出世できない人の特徴は?出世には「人たらし」と「アピール」が大切

「出世できない人ってどういう特徴があるんだろうな」

「出世をするのに必要な特徴ってなんだろうな?」

出世は9割程度は運で決まると解説した通り、ほとんど出世は運で決まります。

しかし、運がよく出世の条件を満たせたとしても、あなたと同様に出世する候補が2人いた場合、どちらが出世するのでしょうか?

私の周りの仕事ができ、サラリーマンとして年収1000万円以上を稼いでいる人を分析していて、出世していく人を見ていくと、出世できない人との違いが明らかになっていきます。

出世できない人の特徴を簡単に説明すると、

  • 「人たらし」になることができない
  • さりげない「アピール」ができない

重要なことは、出世できないのは成果ではないということです。

自分の成果をいかに売れるのかが重要だと言うことになっていきます。

今回は、出世できない人の特徴を明らかにしながら、改善する方法についても解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 出世できない人の特徴が学べる
  • 出世できるようになる方法が学べる
  • 自分の成果のアピール方法が学べる
スポンサーリンク

出世できない人の特徴とは?

出世できない人はどういう人なのでしょう?出世できない人の特徴をまとめてみました。もしも当てはまるのであれば、要注意ですよ。

成果の出ない部署に属している

当たり前ですが、成果が出なければ出世の声がかかるわけがありません。

成果を出すのに必要なのは、適正な部署に配属されているかということ。

例えば、営業が得意な人間が経理に配属されていたりすると、能力を十分に発揮することが難しいでしょう。

出世に成果はそこまで必要ではないですが、出世の候補になれるくらいのある一定の成果が出せるように最低限の努力は必要でしょう。

自分の成果をアピールしない

自分の適性のある部署に配属されていても、成果が認知されなければ、出世からは遠ざかったしまうでしょう。そのため、自分の成果が認知されるように適切にアピールする必要があります。

大きな部署で仕事をしていると、黙っていても自分の成果を認知してくれるということはありません。

自分から率先してアピールしなければ、誰も成果を認知してくれません。そのため、成果が適切に評価されない可能性があるのです。

営業の部署の場合、数字が勝手にアピールしてくれます。しかし、バックオフィスなどの事務系の業務だと、数字がありません。

そのため、自分がどのような施策をしたのかなどを、説明できるようにしておく必要があるでしょう。

成果をアピールしない人は出世から遠ざかったしまうのです。

上司に気に入られない

上司からの推薦があれば出世しやすくなります。

そのため上司から気に入られないというのは十分に出世できない人の特徴となるでしょう。

例えば、下記のような人間は上司に嫌われる可能性が高いということになります。

  • 指示待ち
  • 成果が出せない
  • 愛想が悪い
  • レスポンスが悪い
  • 付き合いが悪い

上司に嫌われることは出世できない条件に当てはまってしまうのです。

ポストが空いていない

成果も出せており、アピールもしているのに出世できない人もたまにいます。

そういう人は、単純にポストが空いていないだけでしょう…もはや運の領域になります。

でも、仕方がありません、出世の9割は運なので、条件を満たせるかも運の要素が大きいからです。

すでに出世しても良いと認められている場合でも、出世先のポストが空いてなければ出世できません。

出世できない人の特徴として単純に運が悪いだけも考えられますので、注意してくださいね。

出世できる人になるには?

出世できない人の特徴を見ていきましたが、今度は出世できる人になる方法を考えて生きたいと思います。

人に好かれる「人たらし」になろう

出世できない人の特徴として、上司に気に入られていないというものがありました。

上司に気に入られるには「人たらし」になると良いでしょう。

人たらしとは、「他人を騙す」ことという意味がありますが、現代では人に愛されるということを表す言葉でもあります。

本当の自分とは違っても良いです。出世するのも仕事ですから。周りの人に愛されるキャラになるのが人たらしの意味なのです。

普段の自分では絶対にしないことでも、出世のためなら人に好かれるためにやってみても良いでしょう。

人たらしになれる人が出世する人になれるのです。

さり気なく自分の成果をアピールする

自分の成果をアピールできない人は出世できない人の特徴でもあります。自分の成果をアピールするのって図々しくて嫌ですよね。

自分の成果をアピールするのが図々しくて嫌だなと感じる方におすすめなのが「さり気なくアピールする」ことです。

さり気なくアピールするというのは、

  • 成果について報告メールに記載する
  • 資料の作成者の名前を自分の名前に変更する
  • 評価対象者の目に入るように行動する

と言ったことが挙げられます。

自分から手を上げて「俺がやったんだよ!」と言わなくても、さり気なくやったことが認知されれば、良いわけですから、ガツガツアピールする必要も無いのです。

自分の成果をさり気なくアピールできる出世する人になりましょう。

転職して条件をリセットする

成果の出る部署や、上司とのソリが合わないときは転職するしかないでしょう。

転職することで、成果の出る部署を選び直すことができますし、一緒に働くひとも新しくなるため、転職の条件をリセットすることが可能です。

そもそも、出世の条件を一人の力で満たすのは無理ゲーです。出世は9割が運でありまして、自分の力が及ぶ点は大体1割程度しか無いからです。

出世の条件を頑張るよりもリセットで簡単に出世可能です「運が9割」
「出世したのだけど出世する条件ってなんだろう?」 「出世って実は自分の力では無理ゲーだよね」 優秀な人であれ...

うまく転職するコツは常に転職市場にアクセスしておくことです。転職市場にアクセスし続けていれば、目利きも聞くようになりますし、良い情報に巡り会えるようになります。

おすすめの転職サイトは下記の通りになります。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資問わず全て揃っている。言わずとしたら転職サイトの老舗です。
  • JAC Recruitment:外資系や語学を使う求人に強い!年収を上げたいスーパーサラリーマンにおすすめの求人サイト
  • 転職会議:企業のリアルな口コミを企業で働いていた人が書いているサイトです

出世できない特徴を改善しよう

出世できない特徴の人でも、出世できる可能性はありますが、極力自分の力で出世したいですよね。

出世を目標にしていない人であれば、無理に出世数r必要はありませんが、出世が目標でない場合は、出世出来ない特徴を改善しましょう。

ただ、出世の条件を見てわかる通り、出世は9割程度は運で決まるのです。

そのため自力で出世したいと考えるのであれば、自分がいる会社で出世の条件を満たせるのかを見極め、もしも難しい場合は転職をするなどしてキャリア転換を図ると良いと思います。

以上、出世できない人の特徴は?出世には「人たらし」と「アピール」が大切を解説しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント