「副業禁止か…」と悩むのは無意味!副業禁止で悩むなら稼いでから?

「うちの会社は副業が禁止だから副業できません…」

「副業禁止されているのに副業してよいのかな?」

日本政府はモデル就業規則を改定して、副業は原則OKと容認する方向性を打ち出しています。

働き方改革でも副を推奨しており、サラリーマンであっても、何かしらの副業を行うことが当たり前になってきそうです。

政府が副業を推進していても、副業禁止の会社はいまだに数多くあります。「副業禁止だから副業ができません」という話を聞くことも時々あります。

しかし、副業禁止だからといって「副業をしたいのにしなかった人」は後悔することになります。なぜなら大半の人は稼げる前に副業を辞めるからです。

副業禁止でも適切に行えばバレることは少ないですし、バレるには売上がないといけませんから、バレるまで非常に時間がかかるでしょう。

個人的には副業を始めてみて、稼いでから副業バレの心配をしたほうが良いと思います。大抵の人は副業を始めても稼ぎ始める前にやめてしまうので、悩んでいるだけ時間の無駄です。

もしも、あなたが副業を始める前に副業禁止で悩んだ結果、副業をしなかったら…稼いでいた可能性を自ら壊してしまうことになるのです。

副業禁止で悩むのは無意味であり、稼いでしまってから「副業禁止だったわぁ…」って悩んだほうが得なのです。

今回は、「副業禁止か…」と悩んでいるなら副業して稼いでから悩んだ方が良い理由を解説します。

この記事で学べることは?

  • 副業禁止という制度の前提が崩壊していることが学べる
  • 副業禁止で副業してもバレるまでに時間がかかることが学べる
  • 副業禁止でも副業がバレにくい方法と最悪のケースへの対策が学べる
スポンサーリンク

副業禁止してる割に生活が豊かにならないのは前提が崩壊している

副業禁止は法律で決められていることではなく、会社の就業規則で決められているものです。

よく誤解されている方もいますが、会社が定める副業禁止の就業規則には法的な効力はありません。

まぁ、会社の規則なので、ペナルティとして懲戒免職、副業について注意、減俸といったことが挙げられます。

会社が副業を禁止にしていた理由は、

  • 会社の職務に集中してほしいから
  • 情報漏えいが怖いから

という2点でしょう。とくに情報漏えいは副業を禁止していなくても漏洩したら処罰されるから、副業禁止にする理由にはなりません。

しかし、時代が変わった現在は会社の仕事だけをしていても、収入が上がることもなく、生活が豊かになることもありません。つまり、副業禁止が有効になる前提が崩壊しているとも言えます。

昔は景気が良くて給料が右肩上がりだったから副業禁止でOK

昔は副業禁止でも、豊かな生活ができていました。

  • 給料が高く
  • 税金も安かった
  • 手取りが高い
  • 残業代が全て出ていた
  • 金利が高い

ので、仕事をすればするほどお金が稼げた時代でした。

昔の1年国債は8%以上!簡単な資産形成で十分豊かになった

日本国債とは、日本が発行している債権であり、日本国債を購入したものは、日本に借金を貸している状態になります。

昔は、1年間日本にお金を貸しているだけで8%以上の金利がつく時代もありました。

さらに稼いだお金を国債に入れておくだけで、資産形成ができた時代です。

昭和50年代には、ゆうちょの預金の金利でも7%の複利商品がありました。つまり、稼いだ給料をそのまま預金に入れておくだけでも、10年後に2倍になっていった時代なのです。

現在は給料が上がらないのに副業禁止は前提が崩壊している

しかし今の時代はどうでしょうか?何もしなくても給料が上がっていた時代とは何もかもが違います。

現代の給料ははっきりいって上がりません。給料が上がらなければ生活が豊かになることもないでしょう。

会社だけで仕事をするのではなく、会社以外の別のことに取り組み出世するために自己研鑽をするか、転職をして年収が高いところに自分を売るか、副業・投資をして他の収入源を確保しないと給料が上がっていかないのです。

ただ、出世のためだけに会社で頑張ったところで、

  • 残業代が払われない
  • 税金は高い
  • むしろ残業をさせてくれない
  • 出世のポストは埋まっている(定年退職待ち)

