【副業節税の注意点】サラリーマンの副業赤字の確定申告は副業バレ?

サラリーマンが副業の確定申告を赤字で節税することが危険な理由?

「税金が高い…副業して節税しようかな…」

「副業が赤字だ…本業との損益通算はどうなんだろう?」

会社からもらえるお給料が増えれば増えるほど、気になってくるのが税金です。

年収が500万円になると税金で、およそ50万円以上払わなければいけません。

「副業が赤字をだしていたら会社からのお給料と損益通算できるから節税できる」と考える方もいるでしょう。

しかし、会社の給料と損益通算をすると、最悪な状況になる可能性もあります。

私も、サラリーマンの時から副業を並行して行ってきましたが、調べれば調べるほど赤字申告するリスクがよく分かってきました。

今回は会社員と副業を並行して行ってきた私が、サラリーマンが副業の確定申告で赤字で節税するのが危険な理由を解説します。

スポンサーリンク

副業の節税を目的としたサラリーマンの赤字確定申告は危険

あなたの会社が副業OKな会社であれば問題ありませんが、副業禁止の場合であれば赤字申告をすると副業がバレる可能性が高まります。

これは、「サラリーマン副業バレに注意!無所得の住民税申告は不要?原因と対策まとめ!」でも解説していますが、副業の確定申告を青色申告で提出し、所得を赤字で申告をすると、会社の給料所得と副業の事業所得の赤字を足し合わせて計算できます。これを損益通算と言います。

副業の事業所得の赤字と会社の給料所得を足し合わせると、所得の合計金額が減ることになります。所得の金額が減ると、当然、所得税・住民税の額が安くなります。

住民税で考えてみましょう。

例えば、会社の給料が500万円の方が副業で100万円の赤字を出した場合に、青色申告をすると、会社の給料500万から副業の赤字分を減らすことができます。

つまり、給料が400万円になったのと同じなのです。その結果、住民税が年間で約10万円ほど安くなってしまいます。

一見すると「おぉ!税金や安くなった!めっちゃオトク!」って思うかもしれませんが、副業OKの会社に勤めていない場合は大分危険です。なぜなら、住民税の額が安くなっていることを会社の総務等が気付くからです。

住民税は基本的に給料から天引きされるので、「あれ給料の割に住民税安くない?」とバレるのです。

つまり、副業OKではない会社の社員が副業をして赤字申告をしてしまうと会社にバレる可能性が高くなります

副業で節税は無理?サラリーマンの趣味の延長線上の副業は雑所得

あなたが趣味の延長線上で行っている副業が、事業とみなされない可能性があります。

その場合、事業所得ではなく雑所得と見なされてしまうため、本業との損益通算ができません。

例えば、休日に絵を書くのが好きで、趣味として行っていたら、友人がイラストを購入してくれた。その購入額が20万円を超えてしまったので確定申告を提出した。という場合は、完全に趣味の延長線上なので、雑所得になる可能性が高まります。

副業が趣味の延長線上だと、事業だと見なされない可能性もあります。損益通算を求めて確定申告をしたのに事業所得と認められない可能性もあるので、気をつけましょう

サラリーマンの副業の赤字申告が節税目的だと脱税疑惑も

もしも、副業を行う理由が赤字申告のためであり、実際に事業をしていない状態であれば、脱税とみなされる可能性がありますので、節税目的の事業は軽はずみにやらないほうが良いでしょう。

どうしてもやりたい場合は、税理士さんに相談した方が良いでしょう。脱税ではなくあなたにあった、副業の形を提案してくれる可能性もあります。

また、副業をしているからと言ってなんでも経費に入れるのではなく、あくまで必要な経費だけを入れるようにしましょう。

サラリーマンの副業は節税目的の赤字申告は控えるべきかも…

サラリーマンが副業の確定申告で赤字申告をするデメリットは下記のとおりです。

  • 副業バレの可能性
  • 事業所得とみなされない
  • 事業の実態がなければ脱税とみなされる可能性も…

私も、副業で赤字になった時に赤字で確定申告しようと調べました。調べていると、副業バレ・雑所得・脱税目的とみなされる可能性があることを知り、怖くなって副業の赤字申告はやめました。(ちゃんと帳簿も会計ソフトでつけていました)

個人的に思うことは、副業の赤字申告は税務のくわしい知識が必要です。高度な内容についてはネットだけの情報だけに頼るのは避けた方が良いでしょう

周りの方でサラリーマンで副業の赤字申告をやっている方か、税理士さんに直接確認したほうが良いでしょう。

副業がOKの会社でもなく、趣味の延長線上で事業所得と言い切れない場合は、副業の赤字申告を無理して行うことにメリットはあまり感じていません。

税金を払うことの最大のメリットは手元にお金を残せること。経費処理をするには当たり前ですがお金を使わないといけません。経費で使えるからと考えているフリーランスの方の中でも意外にわかっていない方が多くて驚きます。お金は使ってしまったらなくなってしまうため、貯金ができません。

必要なものを経費として申請するのは良いですが、赤字申告をするために無駄な経費を連発するのも考えものなのです。貯金がある程度あると圧倒的に精神が安定します。こちらのほうがオススメです。

副業がバレるリスクがあるのに赤字申告をして節税を考えるくらいなら、税金を払って貯金するのも悪くないと思います。絶対に脱税はやめましょう。

確定申告のやり方については下記のページで解説しております

【副業確定申告】サラリーマンも確定申告が短時間で楽勝にできる方法
「副業で収入が発生したけど確定申告どうすればよいの?」 「月5万円の収入を確定申告しないといけないのかな?」 ...

>>【副業のリアル知ってますか?】

副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みとは?

実際に副業をして独立までした私の体験を元にして副業のリアルを解説中です。

「副業を開始したい」「副業中で悩んでいる」方に、見て欲しい副業のリアルをまとめました

副業で知りたいリアルを完全カバー【開始・選び方・副業者の悩み】 
副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みまで、実際に副業した私の体験を元にして解説しました。副業をしたいと思っている方にはまず見て欲しい副業のリアルです。