転職で年収が下がっても心の余裕を維持する方法「経験談」

「転職して年収が下がってしまった…どうしよう」

「私って生きている意味あるのかな?」

転職で年収が下がったら心の余裕がなくなります。放っておくと、自分に自信がなくなり、将来はドンドン不安になっていくでしょう。

転職して年収が下がっても、心の余裕を維持することは可能です。できるなら心の余裕を維持しておいた方が精神的にも充実感が違います。

今回は、転職で年収が下がっても心の余裕を維持する方法を解説します。

この記事で学べることは?

  • 転職して年収が下がると、心の余裕がなくなる原因が学べる
  • 転職して年収が下がっても、自信をなくさない方法が学べる
  • 転職して年収が下がっても、金銭的に余裕を持つ方法が学べる
スポンサーリンク

転職して年収が下がると心の余裕がなくなる原因

私自身、年収が下がって心の余裕がなくなったことがあります。

今、思い返してみると、原因は下記の通りでした。

  • 年収が下がる=自信がなくなる
  • 金銭的な余裕がなくなってしまう

それぞれ解説します。

年収が下がると自信がなくなる?

経験的な話ですが、年収が下がると自信がなくなります。

おそらく、年収というのは世間一般からの評価みたいなものですので、年収が下がる=価値がない人間だと誤解してしまうのでしょう。

年収が下がると評価が下がったような喪失感を感じてしまうので、自分の存在に自信がなくなってしまいます。

自信がなくなると、「自分はいつか不要な存在となってしまうのではないか?」と不安を感じてしまうので、心の余裕がなくなってしまうのです。

私自信、年収が下がったときには「自分のやっていることは間違いではないか?」と考えて、自分のやることに自信がなくなり、心の余裕がなくなりました。

年収が下がると自信がなくなり、心の余裕がなくなるのです。

金銭的な余裕がなくなる

当たり前ですが、年収が下がれば、金銭的な余裕がなくなるでしょう。

100万円も年収がダウンしてしまったら、今までの生活レベルを維持することは困難になります。

貯金もできなくなってしまうため、将来に対する不安は増大し、心の余裕がなくなるでしょう。

貯金ができないのを経験したことがある人はわかると思いますが、働いてやっと振り込まれた給料が、クレジットカードの引き落としと共に右から左になくなっていくのは、非常にツライものがあります。

「このままで大丈夫なのかなぁ」と将来に不安を感じ、心の余裕がなくなっていくのです。

転職で年収が下がっても自信喪失しないためには?

転職して年収が下がったら、自信の喪失と金銭的な余裕のなさが原因で、心の余裕がなくなります。

転職で年収が下がった時に、何も対策をして置かなければ、心の余裕を失う可能性が高いのです。

そのため、転職で年収が下がる前に、心の余裕を維持する対策をしておいたほうが良いでしょう。

年収以外に大切な価値観を再発見する

年収が下がること自信喪失した経験から言えることは、自分にとって年収よりも重要な評価軸を自分のなかに持っておくと自信喪失を軽減できます。

そもそも、年収が下がることで自信がなくなるのは、年収が自分の評価だと考えているからです。

年収よりも重要な評価軸が持てれば、他人の評価ではなく、自分で自分のことを評価することができるのです。

評価軸におすすめなのは下記のようなものがあります。

  • 年収
  • 家族との過ごし方
  • 転勤の有無
  • 福利厚生
  • 余暇の時間の過ごし方
  • やりがいのある仕事ができているか
  • スキルが身についているか
  • 健康かどうか

私の場合、転職をすることにより年収が下がることが目に見えていましたが、評価軸を年収から家族との時間や、やりたいことができる時間などの重要性を上げたことで、自信喪失を軽減させることができました。

家族との時間が増えることや、やりたいことができる時間が増えると考えれば、一概に年収が下がるのも悪いことだけではないのです。

転職して年収がダウンして不幸な人と幸福な人がいます。それぞれの違いから解説していますので、興味がある人はどうぞ。

転職して年収がダウンしても幸せな人と不幸な人の差は人生観にあり?
「転職して年収が下がる人って普通にいるの?」 「転職して年収がダウンしても幸せでいられるの?」 30代を超え...

生涯年収では上回る計画を立てる

年収が下がることで、自信を喪失していまうのを防ぐ方法として効果的だったのが、生涯年収という考え方を持つことです。

確かに、転職をして年収が下がることは自信喪失の原因になるでしょう。しかし、転職して年収が下がったことがキッカケとなり、生涯年収が上回る可能性もあることを忘れてはいけません。

例えば、年収が下がったことをキッカケに下記のことに取り組めば生涯年収が上がるかもしれません

  • 副業に取り組む→本業並みに稼げるようになる
  • 資格・スキル取得に励む→次に転職する際により高年収が企業に入れる

私の場合は、転職して年収が下がっても、労働環境が改善し長期的に働けるようになり生涯年収が上回るというような計画を立てました。

そして、副業や投資にも取り組むようになり、複数の収入源を構築することも計画に加えたので、従来の年収よりも、かなり引き上げることに成功しました。

このように、転職をして年収が下がったことをキッカケにして、生涯年収を上げる計画を立てて実行することも可能なのです。

転職で年収が下がった場合の金銭的な対処法は?

転職して年収が下がったらお金に余裕がなくなりますよね。そのため、転職して年収が下がった際に具体的な対策を知っておくのは非常に重要でしょう。

固定費を見直し金銭的余裕を持つ

転職して年収が下がってしまうのであれば、固定費を見直しましょう。

固定費を見直すことができれば、可処分所得を維持することができるので、貯金もできますし、心の余裕が持てます。

転職して年収が下がった際の見直すべき固定費は下記のとおりです

  • 携帯代は格安SIMにする
  • 保険を見直す
  • 家賃を見直す
  • 外食を控えて自炊する

上記をするだけでも5万円くらいの効果があります。詳しくは下記の記事で紹介しています。興味がある人はどうぞ。

【サラリーマン節約術】毎月5万円も損してる!サラリーマンに特化した節約術まとめ
サラリーマンの節約術を学んでいない人は月5万円以上も損をしている可能性が高いです。逆に節約術をきちんと学べば、年収を60万円上げて生きているのと同じなのです。サラリーマンにおすすめの節約術を解説しました。

固定費を見直すには、家のお金の流れを把握することが大切です。

ズボラな人でもできるお金の流れの把握に関しては下記の記事で紹介しています。興味がある人はどうぞ。

お金の管理は「把握・使わない・ルール化」で終了【ズボラでもOK】
「お金の管理って何からやれば良いの?」 「お金の管理ってめんどくさいよね」 めんどくさがりでズボラで無駄なこ...

年収が下がった分は副収入でカバーする

年収が下がる原因は残業できない会社に行ったからということもあるでしょう。

残業ができない分、時間に余裕があるので、その時間を有効活用して副業などを始めてみると良いでしょう。

サラリーマンは定年退職や早期退職もありえるため、将来的な不安が消えません。

サラリーマンが副業を行えば、下記のような不安を解消できるでしょう。

  • サラリーマンには収入が途絶える、コミュニティがなくなる可能性がある
  • サラリーマンはお金のために働くことになりかねない
  • 副業しておけば選択肢が増やせるし将来の不安の解消になる

サラリーマンが副業を行うことで多くのメリットがあります。

詳しくは下記の記事で解説しております。興味がある人はどうぞ。

サラリーマンに副業がおすすめな理由「将来の不安を解消できるから」
「サラリーマンで働いているけど将来が不安だな」 「将来の不安を消すために副業でも始めようかな」 サラリーマン...

結論:転職で年収が下がっても問題ない

転職で年収が下がっても、今から行動すれば何の問題もありません

転職で年収が下がった時に心の余裕を生み出すために効果があった方法は下記の通りです。

  • 価値観を再発見する
  • 長期的に生涯年収は上回る計画を立てる
  • 大手ホワイトへの転職
  • 副業を始めてみる
  • 固定費を下げる

転職して年収が下がっても悲観的になる必要はありません。

経験的にも言えることですが、年収が下がっても心の余裕を維持する方法はたくさんあるのです。

以上、転職で年収が下がっても心の余裕を維持する方法「経験談」を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました