メガバンクに就職前の準備とは?銀行員になる前に考えるキャリア戦略

「メガバンクに就職するけど何を準備すれば良いのかな?」

「銀行員になる時に何を考えておけば良いのかな?」

メガバンク就職前からキャリア戦略を考えておかないと、20代を棒に振る可能性が高いです。

特に銀行は一生安泰という雰囲気があります。雰囲気に流された結果、気づいた時には30代が過ぎており、激しく後悔するということも…。

メガバンク就職前からキャリア戦略を明確にできていれば、20代で年収をかなり上げることも可能ですし、メガバンクでも重宝される人材になり、出世競争に勝ち抜くこともできるでしょう。

今回は、銀行に就職する前にキャリア戦略を考える方法と、キャリア戦略を実現させるために必要なスキルについて解説します。

この記事で学べることは?

  • 銀行に就職する前にキャリア戦略を考える必要性が学べる
  • 銀行に就職してからのキャリア戦略の例が学べる
  • 銀行でのキャリア戦略を実現するために必要なスキルが学べる
スポンサーリンク

銀行に就職する前にキャリア戦略を考える「価値を最大化するために」

銀行に就職する前からキャリアを考える理由は、「あなたの価値を最大化」するためです。

というのも、メガバンクの研修システムは終身雇用を前提として、非常に効率化されているからです。

銀行の研修システムは非常に素晴らしいです。

新卒からの数年間は先輩への帯同しながらOJTで学び、資格勉強に励むようにと指示がでるなど、将来のキャリアについて自分から考えなくても、全然問題がないのが銀行員です。

しかし、これらの研修は終身雇用制度を前提として効率化されたものです。

そのため、現在の情勢とは適合せず、20代で受ける研修などの教育システムでは、労働市場での価値が減少してしまう恐れがあります。

銀行員と言えども一生安泰とは言えず、旧態依然とした経営である銀行では、やりがいを感じずに転職していく若者も多いでしょう。

そのため、銀行のキャリアパスに従って生きても、あなたがやりたい生き方には適合しない可能性があるのです。

銀行に就職するなら銀行の将来性を知ろう

これからメガバンクに就職する人は、銀行の将来性を知っておいた方が良いでしょう。

なぜなら、昔のような将来性は期待できないからです。

はっきり言ってしまえば、現状のままの銀行では、将来性は絶望的でしょう。

  • 融資で稼げなくなった
  • 販売手数料で稼げなくなった
  • コストカットしようにも切れない人員
  • フィンテック企業などのライバルの増加

このような、状況の銀行ですから、将来性は絶望的な訳です。

もしも、現状のままの経営態度であれば、破綻する可能性もあるでしょう。

そのため、徹底したコストカットをして、不景気でも黒字になるような経営体質に変化しなければいけず、各銀行が取り組んでいる今が契機でもあるのです。

昔は、銀行であれば一生働けるし、一生安泰だとされていました。

しかし、現在では、いくら銀行と言えども何もせずに一生一社で安定という選択は厳しいのです。

銀行の将来性が絶望的である詳細な理由と、コストカットを生き残って、恩恵を受ける方法は下記の記事で解説しています。興味がある人はどうぞ。

メガバンクの将来性は絶望的?銀行員として生き残る方法とは?
「メガバンクの将来性ってないのかな?」 「銀行員なんだけど生き残る方法って何なのかな?」 メガバンクの将来性...

銀行で考えられるキャリアプランとは?

銀行で考えられるキャリア形成は下記の3点です

  • 個人向けのエキスパート:プライベートバンカー
  • 法人向けのエキスパート:投資銀行業務
  • 出世競争を勝ち抜く:マネジメント・経営陣
  • まったく別の業界へ行く:まったく別のキャリアを選択する

個人向けのエキスパートになる

個人向けのエキスパートであるプライベートバンカーは海外でよく聞きます。

外資系の企業の方がプライベートバンカーは強いイメージがあります。

そのため、ある程度の英語力と個人向け営業の経験がなければ、プライベートバンカーになるのは厳しいです。

また、プライベートバンカーは相続・遺言の知識だけではなく、企業の財務会計の知識も必要になるとも言われています。

プライベートバンカーに鳴るには多岐にわたる高度な知識が必要になるのです。

法人向けのエキスパートになる

企業向けのエキスパートになった人は将来的に企業のCFOになるケースも多いです。

また、銀行の法人向け営業は商業銀行としての融資などを担当することですが、投資銀行などに転職している人もいます。

しかし、投資銀行と商業銀行は毛色が違いますが、商業銀行でも最新の資金調達のノウハウを学び、実績を残せれば、外資系投資銀行に転職できる可能性があります。

出世で勝ち抜く・他の業界に行く

もちろん、銀行の中で出世競争に勝ち抜き、経営側に回るというのも一つの選択肢でしょう。

出世競争で勝ち抜けば、銀行を経営する側に回れるので、コストカット後の恩恵を十分に受けることができます。

また、「銀行が合わない」として他の業界に行きキャリアを変えるのも良いでしょう。

いずれにせよ、早い段階で自分自身の人生を選択し、キャリア戦略を練ったほうが、有利に働くという訳です。

銀行に就職するならキャリアプランを実現するためのスキルを身に着けよう

銀行の将来瀬は絶望的であり、一生一社では難しいでしょう。

これから銀行員になる人は実際に転職するか否かはさておき、転職を前提としたキャリアプランでも、それを実現できるスキルを身に着けておいたほうが良いでしょう。

キャリアプランを実現するためのスキルを身に着けておけば、

  • 労働市場における付加価値を高めることが可能
  • 最悪の時には、より有利な企業に転職できる可能性もある

そのため、銀行員は転職に向けて常に準備をしておいたほうが良いのです。

英語は勉強しておこう「国内市場は低迷する」

いくら国内の事業が中心となる銀行と言えども、日本の経済は伸び悩むことは明白です。

銀行員と言えども英語を勉強しておき、海外で働ける様になっておいた方が良いでしょう。

最低ラインとしてはTOEIC800点以上は狙いたいところですね。

残念ながら、TOEIC800点では会話ができるレベルではないですが、履歴書に書いても「英語がそれなりに使える人」と評価されることも多いので、転職にもコスパが高い点数だと思います。

TOEIC800点は転職に有利でコスパも高い「やらないと損」
「TOEIC800点って転職に有利なの?」 「TOEIC800点を目指すのは転職的にどうなの?」 TOEIC...

資格取得を進めよう「客観的に示せる評価を持とう」

付加価値を高めるのであれば、資格取得もおすすめです。特に銀行は資格を取得しておけば、社内の出世にも役に立ちますし、評価も上がります。

銀行に就職して1年目から下記の資格を勉強し始め、1年ごとに資格を増やしていくと良いでしょう。

  • 米国公認会計士(US-CPA):公認会計士が時間的に難しい人向け
  • 公認会計士・税理士:時間的に余裕がある人向け
  • FP:個人的なファイナンシャルプランを設計する業務にある人
  • 簿記:企業の会計情報などによく触れる人

証券会社なら証券アナリストなどの資格も有利となるでしょう。

とにかく資格を保有しておけば、後のキャリアにも有利に働きやすくなります。銀行に入社する前から保有する資格について考えておくのも良いでしょう。

常に転職の情報を集めておこう「労働市場で価値を上げる」

銀行で求められる能力と、労働市場で求められる能力は違います。そのため、銀行にいるだけで、他の業界にまで目を向けなければ、30代になった時に転職できない人材になってしまう可能性もあるのです。

そのため、転職活動を前提として考えるのであれば、転職市場を常にウォッチして、転職の情報を得ておくと良いでしょう。

転職の情報を得るもっとも簡単な方法は転職サイトに登録して検索することです。当たり前かもしれませんが、転職サイトに登録しておいた方が、転職に関する情報は多くなりますし、エージェントとの面談で新しい情報を得ることも可能です。

銀行員で転職を前提に行動するのであれば、早い段階で転職サイトに登録しておくのがおすすめでしょう。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

脱サラに備えた副業の準備もOK「マイビジネスを持つ」

銀行員が転職を前提として活動した方が良いと解説しましたが、転職するのに抵抗がある人は、脱サラに備えた副業の準備でもOKです。

残念ながら銀行の将来は現状のままでは絶望的です。転職が嫌だと考えているあなたは、もしかしたら早期退職の対象になる可能性もあります。

そういったリスクがあることを考えると、早期退職をしても問題がないように、副業をして収入源を確保しておくのは良い選択となるでしょう。

事実、銀行にも副業解禁の流れが着々と来ています。

今後、副業する銀行員が増える可能性が高いです。

そのため、銀行員として若い時期から副業を開始することを検討しておけば、副業解禁の流れに乗れるでしょう。

実際に、銀行を退職した人の中には、副業でお金が稼げるから退職をしたという人もいます。

銀行に人生を預けて、一生安泰というのがありえない時代です。

自分自身の安泰を勝ち取るためにも副業に関して検討しておくと良いでしょう。

サラリーマン+副業フリーランスが年収1000万円に最短な理由?
「年収1000万円を目指すならサラリーマンとフリーランスどちらが効率的?」 「年収1000万円を目指すのにサラリー...

銀行員になる前にキャリアプランを立てよう

現在の将来性が絶望的な銀行ですが、コストカットが成功すれば将来性が復活します。

そのため、これから銀行員になる人は、銀行で生き残るためにも、キャリアプランを考えておいたほうが良いのです。

銀行員が考えられるキャリア戦略とは下記のとおりです。

  • 個人向けのエキスパート→プライベートバンカーに
  • 法人向けのエキスパート→投資銀行業務へ
  • 出世競争に勝ち抜く→経営側・管理側へ
  • まったく別の業界に行く→まったく別のキャリアにする

上記のキャリア戦略を実現するために、できることは下記です。

  • 英語を学ぶ
  • 資格を取得する
  • 転職情報を得る
  • 副業を検討する

以上、メガバンクに就職前の準備とは?銀行員になる前に考えるキャリア戦略を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント