【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法

グッドポイント診断を使った転職の自己PR文章の作成方法

「自己PRとかどう書けばよいかわからないし…」

「仕事もして転職活動もして自己分析をしている暇なんてないわ…」

転職活動をしていると必ず聞かれる質問が

「あなたの強みを教えて下さい」ですよね。

この質問、ちゃんと自己分析をして自己PRしていないと、次に来る「これまでの経歴」や「いままで打ち込んできたもの」を質問されたときの回答と矛盾します。

面接官に「結局強みがわからないな」って思われて面接で落ちてしまうことも…

自己PRを作成するのって大変だし、時間がかかりますよね。

自己分析するのに本を一冊読み、自分に質問をして、文章で書いてみるというステップは、仕事しながら転職活動する人にはハードです。

しかし、その自己分析を無料でわずか20分程度で終わることができたら素晴らしいと思いませんか?

そんな転職活動者の自己分析を超簡単にゲーム感覚で行ってくれるのが、リクナビNEXTでおなじみにリクルートキャリアが提供しているグッドポイント診断です。

今回はグッドポイント診断を使って簡単に自己分析をする方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

グッドポイント診断をしてないあなたは大損している?

グッドポイント診断は実際に2015年に使ってみて、自分の転職に活用できた私ですが、もしもあなたがグッドポイント診断をしていなければ、大損しています。

グッドポイント診断をやらないで損していることは下記のとおりです。

  • 一貫した自己PRができないと転職で不利
  • 自分の強み・弱みを知らないと面接対策ができない
  • 面接時のエピソードに悩み続ける
  • 面接官からの印象がプラスになる可能性を失っている

無料で行えるグッドポイント診断をしていないということは、普通にいるだけで他のライバルに差をつけられているのと同じ意味なのです。

そもそもグッドポイント診断ってなに?

グッドポイント診断はリクルートキャリアが独自のノウハウで開発した簡単に自己分析ができるウェブ診断です。めんどうくさいダウンロードも不要無料で行うことができます。

無料のグッドポイント診断は意外と当たる?

グッドポイント診断の特徴は下記の通り

  • 約20分で診断可能
  • 診断結果は8568パターン
  • 18種類の強みの内5つを診断
  • 無料でできる

診断結果も8000パターン以上あり、強みを5つ診断してくれるので、実は…結構当たります。

私も「こんなの当たらないよ」と思っていましたが、考えずに感覚で行った結果、結構あたる診断になっていました。

同じようなストレングスファインダーは2000円かかる

ちなみに、同じように強みを知ることができるストレングスファインダーは2000円かかります。

  • コードを購入する必要あり
  • 約2000円かかる
  • 書籍を購入orサイトから申し込まないとダメ
  • スマホアプリからも出来る

書籍を購入するかサイトから申し込まなければいけません。

サイトはたまに英語がでてくるし、英語で会員登録が必要なのでハードルが高いです。

もしも行うなら書籍からのほうが良いでしょう。

ただし、一度使ったコードだと意味がないので中古本を作成するのだけはやめてくださいね!

中古本はストレングスファインダーができないので、ほとんど価値がありません。

「お金を払うのはちょっと…」と思っているあなたも、無料で強みを知りたければグッドポイント診断を行うと良いでしょう。

グッドポイント診断をやるべき理由

グッドポイント診断をやるべき理由の一番は自己PRを簡単に作成する時に使えることですが、それ以外にも下記のやるべき理由があります。

  • 自己PRを作る時にも使える
  • 会社に合わせて売りだす強みを選択できる
  • なんと言っても無料

無料で簡単に自己PRを作れる自己分析が出来るのですからやっておいて損はないでしょう。

グッドポイント診断のやり方

下記のサイトからグッドポイント診断を始めるためにリクナビの会員登録をしましょう

>>グッドポイント診断の詳細はこちら

実際の診断画面

グッドポイント診断

上記のような画像でポチポチ進んでいけば大体20分位で終わります。

質問数は293問もありますが、感覚的に選択していけば良いのでゲーム感覚で進めます。

強みを確認する

グッドポイント診断

完了したらマイページからいつでも確認できます。

画像は私の強み分析の結果でした。

グッドポイント診断から自己PRを作成する方法

グッドポイント診断から自己PRを作成する方法は下記のとおりです。

  • 今まで行ってきた仕事や経歴を書く(グッドポイント診断時の会員登録で既に完了)
  • グッドポイント診断を行う(グッドポイント診断で既に完了)
  • 応募先企業のニーズを考える(仕事内容・求める人物像を見る)
  • 応募先企業のニーズにあった強み→経歴→成果の文章を作る

今まで行ってきた仕事や経歴やグッドポイント診断は既に終わっているので、応募先企業のニーズの考え方や文章の作り方を解説します。

応募先企業のニーズを考える

転職とは自分を相手の企業に売ることです。面接ではなくセールスなのです。

これまで転職を数社経験し数多くの転職を見てきてこの結論に至りました。

セールスに必要なのは自分のスペックよりも相手のニーズを引き出すことです。

応募先企業のHPを詳しく調べる

しかし、相手のニーズを引き出すには会話をするのが一番ですが、面接前に応募先企業の方と会話できません。

そのため応募先企業のニーズを把握するには企業のHPを詳しく調べることが必要です。

最低でも応募先企業のHPの下記の項目は見ておきましょう

  • 仕事内容
  • 求める人物像を確認する
  • 会社の理念や社長のメッセージ
  • 応募先企業が上場していればIR情報も見る
  • 実際にどのような業務をしているのかをチェックする

あなたが企業側ならどういう人材が欲しいのか?

応募先企業の仕事内容や求める人物像が把握できたら、今度はあなたのイメージ力の出番です。

自分が応募先企業の人事や部署の人だったらどういう人材が欲しいのかをイメージしましょう。

例えば、あなたが今応募する予定の役職が営業だった場合ならば、具体的にどのような営業をする部署なのかを想像します。

ルート営業なのか?新規飛び込みなのか?

科学力を重視している会社なのか?それとも気合と根性の会社なのか?

具体的に考えるだけでも下記のようなニーズがあるだろうと予想できます。

  • ルート営業:オリジナリティを出さずにしっかりと仕事をこなす人間が必要だし
  • 新規飛び込み:オリジナリティを出して新規顧客を獲得したほうが良い
  • 科学力重視:営業をするサービスのテクノロジーが好きなって話して欲しい
  • 気合と根性:気合が大切

応募先企業の人事や部署の人になったつもりでイメージすれば、応募先企業がどのような人材を求めているのかをより具体的にイメージすることができます。

応募先企業のニーズにあった強み→経歴→成果の文章を作る

応募先企業のニーズが具体的になったら、今度はニーズにあった売れる強みを探します。

ここで使えるのがグッドポイント診断です。

私の強みを例にとってグッドポイント診断から自己PR文章を作成する流れを説明します。

ちなみに私の強みは、悠然・冷静沈着・独創性・現実思考・親密性でした。

例えば応募先企業が求めている役職がルート営業の場合には、親密性の中に書いてある「信頼関係の構築」の強みを売っていきます。

ルート営業は適切な人間関係を作り信頼関係を構築し、お客さんとの丁寧な人間関係が大切だからです。

その次は実際に、強みが成果を出した経歴やキャリアを探します。

もしも経歴が浅い第二新卒の方は大学時代におこなった行動などでも良いでしょう。

営業職だった人であれば、営業でお客さんと信頼関係を構築した話を出します。

その場合は成果も一緒に話すことが出来るので自己PRの文章が分かりやすくなります。

いままでのことを考えてまとめてみると、自己PRは下記の通りです。

  • 売りたい強み:親密性の中の信頼関係の構築
  • 経歴:前職の営業時代にお客さんと信頼関係を築いた
  • 成果:お客さんから別のお客さんの紹介を得られた

この箇条書きをベースにして文章を作成していけば自己PRは完成です。

売りたい強み→経歴→成果と考えていくと自己PRが簡単に作れます。

グッドポイント診断で強みを診断できれば、自己PR文章は簡単に作成できるのです。

>>グッドポイント診断はこちら

ここまでグッドポイント診断を使うことで自己PR文章が簡単に作成できることを解説してきましたが、グドポイント診断について残念なお知らせが2つあります。

まず1つ目が、グッドポイント診断は2回受けられません。

リクルートエージェント社はグッドポイント診断は会員1人につき1回までと制限を掛けています。

そのため、一回目は適当に受けてしまったとなったらもう一回受けなおすことが難しいのです。

ですが真剣に考えてやろうとすればするほど、あなたの感覚からズレが生じてしまい、グッドポイント診断が当たらない可能性が高いです。グッドポイント診断は感覚的にやってこそ、正確さが増すので、直感で選択肢を選んでいくことがオススメです。

そしてグッドポイント診断2つ目の残念なお知らせが、会員登録が必要だということです。

リクナビNEXTの会員登録は真剣に書くと結構長くなります。しかし、グッドポイント診断だけを受けたい方であれば必須項目だけ記入していけば良いのでご安心下さい。後ほど訂正も可能です。

必須項目だけならたった3分で会員登録を終わらせることができます。

>>グッドポイント診断を受けるための会員登録はこちら

会員登録はあとでやろうと思ってもめんどうくさいから忘れてしまいますし、グッドポイント診断もやろうと思ってもめんどうくさいものです。

グッドポイント診断のオススメは移動時間中にやることです。出勤前や帰宅中の時間を使って移動時間中に感覚的にサクサクやりましょう。グッドポイント診断は楽チンですよ。

グッドポイント診断は無料です。忘れない内にすぐにやってしまいましょう。

グッドポイント診断はこちら