副業に失敗するに共通点アリ?副業失敗の原因から失敗しない秘策とは?

副業・起業の失敗の原因と対策

「起業したいけど失敗が怖い…」

「個人事業主だけどどのような失敗があるんだろう?」

私は、3年ほど、個人事業主としてのみ生計を立てていた経験があります。都内の某所で都心から近いところで、結婚して生活(嫁は専業)していたといえば、どの程度稼ぎがあったかも分かるでしょう。

個人事業主としていきていく過程で、副業に取り組んでいる人を多く見てきました。失敗する人もたくさん見てきましたが、原因は驚くほどに共通しています。

それは、顧客が集まらない・お金遣いが荒い・人間関係のトラブル・作業量の不足です。

副業・起業を始める前に共通の原因と対策を知らなければ、失敗する可能性はかなり高いでしょう。

それだけほとんどの人が副業・起業でつまずいている点は同じです。

今回は副業・起業始める前に知っておきたい、副業・起業が失敗する原因と対策を解説します。

この記事で学べることは?

  • 副業で失敗する原因が学べる
  • 副業で極力失敗しない方法が学べる
スポンサーリンク

副業で失敗する多くの共通点とは?

副業で失敗する人の特徴は下記のとおりです。

  • 顧客が集まらない
  • 無謀な借金をするなどお金の使い方がルーズ
  • 一緒にやっていた人とのトラブル
  • 圧倒的な作業量不足

それぞれ解説します

顧客が集まらないので副業が失敗したケース

自分で仕事を行うには、顧客がいなければ売上は上がりません。

  • 飲食店を営業:お客さんが来ないと、売上は上がりません。
  • ホームページ:アクセスがないと、売上は上がりません。
  • SNS:フォロワーが増えてないと、売上は上がりません。
  • フリーランス:クライアントがいないと、売上は上がりません。

起業するのに一番大切なことは、顧客をどのように集めるのかです。

失敗する人は、顧客を集める戦略を考えてずに起業しているケースが多いです。

お金がなくなり借金をして失敗していくケース

副業・起業・個人事業主で失敗する人の特徴はお金の使い方が荒い点です。

失敗するお金の使い方の特徴は、事業がうまくいくことを見越した資金計画を立てることです。

  • 打つ手が全てうまくいくと見越した事業計画
  • 取り返すことを前提としない教材の購入・セミナーの参加

副業・起業・個人事業主で失敗したくないなら、お金に関してはかなりシビアになるべきです。

お金に余裕があると、精神的にも余裕が生まれ、長期的な視点で起業について考えられます。

意外かもしれませんが、うまくいっている副業・起業・個人事業主の方ほど、お金に関してはすごくシビアなんです。

人間関係のトラブルで失敗していくケース

個人で行っている場合でも、起業の場合でも、おそらく仲間と呼べる人がいるでしょう。

仲間だと思っている人に、いつの間にかパクられて裏切られる可能性があるので気をつけましょう。

  • アイデアをパクられる
  • ノウハウをパクられる
  • 顧客を持っていかれる

人間は、いつかは裏切ります。

しかも裏切る人は、自分の人生に必死なので、裏切っていることに気付きかないものです。

相手をどれほど傷つけても自分のことで精一杯なので気づかないのです。

裏切っていないつもりでも、相手からすると裏切っている可能性があります。

自分のことも注意したい所ですね。

圧倒的な作業量不足で失敗するケース

副業・起業・個人事業主でうまくいかない原因は結果がでるまでの作業量をこなしていないことです。

1日2時間以上は最低でも副業・起業に時間を使いましょう。

ちなみに、オススメは1日8時間以上、副業・起業に向き合って365日で約3000時間くらいの作業量で3年間没頭することです。

なぜ3年なのかというと、3年でちょうど約1万時間になるからです。

マルコム・グラッドウェルが書いた天才という本で、1万時間の法則が解説されています。

バイオリンの成績優秀者の練習時間を調査した結果、最低でも1万時間以上の練習時間を突破している人しかいなかったのです。

副業・起業・個人事業主でうまく行こうと思ったら、1万時間は打ち込まないといけません。

しかしうまくいかないことや、メンタル的なこともあり、なかなか作業を継続は難しいです。

副業で失敗を避ける方法は?原因から考えれば驚くほどシンプルです

失敗する原因は下記の通りでした。

  • 顧客が集まらない
  • 無謀な借金をするなどお金の使い方がルーズ
  • 一緒にやっていた人とのトラブル
  • 圧倒的な作業量不足

それでは、失敗しないための対策を原因から考えてみましょう

顧客が集まる方法から考えて起業する

まず顧客が集まる方法から考えて起業することがオススメです。

顧客を集める方法はいろいろありますが、最低でも下記の点だけは考えて置きたいところです。

  • 大手が参入していないか?
    大手が参入していたらまず勝てません
  • ニッチ分野でも十分に勝てる見込みがあるのか
    ニッチ分野に強い個人がいたら初心者だと勝てません
  • 顧客獲得はどうするか?(SNS・自分のブログ・プラットフォーム・その他)
    顧客獲得方法は具体的な戦略を数字に落とし込んで3カ月以上の期間で考えると良いでしょう

実際に顧客が集められれば、失敗の可能性はかなり低くなります。

副業・起業にとって、顧客を集めることは、ラスボスです。

つまり、副業・起業をはじめたばかりの人は、いきなり、レベル1の状態でラスボスと戦っている状態です。

はっきり言って負けゲーです。イベント戦闘みたいなものです。

しかしはじめからラスボスだと分かっていれば、何度も挑んでいずれ勝てればよいのです。

顧客が継続して集まり続ける仕組みが作れれば、副業・起業の難易度は一気に下がります。

ラスボスなので大変ですが、目をそらさずに顧客を集める方法を考えましょう。

働きながら副業し、節約して無駄なお金は極力使わない

副業・起業で稼いでいない間は、生活費と副業・起業に必要な経費以外に使うのを控えましょう。

お金に余裕がなくなると、精神的に余裕がなくなります。長期的な視点で起業の戦略が練れません。

そして、精神的に切羽詰まると、せっかくはじめた副業・起業を途中でやめてしまいます。

副業・起業に必要だと言われても無駄に高い教材費やセミナーなどの参加費にお金をつっこみすぎるのは考えものです。

個人的には毎月数万円くらいは貯金しながら副業して欲しいなと思います。副業・起業初心者はまず使うべきなのはお金よりも時間だからです。

「そこまでストイックにしないとダメなのか?つらいなぁ…」って言う人もいるかもしれませんが、たまにするリフレッシュはOKです。

ストイックになりすぎて、嫌になって辞めてしまう可能性が出るなら、リフレッシュしましょう。継続するための費用は事業経費みたいなものです。

ちなみに、会社を辞めたから全力で取り組めば副業が成功するのかというとそうでもありません。

会社にいるから副業でうまく行かないという人も多くいますが、基本的にポジショントークであり、うまくいく人はサラリーマンで働きながらであっても、副業で結果を出します。

ポジショントークには注意してくださいね。

ポジショントークに注意して自律思考で決めよう!成功の方法は人それぞれだから
世の中には自分に都合が良いことを言って、他人の人生を惑わすポジショントークがあまりにも多い。ポジショントークから自分の身を守ることが大切であり、成功したければ自律思考を身につけるべきなのです。

多くを語らずに常に淡々と行動する

人間関係のトラブルの最大の解決策は、相手が求めていること以外はしないことですね。

利害関係者に対してお節介を焼いても良いことってあまりないです。

多くを語らず、お節介を焼かず、淡々と作業し続けましょう。

また、人間は裏切る生き物なので、裏切られても良いような状態を契約で作っておくのも良いでしょう。

個人同士の仕事であれば、契約書を用意しておくか、持ちつ持たれつの関係を作っておくと良いかもしれません。

作業をルーティン化する

作業量が不足は、副業・起業で稼げません。

本業を辞めて起業だけで暮らしている人の場合は、退路がありません。

メンタル的につらくても、生活がかかっているので、作業量を減らすことはないでしょう。

しかし本業と週末起業や副業のダブルワークの場合、うまく行かなくても生活は安定しています。

メンタル的につらかったら、作業量を減らしてしまうでしょう。

もちろん副業・起業を継続する一番良い方法は、退路を断つことです。作業しないと生活が困窮する状態だったら、メンタル的につらかったら泣きながら作業するでしょう。

しかし退路がない状態はメンタル的に非常に厳しく、メンタルが折れた人たちを何人も見てきました。

そのため、退路がない状態を作り続けるのは普通のメンタルの人にはオススメできません。強靭なメンタルがないと無理でしょう。

退路を断つ以外の副業・起業を継続するコツは作業をルーティン化することです

下記のように毎日・毎週のルーティンを決めておくと作業が継続しやすいです。

  • 平日は○○する(1日2時間以上最低)
  • 週末は○○する(1日8時間以上最低)
  • どうしてもメンタル的にきつい日は休む

ある程度のルーティンを自分の中で決めておけば、メンタルに左右されずに作業ができます。

「ルーティン化ってめんどうくさい…」と思う方もいるでしょうが、

実際に義務教育や車の教習所なども、カリキュラムや時間割が決められているから、学校に行っていれば継続できるのです。

副業・起業は誰もルールを作ってくれません。

自分が仕事の時間割を決めて継続できるように工夫しないと失敗してしまうのです。

副業は若い時に行えば失敗を取り戻せる

「副業の失敗は怖いなぁ…」

「副業で失敗しない方法はないかしら?」

最近何かと話題になっている働き方改革ですが、その中でも推奨されているのは副業だと思います。

しかし、副業をする時も「失敗」の二文字がよぎり、ためらってしまう人もいるでしょう。

副業には失敗しない方法があります。それは若い時に副業することです。

若い時に副業すれば、失敗しても学びに変わります。

また、独身であり時間の自由も多く、自分が自由に使えるお金も多いので、副業を失敗する可能性をかなりさげることができます。

失敗しない副業の方法について解説します。

失敗が怖いなら若い時に副業を始めることがおすすめな理由

時間の自由がある

配偶者やお子さんがいる場合は、せっかくの休みの日に、自分が何かをしたいと思っても、家族サービスに時間を割かねばなりません。

家族サービスに時間を割かなくなってしまったら、配偶者が副業を認めてくれない限り、結婚を継続することが難しくなるでしょう。

もし、副業したいのであれば、独身の時に行った方が良いと思います。

その方が時間の自由が効くので、はやく自分の事業で結果を出すことが出来ると思います。

若いうちであれば失敗してもやり直しがきく

想像して見てください。

40代で副業をして失敗し、20年間失敗を引きずるような債務処理などが起こったとしたらどうなるでしょうか?

60代まで、ローンの返済をし続けることになってしまいます。年をとればとるほど、体力的にも厳しくなって行く為、失敗を取り返すことは難しいでしょう。

しかし、20代の内に失敗をすれば、20年間失敗を引きずるようなことになっても、まだ40代です。

体力的にはまだまだ動けますので、再び何かを始めることができます。

若ければ若いほど、失敗をしても取り返すことができます。これが副業するなら若い方が良いと言う理由の1つです。

自由に使えるお金である可処分所得が高い

若い方が独身であったりするケースも高いので、自分が養わなければいけない家族(扶養家族)が少ないケースが多いと思います。

若い時は養うのは自分だけ。つまり、自分が生活に必要なお金だけで良いので、生活に必要なお金は少ないです。

一方で、自分に養う家族が多かった場合はどうなるでしょうか?自分以外にも、配偶者、お子さん、ご両親など、自分が養う家族が多くなります。つまり、生活に必要なお金が複数人分必要になりますので、自分が自由に使えるお金が少ないです。

自分が自由に使えるお金は、可処分所得と呼ばれます。

上記のことを一言でまとめると、若い内の方が可処分所得が高いのです。

可処分所得が高いと良いことが多いです。

例えば、自分が高額な本を買おうと思ったり、新しいパソコンが必要になった時にも、可処分所得が高いと何も気にせずに買うことが出来ます。

扶養家族が多く、可処分所得が低いのに副業をすると考えると、色々な所の目が気になります。特に配偶者やお子さんの目は気になって仕方がないでしょう。

「どうしてお金がないのに、あなただけ高額なものを買っているの?」と思われても仕方がありません。

【20代の平均可処分所得】自由に使えるお金が減少する…可処分所得を増やす方法とは?
40代よりも20代の方が自由に使えるお金が多く豊かです。しかし、自由に使えるお金は減少していくでしょう。原因は、税金が上がり、物価が上がり、ライフステージにより出費が増えることです。20代が今後歳を取ると貧乏になる理由を解説します。

人生の責任が自分だけである。

副業して軌道に乗ってきた場合、もしくは初めからかもしれませんが、自分が勤めている会社を辞めて何かを始めるということになりかねません。

その時にリスクになるのが、親や配偶者、そして子供です。

親が介護が必要になった時にはお金が必要になります。

自分が養っている配偶者がいれば、配偶者は問答無用にお金が必要になりますよね?

また、子供がいる家庭にとっては、教育費も必要になります。

このように、副業をすることが遅ければ遅いほど、何かしらの責任があなたに関わってくるのです。

独身で結婚せずに副業を行なっていれば、全ての責任は自分だけに振りかかって来ます。

もしも副業で失敗したりとか、うまくいかないこととかを考えますと、独身であり、早い方が、リスクになり得ないので、副業しやすいです。だから、独身で早い方が副業するのに適していると言います。

副業の失敗をどう定義しますか?

基本的に副業は若い時に行えば失敗する可能性は低いです。

あとは、あなたが副業の失敗をどう定義するかによるでしょう。

私がこれまでの経験から考えてみて、副業の失敗の定義は「再起不能なほどの何かを背負ってしまうこと」です。

それに当てはまるのは下記のとおりです。

  1. 婚期を逃して結婚できない
  2. 会社を辞めてしまいキャリアプランがガタガタになる
  3. 借金抱えて返済に追われる

1・2に関しては若い内から副業を始めて軌道に乗ってから結婚すれば良いでしょう。

結婚であれば自分の年齢に合わせて、副業との優先順位を変更すれば解決できます。相手を探す時に自分が副業をしていることを伝えて結婚相手を探せば理解してくれる相手と結婚できます。

また、会社をやめてキャリアプランがガタガタになることは30歳までに副業での目処が立たなければ正社員に戻るなどのオプションを持っておけば問題ないでしょう。

何をしてきたかによりますが、自営業で生活してきたことはキャリア的にマイナスになることはそこまでありませんでしたので、問題ないかなと思います。

借金を抱えることについては、副業をする際に借金は絶対にしないとルールを決めれば問題ないでしょう。

副業は若い内にすると失敗しにくい

副業は若いうちにすることによって、かなりカジュアルに実践することができます。

  • 責任がなく
  • 自由に行える
  • 失敗をしても再びやり直しができる

若いうちに、ただ遊んでいるというだけでは、もったいないなぁと思います。

何かしらの手段を模索して、副業を行うと学びもありますし、非常に良いかなと思っています。

ただ、若ければ若いほど良いかと言うと、それについては個人差があります。

若過ぎることのデメリットは下記のとおりです

  • 人生経験がない
  • 成功体験がない
  • 人生に対しての覚悟も決まってない

結果的にノリで副業を始めて、ノリで副業をやめて行くケースが多いです。

若すぎてもダメ、年をとりすぎてもダメ。

始めたくなった時がタイミングなのかもしれませんね。

副業の失敗の原因と対策まとめ

失敗の原因から考えた対策は下記のとおりです

  • 顧客が集まる方法から考えて起業する
  • 節約して無駄なお金は極力使わない
  • 多くを語らずに常に淡々と行動する
  • 作業をルーティン化する
  • 若いうちに副業すれば失敗を取り戻せる

副業・起業を行う前に失敗の原因から対策を考えた上で行動したいものですね。

失敗する方法を避けて、諦めずに続けられる副業・起業を目指しましょう。

以上、副業に失敗するに共通点アリ?副業失敗の原因から失敗しない秘策を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>【副業のリアル知ってますか?】

副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みとは?

実際に副業をして独立までした私の体験を元にして副業のリアルを解説中です。

「副業を開始したい」「副業中で悩んでいる」方に、見て欲しい副業のリアルをまとめました

副業で知りたいリアルを完全カバー【開始・選び方・副業者の悩み】 
副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みまで、実際に副業した私の体験を元にして解説しました。副業をしたいと思っている方にはまず見て欲しい副業のリアルです。