将来が不安な人が転職で成功する戦略とは?不安の原因から考えよう

「将来が不安だ…」

「どうしたら不安を解消できるかな」

将来の不安を解消するのに転職をするのは非常に効果があります。

将来不安になるのは、お金、スキル、プライベートが主な原因です。

仕事を変えれば、お金の問題、将来的なスキルの問題、プライベートとの両立の問題も解消できる可能性は非常に高いのです。

しかし、不安を解消する転職には優良企業に転職しないと難しいでしょう。

福利厚生が整っている企業だったり、給料が高い企業だったり、スキルが身につく企業というのは優良な企業が多いからです。

優良企業に転職するには、ある程度のスペックが必要になります。スキルや経験を磨く準備をするなど、戦略を練る必要があるのです。

今回は、将来が不安な人が、転職で不安を解消するための戦略について解説します。

この記事で学べることは?

  • 将来が不安なら転職を検討した方が良い理由が学べる
  • 将来が不安に感じる原因が学べる
  • 将来が不安な人が転職でうまくいく戦略が学べる
スポンサーリンク

将来が不安なら転職を検討しよう

将来が不安だなと嘆いているなら、早めから転職を検討すると良いです。

私自身、個人で働いている時は収入不安定で、生活に余裕がなく、将来が不安でした。

しかし、転職してダブルインカムになったことで、金に余裕が生まれ、将来の不安がほとんど解消できました。

転職することで、状況が変われば、将来の不安も消えていきます。

将来が不安な人は、早めから転職を検討した方が良いのです。

将来が不安な原因は?転職で何とかなるの?

転職をして将来の不安が解決するといっても、不安になる原因が分からなければ、転職して不安が解消できるのか判断することができません。

そこで、将来が不安になる原因について、見て行きたいと思います。

年収が低いので将来の生活に不安

将来の不安の原因の9割はお金で解決します。

将来が不安だという人は年収が低く、お金に余裕がないからです。

人は生活をするのにお金が必要で、お金がない生活はほとんど不可能です。

  • 日々生活していくための生活費
  • 近い将来子供を育てるための教育費
  • 遠い将来に備えた老後資金

上記のように日々の生活+将来の生活を守るためにもお金が必要なのです。

そのため、年収が低いと、生活に余裕がなくなり、将来が不安になるのです。

将来なくなるスキルしか身に付かない不安

将来が不安になる理由として、将来の職業がなくなるかもしれないという不安もあります。

最近はRPAや人工知能の導入が盛んに言われており、どんどん人が不要になっていきます。

自分が行なっている仕事が単純作業であればあるほど、機械によって代行される可能性があり、転職先がますます減っていきます。

昔はパソコンに文字を打ち込むタイピストという職業が花形でしたが、今はパソコンに文字が入力できて当然です。

そのため、タイピストのスキルは不要なスキルとなってしまいました。

他にも将来なくなる仕事というのは、かなり多く出てくる可能性があり、将来が不安になるのです。

仕事がなくなっていく原因であるRPAについては下記の記事で解説しています。興味がある人はどうぞ。

RPAで仕事がなくなる?RPAで仕事が奪われない人の特徴とは?
「RPAで仕事がなくなるって本当?」 「RPAによって仕事が奪われる人の特徴は?」 RPAとは「ロボティクス...

プライベートとの両立が困難で将来が不安

今働いている仕事だと、プライベートとの両立ができないとなると将来が不安になるでしょう。

  • 残業が忙しく家族との時間が取れない
  • 意図しない転勤で引っ越さないといけない

残業が忙しく家族との時間がなくなれば、家庭崩壊の危機になるでしょう。

また、せっかく良い公立学校を見つけたり、保育園を見つけたとしても、会社からの意図しない転勤で、引っ越さないといけなくなるかもしれません。

プライベートと両立できない可能性があると将来に対して不安になるのです。

転職して将来の不安を解消しよう

将来の不安の原因は、

  • お金
  • スキル
  • プライベートとの両立

上記3つは転職して解消できるため、転職をすれば将来の不安は解消可能だと言えるでしょう。

うまく転職できれば、年収があがります。

例えば、英語を勉強してTOEIC800点以上をとれば、比較的年収が高い大きめの会社に就職することも可能でしょう。

将来的に伸びる業界へ転職すれば、業界自体が伸びていけば、その分だけ年収を上げることも可能なのです。

TOEIC800点は転職に有利でコスパも高い「やらないと損」
「TOEIC800点って転職に有利なの?」 「TOEIC800点を目指すのは転職的にどうなの?」 TOEIC...
高年収を狙うなら異業種へ転職しよう【年収が高い業界・低い業界】
「働いている業界の年収が低いなぁ…」 「異業種への転職って実際にできるものなのかなぁ…」 20代・30代であ...

スキルアップしないという問題も、うまく転職活動ができれば解決できる問題でもあります。将来的に必要になるスキルがわかれば、そのスキルが伸びる業界や会社に転職すれば良いからです。

プライベートとの両立を考えるのであれば、残業の少ない企業へ転職すれば、家族と過ごす時間が確保できます。

残業をしない企業に異動した分、残業代が払われなくなります。

残業がなくなり年収が下がったら、副業してダブルインカムを検討しても良いでしょう。

サラリーマンに副業がおすすめな理由は下記の記事で解説しています。興味がある人はどうぞ。

サラリーマンに副業がおすすめな理由「将来の不安を解消できるから」
「サラリーマンで働いているけど将来が不安だな」 「将来の不安を消すために副業でも始めようかな」 サラリーマン...

将来が不安な人が転職でうまくいく戦略

将来が不安な人が転職活動で不安を解消するには、できるだけ規模が大きいホワイトな企業や、業界でも優秀な成績を収めている企業への就職が求められるでしょう。

将来不安な人は転職でうまくいくには、ある程度の戦略が必要になります。

では、どのような戦略であれば、転職がうまくいくのでしょうか?

準備:客観的に評価できる資格・実績を作る

将来不安な人がいきなり転職活動しても上手くいかない可能性が高いです。

良い企業に入社するには、ある程度のスペックが必要です。

スペックが低いままの転職は、将来の不安が解消できるような企業ではなく、現状とあまり変わらない企業に転職する羽目になります。

つまり、将来の不安を解消する転職をするならスペックを高める準備が必要なのです。

では、どのようなスペックを高めればよいのでしょうか?客観的に評価できる資格や実績が必要になります。

例えば、下記のことができるでしょう。

  • TOEIC800点以上を取得する
  • 働いている仕事で実績を作る

資格や実績は業種ごとに異なるので、情報収集を通して、客観的な評価が上がりそうなものに目星をつけておくと良いでしょう。

どの職業に通用するのは、TOEIC800点以上という基準を取得することでしょう。

グローバル企業において、TOEIC800点以上は足切りラインに設定されています。そのため、年収を高めたい人はTOEIC800点を取得しておいて損はありません。

TOEIC800点以上を達成した勉強法?「隙間時間で十分です」
「TOEIC800点ってどう取れば良いかな?」 「TOEICを勉強する時間がないな…」 TOEICを勉強する...

情報収集:転職サイト・転職エージェントに複数登録しておく

転職で有益な情報を集めるのに最適なのは、その会社で働いている人と知り合うことでしょう。

しかし、働いている人と知り合うことができなければ、

  • 転職サイトを常に見る
  • 転職エージェントから情報を得る

ことが必要になります。

転職サイトを常に見ておけば、労働市場において自分がどの程度価値があるのかを知ることができます。求人に記載されている年収と自分の年収を比較し、求人の年収のほうが高ければ転職を積極的に検討するのも良いでしょう。

私は、転職する際に有利な資格を知るために、求人情報を活用していました。

TOEIC800点以上が必要だと考えたのも、多くの求人情報に足切りラインとして「TOEIC800点以上が望ましい」と書いてあったのを見て、判断した次第です。

このように、転職を準備する際に「どの資格を取得しようか」と検討する上でも求人情報は活用できます。

転職エージェントはピンきりであり、あなたの人生から理想的な職場を考えてくれる良いエージェントもいれば、営業成績のことしか考えない悪いエージェントもいます。

そのため、転職エージェントはなるべく複数に登録しておき、いろいろなエージェントを見た中で選ぶと良いでしょう。

おすすめの転職サイトは下記のとおりです。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

面接対策:自分のアピールポイントを明確にする

スペックを磨けば、履歴書に通る可能性は高くなるでしょう。

また、スペックを磨くことで、もしかしたら、企業から「一緒に働きませんか?」とお声がかかるかもしれません。

そうして、履歴書が通れば、いよいよ面談になります。

面談のコツは、自分のアピールポイントを明確にすることです。

端的に言えば、「私を採用すれば、これだけ儲かります」というのを採用面接官にアピールすることができれば、面談対策としてはOKだと言えるでしょう。

具体的なアピールの方法については下記の記事で解説しています。興味がある人はどうぞ。

転職はアピール必須!実力以上に評価される適切なアピール方法
「転職面接でアピールするの苦手」 「上手なアピール方法って何かないかな?」 転職面接では当然のごとくアピール...

将来が不安なら転職しよう

将来が不安になる原因は、お金、スキル、プライベートです。

将来の不安を解消するには転職が効果的ですが、良い企業に転職できないと不安は解消できないでしょう。

将来が不安な人が転職活動でうまくいく戦略は、シンプルな下記3点です。

  • 準備:客観的に評価できる資格・実績を持つ
  • 情報収集:情報が集まるハブを持つ
  • 面接対策:自分のアピールポイントを明確にする

将来が不安な人が転職で不安を解消するには、準備が大切であり、準備には時間がかかります。

なるべく早めに転職活動を初めて、準備に時間をかけていきたいですね。

以上、将来が不安な人が転職で成功する戦略とは?不安の原因から考えようを解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました