年収1000万円稼ぐには差別化が大切?時間の使い方と取り組むべきことは?

「年収1000万円稼ぎたい…」

「年収1000万円稼ぐにはどうすれば良いのかな」

年収1000万円は富裕層の入り口とも言われており、全世帯のおよそ10%は世帯年収1000万円とも言われています。一番わかりやすい富裕層の入り口とも言えるでしょう。

年収1000万円になれば、資産運用にお金を回すことができます。富裕層の半分以上が資産運用をしている時代において、資産形成のスピードが加速していく年収1000万円は、まさに富裕層の入り口でしょう。

年収1000万円を稼ぐ人材になりましょうと言われますが、年収1000万円稼ぐ人は、差別化された人材です。希少性とも言います。他者にはない実力や人脈を持ち、企業に貢献できるスキルがあることです。

私の職場にも年収1000万円以上は稼いでいるであろう人々はゴロゴロいますが、語学が堪能だったり、優れた経歴があったり、社歴や能力が高かったりするのを見ています。コネの入社もあるでしょう。

つまり、差別化をするのは、年収1000万円を目指すなら本当に大切なことなのです。

では、年収1000万円になるために、差別化するにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、私の周りゴロゴロいる年収1000万円の人たちを分析して、共通点などをまとめてみました。

この記事で学べることは?

  • 年収1000万円稼ぐ人の休日の使い方が学べる
  • 年収1000万円稼ぐ共通点が学べる
スポンサーリンク

年収1000万円を稼ぐには「休日の使い方」が大切

年収1000万円稼いでいる人は、その分だけ希少性が高いと言えます。

つまり、他の人にはない能力や人脈があるということです。

休日はまとまった時間がとれる唯一の機会です。

年収1000万と700万の人では、休日の過ごし方が違う。趣味や睡眠時間にも差がという記事の中で年収1000万円の人と年収700万円の人を比較した記事が紹介されています。

他者との差別化するには、時間の使い方を変えるのが一番です。一番時間の使い方に変化が生まれるのは、休日の過ごし方を工夫することでしょう。

知人と会い交友関係を広げる

年収1000万円の人の休日の過ごし方は、基本的に知人と会うことが多いそうです。

データによると、年中1000万円以上の人は、ひとりでは遊ぶことも少なく、家族と会うか知人と会うかする人が多いようです。

確かに、私の知り合いの年収が高い方や、外資系の人々も、知人と一緒に遊びに行ったりする話をよく聞きます。

ランチの時間も基本的に一人では食べず、知人とランチを食べる方も多いのが印象的で、一方で年収が低い人は、一人で食べている方も多く、上司と部下の関係で断りきれずランチを一緒にする人が多いでしょう。

資格取得や語学学習に時間を使う

年収1000万円以上の人は自己啓発を行なっている時間が長いです。

休日でもキャリアアップのために語学や資格の勉強をしている人が多いのが印象的でした。

英語が話せることは当たり前ですし、仕事に通じる資格なら取得するのが当たり前で、コツコツと休日を使って努力をしているのです。

意外に年収が高いと時間がないと思われがちですが、少ない時間の中でやりくりをして、勉強時間を確保している人も多いのです。

家でゴロゴロする時間が少ない

年収1000万円になる人は、基本的に家でゴロゴロすることは少ないそうです。

確かに周りで年収1000万円になっている人の生活スタイルを見ていると、1日中家でゴロゴロしたとか聞くことがあまりありません。

年収1000万円以上になっている人は、家で一人でゴロゴロするよりも、家族との時間を大切にしたり、知人と会うことにより交友関係を広めているのでしょう。

年収1000万円以上を稼ぐサラリーマンの稼ぎ方の特徴

私のリアルな知り合いも含めて、年収1000万円以上を稼いでいるサラリーマンの特徴は少なくとも下記のことが当てはまっています。

仕事は少なくとも英語を仕事で使っている(外資・大手企業)

英語が使えるだけで、外資系で勤務できる可能性が広がり、年収が上げられます。

年収も新卒であれば、500万円からスタートしているということもあり、普通の新卒よりも200万円以上多く稼いでいる人をたくさん見てきました。

これからの時代、英語は不要だと言っている人もいますが、惑わされずに英語を勉強しておいたほうが良いでしょう。

結論:英語を勉強すれば年収は上がる【世界130万人88カ国の調査報告】
「英語を勉強する意味なんてあるのかな?」 「英語を勉強するメリットって何かな?」 実際に、英語を勉強したとこ...

サラリーマン収入で足りない分は副業して年収1000万円を稼ぐ

意外にも年収1000万円以上になっている人ほど副業している人が多いです。

年収1000万円以上稼いでいる人は資産運用に取り組んでいまう。不動産であれば、買値と同じ値段、もしくは買値以上の値段で売れたことなどの調子の良い会話を聞くこともあります。

年収1000万円以上になっている人ほど、副業などで収入源を増やしている人が多いです。

ただ、資産運用だと年収1000万円になってからの副業という形になる場合も多いので、資産運用以外の副業を始めていくと良いでしょう。

個人的には、

  • サラリーマン年収:500万円
  • 副業年収:500万円

というのが、一番現実的で目指しやすい年収1000万円かなとも思っています。

資産運用以外で稼ぎやすい副業といえば、

  • プログラマー
  • ライター

が有名です。長期的に取り組む覚悟がある人は、ブログなどで自分メディアを立ち上げるのも良いでしょう。

ただし、副業の種類を間違えると、体力的に非常にシビアになりますので、副業の種類は事前に考えておきましょう。

副業の種類は収入の稼ぎ方とスタンス?天国と地獄を分ける副業の種類とは?
 「副業の種類によっては幸せにもなるし不幸にもなる?」 「副業をやって不幸になった人の共通点は?」 かれこれ...

年収を稼ぐアイデアとしてビジネス本で情報収集する

年収1000万円以上になる人はビジネス本をよく読む人が多いです。

実際に周りにいる年収1000万円以上になっている人はビジネス本をよく読む努力家な人が多いです。

ビジネス本をよく読み、実践することで、アウトプットの質を高めているのも年収が高い人の特徴でしょう。

【読書年収】データから相関関係を学ぶ!年収と読書が比例する理由?
読書と年収は比例すると言われていますが、本当でしょうか?疑問に思ったので、データや年収が高い理由を考えてまとめてみました。読書と年収を比例させるには、多読・自伝を読む・実践するなど、多くのコツがあります。読書と年収の比例を解説しました。

年収1000万円の人を見て分かる「付き合う人を変えれば年収が上がる」は不十分な理由

よく「付き合う人を変えれば年収が高まるよ」というのを聞いたことあるかもしれませんが、年収1000万円の人を分析していくと、付き合う人を変えるだけでは不十分なのがわかります。

確かに、付き合う人を変えれば入ってくる情報は変わりますし、知識も増えるでしょう。しかし、それはインプットだけであり、実際に年収を上げるのはアウトプット。つまり行動がすべてだからです。

年収をドンドン上げていく人というのは、アウトプットを行い、結果を出します。

結果を出し続ければ、周囲からも認められ、年収が高い人とお会いする機会が増えます。

周囲から認められれば、転職をする際のコネにもなりますし、自営業であればお得意様になる可能性もあります。さらに、入ってくる情報の質もより高まるのです。

年収1000万円以上の人は、実力を身につけて自然とワンランク上のつながりを持っているのです。

年収1000万円稼ぐ人の特徴をまとめてみると

年収1000万円稼ぐ人の特徴をまとめてみると下記の通りでした。

  • 知人と会い交友関係を広げる
  • 資格勉強・語学の勉強をしている
  • 家でゴロゴロする時間が少ない
  • 英語を使って仕事をする
  • 副業をしている
  • ビジネス本の読書家
  • 付き合う人を変えながらもアウトプットをしている

特徴を真似すれば全ての人が年収1000万円になるということはありえません。しかし、年収1000万円に近づくことはできると思います。

以上、年収1000万円稼ぐ基礎的な行動を解説しました。

>>【副業のリアル知ってますか?】

副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みとは?

実際に副業をして独立までした私の体験を元にして副業のリアルを解説中です。

「副業を開始したい」「副業中で悩んでいる」方に、見て欲しい副業のリアルをまとめました

副業で知りたいリアルを完全カバー【開始・選び方・副業者の悩み】 
副業を始める前に知りたいこと・副業の選び方・副業中の悩みまで、実際に副業した私の体験を元にして解説しました。副業をしたいと思っている方にはまず見て欲しい副業のリアルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました