辞めてからの転職活動は失敗する?辞めずに転職活動を成功させる方法

「会社を辞めてから転職活動しても良いのかな?」

「会社を辞めずに転職活動をうまくやる方法ってないのかな?」

経験的に言えば、会社を辞めてからの転職活動は失敗する可能性が高いです。

転職活動にはお金がかかります。会社を辞めてからの転職活動はお金の心配ばかりしてしまい、面接対策も疎かになりやすいです。

さらに、お金がなくなってくれば、「どこでも良いから入社したい!」と考えてしまうので、自分の理想とはかけ離れた企業に転職する可能性も高いのです。

辞めてから転職活動をする人の理由は時間がないからが圧倒的に多いです。

しかし、個人の工夫と強い心を持てば、会社を辞めずに転職活動を続けることも可能なのです。

今回は、会社を辞めてからの転職活動が危険な理由と、辞めず転職活動する方法を解説します。

この記事で学べることは?

  • 辞めてからの転職活動が危険な理由が学べる
  • 辞めないで転職活動を成功させる方法が学べる
  • どうしても辞めなければいけない時に気をつけることが学べる
スポンサーリンク

辞めてからの転職活動は超危険である

転職が決まる前に退職した人と、転職が決まってから退職した人を比べてみると、会社を辞めてから転職活動する人の方がハードです。

実際に私の周りの人でも転職が決まる前に退職した人を見たことがあります。

ほとんどの人は、ギリギリの状態で転職活動をしており、なかにはフリーターになってしまい、生活がかなり苦しくなっている人を何人も見てきました。

会社をやめると収入が途絶える

会社を辞めてから転職活動をすると、収入源がなくなります。

そのため、日々の生活に苦しむ人が圧倒的に多いです。

転職活動にはお金がかかります。

  • 外食費
  • 交通費
  • 生活費

会社を辞めてから転職活動するなら、1年くらいは仕事をしないでも生きていけるほどの貯金が必要でしょう。

貯金もないのに退職し、焦りながら転職活動する人は意外に多いです。

実は、私自身も転職先が決まっていない時に退職したことがあります。

お金の心配ばかりする羽目になり、転職活動に身が入らず、ヒヤヒヤしながら転職活動していました。

会社を辞めて、収入がない状態での転職活動は、はっきり言って最悪ですよ。

職歴空白は転職活動において不利になりやすい

会社を辞めてから転職する場合、転職がうまく決まらないと、職歴に穴が開いてしまいます。

転職活動では、職歴に穴が開いている理由は必ず突っ込まれます。はっきり言って職歴に空白があるのは不利です。

もしも職歴に空白があるのであれば、ポジティブな理由がなければ、印象が悪くなるのは避けられません。

例えば、あなたが面接官だとして、「転職先が決まる前に辞めて転職活動がうまくいかなかった」と聞いたら、どういう印象を受けますか?

おそらく、「計画性がない人なんだな」「いつか会社を辞めてしまうかもしれない」と考えるでしょう。

つまり、職歴に空白があると、転職活動に不利なのです。

もしも、職歴に空白がある場合は、ポジティブな印象を与えられる理由を述べられるように準備しておきましょう。

転職活動が焦ってうまくいかない

会社を辞めてから転職活動は、焦ってしまうので、うまくいかないことが非常に多いです。

なぜ転職が焦るとうまくいかないのかというと、転職活動はお見合いだからです。

お見合いには、お互いのことを理解するためにある程度の時間は必要です。

また、お見合いで相手が焦っている人だと、「必死だなぁ…」とあまりよい印象を与えることもできないでしょう。

会社を辞めてしまい、収入が途絶えており、職歴が空白になることに危機感を持っている場合、転職活動に余裕がなくなります。

転職活動で必死な感じもでてしまい、相手に悪い印象を与えることは当然です。

さらに悪いことに、会社のことを十分に理解せず、入社してからミスマッチを感じる可能性も高くなります。

ミスマッチを感じてしまうと、せっかく転職した会社もすぐに辞めてしまうことになるのです。

「将来が不安」での転職は失敗する?転職を慎重に検討すべきな不安?
「将来が不安だから転職したいな」 「将来への不安だけで転職してもよいのかな?」 将来が不安な人が不安なだけで...

辞めてからの転職活動は危険!転職活動と仕事を両立する方法とは?

会社を辞めてからの転職は、収入が途絶え、職歴に穴が空き、転職活動がうまくいかない可能性が高いです。

できるだけ会社に在籍しながら転職活動した方が良いでしょう。

では、会社に在籍しながら転職活動を進める良い方法とは、どのような方法でしょうか?

残業が多い人は残業しないように工夫しよう「強い心が重要」

残業が多い会社に在籍している場合、業務が終わるのが18時以降になってしまい面接ができないと思う人もいるでしょう。

事実、残業しにくい会社にいると、先輩が帰るまで帰れなかったりします。

しかし、残業を続けていては、転職活動がうまく行きません。

会社に都合の良いように使われるだけなので、強い心を持って定時退社しましょう。

定時退社をするために使える工夫はたくさんあります。

  • 営業なら出先に行き直帰で定時退社
  • 内勤なら早めに会社に出社して仕事を終わらせる
  • 仕事が終わっていなくても定時で上がる
  • 先輩が席を外した瞬間に退社する

などなど、工夫次第では、定時で帰宅することも可能です。

できれば面接は業務前、業務後に入れましょう

当たり前ですが、業務中に面接に行くのは現職の規律違反になります。処罰の対象です。

面接先の企業からしても、業務中に面接に来ていると判明したら、「うちでも同じことするのでは?」と悪い印象を与えることになるでしょう。

そのため、業務中に面接に行くのは辞めて、可能な限り業務後に面接に行くようにしましょう。

役員面接意外であれば、面接時間を18時以降に融通してくれる企業も増えてきています。

18時以降の面談時間は最初から提示してくれないかもしれません。

しかし、日中での面接の調整が難しい時は「有給を使うことになりますので、18時以降のご面談は難しいでしょうか。」と申し訳なさそうに伺ってみましょう。

また、始業が遅い会社や、フレックスの会社であれば、業務前の時間に面接を入れることもできるでしょう。

このように、業務前、業務後の時間を有効活用して、面接を入れるようにしましょう。

面接日には有給半休を使おう

業務中に面接に行くのは辞めた方が良いことは説明しました。そのため、可能な限り業務後に面接を調整した方が良いです。

しかし、どうしても面接が日中になってしまう時もあるでしょう。

日中に面接を受けざるを得ない場合は有給や半休を使うなどして調整しましょう。

有給や半休を使う場合、できれば同じ日に面接を複数個入れられると理想的です。

複数の面接を入れるには、同時並行して複数の企業を受けておくと良いでしょう。

エージェントをフル活用する

サラリーマンが働きながら転職活動するには、転職エージェントをフル活用する必要があるでしょう。

転職エージェントも良い転職エージェントに出会えるかは運です。

悪いエージェントに出会って、転職がうまくいかない人もいますが、良い転職エージェントと出会って感謝している人はかなり多いです。

良い転職エージェントに出会うには、多くのエージェントに会う必要があります。

そのため、複数の転職サイトを活用して、転職エージェントに合う回数を増やしましょう。

また、転職エージェントは使わなくても、転職サイトに登録しておいた方が良いでしょう。

大手3社の転職サイトを使えば、ほとんどの求人がカバーできます。

自分で求人先を探したいという人は、複数の転職サイトに登録しておきましょう。

下記の転職サイトは登録しておいて損はないでしょう。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

辞めてから転職活動しなければいけない人が注意すべき点

最短で転職活動を終わらせるために辞める前に準備しよう

辞めてからの転職活動が長期化してしまうと、お金もなくなり職歴も空白ができてしまいます。

そのため、転職活動を最短で終わらせるためにも会社を辞める前にやれることは全部やりましょう。

下記のことは会社を辞める前にやっておきたいですね。

  • 自己分析
  • 志望動機
  • 将来像
  • 資格取得
  • 求人情報収集
  • エージェントとの面談(必要であれば)

1年は生活できる貯金を持ってから退職しよう

職歴に空白が生まれるなら「ポジティブな理由」を持とう

転職先が決まる前に退職したいと思う人もいるでしょう。

その場合は、転職前に退職するポジティブな理由が必要です。

「なんで転職先が決まる前に会社を退職したの?」と聞かれた時にどう答えればよいでしょうか?

個人的には「忙しくて転職活動に支障が出るから」と答えるのが無難かなと思います。

例えば、「残業が毎日20時まであり、忙しすぎて転職活動ができなかった」という理由であれば、面接官も「そうなんだ」と納得します。

重要なことは、職歴に空白がある理由を正当化できるかという点です。

そう考えれば、実際に学校に通い直した人は正直に「学校に通ってました」と言えば良いです。

自営業で食べていた人は「その期間中は自分の力を試したくて自営業として働いていました」という風に答えられれば良いでしょう。

職歴に空白がある人は、必ず突っ込まれるので、しっかりと対策を立てておきましょう。

辞めてから転職活動するのは危険!

転職先が決まる前に退職をすると、転職活動がうまくいかない可能性が高くなります。

仕事をしながら転職先を探す方法は、

  • 業務後に面接をする
  • 日中の面接なら有給・半休を活用する
  • エージェントをフル活用し、転職サイトは複数登録する

といった点が重要になっていきます。

どうしても退職をしてから転職活動したい場合には、キャリアに穴が空いてしまうことにポジティブな理由があれば問題ないでしょう。

退職は「やめたいからやめる」のではなく、戦略的に退職することが重要なのです。

以上、辞めてからの転職活動は失敗する?辞めずに転職活動を成功させる方法を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました