給料が上がらない人の特徴と対策は?人材市場価値から努力を考えよう

「給料が上がらない…」

「給料を上げるのに必要なことって何だろう?」

給料が上がらない人は努力不足の可能性が高いです。

また、努力をしていても給料が上がらない場合は、努力の方向性が間違っているのでしょう。

給料を上げること。それ自体は、努力の方向性さえ間違えなければ、比較的簡単に上げることができます。

人材市場価値を上げることに注力し、人材市場価値が上がったら転職すれば良いからです。

今回は給料が上がらない人の特徴と対策を人材市場価値を踏まえて解説します。

この記事で学べることは?

  • 給料が上がらない人の特徴が学べる
  • 給料が上がらない人が取り組むべき努力が学べる
  • 給料が上がらない人が転職すべきタイミングが学べる
スポンサーリンク

給料が上がらない人の特徴とは?

給料が上がらない人の特徴は大きく分けると2つしかありません。

  • 市場価値をあげる努力をしない人
  • 市場価値を上げる方法がわからない人

給料が上がらない人の特徴を見ていくと、自分流の考え方があるのかわかりませんが、転職市場における市場価値を上げるような努力をしていない人がかなり多く存在します。

努力の方向性が間違っていたり、そもそも努力をしていません。

自分のことを棚に上げて、給料が上がらないことを世の中の責任にしているのが、給料が上がらない人の特徴なのです。

人材市場価値をあげる努力をしない人

給料とは何で決まっているのでしょうか?

例えば、「この人がいないと回らない」と感じる人材の給料は高いです。

一方で「いなくても問題がない」人の給料は低いままになります。

つまり、給料とは、労働市場における人材市場価値で決まっています。

給料が上がらない人の特徴は、人材市場価値を上げる努力をしていません。

人材市場価値を上げる方法は数限りがないでしょう。

しかし、給料が上がらない人は、自分ができることを増やしたり、実績を上げることにこだわったり、資格を勉強することがないのです。

そのため、労働市場にとって必要とされない人材になってしまうからです。

人材市場価値を上げる方法が分からない人

結局のところ、給料が上がらない最大の原因とは、給料を上げることに対する努力が足りないからです。

給料は正しい努力をすれば、上げることも可能です。

しかし、給料が上がらない人は努力が嫌いな人も多く、楽しても給料を上げたいと考えている人が多数でしょう。

実際に、給料が低いと悩んでいる人と話しても、努力して年収をあげようとしている人は少ないです。

しかし、それと同じくらい多かったのが、「給料は上げたいけど、何をしてよいかわからない」という人です。

以前、就活前の大学生の人と話したときに、「給料を上がるのに直結する資格はなにか?」と訪ねましたが、答えることができませんでした。(当然、このような質問に答えは無く、自分なりに市場価値を上げるために何をすればよいかが回答できれば良いです)

就活前の大学生なら、当然だろうと思い、今度は、社会人1年目の方にも同じ質問をしてみました。

その方も、回答することができず、人材市場価値を上げるという感覚がないことが分かります。

人材市場価値を上げる方法がわからなければ、市場価値を上げる努力なんてできませんよね。

つまり、給料が低い人は、何をしてよいかわからないから努力をしないのです。

給料が上がらない人の対策とは?「努力の方法」

給料が上がらないと悩んでいる人はどのような努力をすればよいのでしょうか。

給料が上がらない人向けの正しい対策について解説します。

自分の市場価値を知らないし、市場価値を上げる方法が知らない

給料が上がらない人は、そもそも転職をしたことがない人が多いです。

転職活動をすれば、他者から評価を受ける機会が増えます。そのため、自分の市場価値がどの程度のものなのかを知ることは難しいでしょう。

また、転職活動をしたことがない人は、市場価値を上げる方法について知らない人も多いです。

なぜなら、どのような人が市場価値が高いのかといったことを情報収集していないからです。

確かに、「英語が出来る人とそうではない人、どちらの方が給料が高いか?」と問われれば、英語が出来る人材だと答える人は多いでしょう。

しかし、どの程度の英語力があれば、どの程度の企業に転職できるのかは、情報収集をしなければわからないでしょう。

私自身、転職活動をし始めて、英語の重要性を知った時は驚愕しました。本当にコスパが良い資格であることが分かり、TOEI800点以上のスコアを目指したものです。

それに関しては、TOEIC800点以上がコスパが良い理由で解説しています。

このような、「どのような資格が市場価値が高いのか」という事実は、情報収集をすれば明らかになります。

しかし、転職活動したことがない人は、市場価値を高める方法について分からないままなのです。

転職したことない人は年収が低め?転職活動しない=5000万円の損
「転職活動したことがない人は年収は低いの?」 「転職活動しないと損する理由ってなに?」 転職活動したことがな...

まずは転職活動を初めてみて、人材市場価値を高めるために必要な努力を考えましょう。

転職サイトに登録して、求人情報を見てみましょう。そして実際に転職エージェントと会話してみることで、転職市場ではどのような能力が求められているのかを知ることができます。

転職サイトは複数のサイトに登録するのがオススメです。とりあえず大手3社程度には登録しておくと良いでしょう。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

一番初めにやることは市場価値を上げましょう

転職活動をしたことがない人は、自分の市場価値を上げる方法がわかりません。

まず最初にやることは、「人材市場価値を上げる情報収集」です。

その後、情報収集が完了したら、実際に市場価値を上げましょう。

残念ながら、もしも人材市場価値が低いまま転職活動をしてしまったら、給料の伸びは悪くなります。

そのため、まずは人材市場価値を上げることに専念した方が、コスパが良いです。

ある程度の人材市場価値が上がってきたと感じたら、転職をしても良いでしょう。

出来る限り人材市場価値を上げ、年収の高い業界に入社できれば、給料を大きく伸ばすことも可能なのです。

人材市場価値を上げる方法として、下記のような方法があるでしょう。

  • 学歴を取得する
  • 資格を取得する
  • 成果物を認められる
  • 実績を積む

まだまだ日本は学歴至上主義の名残が残っております。

そのため、良い学歴を持っている人は、良い会社に入社できる可能性が高いです。

若い人であれば、学歴を取得するために、大学に入り直しても良いでしょう。

学歴は一生安泰を約束するものではないですが、「ブランド」としての意義があります。

学歴は便利?学歴なしでも戦える?学歴社会の崩壊で変わる学歴のルール
学歴は良い会社に入社するためのものでしたが、良い会社という前提が崩壊すれば学歴は意味がありません。しかし、学歴はいまだにブランドとしての活用価値があります。学歴社会が崩壊している理由と、学歴はあったほうが便利な理由を解説します。

実際に、高卒の知り合いで、海外の大学を卒業してから外資系で働いているという人もいます。

そのまま海外で就職して、実績を作ってから日本に戻ってくることもありでしょう。

また、資格を保有すれば、その分だけ市場価値は上がります。資格については特にTOEICがオススメです。

転職に有利な資格?TOEICがコスパ最強な理由「1時間3万円」
結論から言えば、TOEICこそがコスパ最強の資格です。キャリアの広がり方、年収の上がり方、安価で取り組みが可能と、やらないと損する理由が満載。年収を効率的に上げたい人向け!転職に有利になる資格がTOEICである理由とは?

プログラマーやデザイナーなどの職人的な人は、成果物をドンドン作り、自分が何をできるのかを証明することにもなります。

また、すでに会社で働いている社会人の人は、実績を積むのも市場価値を上げることに繋がります。

「実績が増えれば、アピールポイントは増えるので、市場価値も上がりやすい」という訳です。

市場価値を上げたら転職しよう

市場価値をある程度まで上げることができたら、実際に転職活動を始めましょう。

「転職よりも出世の方が年収が上がるのでは?」と考える人もいるかもしれません。

しかし、転職をすることで年収が上がることは厚生労働省の資料からも明らかです。

2019年8月の日経新聞では下記のようなニュースが出ています。ご存知でしたか?

厚生労働省が21日に発表した2018年の雇用動向調査によると、転職に伴って賃金が増加した人の割合が前年に比べ0.6ポイント高い37.0%となり、比較可能な04年以降で最高水準となった。

引用:日経新聞

転職をして賃金が上がった人は約40%にもなります。つまり、3人に1人の人が転職活動をすることにより、年収を上げているという事実があるのです。

しかも、出世ができるかどうかは90%以上が運の要素になります。

その点、転職は自分の意志のみで実現できるので、年収アップの可能性が運に左右されないのです。

出世の条件を頑張るよりもリセットで簡単に出世可能です「運が9割」
「出世したのだけど出世する条件ってなんだろう?」 「出世って実は自分の力では無理ゲーだよね」 優秀な人であれ...

給料が上がらない人は早期の対策をしよう

給料が上がらない人は早期の対策をはじましょう。

そもそも、給料が上がらない人の特徴は下記のとおりです。

  • 市場価値を上げない人
  • なんの努力をしてよいかわからない人

そのため、給料を上げる対策は下記のとおりでした。

  • 市場価値が上がる方法をしる
  • 実際に市場価値を上げる
  • 転職活動を始める

給料が上がらない人の特徴と対策を分析すれば分かる通り、給料が上がらない人は、努力の方法を間違っているか、そもそも努力をしていない人です。

逆に、給料が上がる人は、いずれかの段階で努力をした人になります。つまり、努力と給料は比例しているという訳ですね。

給料が上がらないと嘆いていても、何も変わりません。給料が上がらないと悩んでいるのであれば、早くから行動して、給料を上げていきましょう。

まずは転職サイトに登録をして、情報収集から始めてみましょう。

  • リクルートエージェント:業界TOPの求人数を誇り、中小・大手・外資など多数あり!20代にはおすすめの求人サイトです。
  • doda:大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。第二新卒を狙う20代におすすめです。
  • 20代の転職ならマイナビジョブ20's:マイナビの20代特化型の転職サイト。第二新卒の方におすすめです。

また、給料にこだわらずに収入を上げたい場合は下記の記事がオススメです。

給料が少ないのは努力不足?収入を上げるには正しい努力が必要です
「給料が少ない原因って何だろうな?」 「給料が少ないのって世間が悪いのかな」 結論から言えば、給料が少ないの...

以上、給料が上がらない人の特徴と対策は?人材市場価値から努力を考えようを解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

理想の働き方を勝ち取る攻略法とは?

「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。

特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。

理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。

理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。

  • 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく
  • 常に求人情報を閲覧しておく

そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。

 自分に適切な年収を知ろう!

自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。

自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。

登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。

 履歴書を書く時の自己分析を無料で!良い点・悪い点を把握する

実際に履歴書を書く時に自己分析をするのってシンドいですよね。リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。

登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

【グッドポイント診断】第二新卒や転職希望者の簡単自己PR作成法
グッドポイント診断を使って強みを分析した実体験から、第二新卒や転職希望者の簡単な自己PR作成方法を解説してます。自己PRを作るのって時間がかかって大変ですから、転職者の方の利益になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました