【サラリーマンと自営業】リアルな違い?お金・安定・働き方の違いまとめ

サラリーマンと自営業のリアルな違い

「サラリーマンと自営業ってどっちが良いの?」

「サラリーマンと自営業の違いって何?」

サラリーマンと自営業の違いはいろいろなところで語られていますが、経験をした人が語る実際のリアルな違いはあまり見たことがありません。

今回は、独立した私が感じたサラリーマンと自営業のお金・安定・収入のリアルな違いを解説します。

結論から言えば、自営業の初期は超ハードですので、自営業とサラリーマンの兼業がオススメです。

スポンサーリンク

サラリーマンと自営業のお金の違い

サラリーマンと自営業のお金の違いをまとめると下記になります。

  • サラリーマンは固定給が決まっている
  • 自営業は収入が結果に左右される
  • 税金の優遇はサラリーマンも有利だが自営業も仕組み次第では同じくらい有利になる

サラリーマンは仕事しないほうオトク!

サラリーマンは固定給が決まっています。

会社の目標の数字は追わなければいけません。

結果を出さなかったら出世には影響しますが、収入に変動はないでしょう。

極論言ってしまえば、会社に行っていれば解雇にならないので、死ぬことはありません。

収入の面だけで見ると、サラリーマンで働いている場合、ギリギリの範囲でサボった方がオトクなのです。

自営業は仕事をすればするほどオトク!

自営業は固定給が決まっていない仕事が多いです。

収入が結果に左右されるのが自営業ですから、仕事がなければ収入はありません。

なかにはギリギリの生活をしている自営業も多く、節約ができない自営業は、カードローンで借金をして生活をする人もいるでしょう。

結果に収入が左右される自営業は、結果が出る仕事をすればするほど収入が上がります。

自営業の中でも、仕事がある人や仕事を作り出せる人は、収入がどこまでも青天井で伸びていくのが自営業の特徴です。

サラリーマンと自営業の税金や社会保障の違い

サラリーマンと自営業の税金の違いは、制度こそ違いますが、どちらが有利ということもありません。

税金や社会保障については、言ってしまえば一長一短だと言えるでしょう。

サラリーマンと自営業の違いを収入・税金面から解説」で解説しましたが、自営業の税金と社会保障を箇条書きにしてみました。

  • 自営業は青色申告控除で最大65万円がお金つかわなくても控除できる
  • 自営業は経費が認められる
  • 自営業は青色申告専従者控除があり配偶者に給料が払える
  • 自営業は年金の社会保険料控除が少ないので、自ら加入する必要がある
  • 自営業は健康保険の負担が重い
  • 自営業は小規模共済や経営セーフティ共済などで節税できる
  • 自営業は所得290万円以上から個人事業税がかかる
  • 自営業は売上1000万円以上から消費税がかかる

詳しくはこちらをご覧ください>>サラリーマンと自営業の違いを収入・税金面から解説

自営業は収入が高ければ節税方法がいくらでもあります。

しかし年収が300万〜400万前後の自営業は、節税をしていても、貯金をしていない自営業もいます。

年収300万〜400万前後の場合は、節税のために経費を使って所得を抑えた結果、貯金する分のお金が残っていないという状況になってしまうのです。

収入が一本の自営業は気をつけよう

年収300万〜400万の自営業一本で過ごすのは、下記の理由から一番精神的に厳しい可能性があります。

  • 貯金もできない
  • 収入が不安定

個人的には、実家暮らしなどで固定費が下げられるのであれば、年収100万〜150万くらいあれば自営業一本でも良いと思います。

生活費を節約して、仕事自営業のバランスを見直して行えば、収支が黒字になるでしょう。

さらに独立すれば、より一層時間をかけて自営業が行えるので、収入が増える可能性も高まります。

自営業は最低年収600万があると、節税を活用し、裕福に働くことが可能です。

独立しようと頑張っている副業サラリーマンは婚期遅くなりがちですよね…。そのくせ、あんまり本気で仕事していない人とか多いイメージ。

安定の違いは?サラリーマンと自営業の安定の差

それでは、サラリーマンと自営業の安定の違いはなんでしょうか?

  • サラリーマンは会社があれば安定
  • 自営業は複数の収入源があれば安定
  • 会社のミニ版が自営業だと考えればわかりやすい

サラリーマンは会社があれば安定

会社が倒産しない限りサラリーマンの収入は安定しています。

外資系の場合は解雇される可能性もあるので注意が必要ですが、サラリーマンの収入は基本的に無期雇用なので、就職していれば収入があります。

また、サラリーマン自体のスキルが高い場合も安定があります。

たとえ会社が倒産したり、会社からクビを宣告さえても、スキルが高ければ転職先も多く引く手あまたです。

自営業は複数の収入源を持つと安定

サラリーマンは無期雇用で収入が安定します。

一方の自営業は、無期雇用という概念が存在しないので、会社に行けば収入が安定するわけはありません。

「スキルが高ければ収入が安定するでしょ」と思うでしょうが、

自営業の場合は、いくらスキルが高くても、仕事がなければ収入は安定しません。

自営業の仕事の数は、世の中の景気の動向などに左右されます。

一つの収入源しか持っていない場合は、不景気に直面すると収入が安定しないのです。

安定した自営業とは複数の収入源を持っている人です。

1つの仕事がダメになっても、2つ、3つと仕事があれば、安定した収入を確保できます。

会社のミニ版が自営業

サラリーマンと自営業の収入の安定についてまとめると下記のとおりです。

  • 雇用されている限り収入が安定するのがサラリーマン
  • 複数の収入源を確保できれば安定するのが自営業者

自営業は会社のミニ版だと考えればわかりやすいでしょう。

会社も安定させるために様々な事業を行っています。

複数事業を行い収入源が多い会社は安定性が高いです。

自営業も同様に収入源が複数あったほうが安定性が高いです。

もしも自営業を行うなら、複数の収入源を持ち安定性の高い自営業を目指すと良いでしょう。

サラリーマンと自営業の働き方の違い

最後にサラリーマンと自営業の働き方の違いについて説明します。

  • 決められた時間に働いてお給料をもらうサラリーマン
  • 初期は365日休まず働く自営

決められた時間に働いてお給料をもらうサラリーマン

サラリーマンの働き方は決められた時間に働いてお給料をもらう方式が一般的です。

住む場所や働く場所も会社の都合で決められます。

働く時間や残業の時間も会社の都合で決められるケースがあります。

つまりサラリーマンには、働き方を自由に決める裁量権が少ないのです。

初期は365日休まず働く自営業

自営業は基本的に仕事を自由に決められます。

転勤もなく、働く場所も決められていないため、いつどこで働いても稼いでいれば問題がないでしょう。

ただ初期の自営業はお金が稼げていないので、精神的に不安になります。

精神的に不安になった自営業は、毎日仕事をすることになります。

不安でしょうがないから、常に仕事をしているのです。

よく自営業の方は自由だと言われますが、初期の自営業はサラリーマンよりも精神的に苦痛です。

不安で仕方がなくて、働いているのに、働いても収入が上がるわけでもないので、絶望と向き合うことが多いからです。

絶望と向き合うことについてはこちらをご覧ください>>副業ブログで月3万円稼げるまでの実態とは?【絶望と向き合おう】

サラリーマンと自営業の違いから見るこれからの方向性

サラリーマンと自営業の違いをまとめると下記の通りです。

  • 頑張らないほうがオトクなサラリーマン、頑張るとオトクな自営業
  • 収入が安定するサラリーマン、収入が安定しない自営業
  • 働き方が決められないサラリーマン、稼いでないと絶望的な自営業

サラリーマンと自営業は真逆な働き方です。

個人的には、自営業で働きたいと思っている方でも、結果が出ないうちは兼業することもありでしょう。

サラリーマンをやりながら自営業を行えば収入も安定して、青天井が狙えます。

ただ仕事をする総合的な時間が多くなり、体力的にキツイです。

自営業の初期はなかなか収入が入ってきませので、諦めずに行うメンタルが必要になります。

書評「ORIGINALS 」誰でも人と違うことができる方法とは?」では、兼業をしたほうが成功するという研究もでています。

本業を続けた起業家は辞めた起業家の33%も失敗の確率が低かったのです。

書評「SHOE DOG」ナイキ創業物語で学ぶ経営者マインド!」でも、実際にナイキの創業者は兼業で行っていました。

自営業を志している方は兼業することを視野に入れて行動するのもありかもしれまんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>【副業のリアル知ってますか?】

副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みとは?

実際に副業をして独立までした私の体験を元にして副業のリアルを解説中です。

「副業を開始したい」「副業中で悩んでいる」方に、見て欲しい副業のリアルをまとめました

副業で知りたいリアルを完全カバー【開始・選び方・副業者の悩み】 
副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みまで、実際に副業した私の体験を元にして解説しました。副業をしたいと思っている方にはまず見て欲しい副業のリアルです。