給料が少ないのは努力不足?収入を上げるには正しい努力が必要です

「給料が少ない原因って何だろうな?」

「給料が少ないのって世間が悪いのかな」

結論から言えば、給料が少ないのは努力が足りないからです。

給料を上げるには、学歴を上げて、資格を取得し、英語で仕事ができるようにして、スキルを身につければ、労働市場における評価が上がります。

労働市場での評価が上がれば、高く買ってくれる人が出てくるでしょう。そうすれば、転職して年収を上げられるのです。

「え?私は転職しても年収が低いままだった」という人は、副業をして収入源を上げる方法もありますし、節約して投資をすることもできるでしょう。

つまり、努力次第で給料をあげたり、収入を上げることが可能なのです。しかし、努力の仕方を間違えれ、頑張ったとしても収入を上げることは不可能でしょう。

今回は、給料を上げるのに正しい努力とは?効率的な努力方法について解説します。

この記事で学べることは?

  • 給料が少ない人が努力不足である理由が学べる
  • 給料が少ない人が労働市場で評価を上げる方法が学べる
  • 給料が少ない人が取るべき行動が学べる
スポンサーリンク

結論:給料が少ない人は努力不足

結論から言えば、給料が少ないと嘆いている人の大半は努力不足です。

新卒で良い会社に入社できなかった人は、

  • 大学入試を頑張らなかった
  • 資格やスキルを身に着けなかった
  • 社会に出てから実績を積もうとしなかった
  • 年収の良い他の業界に転職しなかった

などなど、年収が上がることに直結する努力をしてこなかったから給料が少ないのです。

「給料が安い」とか、「今の会社が悪い」とか、そういった言葉をよく聞きます。

もちろん、景気から見ても今の状況は給料が上がりにくいでしょう。しかし、その条件は誰でも一緒です。

嘆けば嘆くほど、自分の努力不足が明らかになります。

給料が安いと感じる人は自分の努力不足を疑った方が良いでしょう。

給料が少ない人は客観的な評価からあげよう

給料が少ない人でも正しい努力をすれば、年収を上げることが可能です。

給料が少ないと悩んでいる人は、まずは、客観的な評価を上げることから始めましょう。

客観的な評価を上げることで、労働市場での市場価値を上げることができます。

英語を勉強しよう「グローバル企業の年収は高い」

残酷な話、今の時代、英語がある程度できるか否かで、就職できる会社のレベルが変わります。

英語ができれば、海外向けに仕事をしている企業にも就職できるようになるでしょう。そうすれば、給料が上がることはほとんど間違いありません。

英語の勉強といっても、ペラペラと英語ができる能力が必要というわけではありません。

TOEIC800点以上があれば、基本的にこの人は英語ができるなと評価されるようになります。

TOEIC800点はコツコツやれば誰でも取得できます。コスパも高いし、非常にオススメは資格です。

TOEIC800点は転職に有利でコスパも高い「やらないと損」
「TOEIC800点って転職に有利なの?」 「TOEIC800点を目指すのは転職的にどうなの?」 TOEIC...

私の場合、転職の相談に来る人には、「まずTOEICやれば?」ってアドバイスしていますね。

TOEI800点って聞くと難しく感じるかもしれませんが、コツコツ勉強をすれば、隙間時間だけでも十分に達成可能です。詳しくは下記の記事をどうぞ。

TOEIC800点以上を達成した勉強法?「隙間時間で十分です」
「TOEIC800点ってどう取れば良いかな?」 「TOEICを勉強する時間がないな…」 TOEICを勉強する...

資格、スキルをゲットしよう

あなたが働きたいと思っている業界に特有な資格がスキルがあれば、積極的にゲットしておきましょう。

資格、スキルをゲットしていてマイナスになった人を見たことはありません。

プラスにならない時もありますが、マイナスになることはないので、取っておいて損は無いです。

不動産業界に入社したかったら宅建を取得しておいた方が有利という話も有名ですよね。

大手ITに技術職として入社したかったら、ある程度のプログラミング知識などのスキルは必要になるでしょう。

工場勤務から公認会計士の資格に合格して、転職をしてワープアを脱出した人もいます。

このように、「業界や企業に入社するにはどの資格が有利か?」を探して努力するのは給料を上げるのに適切な努力でもあるのです。

今の仕事で実績を出そう「働いた実績が評価になる」

もちろん転職する際には今の仕事で実績を上げておくのも重要です。

実績があれば、転職活動の際に語れるものが増えます。

語られるものが増えれば、自分の評価ポイントが増えるので、労働市場での評価を上げることも可能なのです。

ただ、給料が安い人は「労働市場における自分の価値を上げる」という観点が抜けています。

給料が安い時は、周りの人たちは労働市場における自分の価値に関して無頓着でした。

しかし、給料が高い会社の人と話をしていると、労働市場での自分の価値がいくらなのかを常に気にしていました。

そのため、いつまで経っても価値が上がらず、収入が低いままとなってしまうのです。

実績を積んで、アピールできる部分を増やしましょう。

転職がうまくいかない20代が簡単に転職するには「採用側の心理を掴め」
「20代が転職が難しい原因は何かな?」 「転職が難しい20代が転職を簡単にする採用側の心理って何?」 20代...

給料が少ない人は転職をしよう

上記のような努力をしたら転職について検討してみると良いでしょう。

給料が少ない人が転職をしない場合、いくら努力をして市場価値をあげても年収が低いままになる可能性が高いです。

そのため、一旦自分の評価をリセットするためにも転職した方が良いでしょう。

もしもあなたが、年収が低めの業界にいるならば、比較的平気年収が高い業界へ転職をするだけで収入を上げることも可能です。

努力をして評価が上がるようなことをしてるのが前提ですが、評価を上げることができれば転職で年収をあげられる可能性が高いのです。

高年収を狙うなら異業種へ転職しよう【年収が高い業界・低い業界】
「働いている業界の年収が低いなぁ…」 「異業種への転職って実際にできるものなのかなぁ…」 20代・30代であ...

給料が少ないなら収入源を増やそう

自分の評価もあげたし、転職活動も行った。それでも年収が上がらない場合は収入源を増やす努力をするしかないでしょう。

収入源を増やすには下記のような方法ができるでしょう。

  • 副業を始めて収入源を増やす
  • 節約して投資を始めよう

年収が低いうちは投資をしても、投資額が低くなるので、資産は増えていきません。

そのため、投資を始めるよりも前に副業した方が良いと個人的には思います。

副業でサラリーマン並みの収入が稼げるようになると、サラリーマンと副業のダブルインカムになります。

ダブルインカムになり、節約をすれば、経験的に収入の50%以上は投資に回せるます。

収入の50%も投資に回せれば資産の増え方が異常なくらい早くなります。

配当金の出る高配当ETFなどに投資をすれば、四半期に一度配当金が出てくるので、お小遣いにしても良いでしょう。

ETFで配当金生活を目指す!高配当ETFを使った超現実的な方法とは?
ETFで配当金生活は可能?平均以上の入金が必要ですが、努力次第でなんとかなる領域です。ETFで配当金生活をする超現実的な方法とは?

給料が少ないなら努力が必要

給料が少ないのは、世の中の景気が悪いせいもありますが、自分の責任でもあります。

なぜなら、勉強をしなかったり、資格勉強を頑張らなかったりと、努力をしてこなかった結果だからです。

努力をしてこなかった自分を棚に上げて、そんな状況で世の中を嘆いても、自分の給料が、上がることはないのです。

逆に、努力をすれば、容易に年収を上げることが可能なのも今の世の中です。

  • 英語を勉強する
  • 資格やスキルを身につける
  • 実績を積み上げる

上記のようなことに取り組み、自分の評価を上げることができれば、転職活動を有利に進めることもできるでしょう。

仮に転職活動にうまくいかなければ、副業をして収入源を増やすこともできます。

つまり、正しい努力次第で、給料を上げることも可能なのです。

以上、給料が少ないのは努力不足?収入を上げるには正しい努力が必要ですということを解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました