日銀ETF買い入れの目的とは?投資初心者が知るべき日銀ETF買い入れの意味

日銀ETF買い入れの目的とは?投資初心者が知るべき日銀ETF買い入れの意味

「日銀ETF買い入れってどういう意味?」

「日銀ETF買い入れの影響ってどういう物があるの?」

投資初心者が投資で利益を得ようと思ったときに忘れてはいけないのは国の政策です。

特にインデックス投資家のような長期的な運用をしていくのであれば、国の政策の動向を知っておくと、長期的に利益を得る投資が行える可能性が高くなります。

例えば、日本の場合であれば、日銀のETF買い入れや年金ファンドであるGPIFがどのような投資をしているのかを知っておくのは、長期的なトレンドを掴む上で必要なことなのです。

インデックス投資家は長期保有という、精神的に擦り減りそうなイバラの道を進んでいく人々です。

もしも、日本の政策である日銀のETF買い入れや年金ファンドの投資先を知らなければ、長期的に保有する際の安心感を得ることが出来ず、途中で売却する可能性もあるでしょう。

今回は、投資初心者に知ってほしい日銀ETF買い入れの意味と影響についてまとめました。

この記事で学べることは?

  • 日銀ETF買い入れの理由が学べる
  • 日銀ETF買い入れの投資先が学べる
  • 日銀ETF買い入れの影響が学べる
スポンサーリンク

日銀ETF買い入れは「物価の安定」が目的だった

日銀がETF買い入れしているという記事をよく見かけますよね。

簡単に言えば日銀が間接的に株を購入しているわけなんですが、どうして日銀が企業の株を購入するのでしょうか?

日銀買い入れの目的は物価の安定

日銀ETF買い入れは、「量的・質的金融緩和の導入」という理由から行われています。

わかりにくいですので、簡単に言うと、日銀のETF買い入れは「物価の安定」のためです。

日本銀行のHPを見てみると、日銀が現在何を目的にして動いているのかがわかります。

日本銀行は、2013年1月に、「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、これをできるだけ早期に実現するという約束をしています。

引用:金融政策

現在日銀が目的にしているのが「物価の前年比上昇率2%」です。

この目的達成のために、資産の買い入れが行われています。

  • 長期国債
  • ETFおよびJ-REITについて、保有残高が、それぞれ年間約6兆円、 年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れを行う。
  • CP等、社債等について、それぞれ約 2.2 兆円、約 3.2 兆円の残高を維持する。

引用:金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

金融資産を買い入れるのは市場にお金の流通量を増やすため

なぜ、金融資産の買い入れをするのかといえば、お金を市場にばらまくためです。

金融資産が購入されると、その分だけお金が市場に流通されます。お金の流通量が増えれば、お金を持っている人が増えることになります。

そうなると、

「あれ?この値段だとすごく売れるな…。じゃあ値段上げたれ」と値段を上げるようになりますよね。

このメカニズムが働けば、相対的に物の値段が上がります。そうすれば、前年比2%増加のインフレが実現するのです。

つまり、「2%のインフレを実現するために資産を購入しているが、そのうちの1つがETFである」ということなのです。

日銀ETF買い入れでは、日本の幅広い会社に投資をしている

日銀がETFを購入しているのは金融政策の一つであることがわかりました。

それでは、日銀が実際に購入しているETFとは何なのでしょうか?

結論から言えば「日本全体の指数に連動するETF」です。

もっと、わかりやすく言えば、日本の会社に幅広く投資をしています。

日銀の投資対象はTOPIX・日経225・JPX日経400

2018年7月には、今後の ETF の買入れの運営についてという書類で下記のように紹介されていました。

用語の説明は下記のとおりです。

  • TOPIX(東証株価指数):東京証券取引所第一部に上場している、内国普通株式全銘柄。
  • 日経225:東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄。
  • JPX日経400:東証の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主市場とする普通株式

つまり、幅広く上場している日本企業に日銀は投資をしているのです。

日銀ETF買い入れで引き起こされる影響とは?

日銀のETF購入で株価が上がる?

日銀がETFを購入すれば株価が上がると言われています。

なぜなら、日銀が物価の2%が達成できない限り、ETFを買い入れし続けるでしょう。

必ず買う人がいるとわかったら、値上がりする可能性は高くなりますよね。

それがわかっている投資家たちは、日銀のETF買い入れを期待して、将来的に高くなるであろう可能性に期待して投資をするのです。

さらに、必ず買い続ける人がいれば、株価が下がったりすることもありません。

つまり、株価は安定して上がり続ける可能性が高いと言えるのです。

日銀が今までに購入した金額は22.7兆円ほど

参考までに日銀のETF買い入れの年度ごとの買い入れ額をグラフにまとめてみました。

日銀ETF買い入れ合計額

日銀は売却はせずに、購入だけで6兆円になっています。買い越し6兆円は東証の取引の中でも突出した数字です。

ちなみに、ETFの購入と日経平均225を合わせと連動して右肩上がりになっているのがわかります。

ちょうど、2013年以降のタイミングは、金融的に大きく変わったタイミングでも有り、

  • 日銀ETF買い入れの本格化
  • GPIFの投資比率で株式比率が大幅に増えた

ということもあり、日経平均株価と連動して右肩上がりになているのがわかります。

日銀のETF買い入れで含み益を得ている企業は多数ある

日経平均は2013年の1万円代から2万代に大きく上昇したことにより、含み益も増えています。

生命保険会社・資産運用会社は赤字を取り戻した

リーマンショック前に購入していた株などの資産はほとんどが赤字になっていましたが、日銀ETF買い入れやGPIFの株式投資の効果により含み益に変わった企業も多いでしょう。

事実、生命保険会社は保険で集めた資金を運用して利益を出しているビジネスモデルですが、2013年以降のアベノミクスによりリーマンショックの時の赤字を取り戻したとも言われています。

他にも資産運用会社の成績を見てみると、現在は黒字転換しているところも多いことがわかります。

GPIFも日銀も自分で購入したETFで含み益を得る

GPIFの場合は、GPIF自体が株式投資をすると言ったことで、株式市場が右肩上がりに変わるくらいの影響があります。さらに、日銀のETF購入も重なれば株式市場が右肩上がりになるのも疑問はないでしょう。

GPIFは日本の年金を運用している年金ファンドです。詳しくは下記の記事をどうぞ。

【年金のポートフォリオ】GPIF・CalPERS・GPF-Gから個人のポートフォリオを考えよう
年金ファンドのポートフォリオ?世界各国の年金ファンドとGPIFのポートフォリオを比べると株式比率の少なさが際立つ。 世界各国の年金ファンドを参考にして分かる、個人のポートフォリオを組むヒントとは?

日銀ETFは、2018年11月の段階では含み益も7兆円も出ています。22兆円で投資していると考えると30%程度も含み益が出ているんですね。

保有する指数連動型投資信託(ETF)の含み益は9月末時点で7兆2045億円と、前年度末(5兆1460億円)から増加し、過去最高を更新した。

引用:日銀:保有ETFの含み益は過去最高7兆2045億円-上期決算

日銀は日本国内のETFの10%を購入している

2018年の内国ETF売買代金は56兆2,452億円と言われています。

つまり、日銀のETF購入は全体のETF購入の10%にも達していることになります。

物価の上昇はどうなった?

一方で、日銀のETF買い入れの目的である、消費者物価指数の上昇はどうなっているのでしょうか?

日本のインフレ率のグラフは下記になります。

見ていただければ分かる通り、日銀がETFを購入してもインフレ率は0%を平均して推移しているという結果に。

賃金の上昇がなければ、物価の上昇ははっきり言って、難しいでしょう。

日銀がETFを購入する→株価が上がる→企業の資産価値が増える→企業の投資が活発化する→給料が増える→物価が増える

このような循環をしていかなければ、物価の上昇って難しいんじゃないかなと思っています。

貯金でも損するインフレリスクの回避法とは?30年3%のインフレ率は資産価値が半分になる!
投資は損するから怖いと思っても、貯金をしてもインフレで資産価値が目減りします。実際に30年間インフレ率3%が続くと資産価値が50%下落します。インフレのリスクを回避する方法とは?

日銀のETF買い入れ=株価は安定ではない

日銀がETFを買い入れているから株価が安定すると思うのは短絡的です。

長期的見れば日銀ETF買い入れによって安定するかもしれませんが、短期的に見れば変動してしまいます。

日銀の買い越し額は東証の中で突出している

東証のデータによると、日銀の買い越し額ははっきり言って突出しています。

2018年は日銀が6兆円を投資しましたが、他の組織では、最大でも2兆円程度の買い越し額でした。

買い越しは事業法人の2兆3014億円、信託銀行9089億円、投資信託8959億円にとどまり、日銀の購入額は突出している。

引用:日銀ETF購入、今年6兆円超で記録を更新-「日銀頼み」日本株

買い越し額が多いから株価が安定するのかといえば、長期的に見ればそうですが、短期的に見ればそんなことありません。

長期的に見たら安定・短期的には違う?

長期的に見たら、確かに右肩上がりで上がっていく可能性が高いでしょう。

なぜなら、最終的に日銀が大量に買い越すことを知っている投資かたちは、値上がりを期待して購入するからです。

株価が右肩上がりになっていく理由は、「日銀ETF買い入れへの期待」なんですね。

ただし、短期的に見たらかなり日経平均はかなり下げている場面もあります。これは主に外国人投資家たちのリスクに対する反応でリスク回避傾向が強まったことが言えるからです。

現在の東証一部の30%は外国人投資家に買われている株式になります。

引用:2017年度株式分布状況調査の調査結果について

そのため、外国人投資家達が世界の景気動向を見て、リスクが高いと感じてきたら、日経平均株価に投資をしている部分を引き上げて、国債に買い替えたり、流動性の高い資産に変更したりします。

いくら日銀がETFを大量に購入していても、外国人投資家達が資金を引き上げてしまった場合、短期的に下がるのです。

しかし、短期的に株価を下げたとしても日銀が安定してETFを購入していることは事実なので、再び日経平均株価に投資をする人も増えてくるでしょう。

このような上下の値動きのサイクルのため、日銀がETFを購入していても長期的には安定するが、短期的には安定しないということなのです。

日銀のETF買い入れの意味をまとめよう

日銀のETF買い入れの意味は下記の通りです

  • 日銀がETFを購入するのは物価の安定のため
  • 日銀は幅広い日本市場全体に投資をしている
  • 日銀がETFを購入すると株式市場が右肩上がりになる可能性が高い
  • 日銀のETF購入とGPIFの日本株購入により含み益を得た企業は多数
  • 日銀の目的であるインフレ率は上がっていない
  • 日銀の東証での買い越し額は突出している

以上、日銀のETF買い入れの目的とは?投資初心者が知るべき日銀ETF買い入れの意味を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 コストが安いネット証券は投資の利益が出しやすい?

投資信託は実質コストが安い方が複利効果によって利益が出しやすいです。

実際に1000万円を元手にコストが年率0.2%と年率0.6%では、30年後に400万円以上の違いが出ることもあります。

賢く投資をするなら、実質コストが安い証券口座がオススメ。

特に、楽天証券とSBI証券は両社とも日本国内では優れたネット証券です。証券口座開設が無料であり、自宅で手軽に開設できます。それぞれに下記のような特徴があるので、二つの口座を開設して持っておくのが良いでしょう。

▼楽天証券「ポイントがえげつないほどたまり二重で投資できる」

実質コストを下げるならポイント還元が1%されたり、他にもポイントが溜まってポイントで投資ができる楽天証券がオススメです。

  • 楽天カードで溜まったポイントでポイント投資が簡単にできる!
  • クレジットカードで毎月5万円の積立投資で最大500P!
  • 楽天市場での購入が+1%還元される楽天SPUの仲間入りも!

楽天証券の詳細はこちら

▼SBI証券「海外ETFでのインデックスファンド投資は最安」

インデックスファンドを国内ではなく海外のETFを購入したい方や、100万円以上の資金を定期的に積立たいという人は、SBI証券が最もおトクに投資できます。

  • 海外ETFを購入は0.45%で楽天証券・マネックス証券と同じですが、100万円以上購入時の為替手数料が安い
  • 海外ETFにも定期買い付けサービスあり。ほったらかし運用も可能
  • インデックスファンド以外にも投資をしたい人はSBI証券がオススメです

SBI証券の詳細はこちら

「資産形成がしたい…」

年金問題や老後に危機感を感じるサラリーマン向けに、インデックスファンド投資講座をWeb上で開催中

インデックスファンドの特徴は手堅く資産を築くこと!

 投資講座ガイダンス:サラリーマンに投資がオススメな理由?投資のメリットは稼げるだけじゃない!

【サラリーマンが投資する理由】月5万円の投資で年収1.3倍になる可能性アリ!
「投資をする理由ってなんだろう?」 「なぜ投資をするのかな?」 サラリーマンが投資をした方が良い理由は、時給...

 投資講座第1回:投資の種類を理解しよう!リスクが高いものから収益性の高いものまで完全網羅!

投資の種類とリスクから考える!忙しくてリスク嫌いなサラリーマン向けの投資の最適解とは?
「投資の種類ってなにがあるのかな?」 「一番儲かるものって何があるのかな?」 投資を探すときに、儲かる投資を...

 投資講座第2回:サラリーマンにはインデックスファンドが圧倒的にオススメな理由

インデックス投資は最強?サラリーマンが25年間の毎月15万の積立で1億円も可能
サラリーマンにインデックスファンドがオススメな理由を解説!10年利回りが10%?分散も簡単で手数料もやすい。インデックスファンドについてを解説しました。

 投資講座第3回:インデックスファンドとアクティブファンドってどっちの方が稼げるの?

アクティブファンドはインデックスファンドにボロ負け!アクティブ運用とパッシブ運用の違いとは?
アクティブファンドは株価指数などより高い運用成績をプロが目指すファンドです。インデックスファンドは株価指数などと同等の値動きを目指すファンドです。アクティブファンドはインデックスを下回った成績が多いです。両者の違いや原因を解説しました。

 投資講座第4回:長期的なインデックスファンド投資を行う理由は複利にあり!!

【複利運用で189%増】インデックスファンドで複利効果を出す方法
複利が効果的に働けば資産が189%増もあり得ます。預金に預けてもお金は増えません。インデックスファンドで運用するなら複利効果を知っておくべき。複利を効果的に働かすには、情報、節約、収入アップ、値動き分散が大切です。

 投資講座第5回:長期的に手堅く稼ぐのに絶対に欠かせない分散投資って何?

【分散投資を徹底理解】資産を分散してリスクを回避する方法?
分散投資は聞いたことあるけど、どうやって良いかわからない…。結論は、投資初心者はインデックスファンドの積み立て投資がオススメです。分散の方法やメリットなどを解説してみました。

 投資講座第6回:利率を優先する?元手を増やす?結局は入金力がすべて

【投資は入金力】年利と積立額はどっちが大切でしょうか?実は年収UPが資産構築には重要なんです
「いま、投資をしたら下げ相場だからマイナスになってしまう可能性もあるな…」 「どの金融商品に投資をすれば良いのかな...

 投資講座第7回:インデックスファンド積立投資を初めて気づいたこと

積立投資を実際にはじめて実感したこと【メリットや優位性】
「積立投資って実際どうなの?」積立投資で気になる、実感したことをリアルにまとめてみました。メリットはマインドが変わること、実際にやってみてわかった、積立投資の優位性も解説中。

 投資講座第8回:ETFでもインデックス投資できるけどどちらの方がおトクなの?

ETFと投資信託の違いとは?月5万円以上投資するなら米国株ETFを始めよう
「インデックスに投資をするけど、ETFとインデックスファンドどちらが良いのか?」 「インデックスファンドとETFの...

 投資講座第9回:投資は計画がすべてと言っても過言ではない!資産運用計画の立て方とは?

資産運用は計画がすべて!損する可能性を未然に防ぐ投資計画の立て方
投資を始めようと思ったら、資産の運用計画を作りましょう。資産の運用計画があれば、損する可能性を未然に防げます。計画がない場合、流行りの投資に手を出し損を出し、マーケットノイズによって、無駄な売買コストをかけ投資元金を減らすでしょう

 投資講座第10回:銘柄選びよりも大切なのは株式と債権の比率?資産配分の考え方とは?

資産配分効果が投資利益の9割を決める!投資の理想的な資産配分比率とは?
「資産運用を始めようと思うけど、資産の配分はどうしようかな?」 「どのような資産配分が効果的なの?」 投資を...