と言う、非常に不遇な時代でもあるのです。

この結果、給料の額面は変わらなくても、手取り額は昔に比べると大きく下がっています。2011年と比べると手取り額は約5%も減っているのです。

下記はニュース記事の画像ですが、大体20万円〜40万円ほど減っていることが分かるでしょう。

現代は給料アップしても、手取り額では給料を上げることができません。そのため、生活の質を向上させることができないのです。

副業禁止で副業しなくてOKなのは高年収な人だけ

先程も解説した通り、

  • 昔:会社だけにいれば生活が豊かになりましたが
  • 現在:給料が上がりづらい環境で生活が豊かにならない

つまり、なにも考えずに生きていても生活は豊かになりません。

手取り額が減っているため、収入を上げなければ、昔の人と同じ水準での生活は非常に厳しいというのが現実なのです。

ただ、個人的に副業禁止の会社で働いて副業しなくても豊かに暮らしていける人がいます。

副業しなくてもよいのは高年収な人々

それは、高年収な人々で出世街道に乗っている人です。

高年収の方々は、年収が上がらないと言っても、工夫次第では昔の人以上の暮らしが可能性。その工夫とは節約です。

現在は生活にかかるコストは大変低くなっています。

  • 食費:自炊のレシピがスマホで無料で見れる
  • 家具:Amazon・楽天で購入すれば安い
  • メディア:スマホがあれば映画なども格安で楽しめる
  • 通信費:格安SIMを使えば月2000円程度で携帯が持てる

さらに、高年収の人々は、余裕資金を使った投資も可能です。配当金に注目した投資や、不動産投資で年3%〜5%の副収入が作れれば、その分だけ生活を豊かにできるでしょう。

つまり、高年収な人が副業禁止でも副業しなくてよいのは、

  • 節約すれば昔以上の便利な生活ができる時代
  • 副業しなくても複数の収入源が作れる

という2つの理由があるからです。

高年収な人が副業すれば最強である

高年収な人は副業する必要は無いと言いましたが、僕のスタンスは高年収な人は副業したほうが絶対に良いのでおすすめしたいです。

  • 一人ダブルインカムで年収1000万円に簡単に到達できる
  • 副業をすると経費処理ができるため年収以上の暮らしも可能
  • 副業の所得には社会保障費が掛からない

などと言った多くのメリットがあります。

高年収サラリーマン+副業というモデルは、サラリーマンという最強の盾を持ちながら、副業という剣で攻めることが可能です。

自分の時間が少なくなってしまうのがデメリットではありますが、それでも資産1億円という富裕層の仲間入りを凄まじい速さで達成できる最良の方法かなとも思います。

若くして富裕層になる!10年で富裕層になるハードな秘策【20年なら楽勝】
「富裕層になる方法って何があるの?」 「現実的に1億円を作るまでの期間はどのくらいなの?」 日本は1億円以上...

副業禁止な会社で副業してもバレない方法とは?

「副業がバレると会社でクビになるし…」と考えて副業をしない人もいるでしょう。

しかし、実際に副業をしてもバレにくい方法はいくつかあります。

副業が会社にばれない方法は?

「副業禁止の会社だけど、副業をバレずに行動する方法ってあるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

下記は、私が実践している、副業がバレないために行っている行動の一部です。

  • 給与所得ではない副業を行う
  • 住民税は自分で納付
  • 利益を出さない
  • 副業のことを誰にも言わない
  • 会社の仕事はちゃんとこなす

特に、給与所得ではない副業は絶対に守らなければいけません。給与所得を2箇所から貰う場合高確率で副業がバレます。

給与所得は源泉徴収になりますから、対策のしようがありません。副業バレの確率が非常に高いです。

あと、会社の仕事をちゃんとこなすことも忘れてはいけません。

しっかりと仕事をして成果を上げていれば、副業がバレても容認される可能性もあります。

逆に、仕事を適当にしていれば副業がバレた際に、解雇まで一直線です。

利益が出た時は特に副業がバレやすい

ここで注目してほしいのは、副業バレする可能性がでてくるのは「利益が出た」ときです。

つまり、利益が出ていない時に副業したとしても、副業のことを誰にも言わなければバレないのです。利益が出ると納税が絶対必要になります。

納税をした際に住民税を自分で納付しなければ、住民税の少なさに気づかれて副業がバレる可能性が高まります。

副業が完璧にばれない方法があるのかというと、残念ながらそんな方法はありません。副業禁止の会社で副業している限り、会社にばれない可能性を0%にするのは非常に難しいでしょう。

副業と会社バレについては下記の記事で詳しく解説しています。

【副業ばれない?】サラリーマンが副業ばれる原因とは?副業バレを防ぐ6つの対策を解説
サラリーマンが副業バレする原因と対策を簡単にまとめました。所得20万以下なら副業の確定申告をどうする?所得があれば住民製の深刻が必要?確定申告で副業の赤字申告は?住民税徴収法は?最後は腹をくくる?副業バレの原因と対策とは?

副業がバレた最悪のケースを想定して行動しておく

サラリーマンをしながら副業を行って、利益を出している場合。副業バレの可能性はかならずつきまとってしまいます。

副業禁止の会社で働いているサラリーマンの場合は最悪のケースを想定して行動しましょう。

最悪のケースとは「解雇」になることです。解雇になれば収入が途絶えてしまい生活が苦しくなるからです。

副業をしているサラリーマンが最悪のケースを想定して取り組めることは下記の二点です。

  • 転職市場で価値を上げておく
  • 副業収入だけで生活できるように固定費を低く維持する

副業がバレて解雇されたとしても、すぐに転職ができる人材であれば、すぐにサラリーマンとして給料を稼ぐことができます。転職市場での価値を上げておきましょう。

同様に、サラリーマンの給料+副業収入だとかなりリッチな生活が可能です。仮に給料月30万円、副業で月30万円の場合は、合計すると毎月60万円の生活が可能です。

しかし、固定費を上げてしまうと、解雇された時に生活が苦しくなります。また、副業収入が維持できない場合、固定費があなたを苦しめるでしょう。

おすすめは、副業収入だけで生活が維持できるように固定費を低くすることです。毎月30万円副業収入で生きている場合、固定費は最高でも15万円程度に抑えておきましょう。

経験則で言うと、固定費は副業収入の50%以下に抑えておくのが無難だなと思います。

願わくば、副業収入の30%で生活したいところですが、毎月10万円程度の稼いでいない時期だと、月3万円程度になるので、生活できないレベルになってしまうからです。

副業禁止がネックなら副業が許される会社に転職する

稼げるまでは良いかもしれませんが、副業がバレるほど稼げるようになってしまったら、万が一ということもあります。

基本的に副業についてもバレない対策をすればまずバレないとは思いますが、言い切れません。もしも、「副業禁止だから…」と悩んでしまう場合はいっそのこと転職するのも有りでしょう。

年収が高いのであれば問題ないでしょうが、年収が高くないのに副業もできず、年収をあげられることができなければ、結局、昔と同程度の生活ができなくなります。

何もしないで年収が上がることを祈るより、何かに取り組むことで年収が上がる可能性を増やした方が将来的に年収が上がる可能性をあげられるでしょう。

徐々に副業解禁企業も増えてきているため、副業禁止について悩む必要が減ってくるとは思います。

しかし、まだまだ副業を解禁していない企業が多いのも事実です。

もしも副業禁止について悩むのであればいっそのこと転職を視野に入れて行動しましょう。

副業禁止に悩む前に行動しよう

  • 会社にいても給料は上がらない
  • 昔と同じ給料では同じような生活は難しい
  • 出世したくてもポストが空いてない

このような状況で「副業禁止だからなぁ」と悩んでいるのは馬鹿げています。副業を開始するか、副業禁止が怖いなら副業ができそうな転職先を探すことです。

副業禁止でも利益が出るまでなら副業バレする可能性はかなり低いです。公言したらバレますが、こそこそ副業をする分には何の問題も無いのです。

副業禁止で悩むよりも、副業をしてしまって稼いでから悩んだほうがまだマシでしょう。とにかく、何か悩んでいるのであれば、とりあえず行動してみるのがおすすめですよ。

以上、「副業禁止か…」と悩んでいるなら副業して稼いでから悩んだ方が良いという理由を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>【副業のリアル知ってますか?】

副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みとは?

実際に副業をして独立までした私の体験を元にして副業のリアルを解説中です。

「副業を開始したい」「副業中で悩んでいる」方に、見て欲しい副業のリアルをまとめました

副業で知りたいリアルを完全カバー【開始・選び方・副業者の悩み】 
副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みまで、実際に副業した私の体験を元にして解説しました。副業をしたいと思っている方にはまず見て欲しい副業のリアルです。

コメント