転職がうまくいかない20代が簡単に転職するには「採用側の心理を掴め」

「20代が転職が難しい原因は何かな?」

「転職が難しい20代が転職を簡単にする採用側の心理って何?」

20代の転職は「何もない」から難しいです。実績も、コネも、スキルもない。あるのは若さだけの20代ですので、何も考えないで転職をすると非常に難しくなります。

そんな20代でも転職を簡単にする方法があります。

それは、「採用側の心理を掴む」ということです。採用側の心理を掴めば、転職が簡単になるような準備ができるのです。

例えれば、家電量販店でスマホを購入するときを考えましょう。

あなたは、どのようにスマホを選ぶでしょうか?

転職市場において、面接官は家電量販店でスマホを購入する時と同じように、候補者を品定めしています。

つまり、採用側の心理とは、あなたがお店で何かを購入する時とそっくりなのです。

今回は、20代の転職が難しい原因と、採用側の心理から考えた転職を簡単にする準備を解説します。

この記事で学べることは?

  • 20代の転職が難しい原因が学べる
  • 採用側の心理がわからないと20代の転職がハードな原因が学べる
  • 採用側の心理から考えた、20代向けの転職準備が学べる
スポンサーリンク

転職がうまくいかない20代は採用側の心理から原因を考えましょう

20代の転職は難しいといっても、20代で簡単に転職してしまう人もいます。

20代で転職が難しくなってしまう人と、サクっと転職ができてしまう人の違いは、採用側の心理を知っているかどうかです。

採用側の心理を一言で表せば「ミスマッチを減らしたい」ということ。つまり、採用しても会社にメリットを与えない人材は採用したくないのです。

それでは、採用側の心理についてもっと踏み込んで考えてみましょう。

採用側はミスマッチを減らすために即戦力になるかを見ている

採用側は「この人を採用したら会社にメリットがあるか否か」という基準で、採用する人を評価しています。

20代で転職を経験した時に実感したのは、20代での転職の難しさです。

転職において採用する側は、実際に会社にメリットを与えてくれるか否かを判断している訳です。

  • この人は稼いでくれるな
  • 経験者だから使えそうだな
  • 実績も申し分ないな

そのため20代で転職をうまく行きたいのであれば、本来的には稼げる人になり、経験者で実績を積んでから転職をしたほうが、転職の成功確率は上がります。

しかし、20代は転職市場で有利なものが何もない状況です。

  • 経験もない
  • 実績もない

仮に、ある程度の学歴があれば、第二新卒枠でうまく転職することができるかもしれません。

しかし、学歴も資格もない状態の20代が転職するのに、数を重視出して転職活動しても結果がでにくいのが実情です。

20代はアピールできる実績や経験をがありません。そのため、自身のポテンシャルをアピールするのが転職がうまくいくコツとなるのです。

20代の転職でうまくいかない人はポテンシャルが評価されていない

採用側が20代に求めていることは、「即戦力は無理でも、1年後か2年後に戦力になるかな?」ということです。

つまり、20代は即戦力というよりは、ポテンシャルが重視されます。

  • この人を採用したら1年後に戦力になりそうだな
  • この人を採用したら一緒に働くとおもしろそうだな
  • この人は我が社のチームカラーに合っているな

20代は上記のように思われれれば、採用される確率は高くなります。

逆に言えば、転職でうまくいってない人は、ポテンシャルがうまく伝わっていないだけなのです。

補足:未経験採用が多いのは人材が少ない?

未経験採用が多い理由は人材が不足している業界です。

未経験でも良いから人を雇っても利益が出るということだからです。

人材が不足している理由は大きく分けて2つです。

  • 会社の働き方がキツくて慢性的に人が辞めていく
  • 市場自体が成長していて働き手が不足している

未経験の仕事に就くのであれば、市場全体が成長している業界に入って、スキルアップやコネを作りましょう。

転職を重ねていき上流に行かないと一生養分にされる可能性があるからです。

転職がうまくいかない20代でも簡単に転職できる準備とは?

20代の転職活動において重要なのは「ポテンシャルを伝えること」と解説しました。

では、どのようにポテンシャルを伝えれば良いのでしょうか?

家電量販店でスマホを選ぶ場合は「スペックや口コミ」で選んでる

あなたが家電量販店でスマホを購入する場面を想像しましょう。

あなたは何を見て選ぶでしょうか?

スペックだったり、操作性を確認したり、料金だったり、ブランドを見て購入するでしょう。

もしくはセールストークから購入を決めるかも知れません。

採用面接も同じです。面接官はあなたのことを「品定め」します。

あなたが口で素晴らしいことを話すのは、家電量販店のセールスマンが話をするのと同じです。

安い買い物なら、話をした内容で購入を決めるかもしれません。

しかし、高額な買い物になればなるほど慎重に購入するようになります。

セールストークだけでなく「言っていることが本当か証明するもの」が必要になってくるのです。

採用が「品定め」であることがわかればどのような準備をすれば良いのか、なんとなくわかるようになるでしょう。

相手が客観的に評価できる資格を準備してあげよう

採用が品定めである以上、あなたが口でいうよりも、客観的に証明できるものを保有したほうが強くなります。

その意味でも、就活において有利だと言われている資格はある程度保有しておくのがオススメです。

例えば、TOEIC800点以上のスコアを取得していれば下記のようなことが分かります。

  • とりあえず英語は読める
  • コミュニケーション取れないかもしれないけど英語を使うのに抵抗はなさそう
  • 業務上、英語を使っても差し支えなさそう

このように、客観的に評価できる資格を保有しておけば、面接官が品定めする時に良い解釈がされやすいのです。

特に、TOEIC800点あれば、応募できる求人の幅も広がりますし、面接でも「英語を使って仕事ができそうだな」と思わせることも可能です。

TOEIC800点がおすすめな理由は下記に書いてあります。興味がある人はどうぞ。

TOEIC800点は転職に有利でコスパも高い「やらないと損」
「TOEIC800点って転職に有利なの?」 「TOEIC800点を目指すのは転職的にどうなの?」 TOEIC...

早くから年収が高い会社に入る「年収という指標を持つ」

転職を簡単にする最強の方法は、あらかじめ年収が高い会社に入社しておくことです。

例えば、スキルや経験がまったく同じ年収600万円の人と年収300万円の人を比べた時に、どちらの方が実力が高そうに見えるでしょうか?

年収が高いほうが、実力が高く見えます。

つまり、高年収であることは、相手に実力があると認識させる最強の方法なのです。

賛否両論あると思いますが、今後のキャリアを転職前提で考える人は、若いうちは極力年収が高くなりそうな会社に入れば、その後の転職が簡単になるのでおすすめです。

また、年収が高い会社に入社しておけば、転職した際の前職の年収考慮の際に、年収が高くなりやすいです。

年収が高い業界は下記になります。興味がある人はどうぞ。

高年収を狙うなら異業種へ転職しよう【年収が高い業界・低い業界】
「働いている業界の年収が低いなぁ…」 「異業種への転職って実際にできるものなのかなぁ…」 20代・30代であ...

コネを作っておく「良い評価をもらう」

高額な家電を購入する時に評価を気にする人もいるでしょう。

私も、自分が詳しくない分野の製品を購入する際には、商品のレビューだったり、購入ランキングだったりを参考にして、「何を購入すれば外れないかな…」という視点から購入しています。

しかし、採用活動において、他人からの評価を書いてもらうことは難しいでしょう。

他人からの評価作りにおいて重要なのが「コネ」作りです。

コネを作ると、多くのメリットがあります。

  • 仕事を紹介してくれるケースがある
  • 採用面接官が「あの人ってどうなの?」と聞いた時に良い評価をしてくれる場合がある

人における評価にあたる部分はコネでしょう。

コネの作り方は下記の記事で紹介しています。興味がある人はどうぞ。

転職活動は準備が9割?年収を確実に高める転職準備とは?「経験談」
「転職活動をする前にどのような準備をすればよいのかな?」 「転職活動で年収を上げるのに必要な準備は何かな?」 ...

未経験の業界は副業で経験を積む

もちろん実績づくりも大切ですが、未経験の業界の場合は実績はないでしょう。

その時に転職を有利にしたいのであれば、副業で実績を作るのも重要でしょう。

「副業レベルでは意味がない…」と思う人もいるかもしれませんが、それでも実績が無いよりはマシです。

メディアクリエイター系に行きたいのであれば副業で動画を作ってみるのも良いでしょうし、広告系に行きたいのであれば、SNSでの発信やブログ作成などのメディア作成にこだわってみても良いでしょう。

未経験の業界に入りたいのであれば、実績になるような副業をしてみるのもオススメです。

転職がうまくいかない20代は準備を終えたら数で勝負

転職が難しい20代が「品定め」の観点から、自分のスペックを磨いたら、あとはひたすら応募するのみです。

私の知り合いを考えてみても、転職サイトを使用して転職した人は、多くの求人に応募している方が良い求人に就いている可能性が高いです。

dodaエージェントのデータによると、平均応募数は19社とでています。

しかし、私の周りで転職が上手く言った人の情報から考えると、自分の実力以上の求人を目指すのであれば、40社以上は応募すると良いと思います。

求人に応募するのも、エージェントを利用するのも良いですが、自分で選んだほうが良いでしょう。そのためにも、多くの転職サイトに登録しておいたほうが良いです。

おすすめの転職サイトは下記になります。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

20代の転職が難しい理由は、評価されるものが少ないからであり、採用側の観点から必要な準備をしたほうが良いでしょう。

準備がある程度まで済んだら、20代の転職は数が勝負です。積極的に求人に応募し、転職活動を開始しましょう。

以上、転職が難しい20代が簡単に転職するには「採用側の心理を掴め」を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました