75歳まで働く?定年後でも働ける職業とは?

定年後でも働ける職業

「75歳まで働くって本当?」

「定年後で働ける職業って何があるの?」

Lifeshiftの本の中にも記載があった通り、これから将来の働き方は変化して行きます。

特に75歳まで働く説は濃厚です。75歳まで働く説を簡単に説明すると…

  • 長寿化により、100歳まで生きることになる
  • 100歳までは年金や退職金だけではなんともならない(年金・退職金すらないかも)
  • お金が足りない人は働かないといけない!?

つまり、長寿化によって、お金が足らなくなるという皮肉なことを意味します。

それでは、長寿化によって、お金が足らなくなった時に働ける職業、言い換えれば定年退職後にも働ける職業ということになるのかもしれません。

定年後でも働ける職業とはどういうものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

定年退職後にも働ける職業とは?

定年退職後につける職業は、一見多そうに見えますが、実はそうでもなさそうです。

定年がない自営業

まずは、自営業です。自営業は自分が個人で営んでいる仕事ですから、自分が止めようと思わない限り定年がない働き方です。

自分がやめようと思わない限り働き続けることも出来ます。自営業はもちろん雇用契約ではないので決められた給与が入ってくる形態ではありません。

自分の事業で売り上げが上がり続けていれば、そこから収入得ることが出来ます。

清掃業

オフィスビルに勤務されている方だったらよくご覧になるかと思いますが、ビルの清掃員を勤められている方は、おじいさんやおばあさんを見ることってありませんか?

清掃業を勤められる方にも、昔は一部上場企業で働いていた方も多いらしいです。

ただ、働かないといけないとなった時に職がなく清掃業に落ち着くという方も多くいらっしゃいます。

清掃業は、高齢になっても体が丈夫であれば行うことができます。

介護の職員

最近は介護の職員が不足しているというニュースをよく目にします。

実際に認知症の要介護認定者の方の介護とかですと、体力も必要ですので、若い人が多いです。

ですが、ちょっとした部分での介護であれば、高齢の方でも十分に対応できそうですね。

高齢になっても体が丈夫であれば行うことができるのでしょう。

警備員

警備員なんかも、屈強なSPのような警備員は難しいですが、警備員兼職員のような主に機械の簡単な操作を教える人なんかには高齢の方が仕事として携わっているケースも見受けられます。

75歳まで働くという主旨に合っているかどうかは知りませんが、嘱託職員なんかも、一部上場企業の職員からATMの操作を教える職員の方になるという場合もあります。

これは銀行などの大手に結構ありがちな選択肢なのかもしれません。

高齢者になっても働けるように

高齢者になっても働けるようにするには、丈夫な体とボケてない頭が必要です。

75歳まで働くことが必要になっても、健康でなければそもそも働けることができません。健康でなければ、健康である人たちに職を奪われてしまいます。

まず、長期的に働くことを前提とするならば、体に対して気を使うことがもっともベストな選択肢なのかもしれません。

>>【定年後の生活って実際どうなの?】

定年後の生活について不安なあなたにおすすめの記事