個人で稼ぐ力を身につけよう!4ステップで確実に身につける方法とは?

「稼ぐ力ってどうして必要なの?」

「稼ぐ力を身につける方法って何?」

現代は個人が稼ぐ時代だとも言われており、個人が稼ぐ力を身に着けたほうが良いと言われています。

しかし、なぜ個人が稼ぐ力を身に着けたほうが良いのでしょうか?

それは、人生100年時代でお金が足りなくなる可能性や、一社では生きていけない可能性が出てきており、自分の力でなんとかしないといけなくなるからです。

私自身、個人で稼いで5年以上が経過していますが、がむしゃらに行動しても稼ぐ力を身につかせることは難しいなと感じています。

私の周りでも、何年も行動しながらも、全く個人で稼げていない人がいるので、ただ行動するだけなら、稼ぐ力を身につけるのが難しいことがわかります。

では、どのように行動すれば個人で稼ぐ力が身につくのでしょうか?私が思うに、4つのステップを順序良く行動すれば、個人でも稼げるようになっていくでしょう。

今回は、個人で稼ぐ力を身に着けたい人向けに、稼ぐ力が身に付く4ステップを解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 個人で稼ぐ力が必要な理由が学べる
  • 個人で稼ぐ力を身につける4つのステップが学べる
  • 個人で稼ぐ力はどのようにすれば身に付くのかが学べる
スポンサーリンク

個人で稼ぐ時代到来!個人げれば人生は安定する

人生100年時代とも言われており、多くの点で生き方のルールが変化しています。

現在は45歳で早期退職を勧告される時代です

最近、大手起業であっても45歳早期退職を募集しているのが目に止まります。この流れは今後加速していくでしょう。終身雇用制度の崩壊です。

45歳退職というのは非常に残酷でして、新卒から入って45歳まで勤めてあげてきた人であれば、45歳という年齢は一番給料が高い年齢になります。

終身雇用制度や、会社を信じて勤め上げて人からしたら、早期退職を勧告されることは非常に悲惨です。

早期退職は強要される会社もあります。もしも、早期退職の勧告を無視した場合は、閑職に飛ばされたり、いきなり転勤させられたりと、もはや自分の思い描いた人生とは全く違う人生を送ることになるのです。

終身雇用制度が崩壊寸前だということなのでしょう。

年金の支給額の減少・個人の負担増をどう補うか

これからの30年は、テクノロジーとしては明るい未来があると言われています。

しかし、社会保障や日本の制度で言えば、現状の延長線上で未来に進むことは、暗い未来が待っているでしょう。

例えばIMFのワーキングペーパーによると、2057年の日本は下記のように語られていました。

  • 年金の支給額が減額になったり
  • 将来的に税金増からの負担増
  • GDPの低下による税収の低下

そんな時代に置いて、個人で0から稼ぐ力があればどうでしょうか?

自分で稼ぐことが出来れば、負担が増えたとしても、自分で補うことが可能です。

つまり、個人で稼ぐ力は究極的には安定が得られると言う訳です。

【日本の将来】2057年の世界とは?IMFの調査を見て悲しくなった件
IMFの調査によると、2057年までに消費税は20%になり所得税も上る可能性もある。高齢化の関連支出は増加し、国民の負担が重くなることは避けられない。今後の対策を考えるために、日本の将来を直視しよう

個人で稼ぐ力を身につけるには?

個人で稼ぐ力の必要性が分かったとしても、どのように個人で稼ぐ力を身につければ良いのかはわからないと言う人もいるでしょう。

私も、自分で稼ぐようになってから、5年以上経過しており、個人が稼げるようになる方法はある程度理解しているつもりです。

そんな私から、個人で稼ぐ力の身につけ方を4つのステップに分けてご紹介できればと思います。

市場ニーズを探る「会社にいる時から出来ること」

個人で稼ぐ力を身につけたい人に、まずおすすめしたいことは、市場のニーズに敏感になることです。

世の中には、多くの潜在的なニーズがありますが、顕在化していないものもあります。

  • 市場が何を求めているのか
  • どうすれば市場ニーズに合致するのか
  • どうすれば市場ニーズを作れるのか

と言う3点について考えてみましょう。これは会社の中にいても出来ることです。

会社にいながらにして、自分の業界の現状の顧客ニーズと将来的な顧客ニーズを考えてみたり、時代の流れから、今後どのようなことが求められるのかを考えてみると良いでしょう。

市場ニーズを探れば「どのようなことをすれば稼げるのか」という点について、ある程度のアイデアが浮かんできます。また、個人で稼ぐ方法についても情報が入ってくるようになるのです。

