【70歳定年】70歳まで継続雇用が努力目標に?個人の対策まとめ

70歳定年が努力目標に…

70歳までの雇用が努力目標になることが決まりました。

2019年度から高齢者採用の積極的な支援を日本政府がやっていくそうです。

政府は高齢者が希望すれば原則70歳まで働けるよう環境整備を始める。現在は原則65歳まで働けるよう企業に義務付けており、年齢引き上げの検討に入る。2019年度から高齢者の採用に積極的な企業を支援する。

引用:70歳雇用、努力目標に 多様な働き方を後押へ政府検討

ついに政府が重い腰をあげましたね。

 同法改正前に、まず高齢者雇用に積極的な企業を支援する。19年度予算案で高齢者の中途採用を初めて実施した企業への補助金を拡充する方向だ。高齢者を採用した経験のある企業は、その後に高齢者雇用を増やす傾向にある。政府は「トライアル雇用」と位置づけ、企業に対し、試験的な採用を促す。

引用:70歳雇用、努力目標に 多様な働き方を後押へ政府検討

スポンサーリンク

70歳定年が努力目標になったことについての色々な方の反応は?

70歳から年金を受け取る場合に年金額が大幅増になるのは、定年延長の布石だったんですね。

以前から言われ続けていましたが、ついに政府が推進し始めたかって感じです。

【働き方改革の影響】働き方改革の理由と意図と個人ができる対策は?」でも解説しましたが、年功序列のままだと賃金が高止まりするので、意欲と能力で収入を決めるようにするそうですね。

【働き方改革の背景】副業OKで残業もNG?個人ができる対策は?
「働き方改革って何?」 「働き方改革で、どういうことになるの?」 働き方改革が騒がれていますが、副業がOKの...

70歳定年雇用にむけて個人が対策すべきことは?

書評「LIFESHIFT」100年時代の対応策を要約してみた」でも解説されていますが、70歳定年になったら下記の4つについて真剣に考えないと行けないですね。

  • 金融資産
  • スキル・能力
  • 健康
  • 学びなおす意欲

金融資産は投資をしてお金を増やす方法を覚えたほうが良いですね。老後資金がそれだけ貯まれば早く引退できることは確実なので、制度をうまく活用してなんとかしたいですね。

しかし現在は20代の投資割合はかなり少なく、実際にNISA口座を開設している割合もおよそ3%程度しかいないそうです。

老後資金を築くための金融資産を築くには、長期投資で複利効果を使いながらの投資がおすすめなのに、20代の若い内から投資をしないのはモッタイナイでしょう。

複利効果について知らない人は、本当にもったいないです。20代・30代の方は絶対に複利効果について知っておくべきでしょう。

【投資信託の複利効果】インデックスファンドで189%増の資産構築をする方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

また、投資をはじめようと思っても、自分の中に投資のルールを持っていない人は投資で損する可能性が高いので、なぜ投資を行うのかについても深く考えておく必要があります。

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

スキルや能力は「定年後の再就職は競争激化に?定年前にやらないと損する再就職対策」でも解説していますが、資格と副業が大切かなと思います。

そのためには学びなおす意欲も必要なので、常に学び直して新しいことを身につけましょう。

【定年後の再雇用】定年後の再雇用で年収が70%ダウン!?定年前にやっておきたい再就職対策!安心老後を過ごす方法とは?
「定年後の再就職ってどうなんだろうな…」 「上手く再就職できなかったら怖いかも…」 将来的には定年後の再就職...

資格があれば再雇用の可能性も増えますし、副業をしていれば再就職できなくても生きていけますしね。

健康は「【健康投資】健康維持は利益率高すぎ?健康に投資する方法まとめ」でも書いてますが、70歳まで元気で働けないと老後資金が一気に減り始めます。

健康に対する知識をつけて気にかけることでしょう。若いときからの筋トレや栄養状態に気をかけるのもオススメですよ。

健康維持は利益率が高すぎる?100年時代に備える健康への投資術
2007年に日本で生まれた子供は107歳まで生きると言われています。 長寿化の背景と影響については100年...

70歳定年むけて早めの準備をしよう!

いずれにせよ定年が延長して70歳まで働くのを想定して行動しないとマズイですね。

早め早めから対処すれば直前になって慌てずに済みそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>【定年後の生活って実際どうなの?】

定年後の生活について不安なあなたにおすすめの記事