないんですよね。

【自分の考えがないと一生養分】自分の考えを持つ方法まとめ
自分の考えが無い人は一生誰かの養分になる…。自分の考えが持てないと周りに流され続け、魅力的な人にもなれません。自分の考えを持つには情報を遮断し、読書・経験を重視し、思考を紙に書き出し、意見に対する反論を見て補強することが必要です。

 

成功する方法を探すより、自分の頭で考える人になれ

事業や投資を行う場合、「成功 方法」や「投資 おすすめ」とかで検索すれば無数の方法が出てきます。

そういったことを検索するのは別に悪いことではないでしょう(欲を言えば、ネット検索より本ですし、本よりも人から話を聞いた方が良い)

ただ、真に成功する人は「他者の意見に惑わされず、自分の頭で考えられる人」です。

無数の方法を参考にしつつ、自分の頭でビジネスモデルを構築して、実行して反省できる人が、成功していく人でしょう。

一旦破産寸前まで生きながらも、現在は70億円の資産を持つ投資家になった与沢翼氏は成功について下記のように語っています。

与沢翼氏「自分の頭で考えて決断できる人ですね。自律的思考を持っている人。」

引用:この男はなぜ“稼げる”のか。投資家として生まれ変わった「新生・与沢翼」を徹底解剖!

自分の頭で考えず、自分で決断もせずに、人の意見に流され続ける人が成功できるわけないのです。

自分の頭で考えて成功を目指せ

教科書的な内容のサイトや本などはたくさん有ります。中には質の低いものもありますし、全く参考にならないものもあるでしょう。

しかし、教材が悪いと決めつけてしまう人が大成することはありません。

私が、副業でコンスタントにサラリーマン並みに稼げるようになるまでに行ってきたのは、徹底した自責思考でした。

環境が悪ければ変えてみたり、自分の頭で考えて決断したり、多くのことを自分で決めてきました。

自分で決めることで結果が出てないときは最悪な気持ちになります。

自分が決めた決断の影響で、去っていく人もいます。外部からのポジショントークに惑わされて去っていった人もいます。

自分で決断して行動する人は孤独です。自分の信念は間違っていないと貫き続けることができるかどうか試されているくらい孤独です。

しかし、孤独になって、考え抜いて、決断し続けられるかどうかが、成功できるか否かの分かれ道だとも思います。

成功する方法を探すのではなく、あらゆる情報を参考にしながら、自分でビジネスモデルを構築して決断しましょう。自分の頭で考えられる人が成功を掴める人なのです。

以上、ポジショントークに惑わされず自律思考で決めることが重要!成功の方法は人それぞれという話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。