アウトプット型の読書が鍵?本の内容を忘れない5つの方法とは?

読書

本を読んだのは良いですが

「なかなか、内容って覚えられなくて…」

そう思ったことってありませんか?

このページを見ているということは、おそらくあなたは本の内容を忘れないようになんとかしたい。

そう思っているのかも知れません。

今回は、本の内容を忘れるあなたに教えたい、読んでも忘れない5つの方法をご紹介したいと思います。

本の内容を人に喋ってアウトプットをする

本の内容を人に喋ってアウトプットすることは、本の内容が一番記憶に残りやすいと思います。

本の紹介を人に喋ってアウトプットすることにより、情景・音・相手の反応などが記憶のフックになるので、なんらかの拍子で思い出しやすいからです。

本の内容を忘れないようにしたかったら積極的に人に喋るようにしましょう。

本の内容を行動に取り入れてアウトプットする

本の内容を喋る人が誰もいない場合もあると思います。

「そんな意識の高いこと言ったら周りからハブにされちゃうよ…」

人にしゃべれない場合にオススメなのが、本の内容を自分の生活に取り入れることによりアウトプットする方法もあります。

例えば、GIVE & TAKEを読んだ人であれば、「ギバーは自分を変化させるということを嫌だとは思わない」というフレーズもありますから、それを自分の生活に取り入れることにより本の内容を忘れることがなくなるでしょう。

参考書評「GIVE & TAKE」テイカーな私でもギバーになれた方法とは?

読書会でアウトプットする

人に喋れる人がいないのであれば、読書会に来てアウトプットすることも良いと思います

読書会はアウトプット前提で参加される方が多いので、むしろ読書会に参加してるから、何かしら本を紹介してくださいね!というような流れになることが多いです。

本を上手くアウトプット出来ない場合でも、主催者や参加者の方が「どうしてその本を選んだの?」「どこが一番心に響いたの?」というような形で沢山質問をしてくれます。

主催者や参加者からの質問に答えるだけで自然とアウトプットが出来るようになり、その時の緊張感や情景なんかが合わせて、本の内容を長期的に記憶することが出来るのです。

私も長年読書会を行っていますが、「あのときってこうだったよな?」って思い出す時にその時に紹介した本の内容を一緒に思い出したりします

記憶に残るし、思い出しやすいという点も読書会の良い点なのかなと思ったりします。

本の内容をSNSでアウトプットする

本の内容をSNSでアウトプットすることも、本の内容を忘れにくくなります。

ただ、いきなり自分が使っているアカウントで呟き始めたりすると

「お前どうした?(笑)」ってなる可能性があります。

そういう事も含めて、自分がいつも使わないようなアカウントを作ってつぶやき始めたりすると良いかなと思います。

ブログに書評を書いてアウトプットする

ブログに書評を書いても本の内容を記憶に定着させやすくなります。

今はアメブロやライブドアブログがあったり、サーバーを借りてWordpressを立ち上げることもすぐに出来るようになります。また、bookmeterなどのサイトもありますから、以外に気軽にアウトプットすることが出来るかも知れません。

おすすめは読書会でのアウトプット

「読書会の主催者だから読書会でのアウトプットを勧めているんでしょう?」と思われるかもしれませんが、私は読書会でのアウトプットが下記の理由から完全にオススメです。

  • 五感に残るので記憶に定着しやすい
  • 五感に残るので思い出すためのフックが多い
  • 相手の反応がすぐに分かるので楽しい
  • 他の人のアウトプットが見れて勉強になる

デメリットとしては参加費がかかることや遠方だと移動時間がかかることでしょうか?

それであっても、本の内容を忘れない読書ができるようになるので、読書会でのアウトプットは非常に有意義だなと個人的には思ってます。

参考読書会で本をアウトプットする6つのメリットとは?

この記事があなたにとって参考になったのならば
もしも嫌じゃなければフォローしてくれると嬉しいかも…。
もしかしたら出来たてホクホクのおいしい「つぶやき」をおとどけします

毎週土日開催の読書会for東京ミレニアルズって?

読書会for東京ミレニアルズでは20代・30代向けのゆるい読書会を毎週土日のいずれかに定期的に開催しております。

読書会に参加されたことない人でも安心して参加出来るように工夫しております。

・6年以上の開催経験
・参加者数は延べ4000名以上
・少人数開催の読書会
・ビジネス本が中心の読書会

詳細でも書いている通り、人見知りの私が主催しておりますので、初参加の方にとって居心地のよい読書会を目指しています。

もしもよろしければ、詳細は下記の画像をクリックして下さい

読書
スポンサーリンク
#フォローする
読書会を東京で?20代・30代限定の朝活読書会を開催中