【実家暮らしと一人暮らしを比較】迷ったら実家暮らしがおすすめな理由

実家暮らしか一人暮らしか

「実家暮らしっていつまでOKなんだろうな?」

「一人暮らししてみようかな〜」

実家暮らしと一人暮らしのどちらにしようか迷いますよね。

私の場合は実家暮らし→結婚して実家を離れた経験があります。

そのため、社会人として実家暮らしの経験もあり、実家を離れた暮らしも経験しました。

今回は実家ぐらしと一人暮らしの両方のメリットを比較してみたいと思います。

結論を言えば、最強なのは実家暮らしです。

しかし見え方などを気にする場合は一人暮らしでも良いかなと思います。

スポンサーリンク

実家暮らしで感じたメリット

実際に社会人になってからも実家暮らしを継続していました。

実家暮らしで感じたメリットを具体的に紹介します。

金銭的に余裕がある

社会人の実家暮らしはハンパないほどお金が貯まります。

実家暮らしの社会人は家に3万円を入れれば、あとは全額お小遣いになるというケースもあります。

手取り20万円の場合は17万円も貯まるのです。

17万円が自由に使えるのであれば、なんでも購入できるでしょう。

最新ガジェット・読みたい本・電化製品なども新しく買い替えられます。

独身貴族という言葉もありますが、20代独身で実家暮らしは、まさに貴族みたいな過ごし方をしているのでしょう。

詳しくは「【20代の平均可処分所得】今後自由に使えるお金が減少する理由とは?」でも20代独身の実家ぐらしが一番豊かであることを説明しています。

ちなみに20代一人世帯の可処分所得の平均は25万円です。

時間的にも余裕がある

実家暮らしの場合、基本的な家事は親がやるという人も多いでしょう。

一方で一人暮らしの場合は家事は基本的に自分がやることになります。

洗濯・炊事・掃除などの家事は細切れですが1日平均すると30分程度はかかるでしょう。

つまり、一週間にすると210分で約4時間程度、1カ月換算だと900分で約15時間程度かかってしまいます。

実家暮らしで、基本的な家事を親がやる家で暮らしている場合は、一人暮らしと比べると、毎月15時間程度余裕が生まれるのです。

ただ、時間が有り余っていても使い方をミスっていれば宝の持ち腐れです。

時間の使い方について学びたい方向けに「年収を上げたい20代にオススメしたい超有効的な時間の使い方」で紹介してます。時間管理マトリクスという言葉を聞いたこと無い方はどうぞ。

会社を辞めてもなんとかなる

実家暮らしの場合は最悪会社を辞めてもなんとかなります。

実家暮らしの場合は退職しても家賃や光熱費はかかりません。元々の固定費が少ないので、会社を辞めても数カ月生きていけるでしょう。

しかし一人暮らしの場合は、退職をしても家賃や光熱費はかかります。

家賃補助のある会社であれば家賃は打ち切られますし、寮に住んでいる場合は、寮も追い出されてしまいます。

元々の固定費が高いので、会社を辞めて給料が貰えなくなると、一気に貯金が無くなっていきます。

そのため、会社を辞めた一人暮らしは、生きていくのが厳しいです…。

実家暮らしから離れて感じた一人暮らしのメリット

固定費を下げることを真剣に考える

実家暮らしの時から副業もしていたため、経費がかかり節約を行っていましたが、実家を離れて暮らし始めてからのほうが固定費を下げることに真剣になりました。

自宅のネット環境、食費、電化製品、購入方法など多岐に渡って節約を考えた結果、自分なりの固定費節約のノウハウを磨き上げることができました。

詳しくは「20代からの節約生活が生み出す圧倒的なメリットまとめ!」で解説しています。節約ってダサいなぁと思う方は、かなり損している可能性が高いのですよ。

家事の基礎をマスターできる

一人暮らしをすれば、家事を行う人は自分しかいません。

家事をマスターしなければ、家は汚れ、着るものも無くなり、食事はインスタントやレトルトばかりになってしまいます…。

家事が初めてでも今ではスマホで検索をすれば、オススメの掃除方法や簡単な食事のレシピ、洗濯の仕方まで載っています。

Yシャツのアイロンがけも検索してマスターできる時代です。

一人暮らしになると、家事をやる必要性から家事をマスターできます。

誰にも文句を言われずに過ごせる

一人暮らしの場合は誰にも文句を言われて過ごせることもメリットでしょう。

女性であれば門限がある人もいるでしょうし、男性でも夜遅くに帰ると家族が心配する家もあるかもしれません。

一人暮らしであれば気楽です。どのような生活をしていようがフリーダム。自由を謳歌することができます。

もしも、監視の目がキツイ家族と過ごしているならば、一人暮らしをすれば自由を謳歌できるでしょう。

実家ぐらしの女性は結婚ができない?

後、女性の実家暮らしは結婚できないという話もありますが、男性も女性も実家暮らしの人は単純に結婚をしようと思っていないから結婚できないだけでしょう。

一人暮らしの人は下記の理由から結婚をしようと考えるケースが多いです。

  • 金銭的なメリット
    一人暮らしの場合は家賃の負担などもあり結婚した方が生活費が折半になる
  • 精神的なメリット
    孤独は寂しいので誰かと一緒にいたいと感じる

あとは周りに結婚している人が多ければ結婚する確率が高くなります。

つまり、実家暮らしだから結婚できないのではなく、結婚する明確な理由もなく、周りでも結婚している人が少ないから、結婚する必要を感じないだけでしょう。

一人暮らしのメリット実家を出れば普通に身につく

一人暮らしのメリットを書いていきましたが、一人暮らしのメリットは実家ぐらしから離れれば自然に身につけることが可能でしょう。

今ではスマホがあり、検索すればある程度の家事のやり方を見ることができます。最初はうまくできないかもしれませんが、1年もすれば一人暮らしの家事はマスターできるでしょう。

家族と同居だと息苦しいと感じる人もいると思いますが、私の場合は親の監視も厳しくなく、自分の部屋も確保できていたため、そこまで息苦しさを感じることはありませんでした。

もしも息苦しさを感じる方は、

  • 親が子離れできるように説得する
  • 自分のプライベートな部屋を確保する

ということをして、実家ぐらしでも自由に生きれるように努力しましょう

周りの見え方を気にする人は見え方で実家を出るか考えよう

長年、実家暮らしをしていると、

「え?まだ実家なの?」

「まだ自立できていないの?」

と言われることもあります。

ハッキリ言って余計なお世話なので、無視しても良いでしょう。

しかし、もしも周りの目が気になる場合は実家から出ることも検討すると良いでしょう。

筋の通った理由を説明できれば、そういった目から開放されることも可能です。

例えば、「職場が近いから」「キャリアアップのための勉強中」「親孝行のため」などの、一般的に見てプラスの理由を説明できればOKです。

そうではない場合、「家族に甘えている」「家事ができなそう」と言ったマイナスな見え方をさせてしまいます。

周りの目が気になる場合は、年齢などを考えて、一人暮らしをすると良いでしょう。

節約に最強なのは実家暮らし

実家暮らしと一人暮らしを比較して、どちらが良いのかと聞かれたら、私は「実家暮らし」をおすすめします。

実家ぐらしは金銭的に余裕ができるので、投資や将来のことに使えるお金が増えます。

また、節約すれば、休みが取れれば毎月旅行に行くことも可能です。

大体10〜15万円ほどあれば、ヨーロッパやアメリカにも行けます。5万円もあれば、アジア諸国に行くことも簡単でしょう。

自由に使えるお金が多ければ、その分経験を豊かにできます。投資も可能です。

若いうちの実家暮らしは節約的には最強です。できるだけ、実家暮らしをすることがオススメですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>【節約しないと大損してるよ?】

ちょっと節約の知識を知るだけで、毎月の生活を最低でも1万円以上節約が可能?

1年で12万円。10年で120万円になる節約の知識を解説中!

20代から知っておきたい節約術の記事一覧は下記になります!