やることが思いついたら徹底的に分析する「もしも自分だったら」

市場ニーズがわかってくると、ある程度「これをやれば稼げそうだな…」というアイデアが浮かんできます。

やることが思いついたら、次にやることは徹底的な分析です。

稼げるかどうか、自分が取り組むことを「失敗しても良いと思えるまで」調査するのです。

会社にいる人であっても、仮説を分析することは可能なので、是非トライしてみましょう。

仮想通貨で資産を築いた与沢翼さんの場合、著書「ブチ抜く力」の中で、自分が仮想通貨を購入した時は21日間で下記のことをしたと言います。

  • やることの全体像を勉強する
  • やることの特徴や強みを理解する
  • 自分が納得するまで自問自答する

やることについて徹底的に分析すると、短期的に失敗しても凹むことが少なく、うまくいってなくても継続できます。

なぜなら、自分の仮説に納得感があるからです。

例え不安があったとしても、最悪失敗したとしても自分の考えで行動したと言う納得感が生まれます。その結果、不安を持ちながらも理性でもって継続することが可能なのです。

ここら辺は、以前私が解説した副業で稼ぐならストーリーが必要だと言う理由にも合致します。

副業は継続だけではムリ!稼ぐまでのストーリーが大切【作り方アリ】
「副業は継続したら稼げるって言うけど本当かな?」 「副業を継続以外にするべきことって何かな?」 継続だけして...

また、「ORIGINALS」という本の中で、うまく言った起業家の話がでていますが、

  • 先発組ではなく後発組のほうがうまくいく
  • リスクを極力回避したほうがうまくいく可能性が高い

といったデータもでています。

徹底的に分析する際に、

  • 既に稼いでいる人がおりある程度の成果を上げている人を探す
  • うまくいかなかった場合のリスクの回避方法を明確にする

上記のことも合わせて行えば、その分だけ結果が出やすいということになります。

書評「ORIGINALS 」誰でも人と違うことができる方法とは?
GIVE & TAKEを読んで、著者であるアダム・グラントの本の圧倒的な面白さに気付き、またまた読んでしまいまし...

チャレンジして1円でも稼ぎ自己肯定感を得る

ここからは会社の中だけではできないかもしれません。

市場のニーズを調査し、徹底的に分析したら実際にチャレンジしてみましょう。

チャレンジする最大の理由は分析が正しいかどうかを検証することになります。

チャレンジした結果、1円でも稼ぐこと(結果を出すこと)ができたら、自分の分析が正しかった証明になるでしょう。

さらに、自分の分析が正しかったことが証明できれば、長期的に継続していく意義を見出しやすくもなります。

全く結果がでなかったら、継続することに不安になるでしょう。個人で稼ぐのに必要な継続ができなくなってしまいます。

私は、個人的に運営しているブログでもお小遣い程度の収益を稼ぐことができましたが、継続するのは絶望と向き合うくらいハードです。

すこしでもお小遣い程度になっていなかったら、継続できたかどうか…。

ブログでの継続についての内容をまとめた記事を下記に記載しています。

やはり覚悟が無いと難しいですね。ただ、覚悟をするにも結果が無いと、覚悟するのが不安だと思います。

ブログが継続できない!継続のコツは覚悟だ【1カ月で61記事更新】
ブログの更新を継続するのって大変ですよね。ブログを継続しようと覚悟したら、1カ月で61記事更新できました。私が実践したブログ記事のネタ収集とブログを習慣化する方法をまとめました。

稼げた分野で熱量を投下してさらに増やしてみる

少しでも稼げたということは、あなたの分析が正しかったことを証明しています。

より大きくお金を稼ぎたいのであれば、徐々に熱量を増やしていきましょう。

熱量とは、姿勢や気持ちであることはもちろんですが、精神的なものだけでなく、物理的な下記のものも含みます。

  • 時間
  • お金

最初から熱量を全力で投入してももちろん良いでしょうが、私はあまりおすすめしません。

というのも、最初の証明が偶然のケースもあるので、リスクヘッジを第一に考えると、徐々に熱量を投入するほうが、リスクが少なく堅実に継続できるでしょう。

例えば、あなたがやることに資金が必要なもの(不動産、お店経営)を取り組む場合には、熱量を圧倒的に投下した結果、借金に追われてしまい、取り返しがつかなくなる可能性もあるでしょう。

また、時間が必要だからといって、会社を退職しても、もしもうまくいかなければ、再度キャリアを構築するのは難易度が高いです。

リスクを少なくしながら、堅実的に継続するには、少しずつ熱量を増やしていきながら、経過を見ていくとが良いでしょう。

結果が比例して出てくるのであれば更に熱量を投下していくのが理想的とも思います。

個人で稼ぐ力は行動からしか身につかない

個人で稼ぐ力は安定のために必要であり、個人の稼ぐ力を身につける4つのステップを解説しました。

ただ、個人で稼ぐ力は見ているだけでは身につきません。行動して始めて身につきます。

稼ぐ力を身に着けたいと考えるのであれば、市場ニーズを把握し、分析したら、行動しましょう。

少しでも行動して稼ぐことができたら、あなたの稼ぐ力が少し成長したということなのです。

以上、個人で稼ぐ力の身につけよう!4ステップで確実に身につける方法を解説しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

>>【副業のリアル知ってますか?】

副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みとは?

実際に副業をして独立までした私の体験を元にして副業のリアルを解説中です。

「副業を開始したい」「副業中で悩んでいる」方に、見て欲しい副業のリアルをまとめました

副業で知りたいリアルを完全カバー【開始・選び方・副業者の悩み】 
副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みまで、実際に副業した私の体験を元にして解説しました。副業をしたいと思っている方にはまず見て欲しい副業のリアルです。

コメント