論理的思考力は知らぬ間に低下?論理的思考力を手軽に磨く6つの方法

思考力を鍛える6つの方法 論理的思考

「論理的思考力を身につける方法って何?」

「ロジカルシンキングって難しい」

知っていましたか?現代人は知らぬ間に論理的思考力が低下していってます…

その原因は、考えなくても膨大な情報が手に入る世の中になったからです。

また、思考力を使う必要なく楽しめるスマホなどの登場も論理的思考力を低下させています…。

その結果、思考をする必要性がドンドン減っています

この状態で、論理的思考力が求められる場所に行ったらどうなるでしょうか?

自分の意見を発表しろと言われても論理的に発表できず、考えて行動しないといけないの時も、論理的に考えることができずに失敗を繰り返す…。

論理的思考力は20代社会人からはなるべく意識的に鍛えたほうが良いのです…。

今回は、論理的思考力を鍛える6つの方法をご紹介します。

本を読むと論理的思考力を鍛える

思考力を鍛えるのに一番良いのは、書籍を読むことです。つまり、本に触れれば触れるほど、思考力を鍛えることができます。

本を読むとは、著者の論理的な意見に触れることです。著者の意見に触れる結果、自然と論理的思考力が身につくのです。

スマホでは論理的思考力を鍛えられない

「スマホにもいっぱいサイトがあるし、ニュースもあるから、論理的思考力が鍛えられるのでは?」

今の世の中、情報を取得するのに使われるスマホですが、残念ながら、いくらスマホの文章を読んでも論理的思考力を身につけることは難しいです。

スマホにあるサイトや記事は、読者が読みやすいように結果しか書いていません。その結果、因果関係を追うということができないので、論理的思考力が身につかないのです。

論理にはまず「なぜ」があって、次に「こうだから」と理由があって、「そうなる」という結果がある。結果に対する原因の時間的な先行性がある以上、すべての論理は時間を持っている。その塊が本であって、ウェブや記事のような情報は時間的な奥行きがない

LINK ネット時代に、なぜ「読書」が大事なのか?

読書をすると抽象化と具体化の思考も高められる

読書をして「このアイデア良いな!」と思った時に、自分の生活に活かそうと考えることがあると思います。

この過程で、人間の思考力において最も重要な抽象化と具体化というプロセスを行えるのも読書の強みです。

抽象化と具体化はちょっと難しい概念だけど、とても重要です!

本の中に書いてある具体例を基にして、一般的な概念にすることがあります。

この「具体例を一般的な概念にすること」を抽象化と言います。

この抽象化と具体化という思考法は行えば行うほど早くなります

そして、抽象化した一般的な概念を自分のことに置き換えて、活かそうとします。

この「抽象書いた一般的な概念を自分のことに置き換えること」が具体化です。

抽象化と具体化のプロセスが早くなれば、ものごとに対する理解力が高まりますので、周囲からの評価ももちろんあがりますし、知識の習得なども全てが早くなります

そして、抽象的な概念を抜き出すことで、相手に近い具体例を使って説明することができるので、より説得力のある話もできるようになります。

すいません…。あまり分かりやすく説明できません…。「読書をするとすごい人になる」ってことで覚えておいて下さい…。説明力のなさが、抽象化思考力のなさを表してますね…。

考え方の基礎を知れば論理的思考力が磨かれる

「考え方の基礎ってなに?」

考え方の基礎とは、「思考のフレームワーク」のことです。

例えば、三角ロジック・PDCAサイクル・MECEなどを思考のフレームワークと言います。

論理的思考力は、実は思考のフレームワークを使っていることが多く、一度思考のフレームワークを覚えてしまえば、論理的思考力はかなりの速さで鍛える事が可能なのです。

下記は20代が知っておくべきフレームワークを紹介している記事です。

この記事の中で私がロジカルシンキングを克服するために身につけた「三角ロジック・PDCAサイクル・MECE」を解説をしております。

結構長文で丁寧に解説しているので、「思考のフレームワークって何?」って思われる方はぜひ見てみて下さい!

参考ロジカルシンキングを克服!論理力がUPした私のコツ3選!

また、思考停止状態の原因の1つとしてフレームワークを知らないことも原因になります。思考のフレームワークを知らない方は、もしかしたら思考停止状態になっているかもしれませんので、思考停止状態を解消する方法も学んでみましょう!

参考思考停止状態の方必見!思考停止を解消する方法とは?

論理的思考力を伸ばすには仮説を立てよう!

読書をする・思考のフレームワークを知るのと同じくらい大切なのが「仮説を立てる」という行動です。

読書やスマホなどで、いろいろな情報を見た時に、様々な仮説を立ててみましょう。

仮説を立てるには下記の二つの問いかけをすることにより、仮説を考えるきっかけとなります。

原因・背景を考える問いかけは「何故?」

ニュースや事例、いつも日常にある些細な出来事のようなことが何故起こったのか、その背景は何だろうか?

ということを考えるきっかけになる問いかけは「なぜ?」という問いかけです。

「なぜ?」を問いかけている例文

  • なぜ、ニュースのようなことが起こったのだろうか?
  • なぜ、彼女(彼氏)と喧嘩になってしまったのだろうか?
  • なぜ、愛していないと思われてしまったのか?
  • なぜ、料理が焦げてしまったのだろうか?

このように、些細なことでも何でも、「なぜ?」と問いかけることによって、原因や背景を考える思考のプロセスが始まります。

なぜを問い続けることを繰り返せば、論理的思考力を鍛えることにつながります。

影響・リンクを考える問いかけは「そうなると、どうなる?」

先ほどいったように、なぜを問いかけた後に、さらに論理的思考力を鍛えたい場合は、「そのできごとから引き起こされる影響は何か?」と問いかけるとよいでしょう。

また、自分が考えた原因や背景を考える時に、ロジック的に飛んでいないか、つながりが正しいかを検証するための問いかけは、「そうなると、どうなる?」という問いかけです。

「そうなると、どうなる?」と問いかける例

  • ニュースのようなことが起こると、どうなるか?
  • 彼女(彼氏)と喧嘩になると、どうなるか?
  • 愛していないと思われると、どうなるか?
  • 料理が焦げてしまうと、どうなるか?

「そうなると、どうなる?」という問いかけをすることによって、影響を考えるきっかけになります。

また原因を考える時には「何故?何故?」と考えます。

原因が改善したら、問題が改善するかを検証する時には「そうなると?そうなると?」と考えていきましょう。

論理的にリンクが飛んでいなかったり、間違っていなければ、論理的に正しいと言えます。

例えば、原因を考える時には、何故を繰り返す。

腹が減った→(何故?)→ご飯を食べていないから→(何故?)→ご飯を食べる時間がないから→(何故?)→ご飯を食べる時間を作ってなかったから

よって、根本の原因は「ご飯を食べる時間を作ってなかったから」となります。これが論理的に正しいか否かを判断するには、逆から「そうなると?」と考えていけば良いです。

腹が減らない←(そうなると?)←ご飯を食べれる←(そうなると?)←ご飯を食べる時間ができる←(そうなると?)←ご飯を食べる時間を作る

このように、原因を考える時には「何故?」と問いかけ、自分の考えが正しいか否かは「そうなると?」と問いかけることによって、正しいか否かを判断することができます。

論理的思考力は仮説を検証して間違いを

実際に、仮説を立てたら、その仮説が正しいか否かの検証をしましょう。

検証は簡単にできます。

検証の仕方例

  • ネットで調べる
  • 自分よりそのことに詳しい人に聞く
  • 本を読む

仮説の検証をして正しければ、自分の論理が正しかったということになります。

間違っていれば、なぜ間違えたのだろう?と修正することができます。

検証することにより自分の論理的思考力の振り返りができる為、論理的思考力が身につくきっかけになります

また、相手に伝わる話し方をするには相手がどういう人のなのかをイメージする必要があります。

それも仮設力として紹介している本がありました

仮説力とは、イメージする力です。相手に伝わる話し方をするには、相手がどの点に問題意識を持っているのかを考え、自らの頭の中で考えることが必要になります。

参考書評「コンサルタントの「質問力」」相手に伝わる話し方って?

また、仮説力の大切さを紹介している本もありましたので、こちらもご覧ください

「何故?」「そうなると?」と考える癖を身につける

いろいろな事例やニュース、些細な出来事でもなんでもそうですが、「何故?」「そうなると?」といった問いかけをする癖を身につけましょう。

何にでもです。そうすれば、思考力を鍛える癖ができたと言っても過言ではないです。

アウトプットすると論理的思考力は鍛えられる

仮説をするだけではなく、アウトプットすることでも論理的思考力を身につけることができます。

アウトプットは、ブログに書くこと、友達に伝えること、紙に書くことなんでも良いです。

アウトプットすると、自分の頭の中を言葉にするので、思考が明確になります。

分かっていると思っても、意外にアウトプットしてみると論理的に破綻しているkとが多いんだよね。

また、言葉にできないことは、自分の中では曖昧なことです。自分の中で曖昧な言葉にできない部分を、重点的に深く考えることが論理的思考力を鍛えることにもつながります。

参考書評「言葉にできる」は武器になる。言葉にするには準備が大切?

以前まとめた、「イシューからはじめよ」の中でも、言葉にすることが大切だということが述べられております。詳しくは下記をごらんください。

参考書評「イシューからはじめよ」20代必読の問題解決と犬の道とは?

まとめ:論理的思考力を鍛えよう!

思考力を鍛える6つの方法まとめ

論理的思考力を身につけることができれば、理解力も早くなり、自分の思考を相手に伝えやすくなるので、窃盗力も上がります。

今の世の中において間違いなく必要なのは論理的に考える力です。

今の世の中、インターネット上にはたくさんの意見があり、自分で考えることを放棄して受け売りだけで生活することも可能です。誰かの考えの受け売りで過ごすということは、楽な生活ができるように思います。

しかし、自分で物事を考える力がなければ、主体的に行動することはできません。

これからは個人が活躍していかなければ立ち行かなくなってしまいます。自分の行動の責任は自分にあります。つまり、人の意見に左右されるのではなく、自分の意見で行動を決めなければいけません。

そのためにも、自分の頭で考えて行動する力を身につけておいたほうが良いでしょう。

自分の頭で考えて行動するには論理的思考力が必要なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

毎週土日開催の読書会for東京ミレニアルズって?

読書会for東京ミレニアルズでは20代・30代向けのゆるい読書会を毎週土日のいずれかに定期的に開催しております。

読書会に参加されたことない人でも安心して参加出来るように工夫しております。

・6年以上の開催経験
・参加者数は延べ4000名以上
・少人数開催の読書会
・ビジネス本が中心の読書会

詳細でも書いている通り、人見知りの私が主催しておりますので、初参加の方にとって居心地のよい読書会を目指しています。

もしもよろしければ、詳細は下記の画像をクリックして下さい

論理的思考
スポンサーリンク
#フォローする
読書会for東京ミレニアルズ【東京で初心者向け読書会を開催中】