「将来が不安」での転職は失敗する?転職を慎重に検討すべきな不安?

「将来が不安だから転職したいな」

「将来への不安だけで転職してもよいのかな?」

将来が不安な人が不安なだけで転職する人は高確率で失敗します。

不安な点にだけ焦点を当ててしまい、全体感がまったくないので、仕事とのミスマッチが起こりやすいからです。

転職に失敗した人で「働く前と働いた後でギャップを感じなかった」と回答したのは16%。

つまり、転職で失敗したと感じた人の約80%が、なにかしらのギャップを感じながら転職しているのです。

将来が不安な人は転職は慎重に行うべきです。

なかには「転職をしないほうが良いんじゃないか?」と思うような将来への不安もあります。

今回は、将来の不安を解消する転職は慎重に取り組んだほうが良い理由を解説したいと思います。

この記事で学べることは?

  • 直近の将来が不安なら転職と副業どちらが良いのか学べる
  • 転職がNGな将来への不安が学べる
  • 将来が不安な人が転職する際に注意すべきことが学べる
スポンサーリンク

将来が不安な人には転職活動はおすすめです

将来が不安な人が取れる行動は主に2つです

  • 副業する
  • 転職する

上記2つのうち、まずはじめに取り組むべきなのは転職でしょう。

実際に副業である程度稼ぐようになったから言えますが、副業で将来の不安を解消するには長期的な時間がかかります。

それこそ、年単位で時間がかかるので、副業だけで将来の不安を解消するのは精神的に辛いものがあるでしょう。

ただし、転職で将来の不安を解消する場合、長期的な不安の解消にはならないかも知れません。

なぜなら、早期退職・リストラの対象になる可能性もあり、収入が途絶える可能性があるからです。

ただ、転職のほうが副業よりも短期的に将来の不安を解消できます。早ければ年内で転職活動が終えられれば、年内で将来の不安を短期的に解消できるからです。

つまり、それぞれの特徴を解説すると、

  • 副業:長期的な将来の不安対策に効果的・しかし時間がかかる
  • 転職:長期的な将来の不安対策には不向き・短時間で解消可能

そのため、もしも直近で将来に不安を感じているのであれば、すぐに転職を検討すると良いでしょう。

どのような不安なら転職するべきなの?

直近の不安を解消するためには、どんな理由であっても転職したほうが良いのか?というと、そうでもありません。

なかには直近の不安を解消するために転職した結果、より不安が助長したというケースも有るのです。

感覚的な話になりますが、不安から転職する人は高確率で失敗します。

その理由は、不安な点だけに集中して、全体を考えていないという点があります。

例えば、「給料が安い」から転職する人は、給料しか見ていません。仕事の条件などを見ていないため、残業が多いことに文句を言って再び転職することになります。

では、転職すべき理由と転職してはいけない理由とは一体何なのでしょうか?

「労働条件が悪い(賃金含む)」→早めの転職を検討してOK

転職をする理由を見てみると、一番に上がる理由が「給料が低い」ことです。

平成29年雇用動向調査結果によると、30歳〜34歳が転職した理由の一つが賃金でして、退職した男性の20%、女性でも10%という高水準に位置していました。(男性20.2%、女性10.6%)

また、労働の条件も男性13.9%、女性19.9%高水準です。労働の条件とは、勤務地・労働時間・休日出勤の有無・残業の度合い・転勤の有無などでしょう。

30代になった男女は将来について現実的に考えます。そのため、仕事以外のプライベートに不安がある場合に転職する傾向が強いのでしょう。

  • 「将来のお金が不安だ」
  • 「残業をしたら家族の時間がない」
  • 「転勤が多かったら子供の教育に悪影響かな」

こういった理想的なプライベートが生きられないという不安を抱いたら、すぐに転職を考えるのがオススメです。

特に異業種への転職も含めて視野に入れる場合は、若いうちのほうが業界業種を変えやすいので、早めに転職を検討するのが良いでしょう。

20代の転職理由は間違ってる?30代の転職理由と比較してわかる夢と現実
「仕事がおもしろくないから、転職しようかな…」 「人間関係がつまらないから、転職しようかな…」 20代で考え...

「スキル習得が不安」→転職に慎重になろう

大企業のように細分化された仕事に取り組んでいると顕著でして、その企業でしか使えないことをやっている場合、自分は転職してもやっていけるのだろうか?と不安になることも多いです。

「転職につながるスキルが身につかないなぁ」将来不安になるでしょう。

しかし、「スキルが身につかないから転職する」という考えは控えた方が無難です。

というのも

  • スキルは身につけようと思えば、転職しなくても身につけられる
  • 別のスキルに目移りする可能性がある
  • 未経験歓迎の求人は給与が下がるなどの労働条件が悪化する可能性が高い

例えば、大企業に勤務している人の場合、スキルが身につかないという理由で転職した結果、転職先の労働条件に文句を言っている人は多いです。

スキルを身につけたいという思いが強かったあまりに労働条件などを無視して職業を選んだ結果でしょう。

つまり、

  • 将来的にそのスキルで食べて行くと決めているなら、早めに転職すべき。
  • 将来のキャリアプランに悩みがあるなら、スキルのためだけに転職するのは慎重に

ということになるのです。

もしも、労働条件が好転してかつスキルが身に付く職業が見つかったら、すぐに転職を検討しても良いでしょう。

そういった求人を見つけるには、日頃から転職サイトやエージェントと相談しておく必要があるのです。

「業界・業務の将来の不安」→転職を早めに検討すべき

昔は景気が良かったけど、いまは景気が悪い業界ってありますよね。

業界の将来を考えただけで、将来が不安になることがあります。

その業務、機械に代替されませんか?

最近であればRPAの導入してのコスト削減が一種のブームになっています。

住宅ローン大手のアルヒでは、審査業務が80%RPAにより削減できたといいますし、サッポロHDはRPAにより給与計算業務を88%削減したそうです。

業務の80%が削減ということは、単純に考えれば人員が8割型は不要になります。

そのように機械に代替される可能性のある仕事についている場合は、より市場価値を高めるようにスキルアップする必要があるでしょう。

業界的に伸びないなら転職も検討しよう

また、業界的にも頭打ちで伸びないなと思えるような業界にいる人もいるでしょう。

このため、将来に不安を感じている場合は、早急に転職を検討しておくことが良いでしょう。

なぜなら、若い内の方が他業種・他業界への転職もポテンシャルで採用されるケースが多く、比較的簡単に他業種・他業界に移ることが可能だからです。

20代の転職は高年収な異業種を狙おう「軌道修正のラストチャンス」
「20代から転職するのってどうなんだろう?」 「転職はいつ頃かしたほうが良いの?」 石の上に三年が大切だから...

「人間関係でやっていけるか不安」→転職には慎重になりましょう。

今の仕事の人間関係が嫌だから転職したいと感じる人もいるかもしれませんが、そういった場合の転職は慎重になった方無難です。

というのも、人間関係が嫌で転職した場合、転職先でも同じことが起こる可能性が高いので、転職することが抜本的な解決にならないからです。

そのため、転職は慎重にすべきであり、労働条件を悪化させてまで転職する必要はないです。

転職で失敗する20代は仕事に求めすぎている傾向にありまして、特に人間関係は確実に求めすぎの典型です。

会社の人間関係なんて会社を退職したらほとんど関わることがなくなります。

そのため、もしも人間関係が嫌であれば異動届やパワハラなどの訴えを起こすことで、会社に留まりながら改善していく方が良いのです。

転職で失敗する20代は「求めすぎ」「計画性なし」【経験談】
「転職で失敗しないためにはどうすれば良いかな?」 「とりあえず、今の会社は嫌だから退職しようかな…」 できれ...

将来が不安な人は「不安な点以外」をよく見よう

将来が不安な人は不安点しか見ていない傾向にあります。

例えば、給料が安いことで不安を感じる人は、給料しか見ない傾向にあるでしょう。

転職で失敗する理由は全体的に見ていないことです。

転職するには最低でも下記のことは見ておきたいです

  • 給料
  • 福利厚生
  • 労働条件(残業・転勤の有無)
  • 業界の伸び
  • 業務の代替性

上記のことを調査して、自分の中で「これなら大丈夫!」と吟味しない上での転職は失敗する可能性があるのです。

将来が不安でも転職は慎重に検討しよう

転職することは、短期的に将来の不安を解消するには最良の方法です。

しかし、早期退職・リストラなどの可能性は消えませんので、長期的な不安解消をしたかったら副業などをして収入源を複数増やしておくのが良いでしょう。

将来の不安を解消したいと言っても、転職すべき理由と転職するべきではない理由があります。

転職すべき理由は下記のとおりです。

  • 賃金が安い
  • 労働条件が悪い
  • 業界・業務への危機感

転職すべきでない理由は下記の通りになります

  • スキルが身につかない
  • 人間関係が嫌だ

将来が不安だからといって転職を簡単に決めてしまうのは気をつけましょう。自分の市場価値が高まる転職をして、年収を上げて行ければ最高ですね。

以上、「将来が不安」での転職は失敗する?転職を慎重に検討すべき不安を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント